Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Two guys who haven't seen each other for some time are driving in a car on their way

    久しぶりに会った二人が車で移動中に

  • to a bible meeting.

    をバイブル集会に参加します。

  • One of them, who's recently returned from a trip around Europe, says to the other, “You

    最近、ヨーロッパ一周の旅から帰ってきた一人は、もう一人に「あなたは

  • know what they call a quarter pounder with cheese in Paris?”

    "パリでチーズ入りのクォーターパウンダーを 知っているか?"

  • The other man looks perplexed, surely, it's just a quarter pounder, he thinks.

    相手の男は当惑した様子で、確かに、ただのクォーターパウンダーだと思った。

  • His friend explains that in Europe they use the metric system, so a quarter of a pound

    彼の友人は、ヨーロッパではメートル法を使っているので、1ポンドの4分の1だと説明してくれました。

  • doesn't really mean much.

    あまり意味がない

  • In France, he says, they call it a “Royale with cheese.”

    フランスでは "チーズ入りロワイヤル "と呼ばれているそうです。

  • He further surprises his good buddy by informing him that in France a burger weighing roughly

    彼はさらに、フランスではハンバーガーが大体の重量を量ることを彼に知らせることによって、彼の良い相棒を驚かせます。

  • 113 grams is a damn tasty burger, somehow a better burger than what's served in the

    113グラムのハンバーガーはめちゃくちゃ美味しいです。

  • McDonalds restaurant they frequent in North Hollywood.

    ノースハリウッドでよく行くマクドナルドのレストラン。

  • The question is why?

    問題はなぜか?

  • Why do Europeans get a better standard of McDonalds than Americans?

    なぜヨーロッパ人はアメリカ人よりマクドナルドの方が基準が高いのか?

  • After all, the fast-food burger, the cornerstone of any nutritious diet, was invented in the

    結局、どんな栄養価の高い食事の要であるファーストフードバーガーが発明されたのは

  • U.S.

  • It just wouldn't seem right for Europeans to get a burger of a higher standard.

    ヨーロッパ人が高い水準のバーガーを食うのはおかしいとしか思えないんだが

  • The answer might surprise you.

    その答えは、あなたを驚かせるかもしれません。

  • Let's start with a few McDonalds facts so you know how such a great American institution

    このような偉大なアメリカの機関がどのように知っているので、いくつかのマクドナルドの事実から始めましょう。

  • made its way across the pond.

    池を渡ってきました。

  • The first restaurant was opened in 1940 in San Bernardino, California.

    1940年にカリフォルニア州サンバーナディーノにオープンしたのが最初のレストラン。

  • That was basically a hamburger stand, but a few years later the owners, Richard and

    基本的にはハンバーガースタンドだったのですが、数年後にオーナーのリチャードと

  • Maurice McDonald, got the idea to create a system in which food could be made and served

    モーリス・マクドナルドは、食品が作られ、提供されることができるシステムを作成するためのアイデアを得た

  • fast.

    速く。

  • They called this theirSpeedee Service Systemand they had a mascot calledSpeedy

    彼らはこれを「スピーディサービスシステム」と呼んでいて、「スピーディ」というマスコットを持っていました。

  • to go with it.

    とかにしておくといいでしょう。

  • That clown that a good chunk of the world is familiar with known as Ronald McDonald

    そのピエロは、世界の良い塊は、ロナルド・マクドナルドとして知られているよく知られています。

  • didn't appear until 1965, and by that time the company had been franchised and McDonalds

    は1965年まで登場しませんでしたが、その頃にはフランチャイズ化され、マクドナルド

  • restaurants were popping up all over the U.S.

    レストランが全米に出現していました。

  • By 1968, there were a thousand franchises and in 1970 the company opened its first place

    1968年までには1000のフランチャイズがあり、1970年には最初の場所をオープンしました。

  • outside of the U.S. and Canada, which was in Costa Rica.

    コスタリカにあったアメリカとカナダの外。

  • A year later and a branch was opened in Japan, quickly followed by entries into the European

    1年後、日本に支店が開設され、すぐにヨーロッパに進出しました。

  • and Australian markets.

    とオーストラリア市場。

  • What the company attempted to do was make the food pretty much the same everywhere.

    会社がやろうとしたことは、どこに行ってもかなり同じような食べ物を作ることでした。

  • With McDonalds, the idea was you always knew what you were getting wherever you went.

    マクドナルドでは、どこに行っても何を手に入れているのかを常に知っているという考えでした。

  • You'll see today that this hasn't always been the case, but the same meals for the

    のための同じ食事がいつもとは違うということが今日わかると思います。

  • most part featured on menus all over the world.

    世界中のメニューの中で、ほとんどの部分が紹介されています。

  • In 1975, if you were to order a “Filet-O-Fishor a “Quarter Pounderor anEgg McMuffin

    1975年には、"フィレ・オ・フィッシュ "や "クォーター・パウンダー "や "エッグ・マクマフィン "を注文していたら

  • in Stockholm, those dishes should have tasted the same as they would have in Boise, Idaho.

    ストックホルムでは、それらの料理はアイダホ州のボイシで食べるのと同じ味だったはずです。

  • So, if you're one of the 68 million folks in 119 countries that every day hands over

    あなたが119カ国の6800万人のうちの一人であるならば毎日、

  • his cash for a burger washed down with a tasty beverage, you should be getting what someone

    ハンバーガーのための彼の現金はおいしい飲み物で洗い流された、あなたは誰かが得ているはずです。

  • on the other side of the world is getting.

    世界の反対側の人が増えてきている

  • We can tell you that our wayfaring staff at the Infographics Show have guiltily wolfed

    インフォグラフィックス・ショーのスタッフが、このようなことをしてしまったことをお伝えします。

  • down a McDonalds meal in countries far and wide, and we can say the same-taste experience

    マクドナルドの食事をダウンして、はるかに広い国で、我々 は同じ味の経験を言うことができます。

  • that McDonalds wants people to have works, but there are some differences.

    マクドナルドが人々に作品を持って欲しいと思っていることは、いくつかの違いがあります。

  • And we're not just talking about meals specially devised for the tastes of certain cultures.

    また、特定の文化の嗜好に合わせて特別に考案された食事の話だけではありません。

  • For instance, you can get a McFalafel sandwich in Egypt, or a McArabia sandwich in Bahrain,

    例えば、エジプトではマックファラフェルのサンドイッチ、バーレーンではマックアラビアのサンドイッチなどがあります。

  • or a Bulgogi Burger in South Korea, but you can also get the standard fare.

    または韓国のプルコギバーガーですが、普通の料金でもOKです。

  • Ok, so first of all, just so you know we aren't making this up, the web is full of Americans

    まず第一に 我々はこれを作り話にしていない ウェブはアメリカ人で溢れている

  • asking the question: Why on Earth does McDonalds taste so much better in Europe, or even in

    と質問しています。マクドナルドの味は、ヨーロッパでも、あるいは日本でも、なぜこんなに美味しいのか?

  • Australia or New Zealand?

    オーストラリアかニュージーランドか?

  • Americans it seems are getting a raw deal when it comes to one of their most famous

    アメリカ人は、それが彼らの最も有名なの一つに来るとき、それは生の取引を得ているようだ。

  • exports.

    を輸出しています。

  • The first thing we should talk about is mind over matter.

    まず最初に話すべきことは、マインド・オーバー・マターです。

  • If, for instance, you are eating your McDonalds in a very beautiful building, what you eat

    例えば、とても綺麗な建物の中でマクドナルドを食べているとしたら、何を食べるのか

  • might just taste better.

    味が良くなるかもしれない

  • Trust us, a steak served on a fine China plate will taste better than a steak served in an

    中国の高級な皿に盛られたステーキの方が、ステーキよりも美味しく食べられます。

  • ashtray.

    灰皿です。

  • On the outskirts of Rome, you can visit the McDonalds' “museum-restaurant”, a place

    ローマ郊外では、マクドナルドの「ミュージアムレストラン」という場所で

  • where you can chow down on fine pastries and burgers next to ancient ruins.

    古代遺跡の隣には、美味しいペストリーとハンバーガーが食べられる場所があります。

  • In Porto, Portugal, you can eat under chandeliers in a quite exquisite building.

    ポルトガルのポルトでは、かなり凝った建物の中でシャンデリアの下で食事をすることができます。

  • In Ireland, there's a restaurant situated in a 19th-century town hall, and on the Rue

    アイルランドでは、19世紀に建てられたタウンホールの中にレストランがあり、Rue

  • Saint-Lazare in Paris, you can have croissants and coffee inside a building that looks like

    パリのサン・ラザールでは、クロワッサンとコーヒーが食べられるようになっています。

  • something out of a children's fantasy book.

    ファンタジー本から出てきたようなもの

  • Ok, so some restaurants might serve some quality extras, but even if you're getting a standard

    いくつかのレストランでは、いくつかの品質の余分なものを提供するかもしれませんが、あなたが標準的な

  • chicken McNuggets meal it's bound to taste better when you're eating it in a historic

    チキンマックナゲットの食事は、それはあなたが歴史的にそれを食べているときに良い味にバインドされている

  • building.

    建物。

  • It's also very likely that the meal served in this building is made with more care and

    また、この建物で提供される食事は、より丁寧に作られている可能性が高く

  • attention, rather than your Big Mac coming to you looking like it's been in a terrible

    注意してください、あなたのビッグマックがひどい目に遭ったようにあなたのところに来るよりも

  • accident and subsequently reconstituted by a drunk surgeon.

    事故に遭い、その後、酔っぱらいの外科医によって再結成されました。

  • Nonetheless, for the most part, McDonalds restaurants the world over, look pretty similar.

    それにもかかわらず、ほとんどの部分では、世界中のマクドナルドのレストランは、かなり似ています。

  • In the UK there are around 1,300 branches and most of them wouldn't look out of place

    英国には約1,300の支店があり、ほとんどの支店が違和感を感じることはありません。

  • in the U.S., but something they do over there in the UK might make a meal taste a little

    アメリカではそうですが、イギリスでは食事が少し味気ないものになるかもしれません。

  • bit better.

    少しはマシになった

  • It's all about standards, something the U.S. seems to have a deficit of in the fast-food

    アメリカではファストフードで赤字になっているようですが、これはすべて基準の話です。

  • world.

    の世界。

  • We need to talk about something calleddimethylpolysiloxane”, a chemical Americans have been unknowingly

    ジメチルポリシロキサン」と呼ばれる、アメリカ人が知らず知らずのうちに使っていた化学物質の話をする必要があります。

  • eating for decades.

    何十年も食べている

  • They might not have known this because it's kind of in the small print on the McDonalds

    マクドナルドの小冊子に載っているので、知らなかったかもしれません。

  • website.

    のウェブサイトに掲載されています。

  • It's there if you look closely, with McDonalds saying the chemical stops oil splatter.

    マクドナルドが化学物質が油の飛散を止めると言っていて、よく見るとそこにあります。

  • This is one reason it's found in French Fries and Chicken McNuggets, as well as hash

    これはフライドポテトやチキンマックナゲットにもハッシュと同様に見られる理由の一つです。

  • browns.

    ブラウンズ

  • It's not added directly to the food, but it gets in there via the cooking oil.

    直接食品には添加されていませんが、食用油を経由して入ってきます。

  • We're not quite sure just how much of a bad thing dimethylpolysiloxane is.

    ジメチルポリシロキサンがどれだけ悪いものなのかはよくわかりません。

  • When the Chicago Tribune contacted McDonalds about it, the newspaper received no reply.

    シカゴ・トリビューン紙がこの件についてマクドナルドに問い合わせたところ、同紙からの返信はなかった。

  • As it stands, the EU says it doesn't have harmful effects on the environment, but still,

    現状では、EUは環境に悪影響はないと言っているが、それでも。

  • the UK won't allow it on their fries.

    イギリスは彼らのフライドポテトにそれを許可しないだろう。

  • Perhaps one positive thing about the chemical, which is a kind of silicone, is it promotes

    おそらくシリコーンの一種である化学薬品についての1つの肯定的なことは、それを促進することです。

  • hair growth.

    髪の毛の成長。

  • That's what some scientists in Japan said anyway.

    どうせ日本の一部の科学者が言っていたことだ。

  • Maybe if you've been eating McDonald's French Fries your entire life you won't

    多分、マクドナルドのフライドポテトを食べていたならば、あなたはしないでしょう

  • go bald.

    禿げる

  • MaybeThe scientists injected the chemical in their test subjects rather than make them

    科学者たちは被験者に化学物質を注入したんだ

  • eat it.

    それを食べる。

  • Another place you'll find this chemical other than on your fries is on condoms, where

    フライドポテト以外でこの化学物質を見つけることができるもう一つの場所は、コンドームの上にあります。

  • it acts as a lubricant.

    潤滑剤として作用します。

  • We could make a lewd joke about putting things in your mouth, but in the interests of decorum

    淫らな冗談を言って口の中に物を入れることもできるが、礼儀のためには

  • and monetization we'll leave it there.

    そしてマネタイズ......そこに置いておきます。

  • What we will say though is some countries don't think dimethylpolysiloxane is a suitable

    ジメチルポリシロキサンが適していないと考える国もありますが、私たちが言いたいのは、ジメチルポリシロキサンが

  • or even safe accompaniment to a bit of deep-fried potato.

    または少し揚げたジャガイモの安全なお供にも。

  • For this reason, the British won't allow that chemical in their French fries.

    そのため、イギリス人はフライドポテトにその化学物質を入れることを許さない。

  • In fact, when you look at all the ingredients that go into U.S. French fries, it adds up

    実際、アメリカのフレンチフライに使われているすべての材料を見ると、それは追加されます。

  • to quite a lot more than goes into UK fries, three times as much.

    を英国のフライドポテトに入るよりもかなり多く、3倍以上に。

  • Someone asked McDonalds on its own website why this is, but the answer was vague, with

    誰かがマクドナルドのホームページでその理由を尋ねたのですが、答えは曖昧で

  • the company saying every country has its own regulations.

    どこの国にも独自の規制があると言っている会社。

  • The EU in fact, is quite a bit stricter than the U.S. when it comes to what can be put

    実際、EUは、何ができるかというと、アメリカよりもかなり厳しいです。

  • in your food.

    あなたの食べ物の中に

  • In conclusion, fries in Europe might just be a bit more wholesome, a tad more potatoey.

    結論から言うと、ヨーロッパのフライドポテトは、もうちょっとポテチっぽくてヘルシーなだけかもしれません。

  • There's also the fact that in some European countries you can get variations of fries,

    また、ヨーロッパの一部の国では、フライドポテトのバリエーションを手に入れることができるという事実もあります。

  • and some of them actually taste like they contain lots of potato.

    と、実際にジャガイモがたくさん入っているような味のものもあります。

  • You can findbig French friesorfried potato wedgesin some countries, and they

    国によっては「大きなフライドポテト」や「フライドポテトのウェッジ」を見かけることがありますが、それらは

  • might be served up with a bunch of different sauces, including cheese sauce with bacon.

    ベーコン入りのチーズソースなど、いろいろなソースをかけて食べることができるかもしれません。

  • Sweden went one step further.

    スウェーデンは一歩進んだ。

  • Over there you can order flat fries with a truffle-based mayo.

    向こうではフラットポテトにトリュフベースのマヨをつけて注文することができます。

  • Yep, that definitely sounds like a step up from the lube-imbued American fry.

    潤滑油の入ったアメリカン・フライからのステップアップのように聞こえます。

  • Now let's talk about beef.

    さて、牛肉の話をしましょう。

  • On its U.S. website, McDonald's admits that it uses growth hormones on its cattle so the

    米国のウェブサイトでは、マクドナルドは牛に成長ホルモンを使用していることを認めているので

  • meat you eat has less fat.

    食べるお肉は脂肪分が少ない

  • This goes into the cow feed and so isn't directly shot into the animal.

    これは牛のエサに入るので、動物に直接撃たれているわけではありません。

  • The company says this is not unusual at all, but when we went to the McDonalds UK website

    これは全く珍しいことではないとのことですが、イギリスのマクドナルドのサイトに行ってみると

  • there was a declaration that no hormones are used on the cattle.

    牛にはホルモン剤は使わないという宣言がありました。

  • You can read this statement on the Mcdonalds UK website:

    この声明は、マクドナルドUKのウェブサイトで読むことができます。

  • The use of hormonal growth promoters for cows is banned in the U.K. and rest of the

    "英国とその他の国では、牛へのホルモン成長促進剤の使用が禁止されています。

  • European Union.

    欧州連合です。

  • The beef used across our menu is 100% British and Irish, and comes from farms accredited

    当店のメニューで使用されている牛肉は、100%英国産とアイルランド産で、認定農場からのものです。

  • by a national farm assurance scheme.”

    "国家的な農業保証制度によって"

  • Ok, so if the UK is saying this, obviously proudly saying it as a means to win-over its

    英国がこのようなことを言っているのであれば、明らかに英国に勝つための手段として誇らしげにそれを言っています。

  • base of burger eaters, what does that say about growth hormones in cows?

    ハンバーガーを食べる人のベース、牛の成長ホルモンってどうなんだろう?

  • If it's banned, is it bad?

    禁止されているなら悪いことなのかな?

  • This might just be an ethical concern, but Europe goes a step further with its beef.

    これは単なる倫理的な問題かもしれませんが、ヨーロッパは牛肉に一歩踏み込んでいます。

  • You have to ask what the cattle have been dining on.

    牛が何を食べていたかを聞かなければならない。

  • In 2020, McDonalds boasted about a new burger that was made from grass-fed cattle, but that

    2020年、マクドナルドは草で育てた牛を使った新しいバーガーを自慢していたが、その

  • was in Australia.

    はオーストラリアにいました。

  • Again, if that's a good thing, then a cow that doesn't get its regular fix of rolling

    繰り返しになりますが、それが良いことだとすれば、定期的にローリングをしていない牛は

  • meadow might not taste as good.

    メドウの方が美味しくないかもしれません。

  • In 2013, NPR wrote an article about how burgers were made for McDonalds in France.

    2013年のNPRでは、フランスのマクドナルドのためにハンバーガーが作られたという記事を書いています。

  • That article stated that all the meat was locally sourced, and all the cattle was grass-fed,

    その記事によると、肉はすべて地元で調達したもので、牛はすべて牧草飼育されていたとのこと。

  • compared to in the U.S. where the cows had to make do with the less superior corn.

    アメリカでは、牛はより優れたトウモロコシを使わなければなりませんでした。

  • French cattle also had to have a passport detailing where each cow was born, where it

    フランスの牛はパスポートを持っていなければなりませんでした。

  • grew up, and where it was slaughtered.

    育った場所、屠殺された場所などを教えてください。

  • All this, according to the writer, made for a much tastier burger than Americans were

    筆者によると、このすべてのことは、アメリカ人よりもはるかにおいしいハンバーガーを作ることができました。

  • getting.

    得ることができます。

  • The European Union is also not cool with how Americans treat their chickens, or we should

    欧州連合もアメリカ人の鶏の扱いには冷静さを欠いているし、そうでなければ

  • say some companies that mass produce chicken.

    鶏肉を量産している会社があると言う。

  • The process of washing chickens in a chlorine bath to disinfect the bird is pretty much

    鶏を塩素風呂で洗って鳥を消毒するという工程は、かなり

  • outlawed in the EU, which may explain why a chicken sandwich in Europe tastes a little

    EUでは禁止されているので、ヨーロッパのチキンサンドが少し味がするのは説明がつくかもしれません。

  • better than a chicken sandwich in an American McDonalds.

    アメリカのマクドナルドのチキンサンドより美味しい

  • The USA Poultry and Egg Export Council didn't much like snub from Europe, and came out and

    米国家禽卵輸出協議会は、ヨーロッパからのスナウブをあまり好まず、出てきた。

  • said there's nothing unsafe about those chicken baths.

    チキンバスは安全じゃないって言ってたけど

  • It seems right now in Europe, chlorinated chicken is still a big no-no, although in

    ヨーロッパでは今でも塩素漬けの鶏肉は禁止されているようですが

  • the UK, Prime Minister Boris Johnson has been busy trying to cozy up to the States and reverse

    英国のボリス・ジョンソン首相は、米国に寄り添い、逆にしようとしていることに忙殺されています。

  • the ban.

    禁止されている。

  • He says there's no evidence that washing the birds in disinfectant is dangerous for

    鳥を消毒液で洗うのが危険だという証拠はないそうです。

  • the consumer, but the EU has stood its ground, stating the process leads to horribly crowded

    消費者が、EUは、プロセスが恐ろしく混雑につながることを示す、その地面を立っている

  • abattoirs.

    屠殺場。

  • Is meat that hasn't taken a posthumous bath in chemicals any less tasty?

    死後に化学薬品を浴びていない肉は美味しくないのか?

  • Well, that's not an easy question to answer.

    簡単には答えられない質問だな

  • Maybe you just feel better knowing the dead animal in your sandwich - “Frankenbirds

    サンドイッチの中の死んだ動物を知っているだけで気分が良くなるのかもしれません。

  • to animal activists - didn't suffer as much.

    動物保護活動家には、これほどの苦しみはありませんでした。

  • Saying that, according to the World Animal Protection organization, fast food joints

    世界の動物愛護団体によると、と言うことは、ファーストフードの関節

  • in Europe aren't exactly taking chicken welfare seriously.

    ヨーロッパでは鶏の福祉に真剣に取り組んでいるわけではありません。

  • Then there's the 'does size matter debate'?

    それから、「サイズは重要か」という議論があります。

  • In the U.S., the Big Mac is just a little bit bigger than it is in the UK.

    アメリカでは、ビッグマックがちょっと大きいだけ。

  • If you have more quantity, though, does that mean the quality is affected?

    でも、量が多ければ質にも影響があるのかな?

  • Let's also remember that the drinks are bigger in the U.S.

    アメリカではドリンクの方が大きいことも覚えておきましょう。

  • The large is larger than in European countries as are the medium and small sizes.

    ヨーロッパの国々では、中・小型サイズと同じように、大きめのものが多いです。

  • That might sound like a good thing to American diners that would happily mainline a 30 ounce

    アメリカのダイナーは、30オンスのメインラインに喜んでいるように聞こえるかもしれません。

  • (887 ml) Coke, but again you have to ask, does quantity affect quality?

    (887 ml) コーラですが、またしても量が質に影響するのか?

  • Would you sacrifice some soda or a bit of burger to know you're not eating chicken

    チキンを食べていないことを知るために ソーダやハンバーガーを犠牲にするのか?

  • that was once so deformed and depressed it longed for its big day in the abattoir?

    屠殺場での大事な日を待ち望んでいたような?

  • So, the meat and the fries might taste a little bit different because of where the food is

    なので、お肉とフライドポテトは場所によって少し味が違うかもしれませんが

  • sourced and what is added to it.

    ソースとそこに何を加えるか。

  • There are more reasons why Europe's McDonalds are better.

    ヨーロッパのマクドナルドの方が良い理由は他にもあります。

  • For one thing, all over Europe, you can get a beer with your burger.

    一つには、ヨーロッパ中でハンバーガーと一緒にビールが飲めること。

  • In Belgium, you can order a beer with your Belgo burger, a sandwich garnished with roasted

    ベルギーでは、ローストしたものをサンドしたベルゴバーガーと一緒にビールを注文することができます。

  • onions and smattered with cocktail sauce and Maredsous cheese.

    玉ねぎにカクテルソースとマレッズチーズを散りばめました。

  • Let's face it, the American cheese slice is not the finest tasting cheese in the world.

    アメリカのチーズスライスは世界で一番美味しいチーズではないと断言しましょう。

  • In parts of Scandinavia, you can get potato tots filled with smoked cheese and spicy chili.

    北欧の一部では、スモークチーズとスパイシーな唐辛子が入ったポテトトッツが手に入ります。

  • In Greece, you can opt to change the regular cheese and have creamy yogurt on your burger

    ギリシャでは、通常のチーズを変えて、クリーミーなヨーグルトをハンバーガーに乗せて食べることができます。

  • and you can change the bun for a pita bread.

    と、パンをピタパンに変えてみてはいかがでしょうか。

  • Come on, who in the U.S. wouldn't want to try one of those?

    アメリカの誰もが試してみたいと思わないのか?

  • You can also get tzatziki wraps in countries all over Europe, which is similar to the Greek

    また、ヨーロッパ各国では、ギリシャ語に似たような「ザッツィキのラップ」を手に入れることができます。

  • wrap.

    ラップ。

  • They come with vegetables and beef or chicken and they taste very fresh compared to regular

    野菜と牛肉や鶏肉が入っていて、普通のものに比べてとても新鮮な味がします。

  • burgers.

    ハンバーガー

  • They contain fewer calories, too, but for some reason, they've never made it to the

    カロリーも少ないのですが、なぜか、この2つは

  • U.S.

  • We guess test audiences in the U.S. have never taken to them, even though sales surged in

    アメリカでは売上が急上昇したのに、アメリカではテストオーディエンスに受け入れられていないんだろうな。

  • Europe when McDonalds introduced a healthier menu there.

    マクドナルドがそこにヘルシーメニューを導入したときのヨーロッパ。

  • In France, you can visit a McCafe.

    フランスでは、マカフェを訪れることができます。

  • In one of those places, you might not always hear, “Do you want fries with that,” but

    その中の一つの場所では、「それでフライドポテトを食べますか」と聞かないこともあるかもしれませんが

  • they might ask you if you feel like a chocolate croissant straight out of the oven, or perhaps

    オーブンから出てきたチョコクロワッサンが好きかどうか聞かれるかもしれないし、もしかしたら

  • a couple of colorful macrons.

    カラフルなマコロンのカップル。

  • As for food for vegetarians, in 2020, McDonalds said it would start rolling out a McPlant

    ベジタリアン向けの食品としては、2020年にはマクドナルドがマクプラントの展開を開始するという。

  • burger in various countries around the world, but right now and in the past, options have

    ハンバーガーは、世界中の様々な国で、しかし、今も昔も、オプションを持っています。

  • been very limited for vegetarians.

    ベジタリアンにとっては非常に限られたものでした。

  • Not in Finland, though.

    フィンランドにはないけどね。

  • In that country they've had a quarter-poundEl Veggoburger since 2018 and it's

    その国では2018年から4分の1ポンドの「エル・ベゴ」バーガーを食べていて、それは

  • been selling like hotcakes.

    猛烈な勢いで売れている

  • And let's talk about breakfast.

    そして朝食の話をしよう。

  • You already know you can get croissants in France, but all over Europe you can find much

    あなたはすでにフランスでクロワッサンを取得することができます知っているが、すべてのヨーロッパでは、多くのことを見つけることができます。

  • better breakfast meals than you can find in the U.S.

    アメリカよりも朝ごはんがうまい

  • Let's face it, the traditional McMuffin doesn't taste much like a muffin, and eating

    伝統的なマクマフィンはマフィンのような味がしないし、食べることもできない。

  • the McDonalds bagel is like chewing on a sock filled with ketchup.

    マクドナルドのベーグルは、ケチャップの入った靴下を噛んでいるようなものです。

  • Over in the UK at the place they sometimes callMaccie Dees”, you can have a bacon

    イギリスでは時々 "マッキーディーズ "と呼ばれる場所でベーコンを食べることができます。

  • sourdough roll for breakfast and it's actually quite good.

    朝食にサワードゥロールを食べてみましたが、これがなかなか美味しいんです。

  • The bread tastes like bread, the bacon is bacon.

    パンの味はパン、ベーコンはベーコン。

  • Those McMuffin meals sometimes taste like airplane food or something a spaceman might

    それらのマクマフィンの食事は、時々飛行機の食べ物や宇宙人のような味がすることがあります。

  • eat, but the British rolls actually taste fresh, as if they were made by your mom.

    食べるのですが、イギリスのロールは実際にはお母さんが作ってくれたような新鮮な味がします。

  • In 2019, some discerning Brits voted the McDonalds roll the best breakfast sandwich in the city

    2019年、一部の目の肥えたイギリス人は、マクドナルドのロール朝食サンドイッチに投票しました。

  • high street...Well, at least according to one taste test which pitted the roll against

    少なくても、味のテストでは、このロールと

  • five other popular breakfast sandwiches.

    他にも人気の朝食サンド5選

  • So, there you go.

    さあ、どうぞ。

  • It seems McDonalds in Europe offers many more choices and often you can eat your meal in

    ヨーロッパのマクドナルドは、より多くの選択肢を提供しているようだし、多くの場合、あなたの食事を食べることができます。

  • very nice surroundings.

    とてもいい環境です。

  • There are more laws as to what goes inside your meal which makes for better quality meat

    より良い品質の肉のためになりますあなたの食事の中に入るものとして、より多くの法律があります。

  • and fewer chemicals.

    と少ない化学物質。