Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Jenny.

    ジェニー

  • We're gonna learn about each other today.

    今日はお互いに勉強になります。

  • Hey, everyone, Welcome to what's up, Disney Plus, where we talk.

    やあ、皆さん、ようこそ、ディズニー・プラスの話をしましょう。

  • All things Disney Plus today we're celebrating Black History Month by honoring black stories and black creators that helped shape the world of Disney Plus two.

    すべてのものディズニープラス今日、私たちはディズニープラス2の世界を形作るのに貢献した黒人の物語と黒人のクリエイターを称えることによって、黒歴史月間を祝っています。

  • Spot like that, you can find an entire collection of Siri's and films centered around black characters, families, heroes and storytellers called Celebrate Black Stories.

    そのようなスポットは、Siriの全体のコレクションを見つけることができますし、黒のキャラクター、家族、英雄、セレブレートブラックストーリーと呼ばれるストーリーテラーを中心とした映画を見つけることができます。

  • Yes, all the favorites are there, including hidden figures.

    そう、隠れたフィギュアも含めて、お気に入りは全てそこにあります。

  • Remember the Titans, Lucasfilm's Red Tails, Ruby Bridges and Safety.

    タイタンズ、ルーカスフィルムのレッドテイルズ、ルビーブリッジ、セーフティを忘れずに。

  • Today we'll be talking to Marlon West, the VFX supervisor of the Walt Disney Animation Studios, Siri's Iguazu, and we're gonna be bringing on a Disney plus YouTube dynamic duo.

    今日はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのVFXスーパーバイザーであるマーロン・ウェストさん、シリのイグアスさん、そしてディズニー+YouTubeのダイナミックなデュオをお届けします。

  • And no, we're not talking about us.

    私たちの話をしているわけではありません

  • You know, we're talking about kids and Marcellus, the host of Disney, Plus Dietz.

    キッズとかマーセラスとかディズニーの司会者プラスディーツの話だよね

  • We'll be talking to them today in one big Disney plus YouTube family event.

    今日はディズニープラスユーチューバーのファミリーイベントで一大イベントとして、彼らに話を聞くことにします。

  • Let's get things going, shall we way.

    始めようか?

  • You have seen his work over the years.

    長年の彼の作品を見てきましたね。

  • I'm talking to Princess and the Frog marijuana frozen one into my personal favorite, The Lion King.

    私は、私の個人的なお気に入り、ライオンキングにプリンセスとカエルのマリファナ冷凍1に話しています。

  • Marlon West has been bringing the magic for over 20 years.

    マーロン・ウェストは20年以上もの間、魔法をもたらしてきました。

  • West newest project I Wa Ju is the first ever collaboration between Walt Disney Animation Studios and the Pan African entertainment company Kugel e here to talk all about it and more is Marlon West himself.

    西の最新プロジェクト「I Wa Ju」は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオとパン・アフリカのエンターテイメント会社「Kugel」との初のコラボレーションであり、ここではマーロン・ウェスト自身がそれについてのすべての話をしています。

  • Hey, Marlin, Thank you so much for coming on the show.

    マーリン、ショーに来てくれてありがとう

  • How are you doing today?

    今日はどうですか?

  • I'm doing very well.

    私は元気にやっています。

  • Thanks for having me.

    呼んでくれてありがとう

  • So we would love to hear how you got started on your journey.

    というわけで、旅に出るまでの経緯をお聞きしたいと思います。

  • Were you always interested in animation?

    もともとアニメに興味があったのですか?

  • Yes.

    そうですね。

  • I was always interested in movies and moviemaking.

    もともと映画や映画製作には興味がありました。

  • I would just get books on movies.

    私なら映画の本を手に入れるだけです。

  • Seeing this behind the scene photo of a grown man animating but look like to toy dinosaurs fighting to my second grade mind.

    大人の男がアニメ化しているが、私の二年生の心に戦っているおもちゃの恐竜のように見えるこの舞台裏の写真を見て。

  • That was like a job where a grown man could take his toys to work with him.

    あれは、大人の男がおもちゃを持って仕事をするような仕事だった。

  • I love that.

    私はそれが大好きです。

  • And what does it mean to be a V effects supervisor?

    そして、Vエフェクト監修とはどういうことなのか?

  • And what led you to that specifically?

    具体的には何がきっかけなんですか?

  • Well, for a long time that most of my Disney career up until a couple of months ago, I was in effects.

    まあ、長い間、数ヶ月前までのディズニーキャリアのほとんどは効果があったんですけどね。

  • Animator and head of effects and effects is generally everything in an animated film that moves on screen.

    アニメーターやエフェクトのヘッドは、一般的に画面上で動くアニメーション映画のすべてです。

  • That's not the characters themselves.

    それはキャラクターそのものではなく

  • The fire the water, The rain smoke effects are there to kind of give.

    火、水、雨、煙の効果を与えるためにそこにあります。

  • I like to call production value.

    私は生産価値と呼ぶのが好きです。

  • It's a lot of stuff that you don't notice.

    気づかないことが多いですよね。

  • Being in effects artist is a lesson and kind of going.

    エフェクトアーティストであることは、一種のレッスンであり、行くことです。

  • I noticed a lot of the times.

    何度も気がつきました。

  • Well, we noticed it E notice, but I can imagine seeing a scene without those elements.

    まあ、E予告で気付いたけど、そういう要素のないシーンを見るのは想像がつく。

  • I have been very fortunate to work on Disney films like Both Frozen's and Wanna were effects or Front and Center.

    Frozen'sとWannaの両方がエフェクトだったり、Front and Centerだったりと、ディズニー映画の仕事をさせていただいたことがあります。

  • When you have a woman shoot No.

    女性にNo.を撃たせると

  • One ice out of her hands holding her own eyes, palace or a lava guardian, people notice those because especially, you hear so much about traditional hand drawn animation versus CG animation.

    彼女自身の目、宮殿や溶岩の守護者を保持している彼女の手のうちの一つの氷は、人々がそれらに気づくので、特に、あなたは伝統的な手描きアニメーション対CGアニメーションについての多くを聞くので。

  • But seems like you've been doing a lot of the merging of the two every film that I've worked on, starting with the lacking had C G like some of the wilder bees for a computer generated Pocahontas dugout canoes, computer generated grandmother willows trunk, you know, in the not holding her face would appear in these air films that I would watch over and over again on my VHS.

    しかし、あなたは2つのマージの多くをやっているように思えます私が取り組んできたすべての映画は、コンピュータ生成ポカホンタス掘ったカヌー、コンピュータ生成祖母柳トランク、あなたが知っているように、彼女の顔を保持していないで、私は私のVHSで何度も何度も見るであろうこれらの空気の映画に表示されるだろう、いくつかの原始的な蜂のように欠けていたC Gを持っていた、から始まって、2つのマージの多くをやっている。

  • So I'm getting out right now.

    だから今すぐにでも出て行きます。

  • Marlon, I am giving you have a movie or a scene from a movie.

    マーロン、私はあなたに映画や映画のワンシーンを与えています。

  • They just like a personal favorite, something you're very proud of.

    個人的に好きなもの、自慢のものが好きなだけです。

  • All these films have had different moments for me, you know, professional milestones.

    これらの映画はすべて、私にとっては、プロとしての節目となる様々な瞬間がありました。

  • My kids got to see the princess and the Frog and the first film they saw in the theater, you know, look like that.

    うちの子供たちは「お姫様とカエル」を見て、最初に劇場で見た映画は、あんな感じだったな。

  • That meant a lot.

    意味があったんだ

  • So some of the projects you worked on like marijuana, the princess and the frog and the upcoming A watch you, they all showcase great representation.

    大麻やお姫様とカエル、そして次回作の「A watch you」など、あなたが手がけたプロジェクトは、どれも素晴らしい表現力を発揮しています。

  • Can you tell us how that feels and why you think that's important?

    その気持ちと、それが大事だと思う理由を教えてもらえますか?

  • I feel it's really important to see yourself on screen, and I also think the representation is very important behind the camera.

    画面に映っている自分の姿を見ることは本当に大切なことだと感じますし、カメラの後ろでの表現もとても大切だと思います。

  • 900 people make these films, and they need a lot of folks of all different hues to make him.

    900人がこれらの映画を作り、彼を作るためには様々な色相の多くの人々が必要なのです。

  • Everybody brings a little bit to the table, a little bit of themselves.

    誰もが少しずつ自分を持ってきてくれます。

  • What do you hope to see more off in the animation landscape?

    アニメの世界でもっと見送ってほしいものは何ですか?

  • We have some new directors that have entered a studio in the last couple of years.

    ここ数年でスタジオに入ってきた新しい監督が何人かいます。

  • They're people of color and they've got some stories to tell are coming straight from their heart.

    彼らは有色人種であり、彼らの心の中にある物語を持っています。

  • And I can't wait for folks to see those movies for there to get their voices amplified.

    そして、声を増幅させるために、そこにある映画を人々に見てもらうのが待ち遠しいです。

  • It's gonna be cool.

    かっこよくなりそうです。

  • So tell us about Watch You and the collaboration between Walt Disney Animation Studios and Kigali.

    では、ウォッチ・ユーとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオとキガリのコラボについて教えてください。

  • I'm really thrilled to be working with the leaders of Kugel to make you watch Ju.

    クーゲルのリーダーたちと一緒にJuを見てもらえるなんて、本当にワクワクします。

  • It's a show that's set in Lagos, Nigeria, maybe 50 to 100 years in the future.

    ナイジェリアのラゴスを舞台にしたショーで、おそらく50年から100年後の未来を舞台にしています。

  • We're not being very specific about it.

    あまり具体的な話はしていません。

  • We're just here to kind of help tell their story.

    私たちは、彼らの物語を伝えるためにここにいるだけです。

  • So obviously diversity is important in front of the camera.

    だから、カメラの前では明らかに多様性が重要です。

  • But I would like to know what experiences you've had.

    でも、どんな経験をしてきたのか知りたいですね。

  • We're having diversity behind the camera helps with the storytelling to make it genuine and authentic.

    カメラの後ろに多様性を持たせることで、ストーリーテリングをより本物らしく、本物らしくすることができます。

  • You want everybody to be entertained, but you want 1% of people who might recognize something to go like, Oh, you see that they got that when somebody stops me or or having a conversation, and it recognized something that's from their childhood from their culture.

    誰もが楽しめるようにしたいと思っていますが、1%の人は何かを認識しているかもしれませんが、誰かが私を止めたり、会話をしたりしたときに、何かを認識しているかもしれません。

  • I know we got it right.

    決まったんだよね。

  • And I'm sure with working on a project like watcher, you're definitely keeping that in mind.

    ウォッチャーのような仕事をしていると、間違いなくそのことを念頭に置いていると思います。

  • I'm curious what that process has been like.

    その過程がどのようなものだったのか気になるところです。

  • We haven't filmmakers that are African, two of them from Lagos, where the story is set, one of them from Uganda, and they are actually making an African story for Africans.

    アフリカ人の映画監督はまだいませんが、物語の舞台となっているラゴスから2人、ウガンダから1人、アフリカ人のためにアフリカの物語を作っています。

  • There's Uraba language in it.

    浦場言葉が入っています。

  • There's pidgin English in it.

    ピジン英語が入っています。

  • There's inside jokes.

    内輪のジョークがある

  • There's a lot of things that are very, very specific.

    随分と具体的なことが多いですね。

  • Sometimes when you see stories like that, you'll even have people.

    そんな話を見ていると、たまに人がいることもありますよね。

  • Other countries Wait.

    他の国は待ってください。

  • I understand that, too.

    それも理解しています。

  • So you kind of feel like the universe specific, but also universal.

    宇宙特有のような気がしますが、普遍的なものでもありますね。

  • Yeah, and it brings us all together that way.

    ああ、そうやってみんなをまとめてくれるんだ。

  • There's universal truths, too, you know, too true.

    普遍的な真理もあるんだよ、あまりにも真実だよ。

  • The great kind of classic storytelling.

    古典的な物語の偉大な種類。

  • That's what we're doing as a company.

    それが会社としての仕事です。

  • Generally you wanna have those things that really re intruded people either Someone spoke up.

    一般的には、あなたは本当に人に侵入しているものを持っていることを望んでいます どちらかの誰かが発言しました。

  • Somebody did some homework.

    誰かが宿題を出してくれた。

  • Somebody brought something from the mama's house.

    誰かがママの家から何かを持ってきた。

  • And just like, this is how we dio agree.

    そして、このように、私たちは同意しています。

  • There's a couple of moments, and Chris is the frog where I was like, Yeah, don't work.

    いくつかの瞬間があって、クリスがカエルになっていて、私は「うん、仕事しないで」と言っていました。

  • Absolutely got to do is try to get it right.

    絶対にやらなければならないことは、それを正しくしようとすることです。

  • Well, thank you again, Marlon, for being on the show.

    マーロン、ショーに出てくれてありがとう

  • This was such an important conversation toe have.

    これは重要な会話だった。

  • And I'm pretty sure you just inspired a bunch of new future visual effects artists.

    君は未来の視覚効果アーティストを 刺激したと思うよ

  • That's really good to know.

    それは本当に良かったですね。

  • But, yeah, I had a really great time talking to you.

    でも、そうだね、君と話すのは本当に楽しかったよ。

  • All that was super duper fun.

    全てが超絶楽しかったです。

  • Yeah, thanks for having me.

    呼んでくれてありがとう

  • Be sure to stream some of Marlins work right now on Disney Plus, and now it's time for what's new?

    ディズニープラスで今すぐマーリンズの作品の一部をストリーミングするようにしてください、そして今、それは何のための時間ですか?

  • Yeah, okay.

    ああ、わかった。

  • Rodgers and Hammerstein's Cinderella, the 1997 movie starring Brandy, starts streaming February 12th.

    ロジャース&ハマースタインの1997年のブランディ主演映画『シンデレラ』が2月12日にストリーミング配信開始。

  • Writer director producer Ryan Coogler and Proximity Media will develop a Black Panther spinoff Television.

    脚本家・ディレクター・プロデューサーのライアン・クーグラーとプロキシミティ・メディアが、ブラックパンサーのスピンオフ・テレビジョンを開発することになりました。

  • Siri's, based in the Kingdom of Wakanda for Disney plus be a part of hashtag black history.

    Siriの、ディズニープラスのためのワカンダ王国をベースにしたハッシュタグ黒歴史の一部になります。

  • Always by exploring the Celebrate Black Stories collection featuring movies that both honor black history and made history, including hidden figures, Black is King Soul, and many more life could be perfect when it's made just for you.

    常にそれがあなたのためだけに作られているとき、両方の黒歴史を尊重し、隠された人物を含む歴史を作った映画をフィーチャーしたセレブレートブラックストーリーコレクションを探索することによって、黒はキングソウルであり、より多くの人生は完璧かもしれませんそれはあなたのためだけに作られています。

  • We have a new midseason trailer from Marvel Studios, one division now streaming on Disney, plus to toot beep beep that's right from digitally right next door.

    私たちは、マーベルスタジオからの新しいミッドシーズンのトレーラーを持っている、1つの部門は、今ディズニーでストリーミングに加えて、デジタルから右隣にあることをビートビープビープするために。

  • We have two very special guests from our Disney plus YouTube family to chat with us today.

    今日はディズニープラスユーチューバーのお二人の特別なゲストの方にお話をしていただきました。

  • Yes, here are two guys who are just as obsessed with Disney plus, as we are Marcellus Kid and Kenneth Brown, the host of Disney Plus Deeks.

    そう、ここにいるのは、私たちと同じようにディズニー・プラスに夢中になっているマーセラス・キッドと、ディズニー・プラス・ディークスの司会者ケネス・ブラウンの二人です。

  • But you can watch right here on the Disney Plus YouTube channel.

    でも、ディズニープラスのYouTubeチャンネルですぐに見ることができます。

  • What's up way Y'all were matching.

    どうしたの?みんなおそろいだったわよ

  • Wait a minute.

    ちょっと待って

  • Everything.

    何もかも

  • A multi verse Israel.

    多弁なイスラエル。

  • I loathe folks at home.

    家の人間が大嫌い。

  • We may not be familiar with you or the Siri's.

    Siriのことはよくわからないかもしれません。

  • Tell us about yourselves and give us the deep on Disney, plus Deep.

    自分のことを教えてくれて、ディズニーのディープなことを教えてくれて、プラスディープなことを教えてくれて。

  • Absolutely What Me and Kim have been friends for a very long time.

    絶対に私とキムは長い付き合いです。

  • We know each other super well, and we love Disney plus movies and Siri's.

    超知り合いで、ディズニープラスの映画やSiriのことが大好きなんです。

  • And what better way to home that all in, then to talk about it on Disney plus deep.

    そして、どのようなより良い方法は、ホームにそのすべての中で、その後、ディズニープラス深い上でそれについて話をすることです。

  • What we did was we talk about the things that you need to know.

    何をしたかというと、知っておいた方がいいことを話しています。

  • Or maybe you didn't know about your favorite Disney plus movies and Siri's.

    あるいは、お気に入りのディズニープラスの映画やSiriのことを知らなかったのかもしれません。

  • We take a deep dive into all things Disney Plus, and I get to go on that journey with this crazy guy over here.

    私たちはディズニー・プラスのすべてのものに 深く飛び込んでいます そして、私はここにいるこの狂った男と一緒に その旅に出ます。

  • Yeah, after watching the first episode, I knew immediately I was like These guys know each other for a while now, absolutely a long time.

    第一話を見てすぐに分かったんだけど、こいつらはもう長い付き合いなんだなって。

  • I'm always poking fun and kids my favorite thing wouldn't be a proper Disney plus YouTube family re union without a little competition.

    いつもからかってるし子供も好きなのはディズニー+ユーチューバーの家族の再結成は少しの競争がなければまともなディズニーにはならないだろうな

  • So kind of.

    そんな感じです。

  • How well do you think you know, Marcellus?

    マーセラス、どのくらい知ってると思う?

  • I believe that I know Marcellus quite well.

    マーセラスのことは よく知っていると思っている

  • I'm worried about how well he knows me on there's gonna be a lot comes out.

    彼がどれだけ私のことを知っているのか心配だわ......いろいろ出てくるかもしれないし

  • Kenneth is unpredictable, so e well or about to be put to the test with a little challenge called Battle of the Hosts.

    ケネスは予測不可能なので、よく、またはホストの戦いと呼ばれる小さな挑戦でテストに入れようとしています。

  • In order to find out which duo knows each other best, we're gonna be asking some deep cut questions.

    どのデュオがお互いのことを一番よく知っているのかを知るためには、かなり深い切り口の質問をすることになります。

  • So in order for your team to win, we have to guess what our co host is thinking.

    あなたのチームが勝つためには共同ホストが何を考えているか推測する必要があります。

  • Are you ready?

    準備はいいか?

  • Yeah.

    そうだな

  • Andre, I'm counting on you.

    アンドレ、頼りにしてるよ

  • All right.

    いいだろう

  • Let the battle off the hosts.

    ホストとの戦いを終わらせてくれ

  • Bigon.

    ビゴン

  • Hey, if we could be any Disney plus character, who will we be?

    ねぇ、ディズニープラスのキャラになれるとしたら誰になるの?

  • Can't look, Don't look.

    見てはいけない、見てはいけない。

  • Okay, I'm ready.

    よし、準備はできた。

  • We're gonna show it.

    それを見せるんだ

  • Let's do it.

    やってみましょう。

  • What did you put Jack?

    ジャックは何をしたの?

  • I put Mr Incredible Film.

    Mr.インクレディブルフィルムを入れてみました。

  • Marcellus loves the incredible.

    マーセラスは信じられないほど好きです。

  • So I figured he was going to be Mr Incredible.

    だから彼はインクレディブルさんになるんだと思ってた

  • Jack, Jack is okay.

    ジャック、ジャックは大丈夫です。

  • All right, Here we go.

    よし、行くぞ

  • Okay.

    いいわよ

  • 123 How?

    123 どうやって?

  • Oh, my God.

    何てこった。

  • That was the other.

    それはもう一つのことだった。

  • And I was gonna be Oh, I even drew the symbol.

    そして、私は、ああ、シンボルマークまで描いてしまった。

  • Terrible.

    酷いな

  • Don't stand out.

    目立つなよ

  • Who are our inner marvel?

    私たちの内なる驚異は誰なのか?

  • Superheroes?

    スーパーヒーロー?

  • E Think I got you on this one?

    これでいいのかな?

  • Jenny, Let's do it.

    ジェニー、やろうぜ。

  • Go ahead.

    どうぞ

  • Go first.

    先に行け

  • Oh, okay.

    ああ、そうか。

  • Now, I was like, all you talk about Michael.

    今は、マイケルの話ばかりしているような気がした。

  • Okay.

    いいわよ

  • Okay.

    いいわよ

  • 123 Okay.

    123 そうなんですね。

  • Yes, that one division.

    そう、その1つの部門。

  • Look through friendship Look like Marcel.

    友情を通して見る マルセルに似ている

  • Let's take a look at what is our hosting superpower.

    ホスティング大国とは何かを見てみましょう。

  • I know.

    知っています。

  • Okay.

    いいわよ

  • Myself is you got this.

    私自身は、あなたがこれを持っています。

  • All right.

    いいだろう

  • Let's see what you got.

    何を持ってきたか見てみましょう。

  • Oh, I think that he's amazing at memorizing the line.

    あ、この人はセリフの暗記力がすごいと思います。

  • Yes, I think I just make jokes at anything.

    そうですね、私は何でもジョークを言っているだけだと思います。

  • That's how I get through stuff.

    そうやって乗り越えてきたんだ

  • Andi Review.

    アンディレビュー。

  • It's a lot.

    多いんですよ。

  • Oh, that is good.

    あ、それはいいですね。

  • To Andre is a walking encyclopedia.

    アンドレへは、歩く百科事典です。

  • Uh, and finally, for Marcellus and me, which Pixar films make us cry the most?

    最後に マーセラスと私のために ピクサー映画の中で 一番泣けるのは?

  • This is a tough one.

    これは厳しいですね。

  • Things has to be it.

    物事はそれでなければならない。

  • Okay, we're ready.

    よし、準備はできた。

  • Okay.

    いいわよ

  • Ready?

    準備はいいか?

  • Go Ware back on track to be proud of you.

    堂々としていられるように軌道に乗ってくれ

  • I'm sort of proud of you in the way.

    ある意味では誇りに思っています。

  • Oh, I wasn't sure if it was one or three.

    あ、1か3かわからなかった。

  • There was definitely something in my eye when I was watching e am ready to announce the winner of the Battle of the host E.

    私はホストEの戦いの勝者を発表する準備ができているEを見ていたときに私の目には間違いなく何かがありました。

  • Oh, are you kidding?

    冗談でしょうか?

  • May we owe that friendship?

    その友情に借りがあるのでは?

  • You really do know, E.

    本当に知っているんですね、Eさん。

  • Oh, well, if you want to see more of this friendship, working together, telling you all the details of Disney Plus and make sure you check out Disney plus Dietz right here on the Disney Plus YouTube channel.

    ああ、まあ、あなたがこの友情の詳細を見たい場合は、一緒に仕事をして、ディズニープラスのすべての詳細を伝えると、ディズニープラスディーツをチェックアウトしてください右ここディズニープラスYouTubeチャンネルで。

  • Kids Marcellus, thank you both for being here.

    キッズ・マーセラス、二人ともここに来てくれてありがとう。

  • Definitely.

    間違いなく。

  • Appreciate your time.

    お時間をいただきありがとうございました。

  • Is there anything you would like to say?

    何か言いたいことはありますか?

  • Any final words before we head out?

    最後に何か言いたいことは?

  • Absolutely.

    その通りだ

  • Everyone take care of yourselves and the planet Marcellus and kid signing off.

    みんな自分と地球を大切にしてねマーセラスと子供の署名をしてね

  • We got to talk to some amazing black creators today, both from the big screen and the YouTube screen.

    今日は、大画面とYouTubeの両方から、素晴らしいブラッククリエイターに話を聞くことができました。

  • Make sure you support and uplift these creators by checking out Marlins work on the Princess and the Frog, Atlantis, the Lost Empire, Hercules and so much more.

    プリンセスとカエル、アトランティス、ロストエンパイア、ヘラクレスなどのマーリンズ作品をチェックして、これらのクリエイターをサポートし、高揚させることを確認してください。

  • And be sure to check out kids.

    キッズも要チェックですよ

  • Marcellus right here on this channel on Disney plus, Dietz continue celebrating Black History Month together by streaming the Celebrate black stories collection.

    マーセラスは右ここにディズニープラスでこのチャンネルで、ディーツは、お祝いの黒物語コレクションをストリーミングすることによって一緒に黒歴史月間を祝うことを続けています。

  • And until next time, be sure to stream all of your favorites on Disney.

    そして、次回まで、ディズニーでお気に入りのものをすべてストリーミングしてください。

  • Plus, I'm gonna watch more proud family truth.

    それに、「誇り高き家族の真実」をもっと見るつもりだ。

  • A times off.

    回の休み。

Jenny.

ジェニー

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ディズニー 映画 プラス アニメーション カエル エフェクト

マーロン・ウェスト、イワジュ、そしてブラックストーリーを祝う|What's Up, Disney+|第14話 (Marlon West, Iwájú, and Celebrating Black Stories | What's Up, Disney+ | Episode 14)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 05 日
動画の中の単語