Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Once upon a time there was a very poor but compassionate old man and his old wife.

    むかしむかし、とても貧しいけれど、心の優しいおじいさんと、おばあさんがいました。

  • One cold snowy day, on the way to sell fire wood in town the old man rescued a crane caught in a trap.

    雪の降る寒いある日、おじいさんは薪(たきぎ)を売りに町へ向かう途中で、罠にかかった鶴を助けてあげました。

  • That night, when the old man was telling the story of the rescued crane to his wife, they heard a knock at the door.

    その夜、おじいさんが助けた鶴の話をおばあさんにしていると、戸をたたく音が聞こえてきました。

  • Wondering who was there, they opened the door and a beautiful young girl was standing in the heavy snow.

    いったい誰だろうと戸を開けると、ふぶきの中、若くて美しい娘が立っていたのです。

  • "I am sorry to bother you but I'm lost.

    「お邪魔してすみません。道に迷ってしまったんです。

  • I would appreciate if you would let me stay."

    泊めていただけたら本当にありがたいのですが。」

  • "Come in.

    「おはいりなさい。

  • You are welcome to stay but I'm sorry we have no bed or food for you."

    泊めるのは構わないが、残念ながらお前さんが使う布団も食べ物もないんだよ。」

  • The next day the girl started weaving behind a sliding door and asked them not to look inside.

    翌日、娘は引き戸の向こう側で機織り(はたおり)を始めました。そして中を見ないように2人に頼みます。

  • Three days later she had woven a beautiful fabric.

    3 日後、娘は美しい反物(たんもの)を織り上げます。

  • "Uncle and aunty, please sell this fabric in the town and buy thread for me," she asked them as she showed them the fabric.

    「おじさん、おばさん、町でこれを売って、私に糸を買ってきてください」と反物を2人に見せながら言いました。

  • "What a wonderful fabric."

    「なんと見事な反物だ。」

  • They were both impressed with her skill.

    2 人とも、娘の腕前に感心しました。

  • When the old man was selling her fabric, a lord was passing by and bought it for a lot of money.

    おじいさんが反物を売っていると、お殿様が通りかかり、反物を大金で買ってくれました。

  • After the old man sold that fabric, the girl continuously made many beautiful fabrics one after another.

    おじいさんがその反物を売ったあとも、娘は次々と美しい反物を作り続けました。

  • One day, the old wife couldn't help peeking behind the door to watch the young girl as she did.

    ある日、おばあさんは戸の向こうで娘が何をしているのか覗くのを我慢しきれなくなってしまいます。

  • The old wife couldn't believe what she saw.

    戸の向こうを覗いたおばあさんは、自分の目に映ったものを信じることができませんでした。

  • There was no girl, but a skinny crane pulling its own feathers by its beak and weaving them into the fabric.

    そこに娘はおらず、やせ細った鶴が自分の羽をくちばしで引っ張り、それを反物に織り込んでいたのです。

  • At night, the girl told the old man and his wife.

    夜、娘はおじいさんとおばあさんに言います。

  • "I can't keep my secret anymore.

    「もう隠しておくことはできませんね。

  • I am the crane you rescued on that snowy day.

    私は、あの雪の日、あなたが助けた鶴です。

  • I really wanted to express my gratitude to you.

    恩返しをしたかったんです。

  • By transforming myself into a human being and weaving the fabric, this was the only way I could do something for you.

    人間の姿になって、反物を織ること。あなたのために私ができることは、これしかありませんでした。

  • But you two found out who I am so now I must leave."

    でも、2 人とも私の正体を知ってしまいました。私は行かなければなりません。」

  • The beautiful girl turned into a crane and flew far away.

    美しい娘は鶴の姿となり、遠く飛び立っていきました。

  • "Please don't go. Stay with us."

    「どうか行かないで。私たちといておくれ。」

  • The old man and his wife were crying and watching the sky as the crane flew away.

    鶴が遠くへ飛んでいくと、おじいさんとおばあさんは、泣きながら空を見つめていました。

Once upon a time there was a very poor but compassionate old man and his old wife.

むかしむかし、とても貧しいけれど、心の優しいおじいさんと、おばあさんがいました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 さん ばあ 美しい 2人 向こう 助け

【童話で英語】鶴の恩返し

  • 726 59
    Minnie に公開 2021 年 02 月 14 日
動画の中の単語