Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - Why can't we live right here?

    - なぜここには住めないのか?

  • Like this?

    こんな感じ?

  • All the time?

    ずっと?

  • - You know, I ask myself the same thing, grandson.

    - 私も同じことを自問自答していますよ、孫さん。

  • Everyday.

    毎日です。

  • Everyday.

    毎日です。

  • - I think the scenes between John Dutton and Tate

    - ジョン・ダットンとテイトのシーンは

  • are really what Yellowstone is about.

    は、本当にイエローストーンのことです。

  • - Tate can see how this ranch sort of runs

    - テイトはこの牧場がどのように動くかを見ている

  • so that he can keep it in the family.

    彼が家族の中に残せるように

  • It's lookin' like he might be our last hope for that.

    彼が最後の希望になるかもしれない

  • - The land is everything to him.

    - 彼にとっては土地が全てなのです。

  • You take something that's five generations old

    5世代前のものを

  • and it can continue to look the way it is.

    と、今のままの姿であり続けることができます。

  • You work for that.

    そのために働いているのですね。

  • - (laughing) Well that's exactly how you do it.

  • (dramatic music)

    劇曲

  • - Cool if I ride with you?

    - 一緒に乗ってもいい?

  • I want to see my kid.

    子供に会いたい

  • So, Taylor asked me if I knew how to ride

    テイラーが乗り方を聞いてきた

  • at the beginning of the season.

    シーズンの初めに

  • I told him yes, and that I'd learn later.

    私は彼に「はい」と言って、「あとで分かる」と言った。

  • And he was like, "Well, you gotta learn now".

    そして、「じゃあ、今から勉強しないと」という感じでした。

  • And then the next episode I was riding.

    そして、次のエピソードでは私が乗っていました。

  • I won't fall off.

    落ちないよ。

  • - She was just startin' to get comfortable on the horses.

    - 彼女は馬に馴染もうとしていた

  • Taylor wrote the script where Kelsey took my horse.

    テイラーは、ケルシーが私の馬を連れて行った脚本を書いた。

  • - That's my horse?

    - それが私の馬?

  • - We don't have time for this shit.

    - こんなことをしている暇はない。

  • - My name is Sled Reynolds

    - 私の名前はソリ・レイノルズ

  • and I am a wrangler, an animal trainer.

    と、動物の調教師であるラングラーをしています。

  • Taylor has a pretty good idea

    テイラーは良い考えを持っている

  • about what cowboys are supposed to be.

    カウボーイとは何かについて

  • Taylor called me and says,

    テイラーが電話をかけてきて言った。

  • "Will you get on a bucking horse"?

    "降圧馬に乗らないか?"

  • And, I had to remind him that I was 40.

    そして、40歳になったことを思い知らされました。

  • - Got it, Jake.

    - わかったわ、ジェイク。

  • - Yeah, if I can pick it, so, you know.

    - ああ、選べるならね。

  • That was pretty fun, it was up in the field.

    あれはかなり面白かったですね、畑の中でアップになっていました。

  • - Oh, now that looks fun.

    - ああ、今は楽しそうだ。

  • - I think all of us love workin' on this.

    - 私たちは皆、この仕事が好きなんだと思います。

  • - Come 'ere you little devil.

    - 来いよ 小悪魔め

  • - It's so much fun.

    - めちゃくちゃ楽しいです。

  • You really feel like you're making movies.

    本当に映画を作っているような気がしますね。

  • - I think Kelsey did good, you know?

    - ケルシーはよくやったと思うよ。

  • The first take my horse went buckin' right in to 'em.

    最初のテイクで俺の馬は奴らの中に入っていった

  • I couldn't really control him.

    私は彼をコントロールすることができませんでした。

  • She just backed her horse up

    彼女は馬の後ろに下がった

  • and looked really good.

    と、とてもいい感じに見えました。

  • - So you're really learning with the best of the best

    - ということは、本当に最高の人たちと一緒に学んでいるんですね。

  • and hopefully the editing is great.

    そして、うまくいけば編集が素晴らしいものになるでしょう。

  • - What we try to do is have horses that kind of

    - 私たちがしようとしていることは、そのような馬を持っていることです。

  • do a little bit of everything.

    何でもかんでもやってしまう

  • - Kelsey, she'd been down to the barn lately,

    - ケルシー、彼女は最近納屋に行っていた。

  • riding Cutter.

    カッターに乗っています。

  • Something that not everybody gets to do.

    誰にでもできることではない

  • It's been a good opportunity, but I think that they're

    いい機会になったと思いますが、彼らは

  • riding her really well and advancing.

    彼女によく乗って前進しています。

  • They're gonna take the stunt guys out of business.

    煽り屋を廃業に追い込むんだろうな

  • - Monica's always trying to get back

    - モニカはいつも取り戻そうとしている

  • to their beginning, in a way,

    ある意味では、彼らの始まりに

  • where it was just Kayce and Tate.

    ケイシーとテイトだけだったところに

  • Kayce and Monica really work together this season,

    ケイシーとモニカは今シーズン、本当に一緒に仕事をしています。

  • in a beautiful way, to take care of Tate.

    テイトの世話をするために、きれいな形で。

  • - I knew the stars would help him.

    - 星が彼を助けてくれると思っていました。

  • - It's a dream come true for Kayce.

    - ケイシーにとっては夢のような話だ。

  • How in nature, kind of living this lifestyle

    どのように自然の中で、この生活の種類

  • that he grew up with he loves and is part of his legacy.

    彼が愛して育った彼は、彼の遺産の一部です。

  • - The campground allows for them to be in this dreamworld

    - キャンプ場では、彼らはこの夢の世界にいることができます。

  • all together away from these incredible challenges

    これらの信じられないような課題から一斉に離れて

  • that they've had to face and overcome.

    彼らが直面し克服しなければならなかったことを

  • It's simple.

    単純なことです。

  • And it's about the family.

    そして、家族のことです。

  • - To have her kind of accept it,

    - 何となく納得してもらうために

  • and want to be there for it.

    と、その場に居合わせたくなる。

  • And actually fall in love with it, too.

    そして、実際にそれにも恋をしてみてください。

  • I think, is just, he's over the moon.

    私が思うに、ちょうど、彼は月の上にいる。

  • - Luke and I really root for these characters.

    - ルークと私は本当にこれらのキャラクターを応援しています。

  • To see the scripts come in

    スクリプトが入ってくるのを見るには

  • and for them to be happy is such a relief.

    彼らが幸せになるのは、とても嬉しいことです。

  • We're happy, too.

    私たちも幸せです。

  • (emotional music)

    エモーショナルミュージック

  • - For a minute, they're at the camp.

    - 一瞬、彼らは合宿所にいる。

  • They're watching the sunrise.

    日の出を見ている。

  • Things seem simple.

    物事はシンプルに見える。

  • They're together.

    一緒にいる

  • It's sort of an exhale.

    息を吐くようなものです。

  • Beth doesn't go down to the camp

    ベスはキャンプには行かない

  • because she's still working.

    彼女はまだ仕事をしているからだ

  • But she does go visit Rip.

    でも彼女は リップに会いに行ってる

  • - Rip and Beth are such a fascinating couple

    - リップとベスはそんな魅力的なカップル

  • because it is in a lot of way

    なぜなら、それは多くの意味で

  • everyone's fantasy of a couple.

    みんなのカップルの妄想

  • - Those scenes were always, for me, were like

    - あのシーンはいつも私にとっては

  • wow this is the year I'm excited about for Beth and I.

    今年はベスと私にとってワクワクする年になりそうです。

  • - That opening of her heart

    - 彼女の心の扉が開いた

  • has been one of the most beautiful things

    は、最も美しいものの一つとなっています。

  • for me to play this year.

    今年の私のために

  • - And the roles are so juxtaposed between the two of them.

    - そして、この二人の間には役柄が並立しています。

  • Rip is the most masculine guy on the planet

    リップは地球上で最も男らしい男

  • who does these very, what would be traditionally

    伝統的には、このようなことをしている人は

  • thought of as feminine and gentle things for her,

    彼女のために女性的で優しいものと考えていました。

  • and she does these very masculine things.

    そして、彼女はとても男性的なことをしています。

  • - There's a lovely scene where

    - 素敵なシーンがあります。

  • Rip is making Beth breakfast.

    リップがベスの朝食を作ってる

  • - I mean, they're my favorite scenes of the year.

    - 今年一番のお気に入りのシーンだよ

  • - But she doesn't know how to be vulnerable

    - しかし、彼女は弱さを知らない

  • or in a t-shirt, no makeup, walking down the stairs

    Tシャツでもノーメイクでも階段を歩いても

  • and someone being nice to her.

    と誰かが彼女に優しくしてくれた。

  • And she resists it.

    そして、彼女はそれに抵抗する。

  • It was one of the most difficult scenes

    最も難しいシーンの一つでした。

  • and gorgeous scenes to play.

    と豪華なシーンをプレイすることができます。

  • Because, she allows herself in that moment

    なぜなら、彼女はその瞬間に自分を許すからだ

  • to feel vulnerable.

    脆弱性を感じるように

  • And I don't think I've seen Beth vulnerable ever.

    ベスが弱っているのを見たことがない

  • - And I sat it down, and she's eating it,

    - それを座らせてみたら、彼女が食べている。

  • and I'm staring at her, and it's a bit uncomfortable

    と睨みつけていて、ちょっと違和感があって

  • when you're eating breakfast and somebody's staring at you.

    朝ごはんを食べていて 誰かに見られている時

  • But, it's very lovingly,

    でも、とても愛おしいです。

  • and she just starts getting emotional.

    彼女は感情的になり始めた

  • And, we both are just staring

    そして、私たち二人はただ見つめているだけです。

  • and we're just talkin' with our eyes and it's beautiful.

    と目で話していて、とても綺麗です。

  • - It doesn't take away her femininity

    - それは彼女の女性らしさを奪うものではありません

  • and it doesn't weaken his masculinity.

    そして、それは彼の男らしさを弱めることはありません。

  • It's a really unique, beautiful relationship.

    本当にユニークで素敵な関係ですね。

  • - You know, working with Kelly is such a pleasure,

    - ケリーと一緒に仕事をするのは、とても楽しいことだ。

  • but also the writing, you know, again,

    でも、文章もね、またね。

  • the ability to play silence.

    沈黙を奏でる能力

  • You know, she's great at it.

    彼女はそれが得意なんだよ。

  • You know, I love breathing with her on screen.

    画面の中で彼女と呼吸するのが好きなんだよね

  • And the scenes that Taylor wrote

    テイラーが書いたシーンも

  • are just exceptional.

    はまさに例外的なものです。

  • - And I love playing on the notion of

    - という概念で遊ぶのが大好きで

  • how should this really ignorant, uneducated

    この本当に無知で無学な人はどうすればいいのか

  • brute of a man interact

    獣人同士のやりとり

  • with a woman who is an intellectual viper.

    知的な毒蛇の女と。

  • - We saw in season two how much of a survivor she is.

    - 彼女がどれだけ生き残っているか、シーズン2で見ました。

  • But, actually, it's the emotional scars,

    でも、実は心の傷なんです。

  • I think, that take a longer time to heal.

    私が思うに、それは治るのに長い時間がかかる。

  • - I don't think Rip even sees the bruises.

    - リップはアザすら見てないと思う。

  • He just thinks she's amazing.

    彼はただ彼女がすごいと思っているだけです。

  • - Regarding just storytelling,

    - 単なるストーリー性について。

  • it can't all be this high octane drama.

    こんなにハイテンションなドラマばかりじゃないよ

  • And I think the audience and the characters

    そして、観客と登場人物が

  • needed a breath for a second.

    は一瞬息が必要でした。

  • - First we're gonna dance.

    - まずは踊りましょう

  • - You need to put a pause on it

    - あなたはそれを一時停止する必要があります

  • and really get emotionally invested.

    と本当に感情移入してしまいます。

  • And I hope, I know that the audience loves to see that

    そして、私は願っています、私は知っています、観客がそれを見ることを愛していることを

  • in Beth and Rip, so, you're gonna see

    ベスとリップのことだから、

  • a lot more of it this year.

    今年はもっとたくさん

  • - John Dutton never lets anything go.

    - ジョン・ダットンは何も手放さない

  • (laughing) If you wrong him,

    (笑)間違っても

  • he will always remember it,

    彼はそれをずっと覚えているだろう。

  • and you'll always be paying for it.

    とか言って、必ずお金を払うことになります。

  • Especially if you're close to him.

    近くにいるならなおさらです。

  • Jaime knows he betrayed John.

    ジェイミーはジョンを裏切ったことを知っている

  • And there's a very slim pathway back.

    帰り道はとても細くなっています。

  • John decides to resign as the Livestock Commissioner,

    ジョンは家畜委員を辞任することを決意する。

  • and decides to give the opportunity to Jaime.

    とジェイミーに機会を与えることにします。

  • Which is a complete surprise.

    これは完全に驚きです。

  • And one that Jaime knows is probably coming with

    ハイメが知っているものは、おそらく一緒に来るだろう

  • some favor or something awful attached.

    何かの好意か、何かひどいものが付いている。

  • But, it's a way out of the bunkhouse.

    しかし、それは寝床からの脱出方法です。

  • It's a way back in to his normal life.

    普段の生活に戻るための方法です。

  • It's a way back in to influence with John.

    ジョンに影響を与えるための戻り道です。

  • As soon as he gets it and he gets in the office

    彼がそれを手に入れて、彼がオフィスに入るとすぐに

  • and the first decision he has to make

    と最初の決断をしなければならない

  • turns out awful.

    酷い結果になる

  • (suspenseful music)

    (サスペンスフルな音楽)

  • - Holy shit.

    - キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!

  • - What's your name?

    - 君の名前は?

  • - Teeter.

    - ティーター

  • - What's that?

    - それは何ですか?

  • - Teeter is a character that you just can't prepare for.

    - ティーターはどうしても用意できないキャラです。

  • Teeter is a fantastic character in the sense that

    ティーターは、その意味ではファンタスティックなキャラクターです。

  • she's a badass.

    彼女はワルだ

  • And I hire her based on that.

    それを踏まえて彼女を雇っています。

  • - Teeter is the new addition to the bunk house.

    - ティーターは二段ベッドハウスに新たに加わったものです。

  • There was a line thrown around that

    というセリフが投げかけられていました。

  • if they were gonna get a girl

    女を手に入れようとしたら

  • she needed to be ugly or mean.

    彼女は醜いか意地悪である必要がありました。

  • - Know what I mean?

    - 何を言ってるか分かるか?

  • - Mean and ugly.

    - 意地悪で醜い。

  • Yes sir.

    承知しました

  • - And then they saw me somehow.

    - そして、何となく見られてしまった。

  • And they said, "Perfect".

    そして、「完璧」と言われました。

  • - Jennifer is so committed to Teeter.

    - ジェニファーはティータに傾倒している。

  • When I saw her the first time,

    初めて彼女を見た時

  • I was like, "Oh, she's crazy".

    私は「あ、あの人はおかしい」と思っていました。

  • - And I've been fuckin' pullin' and draggin'

    - そして、私は引っ張って引っ張って引っ張ってファックしてきた

  • since I could bounce piss off a rug.

    絨毯に小便を跳ね返すことができたので

  • The first scene that you Meet Teeter.

    ティーターと出会う最初のシーン。

  • - And what the fuck did she say?

    - 彼女は何て言ったんだ?

  • - It's phonetically written.

    - 音韻的に書かれています。

  • And, I justified in my head

    と、頭の中で正当化した。

  • that she just speaks the way her family speaks.

    彼女は家族の話し方をしているだけで

  • You skunk haired mother fucker.

    このスカンクヘアのクソ野郎

  • - She just called me a mother fucker.

    - マザーファッカーと呼ばれた

  • - I think that's Taylor after about ten bottles of wine.

    - ワインを10本ほど飲んだ後のテイラーだと思います。

  • - You understood that, didn't ya you bow-legged bastard.

    - わかってたんだな、この弓足野郎。

  • - There's a great scene between Lloyd and I

    - ロイドと私の間には素晴らしいシーンがあります。

  • where she's babblin' on about

    喋りまくっているところに

  • whatever the hell she's talkin' about.

    彼女が何を言っているのか知らないが

  • And then we're tryin' to figure out

    そして、私たちは考えようとしている。

  • whether it's Spanish and I'm like, "No no no, it's Texan".

    スペイン語なのかどうかで、私は「いやいや、テキトーだよ」と言っています。

  • - It aint Texan.

    - テキサス人じゃない

  • It's gibberish.

    くだらない話だ

  • - It's a great moment between the two of us.

    - 二人の素敵な瞬間ですね。

  • It brings levity to the show,

    それはショーに活気をもたらします。

  • which as you know, it needs it.

    ご存知のように、それが必要なのです。

  • - She's perfect.

    - 彼女は完璧だ

  • Trust me.

    私を信じて

  • Hire her.

    彼女を雇え

  • - As I'm walkin' away, takin' her to the bar,

    - 彼女をバーに連れて行って 歩きながら

  • and I go, "Well, that's gonna be entertaining anyway".

    私は「まあ、どうせ楽しませてくれるだろう」と思っています。

  • - We're equal opportunity here at Yellowstone.

    - イエローストーンでは機会均等なんだ

  • - When I started watching the show

    - 番組を見始めた頃

  • I immediately became a fan.

    すぐにファンになりました。

  • But I was a big fan of Taylors.

    でも、私はテーラーズの大ファンでした。

  • He's got his finger on the pulse of the human heart.

    人間の心臓の鼓動に指をかけている。

  • - It's how we used to do it.

    - 昔はこうだったんですよ。

  • - Yeah well, never should have stopped.

    - 止めるべきじゃなかった

  • - It's very Shakespearian.

    - シェイクスピアらしいですね。

  • It's very greek tragedy.

    とてもギリシャの悲劇ですね。

  • Set in the west.

    西の方を舞台に。

  • I love the stories.

    物語が好きなんです。

  • I loved the idea of what I got to do.

    何をするかという発想が好きでした。

  • There was something so freeing to me

    私には何かとても自由なものがあった

  • about Teeter's physicality.

    ティーターの身体性について

  • Yeah I feel like she's definitely inner me.

    彼女は間違いなく私の内側にいるような気がする。

  • - Teeter.

    - ティーター

  • I can't imagine doing it any other way.

    他の方法でやるとは思えない。

  • (dramatic music)

    劇曲

- Why can't we live right here?

- なぜここには住めないのか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 シーン ベス リップ テイラー ケイシー ジョン

貨物列車と怪獣』ストーリーの裏側|イエローストーン|パラマウント・ネットワーク ('Freight Trains and Monsters' Behind the Story | Yellowstone | Paramount Network)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 05 日