Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - [Amber] We are the Little Rock Nine.

    - 俺たちはリトルロック・ナインだ

  • We are (beep) nine visions of black excellence.

    私たちは(ビープ音)ブラックエクセレンスの9つのビジョンです。

  • We will go to school and we'll change the world.

    学校に行って世界を変えよう

  • It'll be great.

    凄いことになりそうです。

  • - Hello.

    - こんにちは。

  • Today we're going to talk about the Scopes Monkey Trial.

    今日はスコープスモンキートライアルについてです。

  • (mouth slurping)

    (口ずさんで)

  • The 1925 in Dayton, Tennessee, the economy was tanking.

    テネシー州デイトンでの1925年は、経済が低迷していました。

  • George Rappleyea was a lawyer.

    ジョージ・ラプレイヤは弁護士だった。

  • One day he saw an open letter in the newspaper.

    ある日、彼は新聞に公開された手紙を見た。

  • The ACLU, which is a new organization

    新団体「ACLU」が

  • offers to represent any teacher that wants

    欲しい先生の代理をすることを申し出ます。

  • to challenge the new Tennessee state law

    テネシー州の新法に挑戦するために

  • that forbids the teaching of evolution.

    進化の教えを禁じている

  • This gives George an idea.

    これはジョージにアイデアを与えます。

  • Hey, if someone locally challenged this law,

    おい、地元でこの法律に異議を唱える人がいたら

  • it could become the trial of the century

    世紀の一大事になりかねない

  • and it could help the economy in our (beep) little town

    私たちの小さな町の経済を助けてくれるかもしれない

  • that nobody knows about.

    誰も知らない

  • George Rappleyea, who I want to call Appleyea,

    アプリーアと呼びたいジョージ・ラプリーア。

  • because it's the only way I can remember his name.

    彼の名前を覚えているのはそれだけだからだ

  • Apple yay!

    りんごやったー!

  • But his name is Rappleyea.

    でも、名前はラプレイヤ。

  • - Right. - Yeah.

    - そうだな- そうなんだ

  • Don't call them Appleyea.

    アプリアって呼ぶなよ

  • Okay, I call him Rappleyea.

    私は彼をラプリーアと呼んでいます。

  • So they pitched this idea to John Scopes

    このアイデアをジョン・スコープスに提案しました。

  • of the Scopes Monkey Trial.

    スコープスモンキートライアルの

  • Isn't it terrible that there's this law?

    この法律があるのはひどくないですか?

  • You're a science teacher.

    理科の先生なんですね。

  • Yeah, I'm a football coach.

    ええ、私はフットボールのコーチです。

  • I also took,

    私も撮りました。

  • I'm a football coach.

    私はサッカーのコーチをしています。

  • I also teach a little science

    ちょっとした理科も教えています

  • and I personally believe in evolution.

    と個人的には進化を信じています。

  • The ACLU, they hire the greatest defense attorney,

    ACLUは最高の弁護人を雇っている

  • probably ever, Clarence Darrow.

    クラレンス・ダロウだ

  • Public schools should teach science and facts.

    公立学校は理科と事実を教えるべきだ。

  • That's what I think.

    それが私の考えです。

  • William Jennings Bryan comes in to fight

    ウィリアム・ジェニングス・ブライアンが参戦

  • for the Tennessee state statute, which he inspired.

    彼が考案したテネシー州の州法のために。

  • You can't teach evolution.

    進化を教えることはできません。

  • Yeah, legally you can't teach it.

    ああ、法的には教えられないんだな。

  • On the first day of the Scope Monkey Trial

    スコープモンキートライアル初日に

  • Williams Jenning Bryan,

    ウィリアムズ ジェニング・ブライアン

  • why does that not sound like I'm saying it right?

    なぜそれが正しいことを言っているように聞こえないのか?

  • Williams Jenning Bryan says to the court,

    ウィリアムズのジェニング・ブライアンは法廷に向かって言う。

  • "If evolution wins, Christianity goes."

    "進化論が勝てば キリスト教は消える"

  • And to that Clarence Darrow argued

    クラレンス・ダローはこう主張した

  • that Scopes isn't on trial.

    スコープスは裁判中ではない

  • Civilization is on trial.

    文明が試されている。

  • This was like a boxing match.

    まるでボクシングの試合のようでした。

  • This was the trial of the century,

    世紀の裁判でした。

  • and for the first time,

    と初めての方へ。

  • people were able to hear a trial on their radios.

    人はラジオで裁判を聞くことができました。

  • There was a point in the trial in which Clarence Darrow

    クラレンス・ダロウの裁判でのポイントがありました。

  • asked scientists to explain the theory of evolution.

    科学者に進化論の説明を求めた。

  • But the judge in the Scopes Monkey Trial was John Raulston.

    しかし、スコープス・モンキー裁判の判事はジョン・ラウルストンだった。

  • And he believed, "I have been called on by God

    そして、「私は神に召されている」と信じていました。

  • "to be the judge in this case.

    "この事件の裁判官になるために

  • "So I don't care what all these scientists have to say.

    "だから、この科学者たちが何を言おうと気にしない

  • "They can't give testimony."

    "彼らは証言できない"

  • So Clarence Darrow decided, "Okay, all my witnesses,

    そこでクラレンス・ダロウは、「よし、私の証人は全員」と決めた。

  • "they can't give testimony.

    "彼らは証言できない

  • "So I'll ask someone who's an expert on the Bible

    "だから聖書に詳しい人に聞いてみる

  • "to give testimony.

    "証言をする

  • "Hey, what is your name, Bryant?

    "やあ、ブライアント君の名前は?

  • "I know you're on the other side of this case,

    "事件の裏側 "にいるのは知っています。

  • "but why don't you go on the witness stand

    "でも 証言台に立ったらどうだ?

  • "and I'll question you about the Bible?"

    "聖書について質問しますか?"

  • Now, Williams Jenning Bryan was so excited about this.

    さて、ウィリアムズのジェニング・ブライアンはこれに興奮していました。

  • He was like, "Oh my God,

    旦那は「うわぁー。

  • "I'm gonna destroy you as a witness.

    "目撃者 "として潰してやる。

  • "I will go on the witness stand."

    "私は証人席に立ちます"

  • Now the judge didn't want him to do this.

    今の裁判官は、彼がこれをすることを望んでいませんでした。

  • The judge was (muffled speaking).

    裁判官は(口調を消して)いました。

  • (BJ laughing)

    (BJ笑)

  • When Clarence Darrow puts William Jennings Bryan

    クラレンス・ダロウがウィリアム・ジェニングス・ブライアンを置くと

  • on the Bible, he asks,

    聖書の上で、彼は尋ねる。

  • "Do you believe all the stories of the Bible literally?"

    "聖書のすべての物語を文字通り信じるか?"

  • And the first answer of William Jennings Bryan is,

    そして、ウィリアム・ジェニングス・ブライアンの最初の答えは

  • "Yes, the Bible is literal.

    "はい、聖書は文字通りです。

  • "I believe in it literally."

    "文字通り信じています"

  • And then asking him specific questions.

    そして、具体的な質問をして

  • Where did Kane's wife come from?

    ケインの妻はどこから来たの?

  • He made Adam and Eve.

    彼はアダムとイブを作った。

  • And then all of a sudden there are other people

    そして、突然、他の人が

  • and Kane finds a wife.

    とケインは妻を見つける。

  • Where did Kane's wife come from?

    ケインの妻はどこから来たの?

  • William Jennings Bryan gets flustered and says,

    ウィリアム・ジェニングス ブライアンは慌てふためいて言う。

  • "Well, I leave that up to you agnostics to find out."

    "それは君たち無神論者に任せるよ"

  • That's all Clarence Darrow needed.

    クラレンス・ダロウが必要としたのはそれだけだ

  • So you're not interpreting the Bible literally?

    聖書を文字通りに解釈していないということですね。

  • Clarence Darrow goes on

    クラレンス・ダロウが行く

  • to destroy William Jennings Bryan on facts.

    ウィリアム・ジェニングス・ブライアンを事実に基づいて破壊するために

  • - [Derek] Are you still spinning or how do you feel?

    - まだ回転してるのか?それとも気分は?

  • - Well, I'm, I'm dizzy.

    - えーと、私は、めまいがする。

  • I feel weird.

    変な感じがします。

  • I feel like I think I know where I'm going,

    自分の行き先がわかったような気がします。

  • and then I get utterly confused

    とか言っていても、頭の中が真っ白になってしまう

  • about where I thought I was going.

    どこに行こうとしていたのか

  • Ah, nope.

    ああ、ダメだ。

  • Gonna get Facebook responses for this.

    これでFacebookの反応を得ようとしている。

  • This was the complete destruction

    これは完全な破壊だった

  • of William Jennings Bryant

    ウィリアム・ジェニングス・ブライアントの

  • and William Jennings Bryant looks like a fool.

    とウィリアム・ジェニングス・ブライアントがバカみたいに見える。

  • But William Jennings Bryant

    しかし、ウィリアム・ジェニングス・ブライアント

  • knows I have the most amazing closing argument to make.

    私には驚くべき最終論があることを知っている。

  • So the entire country listening to the radio agrees,

    だからラジオを聞いている国全体が同意する。

  • Clarence Darrow just mopped the floor

    クラレンス・ダロウは床を掃除した

  • with William Jennings Bryant.

    ウィリアム・ジェニングス・ブライアントと

  • But William Jennings Bryant

    しかし、ウィリアム・ジェニングス・ブライアント

  • has the most amazing closing argument to make.

    驚くべき最終的な主張をしています。

  • Unfortunately for him,

    彼にとっては不幸なことに

  • Clarence Darrow also knows that he probably

    クラレンス・ダロウはまた、彼はおそらく

  • has a pretty amazing closing argument.

    には、かなり驚くべき閉口論があります。

  • So when the judge asks, Clarence Darrow

    だから裁判官が尋ねると、クラレンス・ダロウは

  • says, "I don't want to make a closing argument."

    "締めの主張はしたくない "と言っています。

  • By law William Jennings Bryant now cannot

    ウィリアム・ジェニングス・ブライアントは

  • make his closing argument.

    彼の最終弁論をする。

  • He was like, "You scumbag.

    彼は「このクズ野郎。

  • "You know what a (beep) scumbag you're being right now."

    "今のお前は何てクズ野郎なんだ?"

  • He was just humiliated

    彼はただ屈辱を受けていた

  • and now he can't even make the closing argument

    そして今では最終弁論もできない

  • he's been working on for the entire trial,

    彼は裁判にずっと取り組んでいました。

  • because he knew that at least in the minds

    彼は少なくとも心の中では

  • of those listening to the trial on the radio,

    ラジオで裁判を聞いている人の割合

  • he had won and that's all he wanted.

    彼は勝って、それだけを望んでいた。

  • Because he knew he was gonna lose.

    負けるとわかっていたからだ

  • He wanted to lose so that a higher court

    高裁に負けたいと思っていた

  • could decide on this bigger law.

    この大きな法律を決めることができました。

  • Six days after the trial,

    裁判から6日後。

  • William Jennings Bryant died

    ウィリアム・ジェニングス・ブライアント死去

  • and the press reported that William Jennings Bryant

    と報道され、ウィリアム・ジェニングス・ブライアントが

  • didn't die of diabetes.

    糖尿病で死ななかった

  • He died of a broken heart.

    彼は失恋して死んだ

  • - You think they were right? - No,

    - 彼らが正しかったと思うか?- そうじゃない

  • I think he died of diabetes.

    糖尿病で死んだんじゃないかな。

  • - [Derek] Perfect ending.

    - 完璧な結末だ

  • - Hey everybody, I'm Amber Ruffin,

    - アンバー・ラフィンよ

  • and I'm here to talk about the Little Rock Nine.

    リトル・ロック・ナインの話をしに来ました

  • I can't reach you.

    連絡が取れない

  • - I got you. - Oh, you got up.

    - 捕まえたぞ- 起きたのか

  • - One more nine.

    - もう1つの9

  • Do it again

    ♪ Do it again ♪

  • We're gonna celebrate

    ♪ We're gonna celebrate ♪

  • One more nine

    ♪ One more nine ♪

  • Oh yeah ta pop oh pop oh

    ♪ Oh yeah ta pop oh pop oh ♪

  • Our story starts in Arkansas,

    物語はアーカンソーから始まる

  • Little Rock to be specific.

    具体的にはリトルロック。

  • It's 1957.

    1957年のことだ

  • The Supreme court has just ruled in a case

    最高裁の判決が出ました。

  • of Brown vs. The Board of Education

    ブラウン対教育委員会

  • that separate is not equal.

    セパレートがイコールではないことを

  • So their local NAACP went out to the black community

    地元のNAACPが黒人社会に出て行ったのね

  • and found nine kids to go to Central High School,

    と中央高校に通う9人の子供を見つけました。

  • the premier high school in little Rock, Arkansas.

    アーカンソー州リトルロックにある高校です。

  • So this kids are like, "We are the Little Rock Nine.

    だから、この子たちは「俺たちはリトルロックナインだ」みたいな。

  • "We are (beep) nine visions of black excellence.

    "私たちは(ビープ音)ブラックエクセレンスの9つのビジョンです。

  • "We will go to school and we'll change the world.

    "学校に行って世界を変えよう

  • "It'll be great."

    "それは素晴らしいことだ"

  • So then the governor of Arkansas, Orval Faubus,

    アーカンソー州知事のオーヴァル・フォーバスは

  • finds out that these kids are planning to integrate

    これらの子供たちが統合を計画していることがわかります。

  • and this bitch, Orval Fartbus.

    そしてこのクソ女 オーバル・ファートバス

  • (Derek laughing)

    (デレクの笑い声)

  • You can fart all you want on a fart bus.

    おならバスの中で好きなだけおならしていいよ。

  • Anyway, Orval Fartbus was like,

    とにかく、オーバル・ファートバスはそんな感じでした。

  • "Hey, if these kids integrate,

    "おい、この子たちが統合したら

  • "the streets will run red with blood."

    "通りは血で赤く染まるだろう"

  • Orval Fartbus is a bitch.

    オーバル・ファートバスはビッチだ

  • (both laughing)

    (二人とも笑)

  • So then the kids show up to school on September 4th, 1957,

    そうすると、1957年9月4日に子供たちが学校に現れます。

  • the first day of school.

    初登校日。

  • The senior in the group of the Little Rock Nine

    リトルロックナインのグループの先輩

  • is Ernest Green.

    はアーネスト・グリーン。

  • And he is like, "Oh my gosh,

    とか言ってるし。

  • "there is an ass load of angry white people."

    "怒っている白人がたくさんいる"

  • This angry white mob was like, "We don't like you.

    この怒った白人モブは「俺たちはお前のことが嫌いだ。

  • "You need to go away.

    "どこかに行ってくれ

  • "We are going to beat you up

    "私たちはあなたを叩きのめす

  • "and hang you from a tree (laughs)."

    "木に吊るして(笑)"

  • This is not funny.

    これは笑えない。

  • Meanwhile, on the other side of school,

    一方、学校の反対側では

  • Elizabeth Eckford, the ninth of the Little Rock Nine

    エリザベス・エクフォード、リトルロック・ナインの9人目

  • is like, "Oh (beep), I'm here all by myself.

    は、「あ(ピッ)、一人で来たんだ」という感じです。

  • "Oh my God, there's a huge mob of white people.

    "白人の大群衆 "がいるぞ

  • "This is terrifying.

    "これは恐ろしい。

  • They're yelling and they have signs

    彼らは叫んでいるし、彼らは看板を持っています。

  • and they're shouting shit.

    とクソみたいなことを叫んでいます。

  • And they are like, "Hey, you're white.

    とか、「おい、お前は白人だぞ。

  • "I mean, I'm white and you're black.

    "私は白人であなたは黒人 "という意味です。

  • "So that means I don't like you."

    "好きじゃないってことは"

  • So she gathers herself and this girl is G'd up.

    それで彼女は自分を集めて、この女の子はG'd up。

  • (beep) face stone cold and walking through these people

    (ビープ音) 石のように冷たい顔をして、これらの人々を歩いて

  • who want to pick her up and break her in two,

    彼女を拾って真っ二つにしたい人。

  • just walking through like a G.

    Gのように通り過ぎていくだけ

  • And she sees the Arkansas National Guard.

    彼女はアーカンソー州兵を見た

  • "They must be here to help me," she thinks.

    "彼らは私を助けるためにここにいるに違いない "と彼女は思う。

  • She quickens her pace and she goes,

    彼女のペースを速めて、彼女は行ってしまう。

  • "Hey, these white people are trying to kill me.

    "おい、この白人どもは俺を殺そうとしている。

  • "Please save me."

    "私を救ってください"

  • And they like block her entrance.

    そして、彼らは彼女の入り口を塞ぐようにしている。

  • They are letting other white students in and she's like,

    他の白人の生徒を入れているのに、彼女はこう言っている。

  • "What is the deal?

    "取引ってなんだ?

  • "You are the National (beep) Guard.

    "君たちは国家(ビープ音)警備隊だ

  • "If anybody needs to be guarded it's me here now."

    "誰かを守る必要があるとすれば......それは今ここにいる私だ"

  • So she leaves school.

    それで彼女は学校を出て行った。

  • She sits down at the bus stop

    バス停に座っている

  • and the white people are surrounding her.

    と白人に囲まれています。

  • And they're like, "We don't like you, you are poopy."

    "俺たちはお前のことが好きじゃない、お前はウンコだ "と

  • She went several minutes for the bus.

    彼女はバスに乗るために数分かけて行った。

  • The bus pulls up and she's like,

    バスが停車すると、彼女はこう言う。

  • "Thank God, I can finally get out of here.

    "よかった、やっとここから出られる。

  • "This isn't the last I will see of you,

    "これが最後ではない

  • "but also (beep), can I just get a (beep) education?"

    "でも(ビープ音)、教育を受けてもいいですか?"

  • So (burps) that was the first attempt and they lost.

    それが最初の試みで、彼らは負けた。

  • So attempt number two, they regroup.

    だから第二の試みは、彼らは再編成する。

  • They go at it again in a week.

    一週間後にまたやるんだ

  • They all got together this time

    今回はみんなで集まって

  • and they all entered school at the same place

    みんな同じところに入学した

  • at the same time.

    と同時に。

  • The Little Rock police force escorts the children

    リトルロック警察は子供たちを護衛する

  • into school and they say, "Hey, look,

    学校に入ると、「ほら、見て」と言われます。

  • "let me catch you out on the street any other day,

    "他の日に道で君を捕まえさせてくれ

  • "and then who knows what?

    "そして誰が何を知っているか?

  • "But today we'll take care of you."

    "でも今日は私たちが面倒を見ます"

  • They escort the children into school

    子供たちを学校にエスコートしてくれる

  • and they hold the line so that the crazy angry white mob

    狂ったように怒っている白人の暴徒のために 一線を画している

  • does not act a fool.

    は馬鹿を演じません。

  • But the angry mob, they break through the police line

    しかし、怒った暴徒は、彼らは警察のラインを突破します。

  • and goes into the school

    と学校に入ります。

  • and are like, "Ha, we hate black people so much,

    とか「はっ、私たちは黒人がめちゃくちゃ嫌いなんですよ。

  • "we're coming in this school to snatch you out."

    "お前を連れ出すために この学校に入ってくる"

  • So the cops are like, (beep).

    だから、警察は、(ビープ)のようなものです。

  • So they get away in the nick of time

    だから、彼らは間一髪で逃げ出す。

  • because people are so angry that they beat up cops

    怒りのあまり警官を殴るから

  • and push them out of the way

    と押し退ける

  • so they could get to these children.

    彼らは子供たちの所に行くために

  • White people.

    白人です。

  • So they go to their houses.

    だから、彼らは自分たちの家に行く。

  • These kids are now like,

    今の子供たちは

  • "Oh man, there's nothing we can do.

    "彡(゚)(゚)「やばい、どうしようもないな。

  • "I feel very discouraged.

    "非常に落胆しています。

  • "All these white people are extra crazy, they're very mad."

    "白人はみんな余計に頭がおかしい"

  • Ernest Green turns to the group and he says,

    アーネスト・グリーンはグループの方を向いて言う。

  • "You know what?

    "知ってますか?