Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In the late 1860s, scientists believed they were on the verge

    1860年代後半には、科学者たちは、自分たちが今まさにその危機に瀕していると考えていました。

  • of uncovering the brain's biggest secret.

    脳の最大の秘密を暴くことの

  • They already knew the brain controlled the body through electrical impulses.

    脳が電気的な衝動で体を制御していることを知っていました。

  • The question was, how did these signals travel through the body

    問題は、これらの信号はどのようにして体内を移動したのかということでした。

  • without changing or degrading?

    変えたり劣化させたりせずに?

  • It seemed that perfectly transmitting these impulses

    これらの衝動を完璧に伝達することが

  • would require them to travel uninterrupted along some kind of tissue.

    となると、ある種の組織に沿って途切れることなく移動する必要があります。

  • This idea, called reticular theory,

    この考えは、網状体理論と呼ばれています。

  • imagined the nervous system as a massive web of tissue

    神経系を組織の網の目のように想像した

  • that physically connected every nerve cell in the body.

    体内のすべての神経細胞を物理的に接続しています。

  • Reticular theory captivated the field with its elegant simplicity.

    網状体理論は、そのエレガントなシンプルさで現場を魅了しました。

  • But soon, a young artist would cut through this conjecture,

    しかし、すぐに若い芸術家がこの憶測を打ち破ることになる。

  • and sketch a bold new vision of how our brains work.

    と、私たちの脳がどのように働くかについての大胆な新しいビジョンをスケッチしています。

  • 60 years before reticular theory was born,

    網状体理論が生まれる60年前

  • developments in microscope technology

    顕微鏡技術の発展

  • revealed cells to be the building blocks of organic tissue.

    細胞が有機組織の構成要素であることを明らかにした。

  • This finding was revolutionary,

    この発見は画期的でした。

  • but early microscopes struggled to provide additional details.

    しかし、初期の顕微鏡は詳細な情報を提供するのに苦労しました。

  • The technology was especially challenging for researchers studying the brain.

    特に脳を研究している研究者にとっては、この技術は非常にチャレンジングなものでした。

  • Soft nervous tissue was delicate and difficult to work with.

    柔らかい神経組織は繊細で難しかったです。

  • And even when researchers were able to get it under the microscope,

    研究者が顕微鏡で調べても

  • the tissue was so densely packed it was impossible to see much.

    組織が密集していて、あまり見ることができませんでした。

  • To improve their view,

    彼らの見解を改善するために。

  • scientists began experimenting with special staining techniques

    科学者たちは、特殊な染色技術の実験を始めました。

  • designed to provide clarity through contrast.

    コントラストで明快さを提供するように設計されています。

  • The most effective came courtesy of Camillo Golgi in 1873.

    最も効果的だったのは1873年のカミッロ・ゴルジの好意によるものです。

  • First, Golgi hardened the brain tissue with potassium bichromate

    まず、ゴルジは重クロム酸カリウムで脳組織を硬化させた。

  • to prevent cells from deforming during handling.

    取り扱い時に細胞が変形しないようにするために

  • Then he doused the tissue in silver nitrate,

    それから組織に硝酸銀をかけた。

  • which visibly accumulated in nerve cells.

    神経細胞に目に見える形で蓄積されていた。

  • Known as theblack reaction,”

    "黒い反応 "として知られている

  • Golgi's Method finally allowed researchers to see the entire cell body

    ゴルジ法でついに細胞体全体を見ることができるようになった

  • of what would later be named the neuron.

    後にニューロンと呼ばれるようになるものの

  • The stain even highlighted the fibrous branches

    染色は繊維状の枝までも強調していた

  • that shot off from the cell in different directions.

    房から別の方向に発射された

  • Images of these branches became hazy at the ends,

    これらの枝の先にはイメージが霞んでしまいました。

  • making it difficult to determine exactly how they fit into the larger network.

    そのため、より大きなネットワークにどのように適合するかを正確に判断することが難しくなっています。

  • But Golgi concluded that these branches connected,

    しかし、ゴルジはこれらの枝がつながっていると結論づけた。

  • forming a web of tissue comprising the entire nervous system.

    神経系全体を構成する組織の網を形成する。

  • 14 years later, a young scientist and aspiring artist

    14年後、若き科学者と芸術家志望の

  • named Santiago Ramón y Cajal began to build on Golgi's work.

    サンティアゴ・ラモン・イ・カハールという名前は、ゴルジの仕事の上に構築を始めた。

  • While writing a book about microscopic imaging,

    顕微鏡イメージングの本を書きながら

  • he came across a picture of a cell treated with Golgi's stain.

    彼はゴルジ染色で処理された細胞の写真に出くわした。

  • Cajal was in awe of its exquisite detailboth as a scientist and an artist.

    カハルは、科学者として、また芸術家として、その絶妙なディテールに畏敬の念を抱いていました。

  • He soon set out to improve Golgi's stain even further

    すぐにゴルジのシミをさらに改善しようとした。

  • and create more detailed references for his artwork.

    と彼の作品のためのより詳細なリファレンスを作成します。

  • By staining the tissue twice in a specific time frame,

    特定の時間帯に2回組織を染色することにより

  • Cajal found he could stain a greater number of neurons with better resolution.

    カジャールは、より多くのニューロンをより良い解像度で染色できることを発見した。

  • And what these new slides revealed would upend reticular theory

    この新しいスライドが明らかにしたことは、網状体の理論を覆すものでした。

  • the branches reaching out from each nerve cell

    伸びる枝

  • were not physically connected to any other tissue.

    は、他の組織と物理的に接続されていませんでした。

  • So how were these individual cells transmitting electrical signals?

    では、これらの個々の細胞はどのように電気信号を送信していたのでしょうか?

  • By studying and sketching them countless times,

    それらを数え切れないほど勉強してスケッチすることで

  • Cajal developed a bold, new hypothesis.

    カハルは大胆な新しい仮説を立てた。

  • Instead of electrical signals traveling uninterrupted across a network of fibers,

    電気信号がファイバーのネットワーク上を途切れることなく移動する代わりに。

  • he proposed that signals were somehow jumping from cell to cell

    彼は信号が細胞から細胞へと ジャンプしていると提案した

  • in a linear chain of activation.

    活性化の直線的な連鎖の中で

  • The idea that electrical signals could travel this way was completely unheard of

    電気信号がこのように移動することができるという考えは全く前代未聞でした。

  • when Cajal proposed it in 1889.

    カジャルが1889年に提案したときのことです。

  • However his massive collection of drawings supported his hypothesis from every angle.

    しかし、彼の膨大な絵のコレクションは、あらゆる角度から彼の仮説を裏付けていた。

  • And in the mid-1900s, electron microscopy further supported this idea

    そして、1900年代半ばには、電子顕微鏡がこの考えをさらに裏付けました。

  • by revealing a membrane around each nerve cell

    各神経細胞の周りの膜を明らかにすることで

  • keeping it separate from its neighbors.

    隣人から切り離された状態を維持します。

  • This formed the basis of theneuron doctrine,”

    これが「ニューロン・ドクトリン」の基礎となった。

  • which proposed the brain's tissue was made up of many discrete cells,

    脳の組織は多くの離散的な細胞で構成されていることを提唱した。

  • instead of one connected tissue.

    の代わりに、1つの接続された組織を使用しています。

  • The neuron doctrine laid the foundation for modern neuroscience,

    ニューロンの教義は、現代神経科学の基礎を築いた。

  • and allowed later researchers to discover that electrical impulses

    を発見することができ、後の研究者たちは、電気的インパルスを発見することができました。

  • are constantly converted between chemical and electrical signals

    は常に化学信号と電気信号の間で変換されています。

  • as they travel from neuron to neuron.

    神経細胞から神経細胞へと移動する際に

  • Both Golgi and Cajal received the Nobel Prize

    ゴルジもカハルもノーベル賞を受賞

  • for their separate, but shared discoveries,

    彼らの別々の、しかし共有された発見のために。

  • and researchers still apply their theories and methods today.

    と研究者は、今日でもその理論や方法を応用しています。

  • In this way, their legacies remain connected as discrete elements

    このようにして、彼らの遺産は離散的な要素としてつながり続けています。

  • in a vast network of knowledge.

    膨大な知識のネットワークの中で

In the late 1860s, scientists believed they were on the verge

1860年代後半には、科学者たちは、自分たちが今まさにその危機に瀕していると考えていました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 細胞 組織 神経 顕微 染色

ノーベル賞を受賞した芸術家...医学の世界で - メラニー・E・ペファー (The artist who won a Nobel Prize... in medicine - Melanie E. Peffer)

  • 4 1
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 08 日
動画の中の単語