Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's time for this week's parting shots.

    今週のお別れショットの時間です。

  • I was one of many people who laughed at new Lions head coach Dan Campbell when he ranted about biting people's kneecaps at his introductory press conference.

    私は、ライオンズの新ヘッドコーチ、ダン・キャンベルが紹介記者会見で人の膝頭を噛むとわめいたときに笑った多くの人の一人です。

  • But in an offseason where a lack of diverse hiring of head coaches has embarrassed the NFL, Campbell deserves some credit for this staff.

    しかし、ヘッドコーチの多様な雇用の欠如が NFL を困惑させているオフシーズンでは、キャンベルはこのスタッフのためのいくつかの信用に値する。

  • He's Assembly.

    彼は集合体だ

  • Campbell hired former charges.

    キャンベルは元容疑者を雇った

  • Head coach Anthony Lynn is his offensive coordinator and former Saints defensive backs coach Aaron Glenn as his defensive coordinator.

    ヘッドコーチのアンソニー・リンがオフェンスコーディネーター、元セインツのディフェンスバックコーチのアーロン・グレンがディフェンスコーディネーターを務めている。

  • The Lions higher Duce Staley lasting assistant with the Eagles to a similar position in Detroit of assistant head coach.

    ライオンズは、アシスタントヘッドコーチのデトロイトで似たような位置にイーグルスとのより高いデューススタリー永続的なアシスタント。

  • That's three black men in important positions on one coaching staff, much like the staff that will lead the Buccaneers in Super Bowl 55.

    1人のコーチングスタッフの重要なポジションにいる3人の黒人で、スーパーボウル55でブッカニアーズを率いるスタッフによく似ています。

  • Campbell received a six year contract from the Lions, which reeked of white privilege, considering the Lions were bidding against themselves for his services.

    キャンベルはライオンズから6年契約を受けたが、ライオンズが彼のサービスのために自分たちに不利な入札をしていたことを考えると、白人の特権の臭いがした。

  • But that wasn't his fault.

    でもそれは彼のせいじゃない

  • What is in his control, though, is who works with him.

    しかし、彼のコントロール下にあるのは、誰が彼と一緒に仕事をしているかということです。

  • And he did Maurin, 2021 to help his new hires become head coaches than just about every other team did for any other black coach outside of the Texans.

    そして、彼はモーリン、2021年、テキサンズ以外の他の黒人コーチのためにやったよりも、彼の新入社員がヘッドコーチになるのを助けるためにやった。

  • I can't speak to Campbell's motivations, and they don't really matter if the holdup for black coaches is how if you get to be coordinators, this was an important step toward improving the current state of affairs.

    キャンベルの動機を語ることはできませんし、黒人コーチのホールドアップが、もしあなたがコーディネーターになれたらどうするかということであれば、本当にどうでもいいことですが、これは現状を改善するための重要な一歩でした。

  • If things go well for the Alliance, hopefully we'll talk more about the culture set by their staff than a speech at a press conference.

    もし同盟がうまくいけば、記者会見でのスピーチよりも、スタッフが設定した文化についての話をすることを期待しています。

  • So the second time it happened, Chicago Sky fans were not as shocked but equally as disappointed.

    そのため、2回目の出来事にシカゴ・スカイのファンはショックを受けたのではなく、同じように失望していた。

  • Let me explain.

    説明させてください。

  • It was 2017 superstar former W N B a M V P.

    2017年スーパースター元W N B a M V Pでした。

  • Elena Della Donne was forcing her way out of Chicago ah, trade demand that landed her with the Washington Mystics, where she'd win another W N B A, M V P and a championship ring.

    エレナ・デラ・ドネはシカゴから強制的に脱出していました。ワシントン・ミスティックとのトレードで彼女を獲得したのです。

  • Two years earlier, the superstar had been Sylvia Fowles, demanding her way out of the Windy City landing with the Minnesota Lynx, where she went on to earn a W, N, B, A, M V P, and two championship rings.

    2年前、スーパースターはシルビア・ファウルズで、彼女はW、N、B、A、M、V、P、そして2つのチャンピオンシップリングを獲得するために行ったミネソタリンクスとのウィンディシティ上陸の彼女の方法を要求していた。

  • So it waas that when the news broke that Naperville, Illinois, native Candace Parker wanted to come to the Chicago Sky, Chicago fans couldn't believe it.

    そのため、イリノイ州ネイパービル出身のキャンディス・パーカーがシカゴ・スカイに来たいというニュースが流れたとき、シカゴのファンは信じられませんでした。

  • A two time W N b A M v p third in voting for that award just last season, the reigning defensive player of the year and one of the greatest women's basketball players of all time wanting to come to the sky, choosing to come play in her hometown.

    昨シーズン、その賞の投票で3位に輝いた2回のW N b A M v pは、今年のディフェンシブプレーヤーとして君臨し、すべての時間の偉大な女子バスケットボール選手の1人として、彼女の故郷でプレーすることを選択して、空に来たいと思っています。

  • Add her to a stacked lineup that includes five time W N B a assist leader Courtney Vandersloot, three time All Star Allie Quigley and All Star Diamond to Shields.

    5回W N BアシストリーダーコートニーVandersloot、3回オールスターのアリー・クイグリー、オールスターのダイヤモンドをシールズに含むスタックされたラインアップに彼女を追加します。

  • And maybe Chicago's luck is finally turning.

    そして、シカゴの運がようやく回ってきたのかもしれません。

  • And that long awaited first Chicago Sky Championship could be on the way, followed soon after by hometown boy Anthony Davis coming to the Bulls.

    そして、待望の第1回シカゴ・スカイ選手権が開催される可能性があり、その後すぐに地元の少年アンソニー・デイビスがブルズに来ています。

  • Maybe I'm getting greedy now on the list of people that are hard to feel sorry for.

    同情しがたい人リストに今、欲が出てきたのかもしれません。

  • Multi millionaire athletes aren't far behind hedge fund billionaires.

    多額の億万長者のスポーツ選手は、ヘッジファンドの億万長者に遠く及ばない。

  • Yet somehow Bradley Beal of the lowly Washington Wizards seems to be throwing one banger of a pity party.

    しかし、どういうわけか、下手なワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは、哀れみの宴を開いているようだ。

  • It seems wherever you look, someone is advocating the Wizards to trade deal and allow the 27 year old to finally utilize his skills on a real winner.

    どこを見ても、誰かがウィザーズにトレード取引を勧めているようで、最終的には27歳の彼のスキルを本当の勝者に活かすことができるようにしています。

  • But his sympathy reason enough for the Wizards to definitely move on and rebuild because it kind of feels like the strongest argument.

    しかし、彼の同情の理由は、ウィザーズは間違いなく上に移動し、それは一種の最強の引数のように感じるので、再構築するために十分な理由。

  • Normally, if you have a 27 year old who is leading the league averaging 35 points a game, you undoubtedly rebuild around that one piece.

    通常、1試合平均35点でリーグをリードしている27歳の選手がいれば、間違いなくその1枚を中心に再構築します。

  • Kobe Bryant was also 27 when he averaged 35 a night on a bad team, but the Lakers stuck with Kobe in 12 more titles despite his 2007 trade demand.

    コービー・ブライアントも悪いチームで一晩平均35を記録した時は27だったが、レイカーズは2007年のトレード需要にもかかわらず、さらに12個のタイトルを獲得してコービーに固執していた。

  • But the Wizards are not the Lakers, and the idea of Beale never getting a chance on the big stage has many wanting the best for him right now.

    しかし、ウィザーズはレイカーズではないし、大舞台でチャンスを得ることができないビールの考えは、多くの人が今、彼のために最高のものを望んでいる。

  • Not only is Bill a likable player with strong, memorable qualities, but he's a star who didn't try to force his way out.

    ビルは好感度が高く記憶に残る選手であるだけでなく、無理に出ようとしなかったスターでもあります。

  • Not even when his own teammate, John Wall, reportedly was asking out last fall, it made Bill even Mawr embraceable.

    彼自身のチームメイトであるジョン・ウォールが昨年の秋に出て行ったと報じられた時もそうではなく、それはビルをMawrでさえも受け入れられるようにした。

  • I asked a colleague in Washington, D.

    ワシントンD.C.の同僚に聞いてみた。

  • C.

    C.

  • If even Wizards fans would be okay with Bill being traded and he said, Ah, lot of people just want Bill to be happy.

    もしウィザーズのファンでさえビルがトレードされても平気だとしたら、ああ、多くの人がビルに幸せになってほしいと思っているだけだと言っていた。

  • Quite the novel concept, but it might actually help this nice guy finish on another team.

    かなり斬新なコンセプトだが、実際にはこのいい男が別のチームでフィニッシュするのに役立つかもしれない。

  • In the end, it really wasn't close.

    結局、本当に惜しくもなかった。

  • When the Hall of Fame results were announced.

    殿堂入りの結果が発表されると

  • Barry Bonds, Roger Clemens both came up short again, with only one year of eligibility remaining on the writers ballot, they needed 75% of the vote, and they both received only 62.

    バリー・ボンズ、ロジャー・クレメンスの両氏は、作家投票では1年しか資格が残っておらず、投票の75%を必要とし、両方とも62票しか獲得できなかったことから、またしても不足してしまった。

  • How good were Bonds and Clemens?

    ボンズとクレメンスはどれだけ良かったのか?

  • Maybe the best ever in 2005, when Clemens was 43 he led the National League and earned run average at 187 in 2007, when he was 43 Bonds led the National League in on base percentage at 4 80 he slugged 5 65 at the age of 43.

    たぶん過去最高は2005年、クレメンスが43歳の時には、彼が43歳の2007年には187でナショナル・リーグをリードし、獲得ラン平均はボンズが4 80でナショナル・リーグをリードし、彼は43歳の時に5 65をスラッグしました。

  • Of course, the problem is that their legacies and those astounding numbers are tainted by the specter of performance enhancers.

    もちろん、問題は、彼らの遺産や驚異的な数字が、パフォーマンス向上剤の妖怪に汚染されていることです。

  • Bonds admitted using them, albeit unknowingly, while Clemens has denied using them.

    ボンズは無意識とはいえ使用を認めたが、クレメンスは使用を否定している。

  • But the lead prosecutor in the federal case against Bonds recently told Christian read of Forbes that the evidence that Bonds and Clemens both use steroids is quote incontrovertible, scientifically certain.

    しかし、ボンズに対する連邦事件のリード検察官は最近、クリスチャンは、ボンズとクレメンスの両方を使用してステロイドを使用している証拠は、科学的に確実な、議論の余地のない引用であることをフォーブスの読み取りに語った。

  • Their defenders say Well, they were both Hall of Fame players before steroids, sure, but Joe Jackson was the Hall of Fame player before his involvement in the 1919 world.

    彼らの擁護者は言う まあ、彼らは両方ともステロイドの前に殿堂入りした選手だった、確かに、しかし、ジョー・ジャクソンは1919年の世界に関与する前に殿堂入りした選手だった。

  • Siri's fix right?

    Siriの修正は正しいのか?

  • It's not that anyone's arguing that Clemens and Bonds weren't Hall of Fame players before.

    クレメンスやボンズが以前は殿堂入りしていなかったことを誰もが主張しているわけではありません。

  • It's that what they're believed to have done later is disqualifying, at least in the minds of 38% of Hall of Fame voters.

    彼らが後でやったと思われていることは失格だ少なくとも38%の殿堂入り有権者の心の中ではね

  • And for what it's worth in my mind to the news that neither made the hall came not long after the news that Henry Aaron had died.

    ヘンリー・アーロンが死んだというニュースの後すぐにホールには何の意味もありませんでした。

  • Henry Aaron, who was second all time in home runs behind Barry Bonds.

    本塁打数ではバリー・ボンズに次いで歴代2位のヘンリー・アーロン。

  • Thanks for watching ESPN on YouTube for live streaming sports and premium content.

    スポーツとプレミアムコンテンツのライブストリーミングをYouTubeでESPNをご覧いただきありがとうございます。

  • Subscribe to ESPN, plus.

    ESPNに登録して、プラス。

It's time for this week's parting shots.

今週のお別れショットの時間です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 キャンベル コーチ シカゴ ヘッド 選手 獲得

ウィザーズはブラッドリー・ビールをトレードすべきか?| ウィザーズのトレードを検討していますか? (Should the Wizards trade Bradley Beal? | Parting Shots | Outside The Lines)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 04 日
動画の中の単語