Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • this video was made possible by brilliant learned complex topic simply for 20% off by being one of the 1st 200 people to sign up at brilliant or slash real life floor.

    このビデオは、ブリリアントでサインアップするために1st 200人の1つであることによって、単に20%オフのためにブリリアントで学んだ複雑なトピックによって可能になったか、または実際の生活の床をスラッシュします。

  • Simple math Mistake's have caused massive engineering catastrophes in the past, and they probably will again because humans are fantastic at making mistakes.

    単純な数学の間違いは過去に大規模な工学的大惨事を引き起こしてきましたが、人間は間違いを犯すのが得意なので、おそらくまた起こるでしょう。

  • In 1983 a simple conversion error led to an airplane with 69 passengers on board to run out of fuel while 30,000 ft high in the sky.

    1983年、単純な変換ミスで69人の乗客を乗せた飛行機が、上空3万フィートの高さで燃料切れになってしまった。

  • In 2004, a NASA probe returning back to Earth from space crashed into the deserts of Utah without ever deployed.

    2004年、宇宙から地球に帰還したNASAの探査機が、一度も展開されることなくユタ州の砂漠に墜落した。

  • It's parachute because a team of engineers installed a pair of parts backwards.

    技術者チームが一対の部品を逆に取り付けたからパラシュートなんだよ。

  • Simple mathematical mistakes sometimes have catastrophic consequences, and in this video we're going to be talking about one of the worst instances, and it happened nearly 400 years ago in Sweden.

    単純な数学的ミスは時に壊滅的な結果をもたらすことがあります。このビデオでは、最悪の例の一つである、400年近く前にスウェーデンで起こったことについてお話します。

  • Back then, Sweden was a lot different than the Sweden we know and love today.

    あの頃のスウェーデンは、今のスウェーデンとは大違いでした。

  • 17th century Sweden was a European great power, practically dominated the entire Baltic Sea and was one of the most militaristic empires that the world has ever seen in the 16 twenties, the Swedish Empire was actively fighting two wars simultaneously against the Polish Lithuanian commonwealth in Poland, naturally and against the imperial Catholic forces of the Holy Roman Empire in Germany.

    17世紀のスウェーデンは、ヨーロッパの大国だった、実質的に全体のバルト海を支配し、世界がこれまでに16 20代で見てきたことを最も軍国主義的な帝国の一つであった、スウェーデン帝国は積極的にポーランドのポーランドのリトアニア連邦に対して同時に2つの戦争を戦っていた、自然とドイツの神聖ローマ帝国の帝国カトリック軍に対して。

  • And Sweden's naval situation looked pretty grim.

    そしてスウェーデンの海軍の状況はかなり厳しいものでした。

  • The polls were defeating the Swedish navy in nearly every battle in the Baltic, and worse, the Catholic forces from the empire had invaded Denmark and were poised to take control of the Danish Straits, potentially blocking and confining the Swedish navy into the Baltic Sea, Sweden clearly needed a powerful navy with big ships to secure her interests.

    世論調査はバルト海のほぼすべての戦いでスウェーデン海軍を敗北させていたし、さらに悪いことに、帝国からのカトリック軍はデンマークに侵攻していたと潜在的にバルト海にスウェーデン海軍をブロックし、閉じ込め、デンマーク海峡の制御を取るために態勢を整えていた、スウェーデンは明らかに彼女の利益を確保するために大きな船と強力な海軍を必要としていた。

  • And so in 16 26 they came up with an idea.

    そして、16・26年に彼らはあるアイデアを思いついた。

  • In 16 26 the Swedish king Gustavus Adolphus was leading the Swedish army in Poland.

    1626年、スウェーデン王グスタフス・アドルフスはポーランドでスウェーデン軍を率いていた。

  • Sweden was winning the battle on land, but like I mentioned previously, they were losing pretty badly on the seas.

    スウェーデンは陸の上では勝っていたが、先ほども言ったように海の上ではかなり負けていた。

  • Up until this point, the Swedish navy was utilizing pretty small warships with only a single gun deck.

    この時点まで、スウェーデン海軍は、単一の砲甲板だけのかなり小型の軍艦を利用していました。

  • There were more prioritized for ramming and boarding enemy ships than blowing them up with cannons.

    敵艦を大砲で吹き飛ばすよりも、突っ込んで乗り込む方が優先されていました。

  • Gustavus Adolphus decided that he wanted to dramatically upgrade the navy in order to meet the challenges of the time so he ordered the construction of five brand new, larger warships that would be the first in the Swedish Navy to contain to gun decks and the first of these to be constructed.

    グスタフス・アドルフスは、当時の課題に対応するために海軍を劇的にアップグレードしたいと考え、スウェーデン海軍では初めてとなる砲甲板を備えた、真新しい大型軍艦5隻の建造を命じました。

  • The Vasa was intended to severely overcompensate for the Swedish navies embarrassing string of defeats because it was going to be built to be the most powerful warship anywhere in the world, so that nothing else could come close to challenging it.

    ヴァーサはスウェーデン海軍の恥ずかしい連敗をひどく過剰に補うために作られたもので、世界で最も強力な軍艦になるように作られる予定だったので、他の誰もそれに挑戦することができないようになっていました。

  • While the Vasa was initially designed to hold 36 bronze cannons divided between 24 pounder guns on the lower deck and smaller 12 pounders on the upper deck, the king demanded that the number be doubled up to 72 cannons and that they all were the larger 24 pounder guns.

    ヴァーサ号は当初、下甲板の24ポンド砲と上甲板の12ポンド砲に分かれた36門の青銅製大砲を搭載するように設計されていましたが、王はその数を2倍の72門に増やし、すべて大口径の24ポンド砲にするように要求しました。

  • This armament would have given the Vaasa the highest firepower of any ship in the world at the time, capable of blasting a metal wall the way nearly £900 out of a single side, straight out whatever enemy was unfortunate enough to come across its path.

    この武装は、Vaasaに当時の世界のどの船よりも最高の火力を与えたであろう、金属製の壁を爆破することができる、片側のほぼ£900の方法をまっすぐにどんな敵であっても、そのパスに出くわすのに十分な不幸なことだった。

  • This massive amount of firepower coming from a relatively small ship is pretty goofy historically, because the U.

    比較的小型の船からこの大量の火力が出るのは歴史的にかなりグダグダなんだよな、Uは。

  • S s Constitution, an American frigate that fought against the British in the War of 18 12, nearly two centuries later possessed on almost identical level of firepower but was also almost 700 tons heavier.

    Sの憲法は、18 12の戦争でイギリスと戦ったアメリカのフリゲート艦は、ほぼ2世紀後に火力のほぼ同じレベルで所有していたが、また、ほぼ700トン重かった。

  • But the king was impatient while fighting an act of war that he was losing at sea.

    しかし、王は海で負けてしまう戦法を戦いながら焦っていた。

  • And so he kept on demanding that the construction of the world's most powerful ship be hastened.

    そして、彼は世界最強の船の建造を急ぐように要求し続けた。

  • So rather than building a brand new ship from scratch that could actually safely fits 72 heavy 24 pounder cannons aboard, they had to cut some corners and decided to cram all 72 of them in a ship that was only designed for half of that amount.

    だから、実際に安全に72の重い24ポンド砲を安全に搭載することができるゼロからブランドの新しい船を構築するのではなく、彼らはいくつかの手抜きをしなければならなかったし、その量の半分だけのために設計されていた船にそれらのすべての72を詰め込むことにしました。

  • Instead, these cannons were also all made out of bronze, which is more dense than iron, and it was also beautifully decorated by roughly 500 sculptures depicting the king's family and figures from Roman mythology and Swedish history and some of which were huge and over 10 ft tall.

    その代わりに、これらの大砲もすべて鉄よりも密度の高い青銅で作られており、王の一族やローマ神話やスウェーデンの歴史上の人物を描いた彫刻が約500点、中には高さ10フィートを超える巨大なものもあり、美しく装飾されていました。

  • The Swedish Empire was effectively building the early 17th centuries version of The Death Star, and just like the Death Star, it came complete with one really stupid flaw.

    スウェーデン帝国は事実上、17世紀初頭のデス・スターのバージョンを作っていたのだが、デス・スターと同じように、本当に愚かな欠陥が1つあった。

  • In this case.

    この場合は

  • It was just a simple matter of physics, though, rather than an obvious exhaust port.

    明らかな排気口ではなく、物理的に単純な問題だったけどね。

  • But it also took way less enemies to destroy it.

    しかし、それを破壊するためには、敵の数もはるかに少なくて済みました。

  • The upper gun deck of the Vasa was initially supposed to house just 18 12 pounder cannons.

    ヴァーサの上部砲甲板には当初、12ポンド砲が18基だけ搭載される予定だった。

  • But due to the king's commands, that number was increased to 36 of the larger 24 pounder cannons without significantly changing the design structure of the ship itself.

    しかし、国王の命令により、その数は艦自体の設計構造を大きく変えることなく、より大型の24ポンド砲の36門に増やされた。

  • Throw in a bunch of heavy wooden sculptures to the upper gun deck as well, and the Vasa was all set to become dangerously unstable, with a rollover risk of an 800 horsepower Jeep Wrangler.

    重い木の彫刻の束を上部の砲台にも投げ込んで、Vasaは800馬力のJeep Wranglerのような横転の危険性がある危険なほど不安定になるように設定されていました。

  • To further complicate things, the shipbuilder that the sweets and higher to build the thing was some Dutch guy named Henryk who had a pretty shoddy resume because there's absolutely zero historical evidence that he had ever actually built a ship with two or more gun decks ever before in his life.

    さらに物事を複雑にするために、お菓子やそれ以上のものを構築するための船のビルダーは、オランダ人のヘンリクという名前の男で、かなり粗悪な履歴書を持っていました。

  • So he only sort and knew what he was doing.

    だから、彼は自分が何をしているのか、分別して知っているだけだった。

  • Modern archaeologists have also found evidence that separate teams involved in the construction of the ship were using different systems of measurement.

    現代の考古学者はまた、船の建造に関与した別々のチームが異なる測定システムを使用していた証拠を発見しました。

  • A classic mistake's one team working on one side of the ship was using the Swedish foot in 12 inches, while another team working on the other side of the ship was using the Amsterdam foot in 11 inches.

    船の片側で作業している古典的なミスの1つのチームは12インチでスウェーデンの足を使用していたが、船の反対側で作業している別のチームは11インチでアムステルダムの足を使用していました。

  • Nobody noticed this discrepancy during the hurried construction under wartime pressure, and as a result, the Vasas Mass was distributed asymmetrically and was heavier over on the port side.

    戦時中の圧力で急いで建造している間は誰もこの矛盾に気づかず、結果的にヴァサスマスは非対称的に分布し、舷側の方が重くなっていました。

  • Further, the headroom in the decks themselves was built higher than necessary for crewman at the time, who on average were only 5 ft and 5.5 inches tall.

    さらに、デッキ自体のヘッドルームは、当時の乗組員にとって必要以上に高く作られており、平均身長は5フィートと5.5インチしかありませんでした。

  • The weight of the decks themselves.

    デッキ自体の重さ。

  • The design errors while constructing the whole, along with the heavier weight of the bigger guns than initially designed for as well as the increased weight from bringing along 1000 Big £24 cannonballs and their accompanying gunpowder, meant that the ship center of gravity, when launched and fully armed, would be dangerously high in the ship's upper area.

    全体を構築している間の設計ミスは、当初設計されたものよりも大きな銃の重量が重いだけでなく、1000ビッグ£24砲弾とそれに伴う火薬を持って来ることから増加した重量と一緒に、発射され、完全に武装したときに、船の重心は、船の上部領域で危険なほど高いだろうことを意味した。

  • In other words, the Vasa was critically unstable, and many of the officers on board knew it when conducting a test to prove its stability.

    つまり、ヴァーサ号は決定的に不安定であり、その安定性を証明するための試験を行う際には、多くの士官がそれを知っていたのです。

  • Just prior to launching, an officer made 30 men run up and down the deck to see how well it could handle it.

    発進直前に、役員が30人の男たちをデッキの上と下に走らせて、どれくらいの処理能力があるのかを確認した。

  • It didn't handle well, it all.

    扱いが悪かったんだよ、全部。

  • And after just three runs, the officer ordered a halt out of fear of making the boat capsized if they continued any further.

    そして、わずか3回の走行の後、これ以上続けるとボートが転覆してしまうことを恐れて、役員は停止を命じた。

  • There are letters from a Swedish admiral present where he wrote about how he wished the king was there to see how unready it was and not often war, demanding that the ship be launched anyway.

    彼は王がそれがどのように準備ができていないことを確認するためにそこにあった方法について書いたスウェーデンの提督の存在からの手紙があり、船はとにかく起動することを要求し、頻繁に戦争ではなく、どのように望んでいる。

  • In the end, the political pressure to launch the ship was just too great, and nobody was brave enough to challenge the king.

    結局、船を進水させる政治的圧力はあまりにも大きく、王に挑戦する勇気のある者はいなかった。

  • And so, on the 10th of August 16 28 after two long years of construction, the Vasa was ordered out of Stockholm port on her maiden voyage to take a per position as the new flagship of the Swedish Navy, and within just one nautical mile of this maiden journey, it would already be completely destroyed.

    そうして、2年間の建造期間を経て、16年8月10日、ヴァサ号はスウェーデン海軍の新しい旗艦としての地位を得るために、処女航海でストックホルム港から出港を命じられ、この処女航海のわずか1海里の間に、すでに完全に破壊されていた。

  • A crowd of thousands gathered in Stockholm toe watch, the most powerful ship ever built, sail off on her first journey.

    ストックホルムのトーウォッチに集まった数千人の群衆は、これまでに建造された中で最も強力な船が、初めての旅に出航した。

  • The ship's gun ports were left open toe fire office salute as they left the harbor, and within minutes the first signs of trouble appeared a sudden gust of wind just a little stronger than a breeze was strong enough to tip Vaasa over significantly on her port side because of her high center of gravity.

    艦の砲口は港を出るときに開いたままになっていて、数分以内にトラブルの最初の兆候が現れましたが、彼女の高重心のために彼女の左舷側でVaasaを大きくひっくり返すのに十分な強さで、微風よりも少しだけ強い突然の突風でした。

  • But this was thankfully able to be reversed by the crew.

    しかし、これはありがたいことにクルーによって逆転されることができました。

  • However.

    しかし。

  • Shortly afterwards, a second and slightly more powerful gust of wind tip the ship over again, and this time it dipped far enough over that, the lower gun deck with the open gun ports slept just beneath the water line, and it was all over from their water rushed in.

    その後まもなく、風の先端の第二とやや強力な突風が再び上の船を、この時間は、それがその上に十分に遠くまで浸って、オープンガンポートと下の砲甲板は、水のラインのすぐ下に眠っていた、それは彼らの水が突入してからすべての上にあった。

  • And the greatest ship ever built that took two years to build took probably just a few minutes to sink.

    2年かけて建造された最も偉大な船が 沈むのに数分しかかからなかった

  • In the full view of thousands of shocked and disappointed Swedes, it was effectively the equivalent of the Challenger disaster in the 17th century and a catastrophe for the Swedish king.

    何千人ものスウェーデン人が衝撃を受け、失望していたが、それは事実上、17世紀のチャレンジャー号の災害に相当するものであり、スウェーデン国王にとっては大惨事であった。

  • Had the gun ports been closed, it's possible that Vaasa wouldn't have sunk almost immediately right after it began to sail.

    砲港が閉鎖されていたら、ヴァーサが出港した直後にはほとんど沈まなかった可能性があります。

  • But the flaws in her design and engineering were so apparent that the ship never would have lasted for long anyway.

    しかし、彼女の設計とエンジニアリングの欠陥は非常に明白だったので、いずれにせよ、船は長くは続かなかったでしょう。

  • The wind would have destroyed the ship sooner or later, simply because of the laws of physics that the shipbuilders just didn't quite completely understand.

    風は遅かれ早かれ船を破壊していただろう、単に物理学の法則のために、造船業者が完全に理解していなかったからだ。

  • While the Vasa was a catastrophe for Sweden in the 17th century, it would end up becoming a triumph for Sweden over 300 years later in the 20th.

    ヴァーサ号は17世紀のスウェーデンにとって大惨事でしたが、300年後の20世紀にはスウェーデンの勝利となりました。

  • In the 19 sixties, technology had finally progressed far enough to where the Swedish government could pull the Vasa out from beneath the depths, where it was 95% still intact.

    19 60年代には、スウェーデン政府がヴァーサを地下から引き出すことができるほどに技術が進歩し、95%がそのままの状態になっていました。

  • Even after all that time.

    あれだけの時間が経っても

  • And rather than pressing the ship back into the service of the Swedish Navy of the 19 sixties, they decided that it would probably end up being more useful in a museum.

    そして、1960年代のスウェーデン海軍のサービスに船を押し戻すよりも、彼らはそれがおそらく博物館でより有用であることに終わるだろうと判断した。

  • And so they drug it here to the Vaasa Museum in Stockholm, where you could go today and gawk at the aftermath of one of the greatest engineering disasters of all time.

    ストックホルムのヴァーサ博物館に 寄贈されました。 そこで、今日、ストックホルムにあるヴァーサ博物館に行って、史上最大の工学災害の余波を見ることができます。

  • When dealing with complicated problems like constructing a ship, it's easier than you think to make mistake's.

    船の建造のような複雑な問題を扱うときには、思ったよりも簡単にミスをすることができます。

  • Kings, engineers, governments, myself and everyone else are all prone to making easy errors that can create problems both big and small.

    王様も、技術者も、政府も、私も、誰もが、大なり小なり問題を起こすイージーエラーを起こしがちです。

  • Luckily, though you and I both have a resource today that the ship builders and engineers of the 17th century didn't the Internet, it's easy to look up things you're curious about on places like Wikipedia.

    幸いにも、あなたと私の両方が今日のリソースを持っているにもかかわらず、17世紀の造船業者やエンジニアがインターネットではなかったが、それはあなたがウィキペディアのような場所で気になるものを調べるのは簡単です。

  • But honestly, when I was researching this video, I visited the Wikipedia page on Center of Mass, and the equations there may as well have been written in a foreign language.

    しかし、正直なところ、この動画を調べていたときにウィキペディアのCenter of Massのページを見たのですが、そこに書かれている方程式は外国語で書かれているのと同じようなものかもしれません。

  • I hated math growing up in high school, and I've always struggled learning about it when I have to just read about it on a piece of paper or on a screen without anyone there to help guide me through the steps.

    私は高校時代に数学が大嫌いでしたが、その過程を案内してくれる人がいないまま、ただ紙や画面の上で読んでいるだけの状態では、いつも勉強に苦労してきました。

  • And I'm certain that I'm not alone there.

    そこにいるのは私一人ではないと確信しています。

  • But thankfully, there is a perfect alternative toe learning about math and science for people like you or me who might normally be struggling.

    しかし、ありがたいことに、あなたや私のように普通は苦労しているかもしれない人のために、数学や科学について学ぶための完璧な代替のつま先があります。

  • It's called brilliant, and their simple introductory classes on science essentials and physics of the every day helped me out tremendously with understanding how the Vaasa came to sink 400 years ago, while also teaching me even more than I learned about while in college.

    ブリリアントと呼ばれていて、科学の要点や日々の物理学についての簡単な入門クラスは、400年前にヴァーサが沈むようになった経緯を理解するのに非常に役立ちましたし、大学時代に学んだ以上のことを教えてくれました。

  • There are tons, of course, is that you can take on brilliant, ranging from beginner difficulty ones like these up to more complex subjects like statistics, calculus, computer science and more.

    そこにトンがあります、もちろん、あなたはこれらのような初心者の難易度のものから統計学、微積分、コンピュータサイエンスなどのようなより複雑な科目に至るまで、華麗に取ることができるということです。

  • Now, on online course, teaching you more than a college course in something pretty complex might seem pretty scary.

    さて、オンラインコースでは、何かかなり複雑なもので大学のコースよりもあなたを教えることは、かなり怖いと思われるかもしれません。

  • But the main reason why brilliant to so great is because they take the's huge, scary subjects and break them down into a little easy chunks, which they teach by explaining you the fundamentals.

    しかし、その主な理由は、彼らは巨大で怖い科目を取り、それらを少し簡単なチャンクに分解し、彼らはあなたに基礎を説明することによって教えているからです。

  • So pretty much.

    大体はね

  • Even if you're the furthest thing from a math expert like me, you can finally understand these subjects that you previously looked at with fear or maybe even low thing.

    私のような数学の専門家から一番遠い存在であっても、以前は恐怖心を持って見ていたこれらの科目や、もしかしたら低いものであっても、ようやく理解することができます。

  • So if you want to learn the subjects that you hated in school, but you actually enjoy the process than brilliant is the best place for you to go to right now by heading to brilliant or slash real life floor, or by clicking the link in the description.

    だから、あなたが学校で嫌っていた科目を学びたいが、あなたは実際にブリリアントよりもプロセスを楽しみたい場合は、ブリリアントまたはスラッシュ実生活の床に向かって、または説明のリンクをクリックすることによって、今すぐに行くための最良の場所です。

  • You can not only sign up for free, but if you also decide upgrade to premium the 1st 200 people to use.

    あなたは無料でサインアップするだけでなく、あなたはまた、使用する1st 200人をプレミアムにアップグレードすることを決定した場合。

  • That same link will additionally get 20% off and you'll be supporting the channel at the same time.

    その同じリンクは、さらに20%オフを取得し、あなたは同時にチャネルをサポートすることになります。

this video was made possible by brilliant learned complex topic simply for 20% off by being one of the 1st 200 people to sign up at brilliant or slash real life floor.

このビデオは、ブリリアントでサインアップするために1st 200人の1つであることによって、単に20%オフのためにブリリアントで学んだ複雑なトピックによって可能になったか、または実際の生活の床をスラッシュします。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 スウェーデン 海軍 建造 ブリリアント ストックホルム 世紀

ヨーロッパ最大の軍艦はいかにして風で破壊されたか (How Europe's Greatest Warship Was Destroyed by a Breeze)

  • 0 1
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 30 日
動画の中の単語