Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • (fire crackling)

    (火のパチパチ)

  • - Do you think you get a raise when you take the brand?

    - ブランドを取ると昇給するのかな?

  • - Well, I think they can negotiate it.

    - まあ、交渉すればいいんじゃないかな。

  • (laughs)

    (笑)

  • Right before the brand touches your skin,

    ブランドがお肌に触れる直前に

  • that's the moment to kind of renegotiate,

    今が再交渉の時だ

  • but the nos and the yeses are pretty finite.

    しかし、NOSとYESはかなり有限です。

  • - Yeah, definitely.

    - ああ、確かに。

  • - They're definitely open to it.

    - 彼らは間違いなく受け入れています。

  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

  • - I'm gonna kill you, you son of a bitch.

    - 殺してやる!この野郎

  • Before I do, I'm gonna take something back.

    その前に、何かを取り戻す。

  • - Wade, we find out when he's up against a tree

    - ウェイド、彼が木に直面しているとき、我々は見つけることができます

  • and he's exposed, that he's branded.

    晒し者にされてしまったのです。

  • - And it makes sense what they were talking about,

    - そして、彼らが話していたことにも納得がいく。

  • "Come and get it."

    "取りに来い"

  • - You have something that belongs to me.

    - あなたは私のものを持っています。

  • - Come and get it.

    - 取りに来てくれ

  • - Obviously, you're mind is itemizing,

    - 明らかに君の頭の中は 箇条書きになっている

  • what is the thing?

    何なんですか?

  • - Yeah, what could it be?

    - ああ、何かあるのかな?

  • - Of course, we got tricked.

    - もちろん、騙されました。

  • - I never thought

    - 思ってもみなかった

  • that for one second - 'Course we got tricked.

    一瞬、「騙されたに決まってるだろ」と思った。

  • - That it was a brand.

    - ブランドであることを

  • - Yeah. - I never thought that.

    - 思ってもみなかった

  • - And as soon as you put that together,

    - それをまとめるとすぐに

  • you're like, "Oh, shit.

    みたいな感じになるんだよね

  • - All of it makes sense.

    - 全てに意味があります。

  • - "He's going to cut it off of him

    - "彼はそれを彼から切り離そうとしている

  • and do full 'Silence of the Lambs.'"

    "羊たちの沈黙 "を完全にやってくれ"

  • Okay, cool cool.

    分かったよ

  • - What did you think about that when you saw it,

    - それを見てどう思った?

  • when we saw him in the tree?

    木の上で彼を見た時?

  • - It was brutal.

    - 残忍だった

  • I mean, the prosthetic was incredible.

    義肢装具がすごかった

  • The pizza, the slice of pizza, which is what it looked like,

  • came off in the hand, would drip.

    手の中で剥がれ落ちて、滴り落ちる。

  • And it was like, good (gags).

    と、いい感じになっていました(ギャグ)。

  • - I don't know if doing it for real

    - 本気でやっているかどうかはわからないが

  • would look that much different

    あんなに違う

  • than what that filet... Ugh.

    そのフィレよりも...うっ

  • What did you think about it?

    どうだったのかな?

  • - Jimmy loves Colby, loves Teeter, is angry,

    - ジミーはコルビーを愛し、ティータを愛し、怒っている。

  • is fucking pissed, wants revenge, that can all be true,

    復讐を望んでいる、それはすべて真実である可能性があります。

  • but it's still really hard for Jimmy

    それでもジミーは本当につらい

  • to stand there and watch that shit happen.

    そのクソみたいなことが起こるのを見ていた

  • That's not the language that Jimmy speaks.

    ジミーが話す言葉ではない

  • - Isn't that funny?

    - それっておかしくないですか?

  • And yet you got the brand straightaway,

    それなのに、あなたはすぐにブランドを手に入れた。

  • it's everything is reversed

    これでは何もかもが逆転してしまう

  • and we're wanting it so bad, ready to-

    それが欲しくてたまらないんだ

  • - Take it.

    - 持ってけ

  • - Pick me, I'll cut his hand off or whatever.

    - 私を選んで、私は彼の手を切断するか、または何かをします。

  • Everything is upside down and that's why it's so interesting

    何もかもが逆さまだからこそ面白い

  • 'cause we think you got it,

    あなたが持っていると思っているから

  • I know the shell is under the-

    殻が下にあるのは知っていますが...

  • - It has to be.

    - そうでなければならない。

  • - It's not there, it's over here-

    - そこではなく、ここではなく...

  • - It has to be.

    - そうでなければならない。

  • - Every time.

    - 毎回だ

  • - It's these highs and lows, right?

    - この高さと低さだよね?

  • Jimmy, this is when he's most in love with Mia

    ジミー ミアに一番恋してる時よ

  • and he's seeing the sort of darkest side

    闇のようなものを見ている

  • of what it means to wear the brand.

    ブランドを身につけるということの意味の

  • And he's seeing Wade, a branded man who defied the brand,

    そして、ブランドに逆らったウェイドを見ている。

  • getting fucking strung up in a tree and tortured.

    木に吊るされて拷問されて

  • - If you're wearing that brand, you must be a bad man.

    - そのブランドのものを着ているのであれば、あなたは悪い人に違いありません。

  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

  • - Walker, of all people, is the one to do it.

    - 誰よりもウォーカーが適任だ

  • So many interesting things are happening.

    だから、面白いことがたくさん起きています。

  • - Well, he had to do it.

    - まあ、彼はそれをしなければならなかった。

  • Otherwise, he still has a death sentence.

    そうでなければ、彼はまだ死刑判決を受けている。

  • - You're gonna have to prove yourself, Walker.

    - 自分を証明しないとな ウォーカー

  • - And having Walker cut the brand off,

    - ウォーカーにブランドを切らせた

  • is that another subtle way,

    というのは、また別の微妙な方法です。

  • well, not so subtle way for Rip to also say

    巧妙な言い方ではないが

  • this is what it would look like

    こうなる

  • if you were ever to do something?

    もし何かすることがあったら?

  • Because he wore the brand and left.

    ブランドを着て出て行ったから。

  • - That would dissuade me from leaving twice.

    - それだと二度も出て行く気にならない。

  • Having watched that event, I would be handing in my card

    そのイベントを見ていたら、私はカードを渡すことになっていました。

  • and I'd be like, "Okay-

    とか言って、「わかった~。

  • - Right? So it feels like-

    - そうだよね?だから、それは感じて...

  • - "You own me."

    - "私はあなたのもの"

  • - Yeah.

    - そうだな

  • - This is right when you guys are signing up

    - これはあなたたちがサインアップしているときに正しいです。

  • to wear the brand, so you're seeing

    ブランドを身につけるために、あなたが見ているのは

  • the darkest consequence of taking the brand.

    ブランドを取ることの最も暗い結果。

  • - Y'all wanted revenge, now you got it.

    - 復讐を望んでいたが、今はそれが叶った。

  • But there's a price to pay for revenge.

    しかし、復讐のためには代償が必要です。

  • - It seems like we've built an army of-

    - 軍隊を作ったような気がしますが

  • - And that's what it feels like.

    - そして、そんな感じです。

  • - And been corralled and now you're all pawns.

    - 追い詰められて、今ではお前ら全員が駒になっている。

  • - Got a whole army now, I see.

    - 全軍を手に入れたんだな

  • - You always got an army, don't you, John?

    - いつも軍隊を持っているんだろう?ジョン

  • - And there's a reason behind the building up of a force

    - 力の蓄積には理由がある

  • 'cause it needs to go somewhere, be kinetic.

    どこかに移動する必要があるからだ。

  • - And John, obviously, that's something that

    - そして、ジョン、明らかに、それは何かのために

  • he would sign off on.

    彼がサインしてくれた

  • He's like, "We can't just run around branding people."

    "人をブランド化することはできない "と

  • So that's something John himself feels like

    それはジョン自身が感じていることだ

  • hey, there's value in bringing in these men

    おい、こいつらを連れてくることに価値があるんだよ

  • into this circle.

    この輪の中に

  • He knows, I need all hands on deck, literally,

    彼は知っている、文字通り総動員が必要だ。

  • to handle what's to come in the future.

    これからのことを処理するために

  • - Evil wants what it wants and won't stop

    - 悪は望むものを求めて止まない

  • until it's won or you kill it.

    勝つか殺すかのどちらかになるまで

  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

  • - Speaking of coming back,

    - 帰ってくるといえば

  • welcome welcome. - Guys!

    歓迎されている歓迎されています。- みんな!

  • - What do you want for Teeter moving forward?

    - ティーターが前に進むために必要なものは何ですか?

  • What would you like to see her get into to do?

    彼女に何をしてほしいの?

  • - It was so above and beyond anything

    - それは何にも増して、何にも増して

  • that I could have hoped for

    願ってもない

  • that anything that I think about

    何を考えても

  • would just pale in comparison

    比べ物にならない

  • to what he could possibly come up with in his big old brain.

    彼の大きな脳みその中で何を思いつくのか、と。

  • What I felt, at least, that there was

    少なくとも私が感じたことは、そこには

  • a real army that was now being formed

    じっせいぐん

  • and I'm really looking...

    そして、私は本当に見ている...

  • I mean, what I would love is

    つまり、私が好きなのは

  • to have physically intense scenes

    緊迫したシーンがある

  • where I feel like I'm kind of a soldier.

    兵士のような気がするところ。

  • Kinda odd to say this in front of people,

    人前で言うのは変だな

  • but I feel like a weird sex scene would be really fun.

    でも、変なセックスシーンがあったらすごく楽しそうな気がします。

  • 'Cause I mean, we're not really having sex,

    私たちは本当にセックスをしていないから。

  • and I just feel like it would be-

    私はただそれが...

  • - Yes, audience, we're not really having sex.

    - はい、観客の皆さん、私たちは本当にセックスをしていません。

  • - We're not really having sex,

    - 本当はセックスしてないんだよ

  • but I feel like it would be a...

    という感じがしますが、それは

  • I think that it would maybe turn some-

    それはもしかしたら、誰かを回すことになるかもしれないと思います。

  • - Some things more-

    - いくつかのことは、より多くの

  • - Some roles on their head.

    - 頭の上にいくつかの役割がある。

  • - Yeah.

    - そうだな

  • - Don't that sound nice?

    - いい感じじゃない?

  • (laughing)

    (笑)

  • But in terms of this storyline,

    しかし、このストーリーラインからすると

  • there's more depth there that we will get into,

    そこには、私たちが入ることができるより多くの深さがあります。

  • but without it making the relationship boring in any way.

    でも、それによって関係がつまらなくなることもなく。

  • - It's just like-

    - まるで...

  • - We shared a trauma.

    - トラウマを共有した

  • - Yeah, we shared a trauma,

    - トラウマを共有していた

  • which I think is so interesting,

    というのが、とても面白いと思います。

  • but very, very destructive all at the same time.

    しかし、同時に非常に、非常に破壊的です。

  • You don't have to come.

    来なくていいよ

  • - No, I wouldn't miss this for the fucking world.

    - これを見逃すわけにはいかないわ

  • - Now that she's got the brand,

    - 彼女がブランドを手に入れた今

  • is she capable of switching into violence,

    彼女は暴力に切り替えることができます。

  • becoming one of the underbelly part of the ranch?

    牧場の下っ端パートの一人になるのか?

  • - I figured Teeter was always capable of violence.

    - ティーターは常に暴力を振るうことができると思っていました。

  • That is fun.

    それはそれで楽しい。

  • I just remember thinking,

    と思ったのを覚えています。

  • when I was looking into Cole Hauser's eyes

    コール・ハウザーの目を見ていたら

  • as Teeter, I was like, "Bring it."

    ティーターとして、私は "持って来い "と言った。

  • I really felt like, "Bring it."

    "持ってこい "みたいな気持ちになりましたね

  • My big thing from when I came on the show,

    番組に出てきた時からの私の大物。

  • 'cause I didn't know I was gonna be

    私は知らなかったから

  • in more than one episode even,

    1つ以上のエピソードでも

  • and my dream was like, "I just wanna get branded,

    と、夢は「ブランド化したいだけ」という感じでした。

  • I just wanna get..."

    "私はただ...."

  • That's all I've wanted, was to get branded.

    私が望んでいたのは、ブランドを手に入れることだった。

  • And so episode nine?

    第9話は?

  • - Yeah.

    - そうだな

  • - And I'm reading the script, I see that I get branded,

    - 台本を読んでいると、ブランド化されてしまうんですね。

  • and this is so embarrassing, I literally burst into tears,

    これは恥ずかしくて文字通り涙が出てきたわ

  • like full Miss Universe ugly cry,

    フルミスユニバースのような醜い泣き声

  • just like, "No way, you guys," and it was this huge moment.

    まさか、お前ら」みたいな感じで、すごい瞬間でした。

  • What I think could be interesting

    面白そうだなと思うこと

  • is that the loyalty to the brand might come second

    は、ブランドへの忠誠心が二の次に来るかもしれないということです。

  • to the loyalty I have to you.

    あなたへの忠誠心に

  • And I think that could be an interesting kind of thing.

    そして、それはそれで面白い種類のものになるかもしれないと思います。

  • While being branded is a bonding experience,

    ブランド化されている間は、絆を感じることができます。

  • I think it's a secondary bonding experience

    二次的なボンディングだと思います

  • to near death, which is what we kinda have.

    死にそうになるまで、それは私たちが持っているものです。

  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

  • - I definitely thought I was dead, I mean, for sure,

    - 確かに死んだと思ったよ、確かに。

  • when we were reading that for the first time.

    初めて読んだ時は

  • - Oh yeah. (Denim laughs)

    - そうなんですよね。(デニムが笑う)

  • So about that, I should say that it was Sunday morning,

    そのことについてですが、日曜日の朝だったと言うべきでしょうか。

  • I don't know if you guys know this, and Taylor calls me up,

    みんなが知ってるかどうかは知らないけど、テイラーに呼び出された。

  • and he's like, "You don't die."

    "お前は死なない "と言っていた

  • And I'm like, "What?"

    私は "何?"と思った

  • He's like, "The next script that's coming out,

    彼は「次に出てくる台本」という感じです。

  • you're gonna think you die, you don't die."

    死んだと思っても死なない"

  • And then basically, it was like, "Oh, and tell Denim."

    基本的には "デニムにも伝えろ "って感じで

  • (laughing)

    (笑)

  • - So I've already read the script,

    - ということで、台本はもう読んでいます。

  • and by the time I get a text message from you,

    とメールが来る頃には

  • I'm freaking out.

    パニクってるんだよ

  • I'm running around my house in a manic state.

    躁状態で家の中を走り回っています。

  • Like, "Oh my God, what had happened?"

    "何があったの?"って感じで

  • And then you sent that, I was like, "Okay, all right."

    あなたがそれを送ってきて、私は "わかった、わかった "って感じだった。

  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

  • The night was a big night, when we finally kiss.

    ついにキスをすることになった大きな夜。

  • - That wasn't so bad was it?

    - そんなに悪くなかったでしょ?

  • I had harassed every other part of your body though by-

    私はあなたの体の他の部分にも嫌がらせをしていましたが...

  • - Well, yeah. By that time, I was completely violated.

    - まあ、そうですね。その頃には、完全に暴力を振るわれていました。

  • I had nothing else left.

    他には何も残っていませんでした。

  • - Which, by the way, I just wanna make clear,

    - ところで、はっきりさせておきたいんだが

  • I did check in with him.

    彼に確認しました

  • Did I not? I did-

    そうかな?私は...

  • - Oh, no, 100%. I have always felt safe and comfortable.

    - あ、いや、100%です。私はいつも安心感があり、快適に過ごせています。

  • - I had to check in.

    - チェックインしなければならなかった。

  • I'm pretty sure I was like,

    みたいな感じだったと思います。

  • "Is it okay if I lick your face on this take?" (laughing)

    "このテイクで顔を舐めてもいいですか?"(笑)

  • - If that's how you feel.

    - そう思うなら

  • - You want a back rub?

    - 背中を揉む?

  • - I don't. Thanks.

    - 私はしないわありがとうございます。

  • What did you think?

    どうだった?

  • And then how did it feel for you

    そして、あなたはどう感じましたか?

  • on the day when it actually-

    その日のうちに

  • - I've been meaning to tell you, Denim.

    - ずっと言おうと思ってたんだよ、デニム。

  • - Oh, okay.

    - ああ、そうか。

  • - No, I'm kidding.

    - いや、冗談だよ。

  • - I was gonna say, naturally it sucked.

    - 言おうと思ってたんだが、当然ながらクソだった。

  • - How did you feel?

    - いかがでしたか?

  • - I mean, I was just mainly concerned

    - 主に気になっていたのは

  • with how you were feeling the entire time.

    あなたの気持ちに寄り添って

  • - Yes, because I basically had like a nude Band-Aid.

    - 私は基本的に裸のバンドエイドのようなものを持っていたから。

  • They're like, "Here's some Band-Aids."

    "バンドエイドだよ "って言ってた

  • - Yeah, two or three Band-Aids, yeah.

    - ああ、バンドエイドが2、3個だな。

  • - You're not acting at a certain point

    - ある時点で行動していない

  • 'cause you're really out there in the elements.

    君は本当に外に出ているからだ

  • Is it bad?

    悪いことなのかな?

  • I don't know.

    知る由もありません。

  • You guys were just the greatest group to come into.

    お前らが入ってきたのは最高のグループだったんだよ

  • And you're just all such gentlemen.

    そして、あなた方はそんな紳士ばかり。

  • - She's reading that off this card. (laughs)

    - 彼女はこのカードからそれを読み取っています。(笑)

  • - That's what it says right here.

    - ここに書いてある

  • - That's scripted.

    - それは台本だ

  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

  • - It's gonna be your last lesson, son,

    - これが最後の授業になるぞ

  • how to be meaner than evil

    あくよりもいじわる

  • and still love your family and still enjoy a sunrise.

    と、今でも家族を愛し、今でも朝日を浴びています。

  • - Kayce's journey this season is fascinating.

    - 今シーズンのケイシーの旅は魅力的です。

  • He's a guy who his whole life has been steeped in violence.

    生涯暴力に染まった男だ。

  • He's served in the military.

    彼は軍に仕えていた

  • - You'll never meet a man who's killed more men than me,

    - 俺より多くの男を殺した男には絶対に会えないだろう

  • but I ain't never murdered one.

    だが俺は一度も殺したことはない

  • - He's sort of, his entire life, come face-to-face

    - 彼は、彼の人生の中で、顔を突き合わせて

  • with this idea of absolutes, of Western justice.

    西洋の正義の絶対という考え方で

  • He is following in his father's footsteps,

    父親の足跡をたどっている。

  • but he's trying so hard to do it his way.

    と言っても、自分のやり方で必死になっている。

  • - That shooting was justified.

    - その銃撃は正当化されていた

  • - My office won't question it.

    - 事務所は質問しない