Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A man who would become one of the USA's most  notorious and feared prisoners is sitting in his  

    アメリカで最も悪名高い、恐れられた囚人の一人となる男が座っているのは

  • cell in Arizona State Prison, aka FlorenceHe gets up from the bed and paces from one  

    アリゾナ州立刑務所の独房、別名フローレンス。 彼はベッドから立ち上がって 歩いています

  • side of the cell to the other, looking at the  photo of his sister on the wall, intermittently  

    独房の側から反対側へ、壁に写っていた妹の写真を見ながら、断続的に

  • pierced with feelings of self-hate when seeing  his meager worldly belongings. He's caged,  

    貧乏な世間体の持ち物を見て自己嫌悪に陥る。檻に入れられている

  • he's bored, he's lost and he's damn well  raging. All he wants is a TV to pass the hours

    彼は退屈して、迷って、怒り狂っている。彼が欲しがっているのは、時間をつぶすためのテレビだけだ。

  • He'll get what he wants, but as an indirect  consequence, he will brutally kill someone.  

    彼は欲しいものを手に入れるだろうが、間接的な結果として誰かを残忍に殺すだろう。

  • He'll commit that crime withoutshred of remorse for the victim.  

    彼は被害者への反省のカケラもなくその犯罪を犯すだろう。

  • Even the most experienced guards will be taken  aback by the utter savagery of the slaying.  

    最も経験豊富な衛兵でさえも 殺戮の残虐性に愕然とするだろう

  • And it won't be the first Robert  Wayne Vickers will kill in prison

    ロバート・ウェイン・ビッカースが刑務所で殺すのは初めてじゃない。

  • He didn't know it at the time, but his  name will go down in corrections history

    彼はその時は知らなかったが 彼の名前は歴史に残るだろう

  • During his childhood, Vickers was never labeled  a maniac, a young man with an irrepressible urge  

    幼少期、ビッカースは狂人というレッテルを貼られたことはなく、どうしようもない衝動に駆られた若者だった。

  • to hurt people. Far from it. It was prison and  juvenile facilities that made him what he became.  

    人を傷つけるためにそれとは程遠い。刑務所と少年院のせいで彼はそうなったのです。

  • You could say those places served as a kind of  cocoon where a diabolical human being was created.  

    あの場所は、極悪非道な人間が作られた繭のようなものだったと言えるでしょう。

  • That person entered the big boy's prison aged just  19, and he would never experience freedom again

    その人はわずか19歳で大少年刑務所に入り、二度と自由を経験することはありませんでした。

  • Standing tall but slight of frame, Vickers  was never known as a fearsome young man  

    身長は高いが体格は軽いビッカースは、決して恐ろしい若者として知られていなかった。

  • during his stints in Arizona juvenile  institutions. He was, however, unhinged,  

    アリゾナの少年院での勤務中にしかし 彼は動揺していました

  • and he had the history to prove it. His first  arrest came in the 6th grade, and he would be  

    彼にはそれを証明する歴史があった彼が最初に逮捕されたのは 6年生の時で

  • in trouble with the law consistently after thatWe can't tell you much about his upbringing, but  

    その後も一貫して法の問題を抱えていた 彼の生い立ちはあまり語れませんが

  • we know when he was just a teenager, he stabbed  two boys with pencils at a juvenile facility  

    彼が10代の頃 少年院で鉛筆を持った2人の少年を 刺したことがわかっています

  • in Arizona called Catalina Mountain School. Ok, so you're thinking, well, he sounds fearsome  

    アリゾナのカタリナ・マウンテン・スクールと呼ばれているそうか、君は考えてるんだな、まあ、彼は恐ろしそうだ。

  • enough to me. But you should know that he wasn't  always acting up and attacking people. He could  

    私には十分だでも彼はいつも人を攻撃していたわけではないことを知っておくべきです。彼は

  • be calm, he could be nice, and then BANG, he'd  explode, sometimes with such ferocity that his  

    冷静にしていても 優しくしていても バンと爆発してしまう 時には猛烈な勢いで

  • actions seemed unfathomable to those around him. To understand this, you need to know that Vickers  

    周りの人には理解できないような行動をしていました。これを理解するためには、ビッカースが

  • suffered from something called temporal lobe  epilepsy. This was contested later in his life,  

    は側頭葉てんかんと呼ばれるものに苦しんでいました。これは後に彼の人生で争われました

  • but there seemed little doubt Vickers was mentally  disabled, not only because of the wild things he  

    しかし、ヴィッカースが精神的に障害を持っていたことは疑いの余地がないように思えました。

  • did but because medical professionals  backed it up. Loving care and parental  

    しましたが、医療関係者がバックアップしてくれたからです。愛情あるケアと親の

  • guidance he had none of, quite the oppositeThat alone is so often a road to delinquency

    彼は何の指導も受けていませんでした、全く逆です。 それだけで非行に走ることが多いのです。

  • When he was a child he was treated bypsychologist, a person who noted Vickers  

    子供の頃、心理学者に治療を受けていたヴィッカースに注目した人物

  • had suffered cerebral trauma which led to him  having seizures. If you're not aware of how the  

    は、脳に外傷を負っていたために発作を起こしてしまったのです。がどのようにして発症したのかを把握していない場合は

  • brain works, many people that have suffered brain  damage have later exhibited violent behavior

    脳が働くと、脳にダメージを受けた人の多くが後に暴力的な行動をとるようになる。

  • During one of Vickers' court appearances a medical  professional testified that this damage to the  

    ヴィッカーズの法廷に出廷した際に、医療専門家がこの損傷が

  • brain led to Vickers occasionally experiencing  a dissociative state, meaning at times he  

    ヴィッカーズの脳は時折解離状態を経験するようになりました。

  • didn't really know what he was doing. His frontal  cortex, the part of the brain sometimes called the  

    自分が何をしているのか分からなかった彼の前頭前野は 脳の一部と呼ばれる部分で

  • executive suitethat's responsible for  impulse control and managing emotions,  

    "衝動のコントロールと感情の管理を担当する「エグゼクティヴ・スイート」。

  • went on the blink now and then. As one medical  professional once said, Vickers at times was  

    時々瞬きをしていましたある医療専門家が言っていたように ヴィッカースは時々

  • justincapable of rendering any judgement  and . . . unable to know right from wrong.” 

    "判断力がなくて善悪の区別がつかない"

  • This won't surprise you after you've  seen what this kid did later in his life

    この子が後に何をしたかを見た後では、これは驚かないでしょう。

  • He ended up in Arizona State Prison when he was  just 19-years old. He wasn't there for any kind  

    彼は19歳の時に アリゾナ州の刑務所に入った彼は何の目的もなく

  • of violent act, but for committing a series of  house burglaries in Tempe, Arizona. He wasn't  

    暴力行為の罪ではなく アリゾナ州テンピでの一連の家宅侵入の罪でです彼は

  • just an ordinary thief, though, he was what you  could call prolific. In just 13 days in Tempe,  

    ただの泥棒だったが、彼は多作だった。テンピでのたった13日間で

  • he burgled 12 houses, which was quite  the workload. At various points in time,  

    彼は12軒の家に押し入ったが、それはかなりの仕事量だった。様々な時期に

  • he'd also burgled 33 houses in California. Because  of his background of staying in juvey facilities  

    カリフォルニアで33軒の家に強盗に入ったこともあります彼の経歴は 娯楽施設に泊まっていたことから

  • and because of the number of burglarieshe was sentenced to three to nine years

    と、空き巣の数が多かったため、3年から9年の実刑判決を受けました。

  • With good behavior on his side, he could have  been out in his early twenties and may have been  

    素行の良さがあれば、20代前半で外に出ていた可能性もありますし

  • able to start a new life, but Vickers would never  again know what it was like to have his shoulders  

    新しい生活を始めることができたが、ビッカースは二度と自分の肩を持つことがどんなものか知ることはなかった。

  • massaged by a woman, to watch the sun setting  over the Pacific, to eat what he wanted to eat.  

    女性にマッサージされたり、太平洋に沈む太陽を眺めたり、食べたいものを食べたり。

  • His home for the rest of his life would  be a series of spartan prison cells,  

    彼の人生の残りの部分のための彼の家は、一連のスパルタンな刑務所の独房になるだろう。

  • ending with a short trip to the Death House. When he arrived at the prison in 1977,  

    デスハウスへの小旅行で終わりました1977年に刑務所に到着した時

  • the place was renowned for gang violence. In  fact, that year a federal judge ruled that the  

    ギャングの暴力で有名な場所でした実際、その年に連邦判事は

  • prison was incredibly overcrowded, and  he ordered the state to either lower  

    刑務所は信じられないほど混雑していたので、彼は州に、どちらかを下げるように命じました。

  • the prison population or build another prison. It was a tough place for a teenager, a skinny one  

    刑務所の人口を減らすか 別の刑務所を作るか10代のガリガリ君には厳しい場所でした。

  • at that, who at any moment could have a seizure  or lose his ability to control his emotions. A  

    その時点で発作を起こしたり、感情をコントロールできなくなったりする可能性があります。A

  • corrections officer who spent 25 years working  for the Arizona Department of Corrections said he  

    アリゾナ州更生局に25年勤務していた更生担当官は、次のように述べています。

  • was there when Vickers entered the prison for the  first time. He said the kid didn't look imposing  

    ビッカースが初めて刑務所に入った時 そこにいた彼は 子供が堂々としているようには見えなかったと言った

  • at all. He looked vulnerable if anything, being so  young and fragile-looking compared to the hardened  

    と言っていました。若くて脆そうな顔をしていた彼は、何かにつけて弱々しく見えた。

  • criminals with whom he shared his new residence. The officer said this was why Vickers almost  

    彼が新しい住居を共有していた犯罪者達のことだ警官は これがビッカースがほとんど

  • straight away tried to make a name for  himself. He had to look the part otherwise  

    すぐに自分の名を上げようとしたそうでなければ

  • he'd be bullied by the older guys, such is  the atavistic mentality that blights almost  

    年長者にいじめられるのがオチ

  • every prison in America. Vickers stabbedman named Homer Burns with a shank in 1978,  

    アメリカの全ての刑務所でビッカースは1978年にホーマー・バーンズという男をシャンクで刺した

  • although the officer believed that Vickers had  done this only to impress the white prison gang,  

    将校はビッカースが白人囚人のギャングに好印象を与えるためだけにやったと考えていたが

  • theAryan Brotherhood”. The victim was an African  American man, so it's likely Vickers was what's  

    "アーリアン・ブラザーフッド"被害者はアフリカ系アメリカ人の男性だから ビッカースが何をしていたのかは

  • called in prison slang, “putting in work.” For that assault with a deadly weapon,  

    刑務所のスラングでは "仕事に従事する "と呼ばれている凶器を使った暴行のことだ。

  • Vickers' relatively short sentence turned into  a much longer one. He was sentenced to another  

    ビッカースの比較的短い刑期は、はるかに長い刑期になりました。彼には、次のような判決が下されました。

  • ten to fifteen years. Now his feet were attached  to the top of a very slippery slope, one that the  

    10年から15年今、彼の足は非常に滑りやすい斜面の頂上に取り付けられていました。

  • inmate was intent to see to the bottom of. In October of the same year, Vickers earned  

    収監者は、その底を見ることを意図していた。同年10月、ビッカースは

  • his reputation for being an unhinged  sort of guy. The lean teen was about  

    彼の評判は 狂気の沙汰のようなものだったその痩せた10代は

  • to take things to the next level. For a while, he'd been complaining  

    次のレベルに持っていくためにしばらくの間、彼は文句を言っていました

  • that he didn't have a TV in his cell, but  then he got the opportunity to share a cell  

    房の中にテレビがないことを知っていたが、房を共有する機会を得た。

  • with a guy that did have a TV. That guy was  named Frank Ponciano. The two got along at  

    テレビを持っていた男とその男の名前は フランク・ポンチャーノ二人は仲良くなった

  • first and Vickers was happy enough that he got to  watch television, but then something went wrong

    最初はビッカースがテレビを見れるようになって十分に満足していたが、その後、何かがおかしくなった。

  • Vickers woke up in the cell one day, and  Ponciano was nowhere to be seen. He soon  

    ある日ヴィッカースが独房で目を覚ました時ポンチャーノは どこにもいなかった彼はすぐに

  • realized that his cellmate had gone for lunch and  not even woken him up. If that wasn't bad enough,  

    同房者が昼食に行ってしまったことに 気づいたが 起こしてもいないそれが十分に悪いことじゃなかったら

  • he then realized that Ponciano had committed the  unspeakable prison crime of drinking his Kool-Aid

    ポンチャーノが自分のクールエイドを飲んだという言いようのない罪を犯したことに気がついた。

  • Furious, Vickers took the sheet off the bed and  started twisting it, his knuckles reddening at  

    仝それにしても、このようなことになるとは......。

  • the exertion and his face contorted into an ugly  grimace. When Ponciano waltzed into the cell,  

    彼の顔は醜いニヤリとした顔に歪んでいた。ポンチャーノが独房に入ってきた時

  • satiated from his hit of prison food, Vickers  wrapped the twisted sheet around Ponciano's  

    獄中食を食べて満腹になったヴィッカーズは、ポンチャーノの体にねじったシーツを巻きつけた。

  • neck and strangled him to death. For good  measure, he took out a sharpened toothbrush  

    首を絞め殺した念のため、彼は研ぎ澄まされた歯ブラシを取り出した。

  • and stabbed his already-dead celly six times. Vickers then used the same tool to carve the word  

    そして既に死んでいた同胞を6回刺したビッカースは同じ道具を使って

  • Bonzaiinto Ponciano's back. What he'd meant  to carve was the Japanese war cry, “Banzai”,  

    "ポンチャーノの背中に「バンザイ」を彫る彼が彫ろうとしたのは、日本の戦争の叫び「バンザイ」だった。

  • which you could blame on a lack of education or  the fact that the circumstances were a bit hectic.  

    教育を受けていないことや、少し慌ただしい状況だったことのせいにしてもいいのではないでしょうか。

  • If you're wondering, the cute  little trees are calledBonsai.” 

    気になる方は、かわいい木のことを "盆栽 "と呼んでみてはいかがでしょうか。

  • There was a dead man in Vickers' cell, yet when  staff did the next count no one realized they were  

    ヴィッカーズの独房には 死者がいたが スタッフが次のカウントをした時には 誰も気づかなかった

  • one man short. In fact, it was Vickers himself  that told a corrections officer his cellmate was  

    一人足りない実際には ビッカース自身だった 訂正官に言ったのは 彼の同房者は

  • dead. The officer didn't know whether to  believe it, so Vickers burned Ponciano's  

    死んだ巡査は信じようとしなかったので ヴィッカーズはポンチャーノの死体を燃やした

  • foot with a cigarette. There was of course  no movement or scream from the deceased.  

    足にタバコを持っていた。もちろん故人からの動きや悲鳴はありませんでした。

  • Vickers' next words to the officer were,  “Get this stinking BEEP out of my cell.” 

    ビッカースの次の言葉は "この臭いBEEPを私の部屋から出してくれ "だった

  • From then on, Vickers became known asBonzai  Bob”. Later a psychologist named Kent Spillman  

    それ以降、ビッカースは「ボンザイ・ボブ」として知られるようになった。その後、ケント・スピルマンという心理学者が

  • asked Vickers if he regretted  anything about his actions,  

    ビッカースに自分の行動を後悔しているかどうかを尋ねた。

  • to which Vickers replied he wished he'd have  carved a swastika into his victim's back. He also  

    ヴィッカーズは被害者の背中に卍を彫って欲しかったと答えました彼はまた

  • expressed regret that he hadn't dotted the “I”. Vickers was convicted of first-degree murder  

    に点をつけなかったことを悔やんでいます。ビッカースは第一級殺人罪で有罪判決を受けた。

  • and sentenced to death, but then in 1981, a U.S.  District Judge named Carl Muecke granted Vickers  

    死刑判決を受けましたが、1981年にカール・ミューケという名の米国連邦地方判事がビッカースを認めました。

  • a stay of execution. The inmate was far from  happy about this. He actually wanted to die,  

    執行猶予がついた収監者はこれに満足していませんでした彼は実際に死にたがっていた

  • so being granted a stay was a huge disappointmentWhen the media managed to talk to Vickers he told  

    だから、滞在が認められたことは大きな失望だった。 メディアがビッカースに話を聞いたとき、彼は次のように語った。

  • reporters that he hoped someone would kill  the judge's mom, adding that the next time  

    記者会見では判事の母親が殺されることを 望んでいたと言いました

  • he killed a fellow prisoner he'd write  the judge's name in the victim's back

    仲間の囚人を殺した時には被害者の背中に判事の名前を書いていました。

  • That's not exactly what he did, but  he did commit another extraordinarily  

    それは 彼がやったこととは違うが、彼は 別の極めて重大な犯罪を犯した。

  • horrible crime. The judge no doubt later  regretted not granting Vickers a quick death

    恐ろしい罪を犯した判事は間違いなく、後になってヴィッカースの早死にを許可しなかったことを後悔した。

  • Prior to his second murder, Vickers got himself in  trouble numerous times, so much so he became the  

    2度目の殺人を犯す前に、ビッカースは何度もトラブルに巻き込まれていた。

  • bane of the prison staff. He attacked officers at  least 11 times and was found with shanks and even  

    刑務官の悩みの種だった彼は少なくとも11回は警官を攻撃していましたが、その際にはシャンクや

  • homemade bombs in his cell on over 40 occasionsThe word on the street, or should we say landing,  

    自家製爆弾を40回以上独房に仕掛けています 路上での言葉というか、着地というべきか。

  • was that Vickers could make weapons out of  anything. When he wasn't attacking staff, he was  

    ビッカースは何でも武器を作ることができた。彼がスタッフを攻撃していない時は

  • beating up other inmates, perhaps hoping someone  would give him the execution he so dearly wanted

    他の受刑者を殴っていましたおそらく誰かが彼に死刑を与えてくれることを望んでいたのでしょう彼が心から望んでいたように

  • Another thing that got him on the bad side of  the prison authorities was when he and another  

    もう一つ、彼が刑務所当局の悪い側についたのは、彼ともう一人の

  • inmate managed to enter a ventilation system and  they both ended up on the roof. Prior to that,  

    収容者はなんとか換気システムに入り二人とも屋根の上に上がってしまいました。その前に

  • Vickers short-circuited his cell door and left  a dummy on his bed. It was hardly the greatest  

    ビッカースは独房のドアをショートさせてベッドの上にダミーを置いていったベッドに人形を置いたままだった

  • prison escape and the two were soon back in their  respective cells. On a few occasions, Vickers  

    脱獄した二人はすぐにそれぞれの独房に戻っていました。何度か、ビッカースは

  • slipped out of his handcuffs or even opened  them with a key he'd fashioned out of plastic

    手錠から抜け出したり、プラスチックで作った鍵で開けたりしていました。

  • Suffice to say, he was becoming a bit ofproblem, but he wasn't close to being done

    十分に言えば、彼はちょっとした問題になりつつあったが、終わりには近づいていなかった。

  • Let's remember he'd been  granted a stay of execution,  

    彼が執行停止を認められたことを覚えておこう。

  • but that is only a delay in the sentence being  carried out. It's not an absolute reprieve

    しかし、それは刑の執行を遅らせるだけです。絶対的な猶予ではありません

  • In 1981, Vickers wrote to governor Bruce BabbittIn that letter, he said, “I told my lawyer and  

    1981年、ビッカースはブルース・バビット知事に手紙を書いた。 その手紙の中で、「私は弁護士と

  • attorney General to pull my appeals and gas  me. I know it don't take too long to do that,  

    司法長官に上訴を撤回させてガスをかけさせようとしている。それには時間がかからないことを知っています。

  • so what's the hold-up fella? If ya don't  do it soon, I'm gonna draw more blood than  

    それで、何を待ってるんだ?早くしないと、俺の方がもっと血を流すぞ。

  • your cheap mop's can absorb.” That was not an empty threat

    "お前の安物モップでは吸収できない"それは空虚な脅しではなかった

  • On March 4, 1982, Vickers and other prisoners  were working as porters cleaning one of the pods.  

    1982年3月4日、ビッカースと他の囚人はポーターとしてポッドの1つを掃除していました。

  • Vickers might have been in one of his better  moods that day and so he showed a photograph of  

    ビッカースはその日、機嫌が良かったのか、彼は次のような写真を見せてくれた。

  • his beloved young niece to a fellow inmate named  Buster Holsinger. He also proudly showed the man  

    バスター・ホルシンガーという 収監者仲間の最愛の姪を紹介しました彼はまた、誇りを持ってその男を見せた

  • a picture his niece had sketched, but rather than  say how cute his niece was or compliment her on  

    姪っ子が描いた絵を見て可愛いと言うよりも、姪っ子が描いた絵を褒めて欲しい

  • her artistic skills, Holsinger asked Vickers if  he'd ever performed various sex acts on the girl.  

    ホルシンガーはヴィッカーズに、彼女の芸術的な才能に疑問を呈し、少女に様々な性行為をしたことがあるかどうかを尋ねた。

  • Vickers was incensed, and with that  faulty biological machinery in his  

    ビッカースは激怒し、その欠陥のある生物学的機械を彼の中に入れて

  • brain not doing its job, he quietly exploded. Back in his cell, the inventive Vickers got to  

    脳がその仕事をしていないと彼は 静かに爆発した独房に戻って発明家のヴィッカーズは

  • work on a kind of Molotov Cocktail. This time he  filled an empty ice cream tub with five bottles  

    火炎瓶カクテルのようなものに取り組む。今回は空のアイスクリームの桶に5本のボトルを入れて

  • of flammable Vitalis hair oil. For the fuse  of the device, he used ordinary tissue paper

    可燃性のビタリスヘアオイルの装置の導火線には 普通のティッシュペーパーを使った

  • He then marched over to Holsinger's cell, lit  the fuse, and threw the bomb at him. Holsinger  

    ホルシンガーの独房に行進して導火線に火をつけ、彼に爆弾を投げつけた。ホルシンガー

  • was a portly man to say the least and he couldn't  get out of the way. The flames weren't enough to  

    は、控えめに言っても小柄な男で、邪魔になることはできませんでした。炎は十分ではありませんでした

  • totally engulf Holsinger, but Vickers had more oil  to throw on the already-burning man. Flames and  

    ホルシンガーを完全に巻き込んだが、ビッカースには既に燃えている男に投げかける油があった。炎と

  • smoke filled the cell, and it was the smoke in the  end that killed Holsinger. Two other men were also  

    ホルシンガーを殺したのは最後に煙が独房に充満していました。他にも二人の男性が

  • taken to the prison hospital after inhaling smoke. After that Vickers told investigators,  

    煙を吸い込んで刑務所の病院に運ばれました。その後、ビッカースは捜査員に話した。

  • “I told them they should have gassed  me in December when they had a chance.” 

    "12月にガスを撒いておけばよかったと言った"

  • He still wasn't done. He stayed on Death Row for the murder  

    彼はまだ終わっていなかった殺人のために死刑囚のままだった

  • of Holsinger, but his defense was still arguing  that Vickers had a history of mental illness  

    ホルシンガーのことですが 弁護側はヴィッカーズには 精神疾患の病歴があると主張していました

  • stemming from brain trauma he'd suffered as  a child. They argued that Vickers' outbursts  

    子供の頃に受けた脳の外傷が原因ですビッカースの暴発は

  • were uncontrollable and in a prison  setting where violence is pervasive,  

    は制御できず、暴力が蔓延している刑務所の中でのことでした。

  • it's virtually impossible for him not to have  one of his episodes. They put forth the case  

    彼のエピソードの一つもないことは 事実上不可能です彼らはケースを提示しました

  • that Vickers was a victim of the prison system. Inside the prison, inmates now kept their distance  

    ビッカースは刑務所システムの犠牲者だったのです刑務所の中では 受刑者は 距離を置いていました

  • from Vickers. His only friend on Death Row was  another murderer, named Robert Comer. Comer would  

    ビッカースから死刑囚の唯一の友人は ロバート・コーマーという別の殺人者だったコーマーは

  • one day testify about his close bond with Vickers,  “He was not just a friend, he was my brother. We  

    ある日、ヴィッカーズとの親密な絆について、「彼はただの友人ではなく、私の兄弟だった」と証言しています。私達は

  • spilled blood together. I would give my life for  him, as he would for me. We shared loyalty, honor,  

    一緒に血を流した私は彼のために命を捧げるだろう彼が私のためにしてくれたように私たちは忠誠と名誉を共有していた

  • tribe, brotherhood, friendship and kinship.” In fact, they'd been so close and caused so  

    "部族、兄弟愛、友情、親族愛"実際、彼らはとても親しくて、それが原因で

  • much trouble that the authorities put them inspecially designed segregated pod where they could  

    当局が彼らを特別に設計された分離されたポッドに入れたことが多くの問題となりました。

  • not interact with any other prisoners. This would  later become the place where the most mentally  

    他の囚人と交流してはいけないここは後に最も精神的に

  • ill and incredibly violent inmates were housed. In 1986, Vickers stabbed a prison officer with  

    病気で信じられないほど暴力的な受刑者が収容されていました。1986年、ヴィッカーズは刑務官を

  • a spear-like device he'd made from part oftypewriter. The officer didn't even get that  

    タイプライターの一部で作った槍のような装置だ将校はそれさえも理解していなかった

  • close to Vickers. He'd only put some breakfast  through the prisoner's door slot and that gave the  

    ビッカースの近くにいた囚人のドアに朝食を入れただけで

  • waiting Vickers enough time to commit the deedThe handle of the knife that Vickers had made  

    ビッカースが犯すのに十分な時間を待っていた。 ビッカースが作ったナイフの柄が

  • from pasted rolled-up newspapers was long enough  so Vickers could stab the officer in the body

    ビッカースが警官の体を刺すことができるように、新聞の巻き上げの貼り付けから十分な長さがありました。

  • That was enough. Never again would Vickers have  the chance to hurt anyone. From then on he was  

    もう十分だビッカースは二度と誰かを 傷つけることはなかったその時から彼は

  • holed up in a special cage designed for him  only. It was more like the cage of an animal,  

    彼のためだけに設計された特別な檻に 閉じ込められていましたそれは動物の檻に似ていました

  • welded inside a prison cell. It was a cage  within a cage. Vickers could only ever get  

    刑務所の独房の中で溶接されていた檻の中の檻だったビッカースは檻の中の檻の中で

  • inside it when he was naked and even then, his  body was rigorously checked for contraband.  

    裸の時は中に入っていて、その時でさえ、彼の体は密輸品がないか厳しくチェックされていた。

  • Only then was he given clothes to put on. If  he had to go someplace, he was first cuffed and  

    その時だけ、着せる服を与えられた。どこかに行く必要があった場合は、まず手錠をかけられて

  • then taken to that place. On his return, the same  process of stripping and searching was repeated

    その後、その場所に連れて行かれました。帰ってきてからも、同じように剥ぎ取りと捜索が繰り返されました。

  • Now he wanted to die more than  ever, and so he commenced with  

    今まで以上に死にたいと思っていたので、彼は

  • his writing campaign to the governor. One time he asked if his heart could be  

    知事への筆談運動をしていた。ある時、彼は自分の心が

  • donated to a Fort Huachuca boy who was in need  of a transplant, after his execution of course.  

    移植を必要としていたフォート・フアチューカの少年に寄贈されました。

  • The boy died a long time before Vickers didIn another letter, he asked the governor if he  

    少年はビッカースよりもずっと前に死んだ。 別の手紙の中で、彼は知事に

  • could die wearing a 3-piece suit. “I wanna die  dressed,” he wrote. “Gonna be some ladies there.  

    は3ピースのスーツを着て死ぬかもしれない"服を着て死にたい "と書いてある"そこには何人かの女性がいるだろう

  • I don't want to go nude or in state clothes.”  That didn't happen, either, nor was his request  

    "裸でも国服でも行きたくない" それも起きなかったし、彼の要求も

  • granted that his last meal be cooked by a womanHe did at least get the last meal he asked for:  

    彼の最後の食事は女性が作ることを認められた。 彼は少なくとも最後の食事を求めていた

  • Green chili burros - burritos with barbecued  steak, French fries with ketchup, vanilla  

    グリーン チリ ブロス - バーベキューステーキのブリトー、フライドポテトにケチャップ、バニラを添えて

  • ice cream, cream soda, and a solitary cigarette. He had to wait until May 5, 1999, to finally die.  

    アイスクリーム、クリームソーダ、そして一本のタバコ。彼は1999年5月5日まで待たなければならなかったが、ついに死ぬことになった。

  • Then, aged 41, his sister, niece, aunt, and cousin  watched as he lay on the executioner's gurney.  

    そして、41歳になった彼の姉、姪、叔母、従兄弟は、彼が死刑執行人の担架に横たわるのを見ていた。

  • Vickers almost looked overjoyed. Smiling, he  looked in the direction of the one-way mirror  

    ビッカースはほとんど大喜びしているように見えた。微笑みながら、彼は一方通行の鏡の方向を見た。

  • and said, “Hello, everybody. See you later.” After  that, he seemed to mouth the words, “time to go”. 

    と言って、"皆さん、こんにちは "と言ってくれました。"またね"その後、"時間だよ "という言葉を口にしたようです。

  • The drugs flowed into his system at 3:03 p.m  and a few minutes later he was pronounced dead

    午後3時3分に薬物が体内に流れ込み、数分後に死亡を宣告された。

  • Now you need to watch, “Most Evil Prisoner  Kept in Glass Box.” Or for a prison story  

    "ガラスの箱に入れられた 最悪の囚人 "を見るんだ刑務所の話は

  • that boggles the mind, watch, “Man So  Violent Even Other Prisoners Fear Him.”

    "暴力的な男は他の囚人からも恐れられている"

A man who would become one of the USA's most  notorious and feared prisoners is sitting in his  

アメリカで最も悪名高い、恐れられた囚人の一人となる男が座っているのは

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 刑務 独房 囚人 アリゾナ 判事 死刑

他の受刑者を恐怖に陥れた暴力的な受刑者 (Violent Prisoner That Terrified Other Inmates)

  • 10 2
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 29 日
動画の中の単語