Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Somewhere in the farthest reaches of the Gobi Desert lives a creature so terrifying the

    ゴビ砂漠の最奥地のどこかに 恐ろしい生き物が住んでいます

  • very mention of its name can turn the scarlet cheeks of a Mongolian nomad, white.

    その名を口にするだけで、モンゴルの遊牧民の頬が真っ白になります。

  • This giant of the underground lives deep under the sand, only to emerge now and again to

    この地下の巨人は砂の下に深く住んでいて、時々現れるだけです。

  • spray its human victims with a deadly poison.

    致命的な毒でその人間の犠牲者にスプレーします。

  • Its venom is so powerful it corrodes metal.

    その毒は金属を腐食させるほど強力です。

  • Its skin is so toxic if it brushes up against a human you first hear a howl, followed by

    その皮膚は非常に有毒なので、人間にブラシをかけると、最初に遠吠えが聞こえて、それに続いて

  • a deathly silence.

    死のような沈黙。

  • As a Mongolian Prime Minister once warned, death is instant, and there's nothing anyone

    モンゴルの首相がかつて警告したように、死は即死であり、誰もが何もできない。

  • can do to help.

    にできることがあります。

  • This is the story of one of the world's greatest mysteries, a nightmarish tale you

    これは世界最大級の謎の物語であり、悪夢のような物語です。

  • can hear being told from one end of the Gobi Desert to the other.

    ゴビ砂漠の端から端まで聞こえてきます。

  • The Mongolian death worm, aka, “olgoi-khorkhoi”, is something to be feared and respected.

    モンゴルの死の虫、別名「オルゴイ=コークホイ」は恐るべきものであり、尊敬すべきものである。

  • When those wandering nomads see waves of sand created by the worm, there is only one thing

    さすらいの遊牧民がミミズが作った砂の波を見たとき、ただ一つだけ

  • to do: get away, fast.

    すること:逃げろ、逃げろ、早く。

  • Still today western men on expeditions can be found in the yurts of nomads sitting around

    今日でも、遠征に出かける西欧人の男性は、遊牧民のユルトに座っているのを見ることができます。

  • the fire, telling them stories about those unlucky people that came upon this worm and

    この虫に出会った不運な人たちの話をしながら

  • didn't get away.

    は逃げなかった。

  • The death worm is a terrifying thing, make no mistake.

    死の虫は恐ろしいものだ 間違いない

  • By all accounts, it doesn't come up often.

    どう見ても、あまり出てこない。

  • It kills seemingly only when threatened, but sightings of it are numerous.

    脅威にさらされたときだけ殺すように見えるが、目撃情報は多数ある。

  • For that reason, those western-led expeditions have tried on a few occasions to unearth the

    そのために、西側主導の探検隊は、何度かの機会に

  • truth about this monster of mystery.

    この謎の怪物の真実

  • The last one wasn't even that long ago.

    前作はそんな昔の話でもないのに

  • We'll get around to that later.

    それについては後で考えよう

  • The first mention of the death worm was after an American paleontologist named Roy Chapman

    死の虫について最初に言及したのは、アメリカの古生物学者ロイ・チャップマンである。

  • Andrews went over to that desolate part of the world in the 1920s.

    アンドリュースは1920年代に世界のあの荒涼とした場所に行きました。

  • Back home he wrote the book, “On the Trail of Ancient Man”, and that's where we first

    故郷に帰って「古代人の軌跡」という本を書いていて、そこが最初の場所でした。

  • heard of the deadly worm.

    致命的な虫の話を聞いた

  • In the book, Andrews writes that he never saw one himself, but in certain areas of that

    本の中でアンドリュースは、彼自身は一度も見たことがないと書いていますが、その中の特定の地域では

  • hostile desert locals and officials would regularly talk about a terrible thing that

    敵対的な砂漠の地元の人や役人たちは、定期的に次のような恐ろしいことを話していました。

  • lives under the sand and occasionally kills animals and their owners.

    砂の下に住んでいて、時々動物やその飼い主を殺しています。

  • This naturally caused quite a stir in the West.

    これは当然のことながら、欧米ではかなりの波紋を呼んだ。

  • People were fascinated by the possibility that some freak animal might exist that had

    人々は、ある種の異常な動物が存在する可能性に魅了されました。

  • heretofore never been mentioned in any science books.

    これまで科学の本では一度も触れられたことがありませんでした。

  • In a second book called, “The New Conquest of Central Asia”, Andrews mentioned the

    中央アジアの新征服」という二冊目の本の中で、アンドリュースが言及しているのは

  • beast again, saying, “It is reported to live in the most arid, sandy regions of the

    の最も乾燥した砂地に住んでいると言われています。

  • western Gobi.”

    "西ゴビ"

  • What really piqued the interest of western scientists and the public alike was the fact

    西洋の科学者や一般の人々の興味を掻き立てたのは

  • the Mongolian Prime Minister at the time, Jalkhanz Khutagt Sodnomyn Damdinbazar, said

    当時のモンゴルの首相であるヤルカンズ・クタグット・ソドノミン・ダムディンバザールは、次のように述べています。

  • it existed.

    存在していた。

  • With a name like that he deserves to be heard.

    そのような名前があれば、彼の声を聞くに値する。

  • This is what he said about the death worm.

    これが死の虫のことを言っていました。

  • It is shaped like a sausage about two feet long, has no head nor leg and it is so poisonous

    "それはソーセージのような形をしていて 長さは約2フィートで 頭も足もなく 猛毒を持っています

  • that merely to touch it means instant death.

    触れただけで即死だと

  • It lives in the most desolate parts of the Gobi Desert.”

    ゴビ砂漠の最も荒涼とした場所に住んでいます。"

  • This was another thing that fascinated foreigners: the desert itself.

    これもまた、外国人を魅了したもの、砂漠そのものだった。

  • At the time, parts of the Gobi were new territory for westerners.

    当時、ゴビの一部は西洋人にとっては新しい領土だった。

  • It was a hostile place and some of the locals could also be hostile.

    敵対的な場所だったので、地元の人も敵対的になることがあります。

  • In the early 20th century, it was a part of the Earth that conjured up monsters in the

    20世紀初頭には、地球の一部でモンスターを呼び覚ましたのは

  • minds of westerners.

    西洋人の心

  • The desert itself is a giant, covering 500,000 square miles (1,295,000 km2) and spanning

    砂漠自体が50万平方マイル(129.5万km2)にも及ぶ巨大なものです。

  • much of China and Mongolia.

    中国とモンゴルの多くの

  • It was the great unknown, an enigma, especially at its wildest west where the huge sand deserts

    それは偉大な未知の、謎であり、特に巨大な砂の砂漠があるその最も野生的な西部であった。

  • can be found.

    を見つけることができます。

  • That's the area where the death worm lived.

    そこは死の虫が住んでいた地域です。

  • Hardly anything was written about this place in a European language in the early 20th century.

    20世紀初頭のヨーロッパの言語では、この地について書かれたものはほとんどありませんでした。

  • The only people besides the nomadic peoples that had been there were a handful of intrepid

    遊牧民以外の人々は、そこにいた一握りの勇敢な人々だけだった。

  • travelers.

    旅行者だ

  • They talked about their journeys, but they were far from large-scale mapping expeditions.

    彼らは旅の話をしていたが、大規模な地図探検とは程遠いものだった。

  • Then in 1923 something amazing happened when a crew from the American Museum of Natural

    1923年、アメリカ自然博物館の乗組員が、驚くべきことが起こりました。

  • History arrived in the Gobi Desert.

    ゴビ砂漠に歴史がやってきた。

  • They discovered the first dinosaur eggs, or at least they were the first team to find

    彼らは最初の恐竜の卵を発見しました 少なくとも彼らが最初に発見したチームでした

  • dinosaur eggs and have them recognized as that by the scientific community.

    恐竜の卵を科学者の間で認められています。

  • So, when three years later a man said that a giant death worm reportedly lives in the

    そこで、3年後に巨大な死の虫が住んでいると報告された男性の話によると

  • sand, for some people it wasn't hard to believe.

    砂、一部の人にとっては信じられないことではありませんでした。

  • We should say the American writer that reported this was not sold on the existence of the

    これを報じたアメリカの作家は、その存在を売りにしていなかったと言うべきでしょう。

  • worm, but that didn't stop more westerners arriving looking for the thing in the decades

    虫を探しに来た西洋人が数十年の間に増えるのを止めることはなかった

  • to come.

    が来るようになります。

  • As you'll see, there have been quite a few western-led investigations since Andrew's

    見ての通り、アンドリューの事件以来、かなりの数の西側主導の捜査が行われてきました。

  • feet grazed the Mongolian sands.

    足がモンゴルの砂をかすめた。

  • The name olgoi-khorkhoi can be translated as, “large intestine worm.”

    オルゴイ=コークホイという名前は "大腸の虫 "と訳せます

  • That might sound like something you flush down the toilet bowl, but if you saw the thing

    それは便器に流すもののように聞こえるかもしれませんが、もしあなたがそのものを見たら

  • in your bathroom, you'd be the one trying to get down the bowl.

    お風呂場では、ボウルを降ろそうとしている人になります。

  • It looks rather like the worm that appeared in the Dune novels, but the Mongolian death

    どちらかというとデューン小説に出てくる虫に似ていますが、蒙古デス

  • worm doesn't have many of those worms' characteristics.

    ミミズの特徴は多くはありません。

  • According to the Mongolians that talk about the worm, it is not only deadly to touch,

    虫の話をしているモンゴル人によると、虫は触るだけでは致命的ではないそうです。

  • but it can kill from a distance by spitting venom at a person.

    毒を吐いて遠距離から殺すことができます。

  • If that isn't bad enough, it also has the uncanny ability to electrocute things.

    それが十分に悪くないならば、それはまた、物を感電させる不気味な能力を持っています。

  • The good news is that it hibernates most of the year and can be seen mostly in the months

    良いニュースは、それが一年のほとんどを冬眠し、ほとんどの月に見ることができるということです。

  • of June and July, especially during rainfall.

    6月と7月、特に雨が降っている間は

  • When it eats, it often chooses a wild plant known asgoyo.

    食べるときは「ゴヨウ」と呼ばれる山菜を選ぶことが多いです。

  • The worm might also chow down on a camel and if it does it may well lay eggs in its intestines.

    虫はラクダを食べてしまうかもしれないし、もし食べてしまったら腸内に卵を産むかもしれません。

  • If there are no camels nearby, a rodent or even a human will do.

    近くにラクダがいなければ、ネズミや人間でも良い。

  • Ok, so now let's dig a little deeper and see what happened on those other expeditions

    さて、それではもう少し深く掘り下げて、他の遠征で何が起こったかを見てみましょう。

  • to find the worm.

    虫を見つけるために

  • First, you have to know the word, “cryptid.”

    まず、"クリプトイド "という言葉を知らなければならない。

  • A cryptid is an animal that science hasn't yet said is real.

    屁理屈は科学がまだ実在するとは言っていない動物のことです。

  • Cryptozoologists are the people that go looking for such animals.

    そのような動物を探しに行くのが暗号生物学者です。

  • These mysterious entities can be found in just about every culture.

    これらの神秘的な存在は、ほぼすべての文化に存在します。

  • In the U.S. you've got Big Foot and myriad other cryptids from state to state.

    アメリカではビッグフットとか無数の隠語が州ごとにあるんだよね。

  • In Scotland, they have the Loch Ness Monster, and in Australia, they have the man-eating

    スコットランドにはネス湖の怪獣がいて、オーストラリアには人食いの

  • Yowie.

    ヨウイ。

  • One of the reasons such frightening entities came into existence was not some troll from

    そのような恐ろしい存在が存在するようになった理由の一つは

  • history just making things up.

    歴史を捏造しているだけだ

  • Most of the time it was down to people or animals going missing.

    ほとんどの場合、人や動物が行方不明になったことが原因です。

  • On some occasions, the dead person would have been ripped apart as if by an incredibly strong

    ある時には、死んだ人は、信じられないほど強い力に引き裂かれるかのように

  • wild beast.

    野獣

  • The first mention of a monster near Loch Ness dates back to the sixth century AD, when some

    ネス湖の近くに怪物が出現したという最初の記述は、紀元6世紀にさかのぼります。

  • unfortunate guy went swimming and seemed to have been eaten by a beastie in the water.

    不幸な男が泳ぎに行って、水中でビーティーに食われたらしい。

  • When something can't easily be explained, humans throughout history have been known

    簡単に説明できないことがあると、人類は歴史の中で

  • to make things up.

    でっち上げをします。

  • For example, there are cases in Europe when serial killers were convicted of being werewolves.

    例えば、ヨーロッパでは連続殺人犯が人狼であると有罪判決を受けた例があります。

  • We don't need to tell you that they weren't, but because authorities back then didn't

    彼らがそうではなかったと言う必要はありませんが、当時の当局がそうではなかったからです。

  • understand the psychopathology of serial killing, especially when it involved eating flesh,

    連続殺人の精神病理学を理解する、特にそれが肉を食べることに関係している場合。

  • some people were found guilty ofcrimes of lycanthropy.”

    "ライカンの罪 "で有罪になった人もいます

  • It's the same with monsters.

    それはモンスターも同じです。

  • Sometimes they were blamed for the mass killing of sheep, or stealing children out of the

    羊を大量に殺したり、子供を盗み出したりして非難されることもありました。

  • fog, or mutilating camels in the Gobi Desert.

    霧やゴビ砂漠でラクダを切り刻んだり

  • The question is, is the death worm something else in disguise?

    問題は、死の虫は変装した別の何かなのか?

  • Let us now introduce a man named Ivan Mackerle.

    それでは、イヴァン・マッカーレという男性を紹介します。

  • He was a Czech cryptozoologist who went around the world looking for mysterious monsters.

    彼はチェコの暗号生物学者で、謎の怪物を探して世界中を回っていました。

  • He once visited Scotland and spent some time looking for Nessie, and another time he went

    スコットランドを訪れてネッシーを探していたことがあり、また別の時には

  • to Madagascar in search of the elephant bird.

    象の鳥を求めてマダガスカルへ。

  • The thing he was really interested in, though, what you could call an obsession of his, was

    彼が本当に興味を持っていたものは...彼の執着と呼べるものは...

  • the Mongolian death worm.

    モンゴルの死の虫

  • Twice in the 90s and once in the early 2000s he took a team out to the Gobi to search for

    90年代に2回、2000年代初頭に1回、彼はチームを率いてゴビ族を探しに出かけました。

  • the thing.

    そのことだ

  • He had a few theories about the worm.

    彼はワームについていくつかの説を持っていた。

  • For one thing, he said it was only about as thick as a man's arm and only around half

    一つには、男の腕と同じくらいの太さで、半分くらいしかないと言っていました。

  • a meter long.

    1メートルの長さ。

  • He said it was blood-red in color, had no eyes, no mouth, and no nostrils.

    血のように赤い色をしていて、目もなく、口もなく、鼻の穴もないと言っていました。

  • He also believed the worm could deliver an electric shock, and he said it was indeed

    また、ワームは電気ショックを与えることができると信じていたそうです。

  • venomous, but that was because it often fed on the poisonous varieties of the goyo plant.

    毒を持っていますが、それはゴヨウの毒を持つ品種を餌にすることが多かったからです。

  • Did he find it, though?

    彼は見つけたのかな?

  • Well, he came up empty-handed after his first two trips, and then on his third and last

    彼は最初の2回の旅行で手ぶらで来た そして3回目と最後の旅行で

  • trip, he was told by a Buddhist monk to go home or else his life was at risk.

    旅の途中、僧侶に「家に帰るように」と言われ、命の危険を感じたそうです。

  • That night he had a crazy dream about the death worm and when he woke up his back was

    その夜、彼は死の虫の夢を見て、目が覚めたときには背中が

  • covered with large boils filled with blood.

    血で満たされた大きな腫れ物に覆われています。

  • Still, he never found the worm.

    それでも虫は見つからなかった

  • It wasn't through lack of trying, though.

    努力が足りなかったのではありません。

  • Mackerle's expeditions involved serious work, including interviewing a lot of people

    マッカーレの探検隊は、多くの人にインタビューをするなど、真剣な仕事をしていました。

  • and even blowing up parts of the desert so they could investigate the depths.

    砂漠の一部を爆破して、深部を調査できるようにしました。

  • Other times he scanned the desert from a plane using a camera.

    他にも、カメラを使って飛行機から砂漠をスキャンしたこともあるそうです。

  • He found nothing, but according to his friends, he had a lot of fun trying.

    彼は何も見つけられませんでしたが、友人によると、彼は試してみてとても楽しかったそうです。

  • In 2005, the British Centre for Fortean Zoology followed in his footsteps.

    2005年には、イギリスのフォルテアン動物学センターが彼の足跡をたどってきました。

  • Instead of blowing up parts of the desert, they flooded parts and also damned streams,

    砂漠の一部を吹き飛ばすのではなく、一部を洪水にし、また小川を堰き止めた。

  • hoping they could flush the thing out from where it was hiding.

    隠れていた場所から 洗い流すことができればいいと思っていました

  • Alas, they also went back home having never seen a death worm.

    残念なことに、彼らはまた、死の虫を見たことがないまま家に帰っていった。

  • Richard Freeman, who led the expedition, said he interviewed scores of locals who claimed

    探検隊を率いたリチャード・フリーマンは、彼が数十人の地元の人々にインタビューしたと言っています。

  • they'd seen the worm.

    虫を見ていた

  • He talked to a park ranger who said he'd seen it no less than three times.

    彼は公園のレンジャーに話を聞いたが、彼は3回以上見たと言っていた。

  • That night the ranger invited Freeman to sleep in his guest Yurt, the place where the ranger's

    その夜、レンジャーはフリーマンを客用のヤルトで寝るように誘った。

  • wife told him about the time she'd seen the worm just three years prior.

    妻は、ちょうど3年前に虫を見た時のことを話した。

  • Another guy Freeman talked to claimed he'd killed a death worm in 1972 by throwing a

    フリーマンが話した別の男は、1972年に死の虫を

  • rock at it.

    それを見てロックして

  • As the story goes, some Russians took the dead worm back to Russia, and now it's lost

    話は変わりますが、ロシア人の中には死んだ虫をロシアに持ち帰った人がいて、今はそれが失われています。

  • somewhere in the basement of a Russian museum.

    ロシアの博物館の地下のどこかで

  • If it is, we wish they'd take it out and for everyone to see.

    もしそうなら、それを持ち出してみんなに見せてほしい。

  • Freeman went as far as to speak to local governors, who also talked about sightings of the death

    フリーマンは、地元のガバナーにまで話をして、彼らもまた、死の目撃情報について話しています。

  • worm.

    ワーム

  • In fact, in the interview we watched, Freeman talked for over an hour about many people

    実際、私たちが見たインタビューでは、フリーマンは1時間以上も多くの人のことを話していました。

  • who'd told him they'd seen the death worm, but Freeman himself didn't get so lucky

    だがフリーマン自身は幸運にも恵まれなかった

  • to see one for himself.

    自分の目で見るために

  • Does he think the death worm exists?

    彼は死の虫が存在すると思っているのか?

  • Not really, or if it does, it's not quite what the locals describe.

    そうでもないし、もしそうだとしても、地元の人が言うようなものではありません。

  • They're terrified of it,” said Freeman, but he also explained that as far as human

    "彼らはそれを恐れている "とフリーマンは言ったが、彼はまた、人間に関しては

  • deaths are concerned it's always a friend of a friend's cousin who was killed.

    死に方が気になるのは、いつも友人のいとこの友人が殺されたことだ。

  • Those who actually claim to have seen it have only ever said they saw the worm killing a

    実際に見たと言う人は、虫が殺しているのを見たとしか言っていません。

  • mouse.

    マウス。

  • So much for a deadly monster...

    致命的なモンスターはここまで...。

  • Then the Americans got in on the act a little later.

    その後、アメリカ人は少し遅れて行動に参加した。

  • In 2007, the TV Show Destination Truth went in search of the worm, and yet again the damn

    2007年、テレビ番組「デスティネーション・トゥルース」では、ワームを探しに行きました。

  • thing remained elusive.

    捉えどころのないままでした。

  • Still, there are many people in Mongolia that will tell you the thing is real and they've

    それでも、モンゴルには本物だと言ってくれる人がたくさんいて、その人たちは

  • seen it with their own eyes.

    自分たちの目で見たのです。

  • After the U.S. TV crew went out there some journalists from New Zealand arrived in the

    アメリカのテレビクルーが現地に出た後、ニュージーランドから数名のジャーナリストが到着した。

  • Gobi Desert.

    ゴビ砂漠。

  • They didn't manage to capture the worm on film, but they interviewed locals who swore

    フィルムには写っていませんでしたが、地元の人たちにインタビューしたところ

  • on the existence of the worm.

    ワームの存在について

  • Because the sightings peaked during the 1950s a lot of these witnesses won't be around

    "目撃情報は1950年代にピークを迎えていますので" "これらの目撃者の多くは今はいないでしょう

  • for much longer, so I felt pretty lucky to get to some of them before they are actually

    の前にいくつかのものにたどり着くことができて、かなりラッキーだと感じました。

  • dead,” said the lead journalist on that expedition.

    死んだ」と、その遠征の主幹記者が言っていた。

  • He did say, though, that in the cities people hadn't even heard of the worm and it was

    彼は言っていましたが、都市では人々はワームのことを聞いたことがなく、それは

  • only when they reached the desert areas that people talked about olgoi-khorkhoi.

    砂漠地帯に到着して初めて、人々はオルゴイ=コークホイの話をするようになりました。

  • Worms couldn't even survive under the sand.

    ミミズは砂の下では生き残れなかった。

  • We can blame the fact it's called a worm on the English translation.

    虫と呼ばれていることを英訳のせいにすればいい。

  • The Mongolians never said it was a worm, only that it looked like one.

    モンゴル人はミミズだとは言っていない 見た目が似ているとだけ言っていた

  • That brings to the question of what exactly have the people of the desert been seeing?

    砂漠の人々は何を見てきたのか?

  • Surely scores of people who saw a worm-like thing weren't all tripping or trolling.

    確かにミミズのようなものを見た数多くの人は、全員が引っかかったり、荒らしたりしていたわけではありません。

  • Well, it's ever so slightly possible that some strange unheard-of creature does live

    聞いたこともない奇妙な生き物が生きている可能性もあるが

  • under the sand, but what's more likely is the death worm sightings were either of some

    砂の下にいますが、より可能性が高いのは、死の虫の目撃情報が

  • kind of snake or a legless lizard.

    蛇の一種か、足のないトカゲか。

  • Still, the only venomous snakes in Mongolia are a kind of viper and an adder and are both

    それでも、モンゴルで唯一の毒蛇は毒蛇の一種である毒蛇と毒蛇であり、どちらも

  • quite small and look nothing like a worm.

    かなり小さくてミミズにしか見えません。

  • They also wouldn't live under the sand.

    彼らも砂の下には住まないだろう。

  • Then there's the Steppe Ribbon Racer snake and that better fits the description, but

    それからステープリボンレーサーのヘビがありますが、そちらの方が説明に合っています。

  • its venom is very mild to humans.

    その毒は人間には非常に穏やかです。

  • There's the sand boa, which could possibly be found in the Gobi Desert.

    砂のボアがあります ゴビ砂漠で見つかるかもしれません

  • It looks like the death worm that people have described, and although it's not harmful

    人々が説明している死の虫のように見えて、有害ではありませんが

  • at all to humans, folks around the world fear them just because they look so scary.

    人間には全く関係ないが、世界中の人々が怖がっているのは、見た目が怖いからだ。

  • Perhaps people in the past saw a large snake or heard of someone being bitten by a snake

    もしかしたら、昔の人が大蛇を見たり、蛇に噛まれたという話を聞いたりしたのかもしれません。

  • and over time around the campfire, the story evolved into a giant worm that can generate

    と、キャンプファイヤーを囲んで時を経て、物語は巨大なワームを発生させることができるように進化しました。

  • electricity.

    電気のことです。

  • Our conclusion is not all those people were lying about seeing the worm, but as the story

    私たちの結論は、それらの人々全員がワームを見たという嘘をついていたわけではありませんが、物語のように

  • traveled people's imaginations got the better of them.

    旅をしていた人たちの想像力に負けてしまいました。

  • If such a worm exists, one of them would have been captured by now, dead or alive.

    そんなワームが存在するのなら、今頃は生死を問わず、どちらかが捕まっているはずだ。

  • Now you need to watch, “Soldiers Encounter Mysterious Monsters in Vietnam War.”

    "ベトナム戦争で謎の怪物に遭遇した兵士 "を 観る必要があります。

  • Or for more monster madness, “Scientists Find Best Evidence That The Loch Ness Monster

    または、より多くのモンスターの狂気については、「科学者たちは、ネス湖のモンスターが最高の証拠を見つける

  • Actually Exists?”

    "実際に存在するのか?"

Somewhere in the farthest reaches of the Gobi Desert lives a creature so terrifying the

ゴビ砂漠の最奥地のどこかに 恐ろしい生き物が住んでいます

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 砂漠 モンゴル ワーム フリーマン 存在 ミミズ

モンゴルの死の虫 - これはあなたがそれに出くわしたくない理由です。 (Mongolian Death Worm - This is Why You Never Want to Come Across It)

  • 4 1
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 04 日
動画の中の単語