Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • because the White House made a determination about whether it will continue to extend the privilege of intelligence briefings.

    ホワイトハウスが諜報ブリーフィングの特権を今後も延長するかどうかの判断をしたからです。

  • Toe former President Trump, given the concerns among some Democrats that he'll either misuse it or leverage it to enrich himself.

    トランプ前大統領は、彼がそれを悪用するか、自分自身を豊かにするためにそれを活用するだろうといういくつかの民主党員の間で懸念されていることを考えれば、トランプ前大統領のつま先です。

  • This is a good question.

    これはいい質問ですね。

  • I've raised it with our intelligence teams or our national security team.

    諜報チームや国家安全保障チームと一緒に上げたことがあります。

  • I should say it's something, obviously, that's under review.

    何かというと、明らかに審査中と言うべきでしょう。

  • But there was not a conclusion last I asked him about it, But I'm happy to follow up on and see if there's more to share.

    しかし、最後に聞いた結論はありませんでしたが、フォローして、もっと共有できることがあるのではないかと思っています。

  • Secures whether you think his absence has made your job any easier or the White House's job any easier.

    彼の不在で仕事が楽になったと思っているのか、ホワイトハウスの仕事が楽になったと思っているのかを確保する。

  • As it kind of goes forward on these Covic negotiations, this may be hard to believe.

    コヴィッチとの交渉が進むにつれ、これは信じがたいことかもしれません。

  • We don't spend a lot of time talking about her thinking about President Trump here, former President Trump.

    ここで彼女がトランプ大統領のことを考えていることを話すことに時間をかけていません、トランプ元大統領。

  • To be very clear.

    はっきりさせること。

  • I think that's a question that's probably more appropriate for Republican members who are looking for ways to support a bipartisan package on whether that gives them space.

    それは、超党派のパッケージを支援する方法を探している共和党のメンバーには、それが彼らにスペースを与えるかどうかについての質問の方が適切だと思います。

because the White House made a determination about whether it will continue to extend the privilege of intelligence briefings.

ホワイトハウスが諜報ブリーフィングの特権を今後も延長するかどうかの判断をしたからです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 トランプ 大統領 ホワイト ハウス 不在 審査

トランプ氏の情報ブリーフィングへのアクセスは「見直し中」とホワイトハウスは言う (Trump's access to intel briefings 'under review,' White House says)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 04 日
動画の中の単語