Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • On June 6th, 2016, Margaret Boemer and her  husband were over the moon as they welcomed  

    2016年6月6日、マーガレット・ボーマー夫妻が迎えたのは

  • the birth of their third child. The 5 poundounce baby girl arrived kicking and screaming,  

    3人目の子供が誕生しました5ポンド5オンスの女の子の赤ちゃんは、蹴って叫んで到着しました。

  • much to her parent's delight and reliefHer birth was particularly special because  

    彼女の両親の喜びと安堵のあまり、彼女の誕生は特別なものでした。 彼女の誕生は特に特別なものでした。

  • it was actually the second time  that baby Lynlee had been born.  

    実はリンリーの赤ちゃんが生まれたのは2回目だったのです。

  • You can say she's seen the world twice,”  said her doctor. Birth is supposed to be  

    "彼女は世界を2回見てきたと言っていい "と 主治医は言いました出産は

  • a once-in-a-lifetime experienceso how are some babies born twice?

    一生に一度の経験だから二度生まれの赤ちゃんもいるのかな?

  • The Boemers were already the proud parents of  2 little girls when they found out they were  

    ボーマー夫妻はすでに2人の少女の両親として誇りに思っていました。

  • once again pregnant with their third child. After  having suffered a miscarriage a few months before,  

    は再び第三子を妊娠した。数ヶ月前に流産した後に

  • the expectant parents were delighted to  learn that Margaret was carrying twins,  

    妊娠中の両親は、マーガレットが双子を身ごもっていたことを知って喜んでいました。

  • but once again, tragedy struck when  they lost one of the babies at 6 weeks.  

    しかしまたしても悲劇が起きました 6週間で赤ちゃんを失った時です

  • The Boemers were crushed, but tried their best  to stay positive and focus on the baby that  

    ボーマーズさんたちは押しつぶされてしまいましたが、前向きでいられるように、そして赤ちゃんに集中できるように頑張りました。

  • had survived, but their optimism was about to  be tested yet again, in a truly shocking way.

    しかし、彼らの楽観主義が再び試されようとしていた。

  • When Margaret was 14 weeks pregnant, and  ultrasound revealed the Boemers were expecting yet  

    マーガレットが妊娠14週目で、超音波検査でボーマー夫妻がまだ妊娠していたことが判明したとき

  • another girl, and they even picked out a name  for her - they decided to call her Lynlee,  

    もう一人の女の子の名前まで決めて、リンリーと呼ぶことにしました。

  • after both of her grandmothers. But, just  2 weeks later at her 16 week ultrasound,  

    彼女の祖母の両方の後にしかし、わずか2週間後の16週目の超音波検査で

  • Margaret knew something was wrong. She  first became suspicious when the ultrasound  

    マーガレットは何かが間違っていることを知っていました。彼女が最初に疑ったのは超音波検査の時

  • technician was unusually quiet during the  exam. Margaret was prepared for the worst,  

    技術者は試験中に異常に静かになっていました。マーガレットは最悪の事態を覚悟していた。

  • but the news that she would soon get from the  doctors would turn the Boemers' world upside down.

    しかし、彼女はすぐに医師からの知らせを受け、ボーマーズの世界をひっくり返すことになる。

  • Margarets doctors diagnosed baby  Lynlee with sacrococcygeal teratoma,  

    マーガレットの医師はリンリーの赤ちゃんを 仙骨眼帯状奇形腫と診断しました

  • and explained that a large tumor was growing  at the base of their baby's tailbone.  

    と説明し、赤ちゃんの尾てい骨の付け根に大きな腫瘍が生えていることを説明しました。

  • The incredibly rare condition affects just 1 in  40,000 pregnancies, and it can be life-threatening  

    この信じられないほど稀な状態は、4万人に1人の妊娠にしか影響を与えず、命に関わることもあります。

  • if left unchecked. As the tumor grows, it steals  blood supply from the fetus and puts pressure  

    放っておくと腫瘍が大きくなると 胎児から血液を奪い 圧力をかけます

  • on the growing baby's heart, and eventually  can cause heart failure in the unborn baby.  

    成長している赤ちゃんの心臓に負担がかかり、最終的には胎児の心不全を引き起こす可能性があります。

  • The Boemers were devastated. After everything  that they had been through already, it seemed  

    ボーマ夫妻は打ちひしがれていました彼らが経験してきたことを考えると

  • unimaginable that their longed-for baby was facing  a life or death crisis before she was even born.

    生まれる前に、彼らの最愛の赤ちゃんが生死の危機に直面していたことは、想像を絶するものでした。

  • The tumor was already so large that their  prenatal doctor was worried that little Lynlee  

    腫瘍があまりにも大きくて 出生前の医師が心配していました リンリーのことを

  • wouldn't make it to full term, so the Boemerswho lived in the small town of Lewisville,  

    ルイスビルの小さな町に住んでいた ボーマーズは全期生にはなれなかった

  • Texas about 25 miles from Dallas, were immediately  sent to Houston to consult with specialists.  

    ダラスから25マイルほど離れたテキサス州では、すぐにヒューストンに派遣されて専門家に相談した。

  • The first hospital they went to told them  there was nothing that could be done.  

    最初に行った病院では、何もできないと言われたそうです。

  • They said that Lynlee would die before making  it to term, and they strongly recommended that  

    リンリーは出産前に死ぬだろうと言われていて

  • the Boemers terminate the pregnancyUnable to accept that grim diagnosis,  

    ボーマー家は妊娠を中止させた その厳しい診断を受け入れることができなかった

  • the Boemers next turned to Texas Children's  Hospital, where they were relieved to find  

    ボーマー夫妻は次にテキサス小児病院を訪れた。

  • that the doctors there were cautiously optimistic  that something could be done to save baby Lynlee.  

    リンリーの赤ちゃんを救うために医師たちは慎重に楽観的に考えていたそうです

  • It wouldn't be an easy road by any meansand there were certainly no guarantees,  

    決して簡単な道ではないだろうし、確かに保証はありませんでした。

  • but 2 doctors at Texas Children's Hospital had  successfully operated on a baby in utero 7 years  

    しかし、テキサス小児病院の2人の医師は、7年前に子宮内の赤ちゃんの手術に成功しています。

  • prior, and they were willing to try the extremely  risky surgery again to try and save Lynlee.

    その前に、リンリーを救うために、非常に危険な手術に再び挑戦しようとしていました。

  • Now 20 weeks along, the tumor was already almost  as big as Lynlee herself and was growing every  

    20週目を迎えた今、腫瘍はすでにリンリーとほぼ同じくらいの大きさになっていました。

  • day - in the ultrasound, it looked like the  baby was sitting on top of a large balloon.  

    日 - 超音波検査では、赤ちゃんが大きな風船の上に座っているように見えました。

  • Although the tumor was already nearly 4 times  larger than the usual threshold at which doctors  

    腫瘍はすでに通常の閾値の4倍近い大きさになっていましたが、医師は

  • would operate and was putting an incredible  strain on little Lynlee's heart, Drs. Darrel  

    手術をすることになり、リンリーの心臓に信じられないほどの負担をかけていたと、ダレル博士は言います。

  • Cass and Oluyinka Olutoye hoped to hold off on the  surgery until Margaret was 24 weeks along. This  

    キャスとオルトイエは、マーガレットが24週目になるまで手術を延期したいと考えていました。これは

  • would give Lynlee a better chance of surviving if  she needed to be delivered early, so the Boemers  

    リンリーが早産になった場合には 生き延びる可能性が高くなるので ボーマーズは

  • were sent home to Dallas to wait and hope. Unlike  with her first 2 pregnancies, Margaret couldn't  

    はダラスに家に送られて待っていました。彼女の最初の2回の妊娠とは異なり、マーガレットは

  • feel Lynnlee kicking or moving, and she knew that  her baby was running out of space - and time.

    リンリーが蹴ったり動いたりしているのを感じ、彼女は自分の赤ちゃんがスペースと時間を使い果たしていることを知っていました。

  • By 23 weeks along, the tumor had gotten so big  that Margaret's doctors in Dallas sent her back  

    23週目には腫瘍が大きくなっていたので、ダラスの医師は彼女を送り返しました。

  • to Texas Children's Hospital. The Boemers expected  to be there for a week of testing, but to their  

    テキサス小児病院に運ばれましたボーマー夫妻は1週間の検査のために そこにいると予想していましたが

  • dismay the doctors there told them that Lynlee  wouldn't survive another 2 days without surgery.  

    手術をしないとリンリーはもう二日も生きられないと医者に言われて呆然とした。

  • If the surgery failed and Lynlee needed to  be delivered, she would be considered an  

    手術が失敗してリンリーの分娩が必要になった場合、彼女は

  • extremely preterm baby”, and she would be  on the very edge of survival for a premie.

    "超早産児 "と言われていて、早産児にとっては生存のギリギリのところまで来ていたでしょう。

  • Before the surgery could start, the Boemers had  to meet with dozens of doctors in a hospital  

    手術を始める前に、ボーマー夫妻は病院で何十人もの医師と会わなければなりませんでした。

  • boardroom to make sure that they understood  the risks of the surgery and were clear about  

    手術のリスクを理解しているかどうかを確認するために、役員会の場では

  • all of their options. The anxious parents were  asked to make decisions about what doctors would  

    自分たちの選択肢のすべてを不安な両親は、医師がどのようなことをするのかを決定するように求められました

  • do under certain circumstances, like whether  baby Lynlee should be resuscitated if her  

    ある状況下では、リンリーの赤ちゃんが

  • heart stopped during surgery, and they had to  sign mountains of paperwork acknowledging the  

    手術中に心臓が止まってしまったため、手術を認めてもらうための書類の山にサインをしなければなりませんでした。

  • risks of the surgery. “These are babies that  are essentially dying,” Dr. Olutoye said.  

    手術のリスク"これらの赤ちゃんは本質的に死にかけています "と、オルトワイエ博士は言いました。

  • You have a child who's already sick, and  the operation itself can make her sicker.”

    "すでに病気の子供がいるのに手術自体が病気になることもある"

  • Margaret had managed to hold it together so far  throughout this strange and terrifying ordeal,  

    マーガレットは、この奇妙で恐ろしい試練の間、これまでのところなんとか持ちこたえていました。

  • but at this point she finally broke  down. “To think we had come so far,  

    しかし、この時点で彼女はついに倒れてしまいました。"ここまで来たと思うと

  • to try to save her,” she said. “I  was very nervous and scared. ... but  

    を救おうとしたのです。""私はとても緊張して怖かったです...でも

  • my husband and I were focused on whatever  we needed to do to try to save our baby.”

    夫と私は赤ちゃんを救うために必要なことに集中していました。"

  • Finally, after weeks of anxiously waiting  and hours of heartbreaking meetings,  

    何週間もの不安な待ち時間と、何時間もの心に響く会議を経て、やっとのことである。

  • Margaret and Lynlee went into surgery that very  same night, at 23 weeks and 5 days along. Drs.  

    マーガレットとリンリーは同じ日の夜、23週と5日で手術を受けました。博士は

  • Cass and Olutoye were assisted by a team  of about 20 other medical professionals for  

    キャスとオルトーエは、約20人の他の医療専門家のチームに助けられました。

  • the complicated and extremely risky surgery. To  begin, the surgeons delicately made a meticulous  

    複雑で非常にリスクの高い手術でした。最初に、外科医は繊細に細心の注意を払って

  • incision through Margaret's abdomen and into her  uterus. Then, they carefully pulled the lower  

    マーガレットの腹部と子宮を切開した。それから、彼らは慎重に下の方を引っ張って

  • half of Lynlee's body out of the womb to get  access to the tumor at the base of her spine.  

    リンリーの体の半分を子宮から出して背骨の付け根の腫瘍にアクセスするために

  • This would be the first - but hopefully not  the last - time that Lynnlee would beborn”.

    これが最初ではあるが、できれば最後ではなく、リンリーが「生まれた」時になるだろう。

  • As the doctor's worked carefully to remove  Lynlee's tumor, suddenly the room was filled  

    リンリーの腫瘍を取り除くために医師が慎重に作業をしていると、突然部屋が埋まった。

  • with the sounds of beeping alarms - Lynlee's  heart had stopped beating mid-procedure. Doctors  

    リンリーの心臓は処置の途中で停止していた。医者が

  • and nurses rushed to resuscitate the tiny baby  and thankfully, her heart started beating again.  

    と看護師たちは、小さな赤ちゃんを蘇生させるために駆けつけ、ありがたいことに、彼女の心臓は再び鼓動を始めました。

  • After a blood transfusion to replace the  blood she had lost as the tumor was removed,  

    腫瘍の摘出に伴って失った血液を補うために輸血をした後に

  • the doctors were able to resume the operationand after 5 hours of gruelling work,  

    医師は手術を再開することができ、5時間の過酷な作業を経て、手術は終了しました。

  • they had removed 90% of the tumor and returned  tiny Lynlee to the safety of her mother's womb.

    彼らは腫瘍の90%を除去し、小さなリンリーを母親の子宮の安全な場所に戻しました。

  • Closing the incision was actually  one of the trickiest parts of the  

    切開部を閉じることは、実は最も厄介な部分の一つでした。

  • whole operation - the doctors had to seal the  membrane of Margaret's uterus in such a way  

    手術全体 - 医師はそのような方法でマーガレットの子宮の膜を封印しなければなりませんでした。

  • that it would be both watertight and be able to  continue to stretch as the pregnancy progressed  

    妊娠が進むにつれて、防水性とストレッチ性を両立させることができるようになりました。

  • and Lynlee grew over the coming weeks. Now  the real work would begin - ensuring that  

    とリンリーは数週間の間に成長していきました。これからが本当の仕事の始まりです。

  • Margaret could carry Lynlee to term without  complications. Because of the incision the  

    マーガレットは合併症もなくリンリーを妊娠させることができました。切開のために

  • doctors had made in her uterus, Margaret  was at an increased risk of uterine rupture,  

    医師が彼女の子宮で作った、マーガレットは子宮破裂のリスクが高まっていた。

  • so she was ordered to remain in Houston on strict  bed rest for the remainder of her pregnancy.  

    妊娠中の残りの期間は ヒューストンのベッドで 厳重に安静にするよう命じられました

  • To the Boemers' and their doctors' surprise and  relief, Lynlee continued to grow and her heart  

    ボーマー夫妻と医師たちの驚きと安堵の中で、リンリーは成長を続け、心も成長していきました。

  • grew stronger now that it didn't have to work  so hard to pump blood through the huge tumor.

    巨大な腫瘍に血液を送り込むのに苦労しなくて済むようになったので、より強くなりました。

  • Finally, on June 6th, 2016, having  reached full term at 36 weeks along,  

    ついに2016年6月6日、36週に沿って満期を迎えた。

  • doctors delivered Lynlee - for the second  time - by c-section. To everyone's delight,  

    医師たちは二度目の帝王切開でリンリーを分娩しましたみんなの喜びのために

  • Lynlee came out kicking and screamingweighing a respectable 5 pounds 5 ounces.  

    リンリーは蹴って叫んで出てきて、体重は5ポンド5オンスと立派な体重だった。

  • Dr. Olutoye remarked that she looked nothing  like thesmall, little gelatinous baby”  

    オルトエ博士は、彼女は「小さくて小さなゼラチン質の赤ちゃん」には見えないと言っていました。

  • that he had operated on just a few weeks earlierDuring the surgery Lynlee's whole leg was the size  

    彼は数週間前に手術をしました 手術中 リンリーの足全体の大きさは

  • of the doctor's finger, and it was incredible to  see how much she had grown in such a short time.

    先生の指の先には、信じられないほどの成長がありました。

  • After her miraculous 2nd birth, Lynlee  was given her highly appropriate middle  

    奇跡的な二人目の出産を経て、リンリーは非常にふさわしいミドルを授かりました。

  • name - Hope. At 8 days old she underwent  another surgery to remove the rest of her tumor,  

    名前はホープ生後8日目、彼女は残りの腫瘍を取り除くために別の手術を受けました。

  • and although she may require more surgeries in the  future to reconstruct some of her pelvic muscles,  

    と彼女は彼女の骨盤の筋肉のいくつかを再構築するために、将来的にはより多くの手術が必要になるかもしれませんが。

  • her recovery has been remarkably smooth. Bymonths old, little Lynlee Hope was hitting all  

    彼女の回復は驚くほどスムーズでした生後5ヶ月の時には、小さなリンリー・ホープは

  • of her milestones and had become a smiley, giggly  baby who loved spending time with her big sisters.  

    彼女の節目は、彼女の大きな姉妹と一緒に過ごすのが大好きな、笑顔でギラギラした赤ちゃんになっていました。

  • She would continue to go back to Texas Children's  Hospital for checkups with her surgeons.  

    彼女は外科医の診察のためにテキサス小児病院に戻り続けることになりました。

  • We're going to get very close,” Dr. Olutoye  says, considering he usually knows his patients  

    "私たちは非常に親密になります "とオルトエ博士は言います。

  • frombefore they are born ... all the way up  into adulthood.” Still, Lynlee is a special  

    "生まれる前から......大人になるまで"それでもリンリーは特別な

  • case for him. “You can say she's seen the world  twice,” says the doctor of his miracle patient.

    彼の場合"彼女は二度も世界を見たと言っていい "と奇跡の患者の医師は言う。

  • Lynlee's rare birth - er, birthsgarnered a lot of media attention,  

    リンリーの珍産-えっ、出産-はメディアの注目を集めました。

  • and her family found themselves on the  cover of newspapers and appearing on TV  

    家族が新聞の表紙を飾ったり、テレビに出演したりしています。

  • stations all over the world. While her parents  were a bit overwhelmed by all the attention,  

    世界中の駅で放送されています。彼女の両親は注目されていることに少し圧倒されていました。

  • they also say that they are actually thankful  that their story is getting out there.  

    彼らはまた、彼らの話がそこに出てきていることを実際に感謝していると言います。

  • “I can tell you when we were told this very  long name, we were scared and didn't know  

    "この非常に長い名前を言われた時、私たちは怖くて知らなかったと言えます

  • what that was and had never heard of  it,” said Margaret. “So I'm glad that  

    とマーガレットは言った。"だから私は嬉しいわ

  • it's getting attention so that others who are  diagnosed can know that they're not alone.”

    "診断された人が一人ではないことを 知るために注目を集めている"

  • While Lynlee's story may seem incredibly  unique, Margaret is right when she says that  

    リンリーの話は信じられないほどユニークに見えるかもしれませんが、マーガレットは次のように言っています。

  • they are not alone. Believe it or not, there are  actually other cases of babies being born twice.  

    彼らは一人ではありません信じられないかもしれませんが、実際には他にも二度生まれの赤ちゃんがいるのです。

  • These types of in-utero surgeries have only  been done a few hundred times worldwide,  

    このような子宮内手術は世界でも数百回しか行われていません。

  • so it's still incredibly rare, and  only about 1 in 5 babies referred  

    まだ信じられないほど稀なことで、5人に1人の割合で紹介されています。

  • to doctors for pre-birth surgery are  actually eligible for the procedure.

    から出産前の手術のための医師へは、実際に手術を受けることができます。

  • Jackson Reinkemeyer is another one of these  miracle babies who was born twice. In 2017,  

    ジャクソン・ラインケマイヤーもまた、2度生まれた奇跡の赤ちゃんの1人。2017年には

  • Joni Reinkemeyer went in for her 19 week  ultrasound hoping to find out her baby's  

    ジョニ・ラインケマイヤーは、赤ちゃんのことを知りたくて、19週目の超音波検査を受けに行きました。

  • gender. She was told that she was expecting a sonbut she also got some terrible news - her son,  

    の性別であることがわかりました。息子を妊娠していると言われていたが、彼女にも恐ろしいニュースが舞い込んできた--息子だ。

  • Jackson was diagnosed with spina bifida, a  condition where the spine doesn't develop  

    ジャクソンは背骨が発達しない二分脊椎と診断されました。

  • properly, leading to gaps in the spinal  column. The best hope for Jackson to have  

    脊柱に隙間ができてしまいますジャクソンにとって一番の希望は

  • a somewhat easier life was for doctors  to operate on him before he was born,  

    生前に医者が手術をしていた方が幾分楽な人生だった。

  • so at the end of her 2nd trimester, a team of 32  doctors and medical professionals completed the  

    だから、彼女の第2妊娠期の終わりに、32人の医師と医療専門家のチームが完成させました。

  • hospital's first in utero surgery, and Jackson was  born for the first time. 10 weeks later, he was  

    病院で初めての子宮内手術を受け、ジャクソンは初めての出産となりました。10週間後、彼は

  • born again via c-section. Jackson's mom, Joniis grateful that her son survived his surgery,  

    帝王切開で生まれ変わりましたジャクソンさんのお母さん、ジョニさんは息子が手術を乗り越えたことに感謝しています。

  • and she marks the occasion in a pretty  special way - with 2 birthday celebrations.  

    そして、彼女は2つの誕生日のお祝いをして、かなり特別な方法でその日を迎えます。

  • Seeing that he was born twice,” she says,  “I think we can allow him two cakes.”

    "彼は二度生まれだから" "ケーキを二回食べさせてもいいと思う" と彼女は言った

  • Spina bifida is one of the most common  reasons that doctors may need to operate  

    二分脊椎は、医師が手術を必要とする最も一般的な理由の一つです。

  • on a baby before it's born. In 2018, Bethan  Simpson became only the 4th mother in the  

    生まれてくる前の赤ちゃんに2018年、ベサン・シンプソンは4人目の母親となったのは

  • U.K. to have in-utero surgery at 20 weeks  along to correct her son's spina bifida,  

    イギリス、息子の二分脊椎を矯正するために20週で子宮内手術を受けることになった。

  • and she found comfort in Joni and Jackson's  story as she prepared for her baby's procedure.

    と、赤ちゃんの手続きの準備をしながら、ジョニとジャクソンの話に慰めを見出した。

  • Though still exceedingly rare, in utero  surgeries are becoming more common.  

    まだ非常に稀ではありますが、子宮内手術が一般的になってきています。

  • There is even a TV series about it on PBS called  Twice Born. The series focuses on The Children's  

    PBSの「Twice Born」というテレビシリーズもあります。シリーズでは、The Children'sに焦点を当てています。

  • Hospital of Philadelphia's, which has a dedicated  Special Delivery Unit that exclusively does rare  

    フィラデルフィアの病院は、希少な分娩のみを行う専用の特別分娩室を持っています。

  • surgeries on babies still in the womb. Episodes  gave viewers a rare look into the unique unit,  

    胎内にいる赤ちゃんの手術を行う。エピソードは、視聴者にユニークなユニットに珍しい外観を与えました。

  • and showcased some incredibly rare and  extremely dangerous in-utero surgeries  

    と、信じられないほど稀で非常に危険な子宮内手術を紹介しました。

  • that aimed to correct everything from  a tumor in the mouth of a baby girl,  

    赤ちゃんの口の中の腫瘍からすべてを矯正することを目的とした

  • to a potentially fatal urinary tract obstructionto even a rare case of twin-twin transfusion  

    致命的な尿路閉塞の可能性のあるものから、双子輸血の稀なケースまで

  • syndrome, where two babies share unequal  amounts of the placenta's blood supply,  

    胎盤の血液の供給量が不均等な2人の赤ちゃんを共有する症候群。

  • causing one baby to grow at  a faster rate than the other.

    一人の赤ちゃんが他の赤ちゃんよりも早く成長する原因となります。

  • In-utero surgery is still incredibly rare, but  as surgical techniques continue to improve,  

    子宮内手術はまだ信じられないほど稀な手術ですが、手術技術が向上し続ける中で

  • we just might see more babies like  little Lynlee who are born twice!

    リンリーちゃんのように二度生まれの赤ちゃんをもっと見ることができるかもしれません。

  • If you thought learning about  babies who are born twice was cool,  

    二度生まれの赤ちゃんについて学ぶのがかっこいいと思っていたら

  • you'll definitely want to check out  our other videos, like this one called  

    と呼ばれるこのような私たちの他のビデオをチェックアウトしたいと思うでしょう。

  • What Happens When You Are Born”. Or, you  might find this other video interesting.

    "What Happens When You Are Born"あるいは、他のビデオも面白いかもしれません。

  • As always, thanks for watching, and don't  forget to like, share and subscribe!

    いつものように、見てくださってありがとうございます。

  • See you next time!

    また次回お会いしましょう!

On June 6th, 2016, Margaret Boemer and her  husband were over the moon as they welcomed  

2016年6月6日、マーガレット・ボーマー夫妻が迎えたのは

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 手術 赤ちゃん マーガレット 医師 腫瘍 子宮

二度生まれの赤ちゃんはどうやって生まれてくるの? (How Are some Babies Born Twice?)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 04 日
動画の中の単語