Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • this video is made possible by skill Share the 1st 1000 people to use the link in my description will get a free trial of skill share.

    この動画はスキルシェアによって作成されました。

  • Premium helium.

    プレミアムヘリウム。

  • You know the thing that powers all childhood birthday parties with plenty of upright floating balloons.

    あなたは、直立した浮遊風船をたくさん持っているすべての子供の誕生日パーティーに力を与えることを知っています。

  • Without it, you could say that the party would be pretty deflated.

    それがなければ、かなり萎縮したパーティーと言えるでしょう。

  • What is known as the second element of the periodic table helium is considered a noble gas that is actually the second most abundant element in the entire universe, right behind hydrogen.

    周期表の第2元素として知られているヘリウムは、水素に次いで宇宙で2番目に豊富な元素である希ガスと考えられています。

  • However, here on Earth, it's actually not that common at all.

    しかし、ここ地球上では、実は全くと言っていいほど一般的ではありません。

  • For the past several decades, the soaring demand for this rare earth element has caused concerns to grow over an increasing shortage of the gas as well as the unknown future of its use.

    この数十年、希土類元素の需要が急増したことで、ガス不足の深刻化や将来性の不透明さが懸念されていましたが、このような状況の中で、この希土類元素の需要が増加してきたことで、今後の需要拡大が期待されています。

  • And while fewer party balloons would certainly be pretty sad, it also means the lack of resource is required for very important industries.

    そして、少ないパーティーバルーンは確かにかなり悲しいだろうが、それはまた、非常に重要な産業のために必要とされるリソースの不足を意味します。

  • The desperately require helium in order to survive, But first, perhaps it makes some sense toe look back and see exactly how helium was discovered and what it's even used for in everyday life.

    生き残るためには必死にヘリウムを必要としますが、その前に、ヘリウムがどのようにして発見されたのか、そしてそれが日常生活の中で何に使われているのかを振り返って見ることは、いくつかの理にかなっているのではないでしょうか。

  • Besides just your average party balloons, the formal discovery of helium can actually be traced all the way back to the late 18 hundreds, when two Swedish chemists found several trace amounts of the element.

    普通のパーティー用の風船に加えて、ヘリウムの正式な発見は、スウェーデンの化学者2人が微量の元素を発見した18世紀後半までさかのぼることができます。

  • But it wasn't until the early 19 hundreds that large reserves of helium were first discovered as part of natural gas fields within the United States.

    しかし、米国内の天然ガス田の一部として大量のヘリウム埋蔵量が初めて発見されたのは、19世紀初頭のことでした。

  • After the discovery and determination that helium was, in fact lighter than air, the United States Navy first sponsored several experiments which developed into the world's first helium filled airships.

    ヘリウムが実際には空気よりも軽いことが発見され、決定された後、アメリカ海軍は最初にいくつかの実験のスポンサーとなり、世界初のヘリウム充填飛行船に発展しました。

  • It was shortly after this that the United States government, recognizing the element strategic value, decided to set up what is known as the National Helium Reserve in Amarillo, Texas.

    この直後、米国政府はこの元素の戦略的価値を認識し、テキサス州アマリロに国立ヘリウム保護区として知られるものを設置することを決定しました。

  • It came to be at this location primarily due to the fact that there are so many natural gas fields nearby.

    近くに天然ガス田が多いことが主な理由で、この場所になりました。

  • And being that helium is often a byproduct of natural gas refining, it made it very easy to store there.

    また、ヘリウムは天然ガスの精製の副産物であることが多いため、貯蔵が非常に容易になりました。

  • As the 20th century progressed and helium became critical for military airships as well a space exploration.

    20世紀が進むにつれ、ヘリウムは軍用飛行船だけでなく、宇宙探査にも不可欠なものとなりました。

  • The U.

    U.

  • S.

    S.

  • Government mandated that all private helium producer sell their stores to the reserve so that it could be stored for safekeeping some 3000 ft below the surface of the earth in porous rock, capable of holding more than one billion cubic meters of the gas in order to prevent any of it from escaping back up to the surface.

    政府は、すべての民間のヘリウム生産者に、地表から3000メートル下の多孔質岩の中に、10億立方メートル以上のガスを保持し、地表へのガスの流出を防ぐために保管できるように、貯蔵庫に貯蔵しているヘリウムを売却することを義務付けました。

  • In fact, the National Reserve is so big that you could essentially fill it with an equivalent volume of 400,000 Olympic size swimming pools of peer helium gas.

    実際には、国立保護区は、あなたが本質的にピアヘリウムガスの40万オリンピックサイズのスイミングプールの同等のボリュームでそれを埋めることができるほど大きいです。

  • And while this all might sound extreme, it prevented the export of a scarce resource at the time of which the United States had an essential monopoly on it, preventing other countries from using the helium for their own blimps or military use.

    これは極端に聞こえるかもしれませんが、米国が本質的に独占していた当時の希少資源の輸出を防ぎ、他の国が自国のブリムや軍事用にヘリウムを使用するのを防いでいました。

  • Which is why the German Zeppelins, like the Hindenburg ended up using hydrogen and well didn't really end up faring too well.

    だからこそ、ドイツのジンベエは、ヒンデンブルグのように、水素を使って終わりにしたのですが、実際にはあまりうまくいかなかったのです。

  • But beyond just military use.

    しかし、単なる軍事利用を超えて

  • As the 20th century progressed, helium began to play an even larger role.

    20世紀に入ると、ヘリウムの役割はさらに大きくなりました。

  • And while certainly today balloons are perhaps the best known use of the element, there are much more important uses that are mostly unknown.

    そして、確かに今日の風船は、おそらく要素の最もよく知られた使用であるが、ほとんどが知られていないはるかに重要な用途があります。

  • For example, in the medical field, helium is used to cool the super powerful magnets that are used within magnetic resonance imaging machines or M r.

    例えば、医療分野では、磁気共鳴イメージング装置内で使用される超強力な磁石やMrを冷却するためにヘリウムが使用されている。

  • I's these machines take extremely detailed images of the body and are used to diagnose all sorts of ailments and injuries.

    私は、これらの機械は非常に詳細な身体の画像を撮影し、あらゆる種類の病気や怪我の診断に使用されています。

  • Being that helium is one of the coldest substances on Earth, one place into its liquid state, it doesn't amazing job cooling the super powerful magnets within the machine.

    ヘリウムが地球上で最も冷たい物質の1つであること、その液体状態に1つの場所であること、それはマシン内の超強力な磁石を冷却する驚くべき仕事ではありません。

  • Additionally, helium is often used in the everyday technology space as well as several different stages of the production process for semiconductor chips relied upon by phones, TVs, computers, tablets and mawr, meaning the likely the device that you're watching this video on right now has some reason to think helium for And these are just a couple examples of the many industries that rely on helium, and the problem is that all of these industries are growing across the world.

    さらに、ヘリウムはしばしば日常の技術空間だけでなく、電話、テレビ、コンピュータ、タブレット、およびmawrによって頼りにされている半導体チップのための生産プロセスのいくつかの異なる段階で使用されている可能性が高いデバイスを意味し、あなたが今このビデオを見ているデバイスは、ヘリウムを考えるためのいくつかの理由を持っています そして、これらはヘリウムに依存している多くの産業のちょうどカップルの例であり、問題は、これらの産業のすべてが世界中で成長していることです。

  • And as they grow, the demand for helium grows to mix.

    そして、成長するとヘリウムの需要が混ざり合うようになる。

  • This in combination with a major change in the industry over the last several decades and worries over the supply are growing, too.

    それがここ数十年の業界の大きな変化と相まって、供給への不安も大きくなってきています。

  • It all really began in the 19 nineties when the U.

    すべては本当に1990年代に始まった。

  • S government decided that it didn't need as much helium on hand, likely because airships and spacecraft were being seen as less important to national security and thus began the drawdown of the supply in the National Reserve.

    S 政府は、飛行船や宇宙船が国家安全保障にとってあまり重要ではないと見られていたので、おそらく、それが手元にあるほど多くのヘリウムを必要としないことを決定し、したがって、国家予備軍での供給の引き下げを開始しました。

  • It was then that President Bill Clinton signed into law the Helium Privatization Act, mandating that the U.

    その後、ビル・クリントン大統領がヘリウム民営化法に署名し、米国にヘリウムの民営化を義務づけました。

  • S.

    S.

  • Government sell off its supply of helium to private industry.

    政府は供給していたヘリウムを民間企業に売却する。

  • Combined.

    合体しています。

  • This with the fact that much of the world's usable helium is obtained as a byproduct of natural gas extraction, which we as a world are trying to get away from more and more as newer and more renewable options become available and well, you have the perfect storm for a major helium problem.

    これに、世界で使用可能なヘリウムの多くが天然ガスの抽出の副産物として得られているという事実が加わり、より新しく、より再生可能なオプションが利用できるようになるにつれて、世界はますますヘリウムから逃れようとしています。

  • In the near term, it's critical that helium production continues as it's so critical to so many industries today.

    短期的には、今日の多くの産業にとって非常に重要であるため、ヘリウムの生産が継続されることが重要です。

  • Three countries hold the majority of the helium gas in storage, including the United States with 3.9 billion cubic meters, Algeria with 1.8 billion cubic meters and Russia with 1.7 billion cubic meters.

    ヘリウムガスの貯蔵量は、米国が39億立方メートル、アルジェリアが18億立方メートル、ロシアが17億立方メートルと、3カ国が過半数を占めている。

  • There's other countries to like Poland, Australia, Canada, Qatar and China that also hold helium in storage today, but in much smaller quantities.

    ポーランド、オーストラリア、カナダ、カタール、中国のような他の国も、今日のストレージにヘリウムを保持していますが、はるかに少量です。

  • Today we are already using almost 200 million cubic meters of helium across the world each and every year, and this is expected to continue to grow year over year over the next decade, and as the demand continues to outpace the supply, the reserves aren't going to last forever.

    現在、私たちはすでに世界中で毎年2億立方メートル近いヘリウムを使用しており、今後10年間は年々増加し続けると予想されており、需要が供給を上回り続けているため、埋蔵量は永遠に続くわけではありません。

  • Of the 7.5 billion cubic meters, they're in storage today around the world.

    75億立方メートルのうち、現在は世界中で保管されている。

  • It'll only last our demand for the next 37 or so years if production came to a complete halt.

    生産が完全に止まっても37年くらいは需要があるからな

  • And that's why it's critical that we continue producing helium at a consistent rate.

    だからこそ、ヘリウムを安定的に生産し続けることが重要なのです。

  • It's also important to note that there are likely only so many remaining sources of helium left on earth as well.

    また、地球上に残っているヘリウムの供給源も、これだけの数しか残っていない可能性が高いことにも注意が必要です。

  • For one, the granite type rocks that produce it are not that abundant in the first place, and large natural gas fields which are sometimes helium rich, our ever decreasing, and we aren't finding any new large ones either.

    一つは、それを産出する花崗岩系の岩石がそもそもそれほど豊富ではないことと、ヘリウムが豊富に含まれていることもある大規模な天然ガス田は減少の一途をたどっており、新しい大規模なものも見つかっていないことです。

  • Scientists estimate that there are 51.9 billion cubic meters of helium that have not yet been captured below the earth's surface, including the known large deposits in the United States, Algeria, Qatar, Russia, China and Canada.

    科学者たちは、米国、アルジェリア、カタール、ロシア、中国、カナダの既知の大規模な鉱床を含め、地表下にはまだ取り込まれていない519億立方メートルのヘリウムがあると推定している。

  • Assuming that all of this helium could be captured, it would likely last for several 100 years.

    仮にこのヘリウムをすべて捕獲できたと仮定すると、数百年は持つだろう。

  • But what about beyond that?

    しかし、その先はどうなのか?

  • We may end up having to look elsewhere beyond our home planet.

    結局、母星を越えて他の場所に目を向けることになるかもしれません。

  • For example, it is noteworthy that several countries are looking at the moon for helium or specifically helium three, which could be used to create nuclear fusion plants, which are not even radioactive at all.

    例えば、注目すべきは、いくつかの国がヘリウム、具体的にはヘリウム3を求めて月を見ていることです。

  • And further, many of the large gas giant planets like Jupiter are known to contain helium and helium, three that could be captured as well once the limited supply of helium runs out on Earth.

    さらに、木星のような大型ガス巨大惑星の多くは、ヘリウムとヘリウムを含んでいることが知られていますが、この3つは、地球上の限られたヘリウムの供給が尽きると、同様に捕獲される可能性があります。

  • Sooner or later, humanity will be forced to expand our reach out into space to these other bodies in order to secure more of it and continue fueling our industries and filling our balloons.

    遅かれ早かれ、人類はより多くの宇宙空間を確保し、産業に燃料を供給し、風船を満たし続けるために、これらの他の天体に手を伸ばさざるを得なくなるでしょう。

  • Therefore, the desire for helium will probably end up becoming one of the catalysts for space exploration and colonization in the future.

    したがって、ヘリウムへの欲求は、将来的には宇宙探査や植民地化の触媒の一つになるのではないでしょうか。

  • But whatever the case, we know that our helium supply on earth isn't gonna last forever.

    いずれにしても地球上のヘリウム供給が永遠には続かないことはわかっている。

  • In the near term, new helium producers like the new production facility and cutter as well as the Amir gas plant in Siberia, are critical to the demand for the element worldwide.

    短期的には、シベリアのアミールガスプラントと同様に、新しい生産施設やカッターのような新しいヘリウム生産者は、世界的なヘリウムの需要にとって非常に重要です。

  • This, along with global stability and free trade, should ensure that anyone who needs the resource will indeed have it for many years to come.

    これは、世界的な安定性と自由貿易とともに、この資源を必要とする人が、これから何年もの間、この資源を確実に手に入れることができるようにするためのものです。

  • But in the future, we may just have to get more creative and look beyond Earth if we continue using this important resource.

    しかし、将来的には、この重要な資源を使い続けるのであれば、もっと創造的になって、地球の向こう側を見なければならないかもしれません。

  • If there's anything that humans are good at, is learning new skills in order to overcome difficult challenges that come our way.

    人間が得意とすることがあるとすれば、それは、私たちの道にやってくる困難な課題を克服するために、新しい技術を学ぶことです。

  • Solving the world's helium crisis is going to be a massive, humanity uniting event that will take a lot of us together to figure out.

    世界のヘリウム危機を解決することは、人類が一体となった大規模なイベントになりそうで、それを解決するには多くの人が協力しなければなりません。

  • But there's probably at least a few smaller personal challenges the you might be facing right now alone, if that's the case and you have a big personal goal for this year or passion project that you're excited to start, but you're uncertain about having the skills required to do it just yet.

    しかし、少なくともいくつかの小さな個人的な課題は、あなたが今一人で直面しているかもしれませんが、それがケースであり、あなたは今年のための大きな個人的な目標や情熱的なプロジェクトを持っているが、あなたはまだそれを行うために必要なスキルを持っていることについて不確実である場合は、おそらくそこには、少なくともいくつかの小さな個人的な課題があります。

  • Skill share can help if you go and visit them.

    スキルシェアは見に行けば助けになります。

  • Next.

    次だ

  • Want to get started creating your own animated informational videos on YouTube?

    YouTubeであなた自身のアニメーション情報動画の作成を始めてみませんか?

  • My good friend Evan from Polly Matter has an entire class on there called Make animated YouTube videos that I'd highly suggest.

    Polly Matterから私の良い友人エヴァンは、私は非常にお勧めしたいアニメーションのYouTube動画を作ると呼ばれるそこにクラス全体を持っています。

  • Or maybe you want to get started creating more traditional YouTube videos that you film yourself with a camera you can dive in on classes like D.

    または多分あなたは、あなたがDのようなクラスに飛び込むことができるカメラで自分自身を撮影したことをより伝統的なYouTubeの動画を作成し始めたいと思います。

  • I.

    I.

  • Y.

    Y.

  • Filming, creating pro video with tools you already own by Mark Curse Asimo or introduction Aerial videography.

    撮影、マークカースアシモや空中ビデオ撮影の紹介など、すでにお持ちの道具を使ってプロビデオを作成します。

  • Creative direction for drone filming by Wild Rabbit Productions or plenty of others.

    ワイルドラビット・プロダクションズや他多数のドローン撮影のためのクリエイティブディレクション。

  • When you become a member of skill share, you could take these classes as well as thousands of others on nearly any subject you can imagine, ranging from writing and photography, toe Web development and graphic design, any of which can help you find a new passion.

    スキルシェアのメンバーになると、これらのクラスだけでなく、ライティングや写真撮影、ウェブ開発、グラフィックデザインなど、想像できる限りのあらゆる分野のクラスを受講することができます。

  • Help you get ahead in school or give you the skills needed for career advancement.

    進学やキャリアアップに必要なスキルを身につけることができます。

  • It's the absolute perfect activity for whenever you're stuck at home or have a lot of free time.

    家に閉じこもっている時や空き時間が多い時には絶対に最適なアクティビティです。

  • And with its varying difficulty levels, it's still great whether you're a beginner or an expert.

    そして、難易度も様々なので、初心者でも上級者でも、まだまだ楽しめます。

  • And best of all, you can get a completely free trial of skill share premium by being one of the 1st 1000 people who follow the link down in my description.

    そして何よりも、私の説明にあるリンクをたどってきた先着1000人のうちの1人になることで、スキルシェアプレミアムの完全無料トライアルを受けることができます。

  • By doing this, you can achieve all of your own personal learning goals and help support my channel at the same time.

    これを行うことで、あなたはあなた自身の学習目標を達成し、同時に私のチャンネルをサポートすることができます。

  • So go ahead and check them out.

    だから先に行って調べてみてください。

this video is made possible by skill Share the 1st 1000 people to use the link in my description will get a free trial of skill share.

この動画はスキルシェアによって作成されました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ヘリウム 立方 ガス メートル 元素 需要

世界のヘリウム問題:いつなくなるのか? (The World's Helium Problem: When Will We Run Out?)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 08 日
動画の中の単語