Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Okay, here we go... so Yugoslavia used to be a country that existed here in the Balkans that

    ユーゴスラビアはかつてバルカン半島に存在していた国で

  • Was made up of either six or seven modern-day countries depending on who you're asking.

    誰に聞くかによって、現代の6つか7つの国で構成されていました。

  • These six or seven countries include Slovenia, Croatia, Bosnia and Herzegovina, Serbia, Montenegro, Macedonia

    この6~7カ国には、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニアが含まれています。

  • Errr wait no, the former Yugoslav Republic of Macedonia and Kosovo if you're asking

    マケドニア旧ユーゴスラビア共和国とコソボのことです。

  • these countries, and not Kosovo if you're asking

    コソボではなく、これらの国だ。

  • these other countries. The territory that used to make up Yugoslavia is full of awkward, details and conflicts like the fact that to this day

    これらの他の国のことを考えてみましょう。ユーゴスラビアを構成していた領土は、今日に至るまで、気まずい、詳細な事実のような葛藤に満ちています。

  • 2.4. Percent of the territory of Bosnia and Herzegovina is covered, by land mines

    2.4.ボスニア・ヘルツェゴビナの領土に占める地雷の割合

  • leftover from the wars following, Yugoslavia's collapse but, hypothetically speaking

    ユーゴスラビア崩壊後の戦争の残滓であるが、仮に

  • What would have reunited Yugoslavia possibly looked like if it came back into existence today? First off Yugoslavia's population

    ユーゴスラビアの再統一は、もし今のユーゴスラビアが復活したとしたら、どのような姿になっていたのだろうか。まず、ユーゴスラビアの人口

  • would be 21,412,000 people...

    21,412,000人になると...

  • the eighth most populous country in Europe ahead of Romania but behind Poland. This is down from Yugoslavia's population

    ルーマニアに次いでヨーロッパで8番目に人口の多い国ですが、ポーランドに次いでいます。これはユーゴスラビアの人口よりも少ない。

  • back in 1991 however which,

    1991年に戻って、しかし、どれ。

  • Was 23,230,000 people.

    2323万人だった。

  • Every country inside the former Yugoslavia today has negative population growth rates except for Macedonia... so this trend of a declining

    現在の旧ユーゴスラビア内のどの国もマケドニアを除いて人口増加率がマイナスになっているので、このような人口減少傾向は

  • population, isn't likely to stop anytime soon. There's, also the question as to whether a modern Yugoslavia

    人口の減少はいつまでたっても止まらないでしょう。現代のユーゴスラビアは、どうなのかという疑問もあります。

  • would join the EU or not.

    がEUに加盟するかどうか。

  • Slovenia and Croatia both are currently EU member states but the others currently

    スロベニアとクロアチアは、両方とも現在のEU加盟国ですが、他の人は現在

  • aren't. This might explain part of why, Slovenia and Croatia are also both wealthier on average today than the rest of the former Yugoslavia states and

    ではありません。これが理由の一部を説明するかもしれません。スロベニアとクロアチアもまた、今日、旧ユーゴスラビアの残りの部分よりも平均的に裕福です。

  • the average citizen in a modern Yugoslavia making $18,000,526 per year, that actually

    現代ユーゴスラビアの平均的な市民が年間18,000,526ドルを稼いでいるということは、実際には

  • means that citizens in Slovenia and Croatia would probably stand to lose, on average, in such a scenario,

    は、スロベニアとクロアチアの市民は、おそらくそのようなシナリオでは、平均的に、失うために立っているだろうことを意味します。

  • while citizens in Bosnia and Herzegovina, Serbia, Kosovo, Montenegro and Macedonia

    ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、コソボ、モンテネグロ、マケドニアの市民の間では

  • would stand to gain on average. The total nominal GDP of a recreated Yugoslavia would stand at

    は平均して得をすることになるだろう。再現されたユーゴスラビアの総名目 GDP は以下のようになるだろう。

  • 191,045.000 U.S. dollars, making it the 53rd largest economy in the world, ahead of Romania

    191,045.000ドルで、ルーマニアを抜いて世界第53位の経済大国となりました。

  • but slagging behind

    けれども、後手後手に回って

  • both the Czech Republic and Greece. A modern Yugoslavia would be most comparable in area to the united kingdom, but as mentioned previously

    チェコ共和国とギリシャの両方である。現代のユーゴスラビアは、面積的には連合王国に最も匹敵するでしょうが、前に述べたように

  • she would only have 1/3 of the UK's population. This population would

    彼女はイギリスの人口の1/3しか持っていないでしょうこの人口は

  • also be astoundingly diverse... which is part of why Yugoslavia failed when it did. Ethnically speaking,

    ユーゴスラビアが失敗した理由の一部です民族的に言えば

  • 35% of the population would be Serbs , another 20% Croats,

    人口の35%はセルビア人であり、別の20%はクロアチア人である。

  • 11% Albanians 9%, Bosnian 8% Slovenes,

    11%アルバニア人9%、ボスニア人8%スロベニア人。

  • 6% Macedonians, 1% Montenegrin and 10% others. The linguistic variations in the country would

    6%のマケドニア人、1%のモンテネグロ人、その他10%。この国の言語の違いは

  • also very closely mirror this ethnic diversity. And then there's everybody's favorite part, the religious differences. (Yeaaah!)

    この民族の多様性も非常に密接に反映されていますそして誰もが好きな部分があります 宗教の違いです(イェアアアアアア!)

  • 43% of modern Yugoslavia's population would be Orthodox Christians, followed up by 27% being Catholic,

    現代ユーゴスラビアの人口の43%が正教会のキリスト教徒で、27%がカトリック教徒である。

  • 22% more adhering to Islam, with the remaining 8% divided between

    22%の方がイスラム教を信奉しており、残りの8%はイスラム教との間で分かれています。

  • non-religious persons and other faiths.

    無宗教者と他の信仰

  • Speaking in military terms, the Yugoslav armed forces would have a very modest budget of 2.2. Billion U.S.

    軍事的に言えば、ユーゴスラビア軍の予算は非常に控えめで、2.億米ドル。

  • dollars, and a small size of 228,000 total soldiers split between active duty

    ドル、総兵力22万8千人という小規模な規模で、現役軍人と現役軍人の間に分かれている。

  • and reserves... which is about comparable in size to the British military of

    そして予備役と... イギリス軍の規模に匹敵する

  • 234,000 total soldiers. The top 5 largest cities inside the modern Yugoslavia, would all be capital cities of

    総兵力23万4千人現代ユーゴスラビアの中で上位5つの大都市は、すべてユーゴスラビアの首都である。

  • pre-existing countries, with Zagreb (1,113,111) and Belgrade (1,683,962) being the only ones with a population of over 1,000,000 people (geez)

    じょうちゅうこっかこく

  • Belgrade in particular would likely become the capital... since it was old Yugoslavia's capital and would remain the biggest city in the new

    特にベオグラードが首都になる可能性が高いでしょう... 旧ユーゴスラビアの首都であり、新ユーゴスラビア最大の都市であることに変わりはありません。

  • one. Overall, if Yugoslavia suddenly did come back into existence again... it would have

    1つ全体的に、もしユーゴスラビアが突然復活したとしたら...

  • some serious problems to figure out, and it's unclear whether or not they could actually

    解明にはいくつかの深刻な問題があり、実際にそれが可能かどうかは不明です。

  • be solved. I promise that I'll be making more of these reunited country videos in the future, but if you're

    が解決します。今後もこのような再結成カントリーの動画を作っていくことをお約束しますが、もしも

  • still curious about more in the meantime... then you should check out my book that I wrote last year, where i talk

    その間にもっと知りたいことがある...ならば、去年書いた私の本をチェックしてみてください。

  • about what a reunited German empire, a reformed viking empire and others might look

    統一ドイツ帝国、改新バイキング帝国などの姿をめぐって

  • like. The link on Amazon is in the description, and if you enjoy watching these

    のような感じで。Amazonのリンクは説明文にありますので、これらを見て楽しんでいる方は

  • videos for me i'd also, highly recommend that you check out the videos that my friends over at

    私のためにビデオをチェックすることを非常にお勧めします。

  • Skillshare (sponsered) are uploading to their channel, to keep feeding

    スキルシェア(スポンサー)は、フィードを維持するために、彼らのチャネルにアップロードしている

  • your curiosity (click da video boi). They have animated videos that try to answer interesting questions like "Why something goes viral" as

    あなたの好奇心(クリックダビデオボイ)。彼らは、"なぜ何かがバイラルになるのか "のような興味深い質問に答えようとするアニメーション動画を持っています。

  • well as many lessons from people like Simon Sinek if you want to learn from the experts.

    あなたが専門家から学びたい場合だけでなく、サイモン-シネックのような人々からの多くのレッスン。

  • Check out their channel and videos next and I'll see you next week for another new video the where i'll hopefully not have a cold!

    次は彼らのチャンネルとビデオをチェックして、また別の新しいビデオで来週お会いしましょう!ここでうまくいけば風邪をひいていないことを願っています。

Okay, here we go... so Yugoslavia used to be a country that existed here in the Balkans that

ユーゴスラビアはかつてバルカン半島に存在していた国で

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 人口 スロベニア クロアチア ボスニア 現代 モンテネグロ

もし今日ユーゴスラビアが再統一されたら? (What If Yugoslavia Reunited Today?)

  • 0 1
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 30 日
動画の中の単語