Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - "I have a dream that we will live in a fair society

    - "公正な社会で生きる "という夢を持っています

  • "where, you know, it doesn't matter what race you are.

    "そこでは、あなたは知っている、それはあなたがどのような人種であるかは問題ではありません。

  • "You can achieve anything you believe in.

    "信じれば何でも達成できる

  • "And like 10 other beautiful things."

    "他の10の美しいもののように"

  • (dramatic music)

    劇曲

  • (bell ringing)

    (ベルが鳴る)

  • - Hey guys, I'm Crissle West,

    - やあ みんな 俺はクリッスル・ウエストだ

  • and today we're going to talk about

    そして今日は

  • the Birmingham Children's March.

    バーミンガム・チルドレン・マーチ

  • - Cheers Crissle. (Crissle chuckling)

    - 乾杯クリッスル。(クリッスルの笑い声)

  • - [Crissle] Let's march.

    - 行進しましょう

  • (ice clinking)

    (氷が鳴る)

  • - Mm.

    - うむ

  • (ice clinking)

    (氷が鳴る)

  • - Delicious!

    - 美味しい!

  • - All right, so where does our story begin?

    - さて、話はどこから始まるのかな?

  • - (beep), who knows?

    - (ビープ音)、誰が知っている?

  • (Derek laughing)

    (デレクの笑い声)

  • So,

    だから

  • the story begins in

    で始まる

  • 1963

    1963

  • in Alabama

    アラバマ州

  • where racism is so deeply imbedded in the community,

    人種差別が地域社会に深く根付いているところでは

  • but the breaking point for Gwendolyn Sanders

    しかし、グウェンドリン・サンダースの限界点は

  • was when she realized in the 7th grade

    は、7年生の時に気づいた時のことです。

  • that her textbook had previously been used

    彼女の教科書が以前使用されていたことを

  • by a white 5th grader.

    白人の5年生による

  • And she's like "I knew I wasn't allowed

    彼女は「やっぱりダメだったんだな

  • "to go to the same movie theaters

    "同じ映画館に行く

  • "and shit like that as white people,

    "白人としてのクソみたいなこと

  • "but y'all are giving us raggedy old textbooks

    "なのにお前らはボロボロの古い教科書を渡している

  • "that you are giving your 5th graders.

    "あなたが5年生に与えていること

  • "Like, not only

    "例えば、だけでなく

  • "do you not give a (beep) about me or my people,

    "私や私の仲間のことは気にするな

  • "you don't give a (beep) about my education either."

    "あなたは私の学歴も気にしない"

  • And so she realized then that things needed to change

    それで彼女は気づいたんだ 状況を変える必要があると

  • and she wanted to be a part of it.

    と言っていましたが、彼女はそれを望んでいました。

  • So, around the time that this story starts, sharts.

    で、この話が始まる頃には、シャーツ。

  • - It sharted. - Oh no,

    - シャートした- 勘弁してくれよ

  • don't let the story shart!

    ネタにするなよ

  • (Derek laughing)

    (デレクの笑い声)

  • So around this same time,

    だから、同じ時期に

  • Martin Luther King Jr.

    マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

  • was urging the newly elected President Kennedy

    選出されたばかりのケネディ大統領に

  • like "Man, we need some official legislation

    彡(゚)(゚)彡(゚)彡(゚)彡(゚)彡

  • "to stop the bullshit that's happening to black people.

    "黒人に起きていることを止めるために

  • "Like you need to get involved.

    "あなたが関与する必要があるように。

  • "You're the (beep) president."

    "あなたが社長だ"

  • And Kennedy sympathized.

    そしてケネディは共感した。

  • He was like "You know, I agree with you,

    彼は「あのね、私はあなたに同意するわ。

  • "but the party is still made up of poor, white,

    "でも党は貧乏な白人で構成されている

  • "Southern voters and I cannot alienate them."

    "南部の有権者と私は彼らを疎外することはできません。"

  • Which doesn't that sound super familiar

    それは、超よく知られているように聞こえません

  • and kind of distressing, right?

    悩んでるんだよね?

  • So Dr. King is using the 16th Street Baptist Church

    キング牧師は16番街バプテスト教会を利用しているんですね。

  • to try to organize a protest,

    抗議行動を起こそうとする

  • and Martin Luther King's being like "Yo, for real though,

    と、マーティン・ルーサー・キングの「よ、マジでだけど」みたいな感じで。

  • "it's time for us to do something."

    "何かをする時が来た"

  • And the adults were like "Listen,

    そして、大人たちは「聞いてくれ。

  • "it's not that we don't agree with you,

    "あなたに同意しないわけではありません

  • "but at the end of the day

    "でも結局は

  • "I still have to put food on the table

    "私はまだ食卓に食べ物を置かなければならない

  • "and pay the rent in this home,

    "この家の家賃を払う

  • "and I don't want them burning crosses on my lawn

    "私の芝生で十字架を燃やされたくない

  • "or any shit like that, so."

    "とか、そういうクソみたいなものだから"

  • "Look bitch, it's not (beep) safe!

    "ほら、雌犬、それは安全ではありません(ピッ)!

  • "We can't do this!"

    "私たちにはできない!"

  • And Dr. King was like

    キング牧師は

  • "If we can't enact change in Birmingham,

    "バーミンガムで変化を起こせなければ

  • "we can't do it anywhere.

    "どこにもできない

  • "Who can join in the protest and get arrested with us?"

    "デモに参加して一緒に逮捕される人は?"

  • And he was sort of shocked

    彼はショックを受けていた

  • to see Gwendolyn Sanders and her sisters get up and say

    グウェンドリン・サンダースと姉妹が立ち上がって言うのを見て

  • "You know what, we'll do it.

    "やるぞ "ということで。

  • "We will do somethin about this."

    "私たちはこれについて何かをする"

  • And then more and more kids stood up to volunteer.

    そして、ボランティアに立ち上がる子供たちが増えていきました。

  • They decided to mobilize.

    動員することにした。

  • So that's exactly what they did.

    まさにその通りなんですね。

  • They went back to school, "Like listen,

    聞くように」と学校に戻っていった。

  • "we know y'all are sick of the racism,

    "人種差別にうんざりしてるのは分かってる

  • "and there's something we can actually do about it."

    "私たちが実際にできることがある"

  • And on May 2nd

    そして5月2日には

  • the protest went down.

    抗議の声が殺到しました。

  • Administrators started locking the doors

    管理者がドアの施錠を開始

  • to keep them from getting out.

    外に出ないようにするために

  • The kids would just straight up jump out the window

    子供たちは窓の外に飛び出して

  • like "Bitch, you not gonna keep us here."

    "ビッチ、俺たちを引き留めないでくれ "みたいな。

  • Over 1,000 kids left school to go to Kelly Ingram Park

    1,000人以上の子供たちがケリー・イングラム公園に行くために学校を離れました。

  • to protest.

    と抗議する。

  • (drums beating)

    (太鼓の音)

  • But then Bull Connor,

    しかし、ブル・コナー。

  • head of the Birmingham Police Department,

    バーミンガム警察署長。

  • was like "Okay, well y'all's black asses can go to jail."

    "黒人は刑務所行きだ "って言ってた

  • So they started carting these kids off by the dozens

    それで彼らは子供たちを何十人も連れて行き始めた

  • and over 1,000 kids were arrested on that first day,

    と、その初日に1000人以上の子供たちが逮捕されました。

  • which is insane.

    正気の沙汰ではありません。

  • After a few days of protests,

    数日間の抗議行動の後

  • the Birmingham jail was totally overcrowded,

    バーミンガムの刑務所は 完全に過密状態だった

  • and saw as more kids are arrested,

    と、より多くの子供たちが逮捕されるのを見た。

  • others come back out to take up their place.

    他の人が出てきて自分の居場所を確保する。

  • But on May 5th, that was when shit got really real.

    でも5月5日には現実味を帯びてきた

  • Bull Connor was looking at hundreds of black kids

    ブル・コナーは何百人もの黒人の子供を見ていた

  • standing up to his bullshit,

    彼のたわごとに立ち向かう

  • he was like "Let's bring out the hoses."

    "ホースを出そう "と言っていた

  • These are high-pressure,

    これらは高圧です。

  • knock you the (beep) out water hoses.

    水ホースをノックします。

  • But the kids realized

    しかし、子供たちが気づいたのは

  • there's strength in numbers and togetherness matters.

    数には力があるし、一体感も大事だ。

  • So those kids linked hands and said "Not today, bitch.

    だから、その子たちは手を繋いで「今日はダメだよ、ビッチ」と言っていた。

  • "Not today."

    "今日ではない"

  • So Bull Connor decides "Oh okay, release the canine units

    そこでブル・コナーは「よし、イヌ科のユニットを解放するぞ」と決意します。

  • "so that the dogs can (beep) these kids up (coughing).

    "犬がこの子たちを起こすために(ピッピッピッピッピッ)

  • "Excuse me."

    "失礼します"

  • (Crissle laughing)

    (クリスリスリスリスリスリスリスリスリス笑)

  • And at this point there were news crews there

    この時点では報道陣がいました

  • that caught the entire situation on camera,

    状況の一部始終をカメラに収めた

  • and these are now some of the most infamous shots

    そして、これらは今、最も悪名高いショットのいくつかです。

  • of the civil rights movement.

    公民権運動の

  • And after people saw children on international TV

    海外のテレビで子供たちを見た人たちが

  • being sprayed with hoses and attacked by dogs,

    ホースで散布され、犬に襲われる。

  • a mind

  • shift

    遷す

  • occurred.

    が発生しました。

  • And after eight solid days of protest,

    そして、8日間の強固な抗議活動を経て

  • President Kennedy felt motivated to come out and say

    ケネディ大統領はやる気を感じて出てきて言った

  • "You know what?

    "知ってますか?

  • "I didn't wanna say it before

    "さっきは言いたくなかったんだ

  • "because of the Southern white voters,

    "南の白人有権者 "のせいで

  • "but them mother-(beep) are racist.

    "しかし、それらの母親は...(ビープ)人種差別主義者です。

  • "So it's time to just be real.

    "だから、そろそろ本気になってもいいんじゃない?

  • "The shit that you are going out here

    "あなたがここに出て行くことはクソだ

  • "and doing to people in my name

    "私の名の下に人々にすることを

  • "is not the (beep) okay."

    "大丈夫ではありません。"

  • Oh man, I love drinking.

    やれやれ、酒が好きなんだ。

  • How come I don't do this more?

    なんでこれ以上やらないんだろう?

  • (Derek laughing)

    (デレクの笑い声)

  • (Crissle laughing)

    (クリスリスリスリスリスリスリスリスリス笑)

  • (Derek laughing)

    (デレクの笑い声)

  • Woo! (Derek laughing)

    ウー!(デレク笑)

  • So anyway,

    とにかく

  • who was I talking about?

    誰のことだっけ?

  • The kids. - Yeah, yeah, yeah.

    子供たちが。- そうそう、そうそう、そうそう。

  • - Well, after the success of the Birmingham Children's March

    - バーミンガム・チルドレン・マーチの成功を受けて

  • Dr. King decided to ride that momentum

    キング博士はその勢いに乗ることにした

  • and he gave his "I have a dream" speech.

    と、「夢があります」の演説をしてくれました。

  • Bull Connor was fired.

    ブル・コナーはクビになった。

  • And the Civil Rights Act was passed

    そして、公民権法が成立し

  • within a year of all that.

    一年以内に

  • So it was monumental that Gwendolyn Sanders and these kids

    グウェンドリン・サンダースと子供たちのことは 記念碑的だった

  • were willing to say "This is not a (beep) game,

    は「これは(ビープ音)ゲームではない」と言いたい放題でした。

  • "and you won't treat us and our people this way

    "私たちと私たちの人々をこんな風に扱わないでください

  • "because we're here and this is what's going on

    "私たちがここにいて、これが起こっていることだから

  • "and it's time for us to stand up too."

    "我々も立ち上がる時が来た"

  • And so I don't have to worry about that sort of thing

    だからそんなことは気にしなくていいんだ

  • the way those kids even did or their parents even did.

    その子たちがしたことや親がしたことでさえも

  • I don't take that for granted.

    当たり前のことを当たり前にしているわけではない。

  • - Cheers to the kids!

    - 子供たちに乾杯!

  • - Cheers to the kids.

    - 子供たちに乾杯

  • (glasses clinking)

    (グラスを鳴らす)

  • - All right. - This is gone.

    - いいだろう- これがなくなった

  • - Hello.

    - こんにちは。

  • Today we're gonna talk about

    今日は

  • the FBI versus Martin Luther King Jr.

    FBI対キング牧師

  • During the 1960s, J. Edgar Hoover was the head of the FBI.

    1960年代には、J・エドガー・フーバーがFBIのトップを務めていました。

  • He's an old man.

    老人なんだよ。

  • And he thought "Communists are gonna take over America

    そして「共産主義者がアメリカを乗っ取る」と思っていた

  • "and I gotta get ready for it."

    "その準備をしないと"

  • Meanwhile, Martin Luther King,

    一方、マーティン・ルーサー・キングは

  • a non-violent, Christian minister,

    非暴力的なキリスト教の聖職者

  • gives the greatest speech of the entire 20th century.

    20世紀全体の中で最も偉大なスピーチをしています。

  • "I have a dream that we will live in a fair society

    "公正な社会で生きる "という夢を持っています

  • "where, you know, it doesn't matter what race you are.

    "そこでは、あなたは知っている、それはあなたがどのような人種であるかは問題ではありません。

  • "You can achieve anything you believe in.

    "信じれば何でも達成できる

  • "And like 10 other beautiful things."

    "他の10の美しいもののように"

  • And J. Edgar Hoover sees the speech and says

    そして、J.エドガー・フーバーはその演説を見て、次のように言っています。

  • "I have a dream this is total communist stuff."

    "共産主義者の夢を見た"

  • It all makes so much sense

    筋が通っている

  • when you think about it like a crazy person.

    キチガイみたいに考えると

  • J. Edgar Hoover called a press conference,

    J.エドガー・フーバーが記者会見を招集した。

  • and Hoover tells these reporters that he's invited,

    フーバーは記者たちに 招待されたと伝えた

  • who are all women for some reason,

    なぜか女性ばかりになってしまう人たち。

  • "Martin Luther King is the most dishonest man in America."

    "マーティン・ルーサー・キングは アメリカで最も不誠実な男だ"

  • One of Hoover's underlings is saying

    フーバーの部下の一人が言っているのは

  • "Maybe you shouldn't talk (beep) about Martin Luther King.

    "マーティン・ルーサー・キングについて話すべきではないかもしれません(ピッ)。

  • "Maybe you should be nice."

    "親切にした方がいいかもしれない"

  • And Hoover's like "(beep) you, I'm gonna tell the truth!"

    フーバーは「(ビープ音)お前、本当のことを言うぞ!」と言っています。

  • They meet in J. Edgar Hoover's office.

    彼らはJ・エドガー・フーバーのオフィスで会う。

  • Martin Luther King says "Hey J. Edgar Hoover,

    マーティン・ルーサー・キングは「おいJ・エドガー・フーバー。

  • "I love everything you've ever done.

    "今までのすべてのことが大好きです。

  • "Maybe we could just be better teammates

    "もしかしたらもっといいチームメイトになれるかもしれない

  • "so we can achieve peace throughout America."

    "アメリカ全土の平和を実現するために"

  • After those first two minutes,

    最初の2分が終わった後

  • J. Edgar Hoover decided "Dude, now it's my turn.

    J.エドガー・フーバーは「おい、今度は俺の番だ」と決めた。

  • "It's my turn to say what's on my mind.

    "気になること "を言うのは私の番です。

  • "The FBI does this.

    "FBIはこうする

  • "The FBI does that.

    "FBIはそれをやっている。

  • "The FBI is helping you here.

    "FBIがあなたを助けています。

  • "The FBI is helping you there."

    "FBIがあなたを助けている"

  • And he just goes on

    そして、彼は、ただひたすらに

  • and on

    以後

  • and on

    以後

  • and on about how awesome the FBI is.

    FBIがどれだけすごいかって話をしてた

  • And afterwards one of Martin Luther King's friends calls him

    その後、マーティン・ルーサー・キング牧師の友人の一人が彼のことを

  • and says "What was it like meeting with Martin Luther King?"

    とか "マーティン・ルーサー・キングとの出会いは何だったのか?"とか

  • (laughing) I'm sorry, that's how drunk I am.

    笑)それだけ酔っているということですね。

  • Okay.

    いいわよ

  • "What was it like meeting with J. Edgar Hoover?"

    "J・エドガー・フーバーに会ったのはどんな感じだった?"

  • And Martin Luther King was like "Dude, I'll tell you.

    そして、マーティン・ルーサー・キング牧師は「おい、教えてやるよ。

  • "J. Edgar Hoover, he's just an old man who talks too much.

    "J.エドガー・フーバー、ただの喋りすぎの老人です。

  • "He's crazy."

    "彼は狂っている"

  • J. Edgar Hoover was listening to everything that he said

    J.エドガー・フーバーは全ての話を聞いていました

  • and he was like "What the (beep)?

    とか言っていて、「なんだ(ピッ)?

  • "He's talking (beep) about me

    "彼は私のことを話している(ビープ音)

  • "even though I just talked with him?

    "彼と話したばかりなのに?

  • "Oh man, it's on now."

    "やばい、今からだ"

  • These boss,

    これらのボス。

  • these guys...

    こいつら...

  • (swallowing)

    呑み込む

  • (cup thudding)

    (カップドタン)

  • These guys

    こいつら

  • try to harass Martin Luther King.

    マーティン・ルーサー・キング牧師に嫌がらせをしようとする。

  • This FBI agent, William Sullivan,

    このFBI捜査官、ウィリアム・サリバン。

  • his entire job is like mind F-ing.

    彼の仕事は全てマインド・ファックのようなものだ

  • So he decides like "I gotta write a letter.

    だから、「手紙を書かなきゃ」と思ったんです。

  • "Dear Martin Luther King,

    "親愛なるマーティン・ルーサー・キング

  • "I'm a black person just like you.

    "私はあなたと同じ黒人です。

  • "I'm not a white guy.

    "白人 "ではない。

  • "I think that you are a bad person.

    "悪い人 "だと思います。

  • "You better kill yourself.

    "自殺した方がいい

  • "Uh, see the attachment.

    "あー、添付ファイルを見て

  • "The attachment is a recording

    "添付ファイルは録画です

  • "of you having sex with lots of people.

    "あなたがたくさんの人とセックスしていることの

  • "The end.

    "終わり

  • "I'm black.

    "私は黒人だ

  • "Send."

    "送信"

  • When this mysterious package showed up,

    この謎のパッケージが現れた時

  • Martin Luther King's wife, Coretta Scott King,

    マーティン・ルーサー・キングの妻、コレッタ・スコット・キング。

  • listened to it.

    聴いてみました。

  • It was like a mixtape that the FBI had specially made.

    FBIが特別に作ったミックステープのようなものだった。

  • Every sex act, every embarrassing thing

    あらゆる性行為、あらゆる恥ずかしいこと

  • that Martin Luther King had ever done,

    マーティン・ルーサー・キングがやっていたことを

  • and Martin Luther King's like

    とマーティン・ルーサー・キングのような

  • "This is crazy.

    "これはおかしい。

  • "The FBI is trying to destroy my life."

    "FBIは私の人生を破壊しようとしている"

  • And they try to give up,

    そして、諦めようとする。