Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello and welcome to News Review from BBC Learning English.

    こんにちは、BBCラーニングイングリッシュのNews Reviewへようこそ。

  • I'm Neil. Joining me today is Tom. Hi Tom.

    ニールです今日の参加者はトムですやあ トム

  • Hi Neil. Good morning and hello to our audience.

    こんにちは、ニールです。おはようございます。

  • What's our story today?

    今日は何の話かな?

  • Our story today is about Myanmar,

    今日のお話はミャンマーのお話です。

  • where the military has taken control of the country.

    軍が国を支配しているところ。

  • OK. Well, if you want to test yourself on any of the vocabulary

    わかったわさて、もしあなたが語彙のどれかをテストしたいなら

  • you learn in this programmedon't forget there's a quiz

    このプログラムで学んだことは、クイズがあることを忘れないでください。

  • on our website at bbclearningenglish.com.

    bbclearningenglish.comのウェブサイトに掲載されています。

  • Now, let's find out some more about this story from this BBC radio report:

    さて、今回のBBCラジオの報道から、この話についてもう少し詳しく調べてみましょう。

  • So, there was an election in Myanmar in November 2020.

    2020年11月にミャンマーで選挙があったんですね。

  • The army, or the military, in Myanmar claim

    ミャンマーの軍隊、つまり軍が主張する

  • that this election was fraudulent or a fake.

    今回の選挙が不正か偽物であることを

  • As of the time of recording, the army have taken control of Myanmar

    記録時点では、軍がミャンマーの支配権を握っています。

  • and for one year they have created a state of emergency,

    そして一年間、彼らは非常事態を作り出しました。

  • and the military have detained several politicians,

    と軍は何人かの政治家を拘束しています。

  • including the famous Aung San Suu Kyi.

    有名なアウンサンスーチーを含む。

  • OK. Well, you've been looking at this story

    いいですよ。この話を見ていたのは

  • and how it's being reported in the headlines.

    と見出しでどのように報道されているのか。

  • You've picked out three words and expressions, which are really useful.

    3つの単語や表現をピックアップしていますが、これは本当に便利ですね。

  • What have you got?

    何を持っているの?

  • 'Coup', 'at a crossroadsand 'deal a killer blow'.

    'Coup'、'at a crossroads'、'deal a killer blow'。

  • 'Coup', 'at a crossroadsand 'deal a killer blow'.

    'Coup'、'at a crossroads'、'deal a killer blow'。

  • So, let's have a look then at your first headline with that word 'coup'.

    では、最初の見出しに「クーデター」という言葉を入れてみましょう。

  • My first headline, Neil, is from right at home at the BBCthe headline:

    最初の見出しは、ニール、BBCの自宅からです。

  • 'Coup' – takeover of government by force.

    クーデター」-力ずくで政府を乗っ取ること。

  • Now, this is a funny little word, isn't it?

    さて、これはおかしな言葉ですね。

  • Because it sounds really different to how it's spelt:

    綴りが違うように聞こえるからだ。

  • we say 'coo' not 'coop'. Why is that?

    "クープ "じゃなくて "クゥ "って言うんだよどうして?

  • Well, yeah, we should note the irregular pronunciation.

    そうそう、変則的な発音には注意しないといけませんね。

  • C-O-U-P: we pronounce it 'coo' – no 'p'.

    C-O-U-P: 私たちは「クー」と発音します。

  • This is because it originally comes from the French language...

    これは元々フランス語から来ているからです...。

  • OK. ...which has a different set of rules.

    OK ...それは異なるルールがあります。

  • Yes, OK. And this word often goes with other words.

    はい、OKです。そして、この言葉は他の言葉とよく合います。

  • It works in combination with some other words commonly, doesn't it?

    よくある言葉と組み合わせて使うんですよね。

  • What are they?

    彼らは何なの?

  • Yeah. So, some common collocations of 'coup':

    そうなんだクーデターの共通語は?

  • we have 'major' – a 'major coup';

    "メジャー" - "メジャー・クーデター "があります

  • 'attempted' – an 'attempted coup';

    '試みられた' - '試みられたクーデター'。

  • a 'failed coup' – one that didn't work;

    失敗したクーデター」-うまくいかなかったクーデター

  • and my favourite collocation is 'bloodless' – a bloodless clue... sorry!

    そして、私のお気に入りのコロケーションは「血のない」-血のない手がかり...ごめんね!

  • A 'bloodless coup' – a 'bloodless coupis a 'coup' when there is no violence

    無血クーデター」-「無血クーデター」とは、暴力がない場合の「クーデター」のことです。

  • and this is interesting because it sort of suggests

    これは興味深いことに

  • that normally we could expect violence in a 'coup'.

    普通は「クーデター」での暴力を期待することができます。

  • That's right. When we talk about 'coups' we're not talking about

    その通りだクーデターの話をするときは

  • the democratic transition of one government to another; we're talking about

    民主的政権交代

  • usually an army or armed forces taking control of a government...

    政権を握る軍隊

  • Yeah, by force. ...illegally

    ええ、力ずくで。...不法に

  • That word 'force' is really important, isn't it?

    その「力」という言葉は本当に大事ですよね。

  • Yeah. I have seen this word though used differently,

    ああ、この言葉は違う意味で使われているが見たことがある。

  • in connection sometimes with sportSo, let me give you an example:

    スポーツに関連してそこで一例を挙げてみましょう

  • My favourite football team is Portsmouth Football Club

    好きなサッカーチームはポーツマスフットボールクラブです。

  • because that's where I'm from, but unfortunately Portsmouth are not

    私の出身地だからだが、残念ながらポーツマスは違う

  • a very good football team at the moment – they are in the lower divisions.

    現時点では非常に良いサッカーチーム - 彼らは下の部門にあります。

  • So, if I read in the news that Portsmouth had signed Lionel Messi

    ポーツマスがリオネル・メッシと 契約したとニュースで読んだら

  • to play for them, I would say: 'Wow, what a coup for Portsmouth!'

    "ポーツマスのための一撃だ!"と言うだろう

  • That means an unexpected successit's got nothing to do with military takeovers.

    それは予想外の成功を意味し、軍事的買収とは何の関係もありません。

  • Yeah. So, we can have a 'coup' as an important and unexpected achievement.

    そうなんですよ。だから、「クーデター」を重要かつ予想外の成果として持っていてもいい。

  • Now, Neil, I don't know anything about football,

    ニール、私はサッカーのことは何も知らない。

  • so I don't really know what you're talking about in that respect.

    だから、その点では何を言っているのかよくわからない。

  • I'm going to give my own example:

    私なりの例を挙げてみます。

  • say the Queen came to the BBC buildings and I said to her:

    女王がBBCのビルに来て、私は彼女に言ったと言います。

  • 'Would you like to come and do news with us... News Review next week?'

    一緒にニュースをやりませんか?"来週のニュースレビューを?

  • And the Queen said, 'Yes. That would be great.'

    女王は「そうですね、それは素晴らしいことです」と言いました。

  • And she came and did News Review with usthat would be a 'coup':

    そして、彼女は私たちと一緒にニュースレビューをしに来てくれました。

  • an unexpected and important achievement.

    予想外の重要な成果。

  • It would indeed be a 'major coup' for BBC Learning English;

    それは確かにBBCラーニングイングリッシュにとっては「大きなクーデター」になるでしょう。

  • nothing to do with military takeovers...! OK. Let's get a summary:

    軍の買収とは関係ありません...分かった。要約してみましょう

  • If you'd like to watch another video about seizures of power,

    権力の掌握についての他の動画を見たい方は

  • we have the perfect one for you: an anniversarywhat's it all about, Tom?

    あなたにぴったりの一品があります 記念日ってなんだ?

  • It is a hundred years since the Russian Revolution.

    ロシア革命から100年。

  • This is an old News Reviewor a News Review from the archive

    これは古いニュースレビュー - あるいはアーカイブからのニュースレビュー - です。

  • and you can find it by clicking the link.

    とリンクをクリックすると見つかります。

  • Yeah, it's from 2017, which washundred years from 1917, of course.

    ええ、2017年のものですから、もちろん1917年から100年後のことです。

  • Let's have a look at your next headline.

    次の見出しを見てみましょう。

  • My second headline is from Sky Newsthe headline:

    2つ目の見出しは、スカイニュースのものです。

  • 'At a crossroads' – at a point of change.

    'At a crossroads' - 変化のポイントで。

  • Yeah... Now...

    そうだな...今は...

  • I know what a 'crossroads' is, TomIt's when one road crosses another one.

    "十字路 "は知ってるよ トム一つの道が別の道と交差することだ

  • Yeah, and it makes a cross form.

    そう、そしてそれはクロスフォームを作る。

  • Yeah, 'crossroads' are wherefor example, four roads meet.

    そう、「十字路」とは、例えば4つの道が交わる場所のことです。

  • And what do you have to do there, Neil?

    そこで何をするんだ、ニール?

  • Well, when you approach a 'crossroads', you have to make a choice:

    まあ、「岐路」に差し掛かった時には、選択をしなければなりません。

  • a choice about which direction you are going to go in future.

    将来的にどちらの方向に進むかの選択。

  • So, that is the literal meaning, but we're not talking literally here are we?

    それは文字通りの意味ですが、ここでは文字通りの意味ではありませんよね?

  • No, it's figurative. So, if 'atcrossroads' is at a point of change,

    いや、比喩的なものだ。岐路にある」が変化点にあるとすると

  • we are at the point of change because one way or another

    いざという時が来た

  • we need to make a decision about which way to go.

    どっちに行くか決めないといけませんね。

  • Yeah. OK. For example, when I was eighteen years old

    そうだなそうなんですね。例えば、18歳の時に

  • I'd finished what we callLevel in the UK, or in England,

    イギリスでいうところのAレベル、イギリスでいうところのAレベルを終えていました。

  • and you have a choice then:

    そして、あなたには選択肢があります。

  • are you going to then study furthergo to university?

    その後、さらに勉強して大学に行くのですか?

  • Or perhaps get a job? And that is like being 'at a crossroads'.

    というか、就職するか?それは「岐路に立たされている」ようなものです。

  • We'd say, 'That's a crossroads in your life.'

    "人生の岐路だな "って言うんだよ

  • You have a choice about what direction to take in the future.

    今後、どのような方向に進むかの選択肢があります。

  • You've wrapped it up perfectly. I'm not sure what else I can tell you on that one.

    完璧に包んでくれましたね。他に何を言っていいかわからないけど

  • 'At a crossroads' – at a point of important change

    At a crossroads' - 重要な変化のポイントで

  • and we need to make a decision about which way to go.

    と、どちらに進むかの判断をしなければなりません。

  • OK. Shall we get a summary of that:

    よしそれをまとめてみましょうか

  • We've been talking about 'crossroads'

    クロスロードの話をしてきました。

  • and we have a story about roads, don't we, Tom?

    道路の話があるんだよな、トム?

  • We do. It's a 6 Minute English – keeping cars out of city centres.

    私たちはそうしています。それは6分間の英語 - 都市の中心部に車を置かないようにすることです。

  • You can watch this: click on the link and drive across to YouTube or the site.

    あなたはこれを見ることができます:リンクをクリックして、YouTubeやサイトに渡ってドライブします。

  • OK. Let's have a look at our next headline please.

    いいですよね。次の見出しを見てみましょう。

  • My next headline is from The Telegraphanother UK paper. It says:

    私の次の見出しは、英国のもう一つの新聞であるThe Telegraphからのものです。これにはこう書かれています。

  • 'Deals a killer blow' – ends something suddenly and violently.

    'Deals a killer blow' - 何かを突然、暴力的に終わらせる。

  • Now, this is an interesting expression:

    さて、これは面白い表現ですね。

  • it's made up of lots of words that I know

    知っている単語がたくさんあって成り立っている

  • but I can't really get the sense overall,

    が、全体的に感覚がつかめない。

  • so shall we start with 'killer' and 'killer blow'?

    では、まずは「キラー」と「キラーブロー」から始めましょうか。

  • Yeah. So a 'killer blow' – I imagine – probably comes from boxing.

    そうだな"キラー・ブロー "は ボクシングから来てるんだろうな

  • So, a 'blow' is a strike or a hit,

    つまり、「打撃」とは、ストライクやヒットのことです。

  • so a 'killer blow' would be the one that ends the fight

    キラーブローは戦いを終わらせるものだ

  • the one that knocks your opponent out.

    相手をノックアウトするもの

  • Yeah. It's got a very, kind of, violent sense, hasn't it?

    暴力的な感じがしますよね?

  • Yes, definitely.

    そうですね、間違いなく。

  • What about this word 'deal'? I know in cards, playing cards, you 'deal'.

    この「取引」という言葉はどうなんだ?トランプでは「ディール」って言うんだよね。

  • It means you hand out or give somethingIs there a sense connected here?

    何かを配る、与えるという意味です。ここに意味が繋がっているのでしょうか。

  • Yeah. If you giveif you 'deal a killer blow',

    ああ、もし君が与えるなら...

  • you 'give' someone a 'killer blow', which... it's just the verb that it takes.

    あなたは誰かに「殺しの一撃」を与える...それは...それを受ける動詞に過ぎません。

  • Yeah. OK. And of course when we're talking about boxing,

    そうだなそうだなボクシングの話をしている時はもちろん

  • that's – kind ofliteral, isn't it?

    それは、文字通りですね。

  • We're not using it literally here, we're using it figuratively.

    ここでは文字通りの意味ではなく、比喩的な意味で使っています。

  • This is figurative here. So, in the headline it's talking about

    これは比喩的なものですつまり、見出しでは

  • the 'killer blow' to Myanmar's fledgling democracy.

    ミャンマーの駆け出しの民主主義への「キラー・ブロー」。

  • 'Fledgling' means young, so it's endedthe opinion of the writer

    Fledgling」は若いという意味なので、終わったということになります-書き手の意見

  • is that this military coup has suddenly ended this young democracy in Myanmar.

    この軍事クーデターが突然、ミャンマーのこの若い民主主義を終わらせてしまったということです。

  • OK. And we hear this often – this expressionused

    いいですよ。そして、私たちはよく耳にします - この表現を - 使用します。

  • in connection with business, don't we?

    ビジネスに関連しているのではないでしょうか?

  • Yes. In your everyday life you could use it with relation to business.

    そうですね、日常生活の中でビジネスに関連して使うことができます。

  • For example, Covid: if you're instruggling... if you own a struggling business

    例えば、コビッド:もしもあなたが苦戦している...もしもあなたが苦戦している事業を持っているならば

  • and then Covid comes and there's all these economic changes,

    そしてコヴィドが来て経済的な変化が起きた

  • we could say: 'Covid has dealt your business a killer blow.'

    「コヴィドは 君のビジネスに致命的な打撃を与えた」と 言えるかもしれない

  • Yeah. If it, sort of, ends itif it finishes it.

    ああ、それで終わりにすればね

  • Yeah. OK. Well, let's get a summary of that:

    そうだなそうだな。では、まとめてみましょう。

  • Time now, Tom, for a recap of our vocabulary please.

    では、トム、語彙の復習をお願いします。

  • A recap of today's vocabulary: 'coup' – takeover of government by force.

    今日の語彙の復習:「クーデター」-力による政府の乗っ取り。

  • 'At a crossroads' – at a point of change.

    'At a crossroads' - 変化のポイントで。

  • And 'deals a killer blow' – ends something suddenly and violently.

    そして、'd deals a killer blow' - 何かを突然、暴力的に終わらせる。

  • If you want to test yourself on the vocabulary,

    語彙力を試したいなら

  • there's a quiz on our websitebbclearningenglish.com.

    当サイトにクイズがあります:bbclearningenglish.com

  • And you can find us all over social media.

    ソーシャルメディアで私たちを見つけることができます。

  • Stay safe. Join us again next time. Goodbye.

    気をつけて次回もよろしくお願いします。さようなら

  • Bye.

    じゃあね

Hello and welcome to News Review from BBC Learning English.

こんにちは、BBCラーニングイングリッシュのNews Reviewへようこそ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 クーデター 見出し キラー ニール 言葉 ニュース

ミャンマー。軍事が支配権を握る - ニュース・レビュー (Myanmar: Military takes control - News Review)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 04 日
動画の中の単語