Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • this species is best known from a partial female skeleton that got a lot of buzz in 2000 and nine.

    この種は2000年と9年に多くの話題を集めた部分的なメスの骨格から最もよく知られています。

  • Welcome to watch Mojo.

    ようこそ、モジョを見るために。

  • And today we're counting down our picks for the top 10 human ancestors.

    今日はトップ10の人類の祖先をカウントダウンしています。

  • Lucy became an almost instant celebrity and anthropological circles.

    ルーシーはほぼ瞬く間に有名人になり、人類学的なサークルにもなった。

  • It was instantly controversial, and it's still controversial to some people today.

    即座に物議を醸し出したし、今でも一部の人には物議を醸している。

  • It's a bit of a mess, he said.

    と言っていました。

  • Directors, you're you're kidding, right?

    監督さん、冗談じゃないですよね?

  • No, you really said it for this list.

    いや、このリストのために本当に言ってくれたんだな。

  • We're looking at our relatives in the evolutionary tree, whom we may have descended from or interbreed with.

    進化の木の中の親戚を見ているんだ子孫か交配した可能性のある人をね

  • So an isolated branch like Homo Florencia answers.

    ホモ・フローレンシアのような孤立した枝が答えているのですね。

  • For example, thes so called hobbit people of Indonesia is out, no matter how great their nickname will be, ranking roughly in chronological order, although we will also take genetic admixture into account.

    我々はまた、遺伝的混血を考慮に入れることになりますが、例えば、インドネシアのthesいわゆるホビットの人々が出ている、彼らのニックネームは、年代順に大体のランキングになりますどのように偉大ではありません。

  • Which of these would you most like to travel back in time to meet?

    この中で最もタイムスリップして会いたいのはどれでしょうか?

  • Let us know in the comments.

    コメントで教えてください。

  • Number 10 Nikolay Pit Focus Nakayama.

    10番 ニコライピットフォーカス中山

  • About 14 million years ago, the ancestral lines of the great apes began to split off from our own.

    約14000万年前、偉大な類人猿の先祖代々の血統が、私たちの血統から分裂し始めました。

  • The great grand folks of orangutan's than gorillas and later chimpanzees all struck out on different evolutionary paths.

    ゴリラよりもオランウータンの偉い人たちや後のチンパンジーたちは、それぞれ異なる進化の道を歩んできました。

  • Nikolay Piturca's Nakayama is the last known common ancestor of gorillas, chimps and humans living 10 million years ago in East Africa.

    ニコライ・ピトゥルカのナカヤマは、1000万年前に東アフリカに住んでいたゴリラ、チンパンジー、人間の最後の共通祖先として知られています。

  • It was a large ape somewhere around the size of a female gorilla.

    メスのゴリラくらいの大きさの大型猿だった。

  • The discovery in 2005 of its jawbone and teeth in Kenya supports the view that our evolution took place holy in Africa rather than moving to Europe and back, as had been speculated before.

    ケニアでのその顎の骨と歯の2005年の発見は、以前に推測されていたように、私たちの進化は、ヨーロッパに戻って移動するのではなく、アフリカで神聖な場所を取ったという見解をサポートしています。

  • We're not descended from them where cousins off them.

    従兄弟がいないところには子孫はいません。

  • So we and they go back to a common ancestor.

    だから、私たちと彼らは共通の祖先に戻る。

  • There, the chimpanzees, there's us.

    チンパンジーたち、私たちがいる。

  • We go back to a common ancestor, number nine Suhel Anthropocene should insist This is my story on the beginning of yours.

    我々は、共通の祖先に戻って、番号9スヘル人類は、これはあなたの始まりに私の物語であると主張する必要があります。

  • Experts aren't sure when exactly chimpanzee and human ancestors diverged.

    専門家は、チンパンジーと人間の祖先がいつ発散したのか、正確には分かっていない。

  • But the discoverers of South Philanthropist cadence is a species that lived seven million years ago in Central Africa.

    しかし、南フィランソロピスト・ケイデンスの発見者は、700万年前に中央アフリカに住んでいた種です。

  • Believe it to be a transitional species from around the time the chimpanzee lineage branched off.

    チンパンジーの系統が分岐した頃からの過渡期の種と考えてください。

  • And, yeah, the name is kind of a mouthful.

    名前は口がきけないな

  • Um, but this is a really important species.

    えーと、でもこれは本当に重要な種なんです。

  • It was first discovered in 2000 and one, um, in the Central African country of Chad and so far in the last 19 years, we haven't discovered anything older that is likely to be classified as a moment.

    2000年に初めて発見されましたが、中央アフリカのチャドという国で、これまでの19年間で、一瞬にして分類されそうな古いものは発見されていません。

  • So far, the fossil evidence consists mainly of one small, distorted cranium, and the details are debated That may be close to the reality, but we don't know because we don't know about his hair, his eyes or his nose.

    これまでのところ、化石の証拠は主に1つの小さな歪んだ頭蓋骨で構成されており、詳細は議論されています。 それは現実に近いかもしれませんが、彼の髪や目や鼻についてはわからないので、わかりません。

  • Was it our boreal or bipedal?

    私たちのボアダルだったのか、二足歩行だったのか。

  • Did it come before or after the split, or was it an offshoot of another line entirely?

    それは分裂の前に来たのか後に来たのか、それとも完全に別のラインの分岐点だったのか?

  • Experts disagree, but the skull does seem to combine both ape like and human like characteristics.

    専門家は反対していますが、頭蓋骨は猿のような特徴と人間のような特徴の両方を兼ね備えているようです。

  • Number eight Ardipithecus ramidus Some four million years ago, our curious great grand folks climbed down from the trees toe poke about on the ground.

    Number eight Ardipithecus ramidus Some 400万年前、私たちの好奇心旺盛な偉大な祖父母は木から降りてきて、地面をつま先で突いていました。

  • This species is best known from a partial female skeleton that got a lot of buzz in 2000 and nine.

    この種は、2000年と9年に多くの話題を集めた部分的なメスの骨格から最もよく知られています。

  • She was nickname Artie.

    あだ名はアーティ。

  • Artie was small, just under 1.2 m tall and based on the fossils of animals found around her, she lived in a wooded environment, and her skeleton told a surprising story.

    アーティは身長1.2m弱と小柄で、周囲で発見された動物の化石から、森の中で生活していたこと、その骨格が意外なことを物語っていることがわかりました。

  • Their forests were dwindling as the climate became cooler and drier.

    彼らの森は、気候が涼しくなり、乾燥するにつれて減少していきました。

  • Ah, few scientists think that supernovae also played a role with radiation, triggering lightning storms and forest fires that created more grasslands.

    ああ、超新星が放射線の役割を果たし、雷雨や森林火災を引き起こし、より多くの草原を作り出したと考える科学者はほとんどいない。

  • Fossil remains of Ardipithecus ramidus, unearthed in Ethiopia and dated to 4.4 million years ago, seemed to show the transition towards bipedal ism inaction.

    エチオピアで出土したArdipithecus ramidusの化石は440万年前のもので、二足歩行の不作為への移行を示しているようだ。

  • Ardipithecus takes us pretty far back toward that branch and informs us that the node point the junction, the last common ancestor, was neither human nor a chimpanzee.

    Ardipithecusは、その分岐点に向かって私たちをかなり遠くまで連れて行き、分岐点である最後の共通の祖先は、人間でもチンパンジーでもなかったことを教えてくれます。

  • It was something entirely different.

    全く違うものでした。

  • The species had a big toe ideal for grasping branches, but also a pelvic structure that may have allowed them toe walk on two legs.

    この種は、枝をつかむのに理想的な大きなつま先を持っていたが、二本足で歩くことができたかもしれない骨盤の構造も持っていた。

  • We go down to the pelvis.

    骨盤まで降りていきます。

  • We see the same thing adaptations to two legged walking, but also some primitive characteristics that seem to indicate climbing.

    二本足歩行にも同じような適応が見られますが、登山を示すような原始的な特徴も見られます。

  • And we can see that best in the nearly intact foot.

    そして、ほぼ無傷に近い足元でそれを一番よく見ることができます。

  • According to some researchers, it's smaller.

    一部の研究者によると、それはより小さい。

  • Canine teeth might suggest a reduction in aggression, foundational for cooperative social behavior.

    犬歯は攻撃性の低下を示唆しているかもしれない、協調的な社会行動の基礎となる。

  • Number seven Australopithecus afarensis Meet Lucy, one of the most famous fossils in history.

    第7位 オーストラロピテクス・アファレンシス 歴史上最も有名な化石の一つであるルーシーに会いましょう。

  • When you look at it as a whole, there's an amalgam of more primitive and mawr derived features that had not been seen before.

    全体として見ると、今まで見たことのないような、より原始的なものとマウル由来のものがアマルガムになっています。

  • In 1974 researchers found her three million year old partial skeleton in the Awash Valley in Ethiopia.

    1974年、エチオピアのアワッシュ渓谷で研究者が彼女の300万年前の部分骨格を発見しました。

  • To celebrate, they played the Beatles song Lucy in the Sky With diamonds inspiring her name, Lucy became an almost instant celebrity and anthropological circles.

    お祝いに、彼らはビートルズの曲ルーシー・イン・ザ・スカイを演奏しました。ダイヤモンドが彼女の名前にインスピレーションを与えたことで、ルーシーはほぼ即席の有名人と人類学的なサークルになりました。

  • She didn't look like anything we had ever found before.

    今までに見つけたものとは違っていました。

  • She was something very different, and because of that, she opened up for us in an entire new chapter on human origins.

    彼女は何か非常に異なっていて、そのために、彼女は人類の起源についての全く新しい章で私たちのために開いた。

  • Lucy had long arms, a small brain and a protruding jaw, but her pelvis was remarkably human, showing she could walk upright.

    ルーシーは腕が長く、脳が小さく、顎が出っ張っていましたが、骨盤は驚くほど人間らしく、直立して歩けることを示していました。

  • Lucy's legs formed an angle.

    ルーシーの足は角度をつけていた。

  • Her knees were close together, just like our own knees.

    彼女の膝は私たちの膝と同じように密着していた。

  • This'll positions the feet directly underneath the body, making walking easier and more efficient.

    これで足を体の真下に位置させることができるので、歩きやすく効率的になります。

  • It's thought that others of her species left remarkably well preserved footprints at Laetoli, Tanzania, as they tracked through the muddy ash left by volcanic eruptions.

    彼女の種の他の種は、タンザニアのレトリで、火山の噴火によって残された泥灰の中を追跡した際に、非常によく保存された足跡を残したと考えられています。

  • Number six Australopithecus Africanus, Lucy's younger cousin, Australopithecus Africanus, holds a special place in archaeological history.

    6番のオーストラロピテクス・アフリカヌスは、ルーシーのいとこであるオーストラロピテクス・アフリカヌスは、考古学の歴史の中で特別な位置を占めています。

  • In 1924 Quarrymen stumbled over its fossilized remains in South Africa, catching the attention of Australian anthropologist Raymond Dart.

    1924年、南アフリカの採石家がその化石化した遺体を発見し、オーストラリアの人類学者レイモンド・ダートの目に留まりました。

  • Darts claim that the fossil was the so called missing link between men and apes set him against many of his peers who thought modern man must have jolly welcome from Europe and not Africa.

    ダーツの主張は、化石は、人間と猿の間のいわゆるミッシングリンクと呼ばれるものだったことを主張し、現代人はヨーロッパではなく、アフリカから陽気な歓迎を持っている必要がありますと考えていた彼の仲間の多くに対して彼を設定します。

  • It took decades, but Dart was eventually vindicated.

    何十年もかかったが、ダートは最終的に正当化された。

  • Modern analysis reveals that the fossil, which became known as the Taung child, may have been killed by ah hungry Eagle.

    現代の分析では、タウンの子として知られるようになった化石は、ああ飢えたイーグルによって殺された可能性があることが明らかになった。

  • Ancient times were rough today, millions of years after the small hominid child met his end.

    古代は今日も荒れていた、何百万年も前に小さなホモノイドの子供が最期を迎えたのだ。

  • It's amazing.

    凄いですね。

  • Fossil continues to play a crucial role in our understanding of human evolution.

    化石は人類の進化を理解する上で重要な役割を果たし続けています。

  • Number five.

    5番だ

  • Homo habilis.

    ホモ・ハビリス

  • As the climate continued to cool and dry out 2.5 million years ago, our ancestors faced new challenges.

    250万年前、気候が冷え込み、乾燥が続く中、私たちの祖先は新たな課題に直面しました。

  • Grasslands replaced forests, and old food sources became scarce.

    草原が森林に置き換わり、古い食料源が不足するようになった。

  • Around this time, Homo habilis, the earliest known archaic human, began strolling around the Savannah, meaning handyman.

    この頃、最古の古人として知られるホモ・ハビリスが、便利屋を意味するサバンナを散策するようになりました。

  • Its name refers to the use of stone tools, possibly to butcher animals.

    その名前は、石器を使って動物を屠殺することを意味しています。

  • The increased meat consumption may have driven other changes in our evolution.

    肉の消費量が増えたことが、私たちの進化に別の変化をもたらしたのかもしれません。

  • It'll take more research to figure out what exactly is going on here, but that's part of what makes paleoanthropology so interesting.

    ここで何が起こっているのかを正確に把握するにはもっと研究が必要ですが、それはパレオアントロポロジーをとても面白くしている部分でもあります。

  • New discoveries are made all the time.

    新しい発見は常に行われています。

  • Homo habilis had a flatter face and larger brain than Australopithecus, although some scholars argue the line between them gets pretty blurry.

    ホモ・ハビリスはオーストラロピテクスよりも顔が平坦で脳が大きかったが、一部の学者は両者の間の線引きがかなり曖昧になると主張している。

  • It was argued very strongly to be a contender for early Homo Andi.

    初期のホモ・アンディの候補であることが非常に強く主張されていた。

  • It was instantly controversial, and it's still controversial to some people today.

    即座に物議を醸し出したし、今でも一部の人には物議を醸している。

  • It's a bit of a mess, but its emergence marked a huge step towards the evolution of modern humans.

    滅茶苦茶だが、その出現は現代人の進化に向けて大きな一歩を踏み出した。

  • Number four Homo erectus, he said.

    4番のホモ・エレクタスが言っていた。

  • Direct us.

    私たちを指示してください。

  • You're kidding, right?

    冗談だろ?

  • No, you really send it.

    いや、本当に送ってきたんだな。

  • Soon a taller and more slender species was also strolling the Savannah Homo erectus, also known as Upright Man.

    すぐに背の高い、より細身の種はまた、サバンナホモエレクトス、別名アップライトマンとして知られているを散策していました。

  • Homo erectus, is the earliest hominid believed to have mastered fire and to have cooked food, allowing a dramatic improvement in our ancestors diets.

    ホモ・エレクトゥスは、火を使いこなすことができたと考えられている最古のホミニドであり、食物を調理したことで、我々の祖先の食生活が劇的に改善されたと考えられている。

  • It's commonly thought that Homo erectus originated in Africa two million years ago, then spread out through Eurasia.

    ホモ・エレクトゥスは200万年前にアフリカで生まれ、その後ユーラシア大陸に広がったと考えられています。

  • Although Homo erectus has also been found in Africa and Europe, anthropologists have fiercely debated for almost a century where these early Asians came from and whether they belong on our modern family tree.

    ホモ・エレクトゥスはアフリカやヨーロッパでも発見されているが、人類学者たちは、これらの初期のアジア人がどこから来たのか、現代の家系図に含まれているのかどうかについて、ほぼ一世紀にわたって激しい議論を重ねてきた。

  • However, an origin in Asia has also been argued.

    しかし、アジアを起源とするという説もある。

  • Another point of contention is its relationship to Homo or gaster, which some consider a separate species, and others African Homo erectus.

    議論のもう一つのポイントは、いくつかの別の種を考慮してホモやガスター、および他のアフリカのホモエレクトスとの関係です。

  • Regardless, it's pretty humbling to think that Homo erectus survived for over two million years, making our own 300,000 year history seem like the blink of an eye.

    ホモ・エレクトゥスが200万年以上も生き延びてきたことを考えると、30万年の歴史があっという間のように思えてきます。

  • Hi, fire number three Homo Heidelberg insists.

    ハイ、火事ナンバー3のホモ・ハイデルベルクが主張しています。

  • We owe a lot to Homo, Heidelberg insists.

    我々はホモに多くの借りがあるとハイデルベルクは主張しています。

  • If Homo erectus is our slightly eccentric grandfather, Homo Heidelberg, Insys is closer to a familiar father figure.

    ホモ・エレクトゥスが我々の少しエキセントリックな祖父、ホモ・ハイデルベルクだとすれば、インシスはより身近な父親像に近い。

  • They lived roughly 500,000 years ago, Um, in the middle of the place to seen.

    彼らは大体50万年前に住んでいました、うーん、見に行く場所の真ん中に。

  • They are found all over in three different continents.

    彼らは3つの異なる大陸の至る所で発見されています。

  • There's examples of them in Europe, and that's primarily where they're found.

    ヨーロッパにも例がありますし、主にそこにあります。

  • While it's thought that Homo Heidelberg ANZUS descended from African Homo erectus, their time on earth overlapped for several millennia.

    ホモ・ハイデルベルク・アンザスはアフリカのホモ・エレクタスの子孫と考えられていますが、彼らの地球上での時間は数千年に渡って重なっています。

  • Arriving on the scene 6 to 700,000 years ago, Homo Heidelberg Antzas looked a lot like us.

    6~70万年前に登場したホモ・ハイデルベルク・アンツァスは、私たちによく似ていました。

  • With a large brain and similar stature.

    大きな脳みそと似たような身長で

  • They also built permanent shelters.

    彼らはまた、恒久的なシェルターを建設しました。

  • Some fanned out throughout Europe and eventually evolved into Neanderthals.

    いくつかはヨーロッパに広がっていき、最終的にはネアンデルタール人へと進化していきました。

  • A few ready travelers branched out into Asia, evolving into Dennis Evans.

    何人かの準備のできた旅行者がアジアに進出し、デニス・エバンスへと進化した。

  • Meanwhile, back in Africa, there emerged a new species, possibly from Homo Heidelberg, Insys, homo SAPIENs.

    一方、アフリカに戻って、ホモ・ハイデルベルク、インシス、ホモ・サピエンスから、おそらく新種が出てきました。

  • Have you ever seen a homo SAPIEN?

    ホモサピエンを見たことがありますか?

  • You don't know?

    知らないの?

  • Want to know?

    知りたい?

  • Yeah.

    そうだな

  • I saw one once at the zoo.

    動物園で一度だけ見たことがある

  • Describe it.

    それを説明してください。

  • Curry?

    カレー?

  • Yep.

    そうだな

  • Big gorilla looking.

    大きなゴリラが見ている。

  • He was picking his watch.

    彼は時計を選んでいた

  • Odili he waas?

    オディリは?

  • Yeah.

    そうだな

  • Okay.

    いいわよ

  • Number two.

    2番だ

  • Denise Evans.

    デニス・エヴァンス

  • We don't know much about the denisovans Neanderthals, Eastern cousins.

    東方のいとこであるネアンデルタール人のデニソバ人についてはあまり知られていません。

  • The only fossils we have are a few bones and teeth.

    化石は数本の骨と歯しかありません。

  • This was the first time that we identified a new form of extinct human just from a genome sequence and hardly any information at all from bones a stone tools.

    ゲノム配列だけで、骨や石器からはほとんど情報が得られず、絶滅したヒトの新しい姿を確認したのは初めてのことでした。

  • But thanks to DNA analysis, we do know this.

    でもDNA鑑定のおかげでわかったんだ

  • Our ancestors had a pretty crazy sex life, and we don't mean with each other.

    私たちの先祖はかなり狂ったセックスライフを送っていたし、お互いのことを言っているわけではありません。

  • We mean with other species of humans.

    人間の他の種族とのことです。

  • Dennis Evans branched off from Neanderthals, but also did the dirty with, um, with us and at least one other species, possibly homo erectus.

    デニス・エバンスはネアンデルタール人から 分岐しただけでなく 我々と少なくとも他の種の ホモ・エレクタスともやっていた

  • Their DNA tells scientists that the Denise Evans may have roamed all across Asia and based on genetic differences between the different fossils from Denise of a cave, scientists think that two of the individuals live roughly 65,000 years apart.

    彼らのDNAは、デニス・エヴァンスがアジア全域を歩き回っている可能性があることを科学者に伝え、洞窟のデニスからの異なる化石の間の遺伝的な違いに基づいて、科学者は、個体の2つが約65,000年離れて住んでいると考えています。

  • In fact, today's Melanesian is, and Australian Aboriginals still carry traces of their DNA, and Tibetans might owe a gene that allows them to live at high altitudes to the same source.

    実際には、今日のメラネシア人は、オーストラリアのアボリジニはまだ彼らのDNAの痕跡を運ぶ、とチベット人は同じソースに高地で生きることを可能にする遺伝子を借りている可能性があります。

  • This indicates that Denis O Bins and their descendants may have had, ah, greater geographic area than previously thought.

    これは、デニス・オー・ビンズとその子孫が、ああ、以前に考えられていたよりも広い地理的範囲を持っていた可能性があることを示しています。

  • Before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    続ける前に、私たちのチャンネルを購読して、私たちの最新のビデオの通知を受けるためにベルを鳴らしてください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    たまにある動画の通知を受けるか、全ての動画の通知を受けるかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定に入って通知をオンにすることを確認してください。

  • Number one Neanderthals, knee and itself a species of human in many ways so similar to us, and you're also very different life for our ancestors could certainly be nasty, brutish and short.

    ナンバーワンネアンデルタール人、膝とそれ自体が私たちに非常によく似た多くの点で人間の種であり、あなたはまた、私たちの祖先のための非常に異なる生活は確かに、残忍なと短いことができます。

  • How did they cope in a world where nature was unpredictable and death?

    自然が予測できず、死を迎える世界で、彼らはどのように対処したのだろうか。

  • Sudden archaeological evidence suggests that Neanderthals might have been the first humans to bury their dead and may have even held funerals.

    突然の考古学的証拠は、ネアンデルタール人が彼らの死者を埋葬した最初の人類であり、葬儀さえも行っていた可能性があることを示唆しています。

  • It's hard to say if this means Neanderthals had spiritually beliefs, but we do know they were much more sophisticated than once thought.

    これがネアンデルタール人が霊的な信仰を持っていたことを意味するのかどうかは分かりませんが、かつて考えられていたよりもはるかに洗練されていたことは分かっています。

  • Using fire, advanced stone tools and possibly language, Neanderthals may have even painted cave art in Spain stockier, stronger and bigger brains than us.

    火を使用して、高度な石器とおそらく言語を使用して、ネアンデルタール人も、スペインの洞窟アートを描いている可能性があります私たちよりもstockier、より強く、より大きな脳を持っています。

  • They nonetheless vanished about 40,000 years ago, soon after modern humans reached Europe.

    それにもかかわらず、現代人がヨーロッパに到達して間もなく、約4万年前に消滅しました。

  • Some scientists believe the Neanderthals were killed or out competed by modern humans or Homo SAPIENs who arrived in Europe at around the same time as the Neanderthals.

    一部の科学者は、ネアンデルタール人は、ネアンデルタール人と同時期にヨーロッパに到着した現代人やホモ・サピエンスに殺されたか、競争相手にされなかったと考えています。

  • Extinction.

    絶滅だ

  • But thanks to interbreeding, Neanderthal DNA lives on, carried in the genomes of Homo SAPIENs today, do you agree with our picks?

    しかし、交配のおかげで、ネアンデルタール人のDNAは生き続け、今日のホモ・サピエンスのゲノムに運ばれています。あなたは私たちの選択に同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    Watch Mojoからこの他の最近のクリップをチェックして、私たちの最新のビデオについて通知されるように購読し、ベルを鳴らすことを確認してください。

this species is best known from a partial female skeleton that got a lot of buzz in 2000 and nine.

この種は2000年と9年に多くの話題を集めた部分的なメスの骨格から最もよく知られています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 WatchMojo ホモ ネアンデルタール 化石 祖先 アフリカ

人類の祖先トップ10 (Top 10 Human Ancestors)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 04 日
動画の中の単語