Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • So, I'll start with this:

    翻訳: RINAKO UENISHI 校正: Natsuhiko Mizutani

  • a couple years ago, an event planner called me

    さてこの話から始めましょう―2年前

  • because I was going to do a speaking event.

    ある企画の担当者が電話してきました

  • And she called, and she said,

    スピーチイベントに出ることになっていたのです

  • "I'm really struggling with how

    彼女は電話口で言いました

  • to write about you on the little flyer."

    「今困っているのよ

  • And I thought, "Well, what's the struggle?"

    案内にどうあなたの紹介文を書くかで」

  • And she said, "Well, I saw you speak,

    「困るって何が?」

  • and I'm going to call you a researcher, I think,

    「あなたのスピーチから考えたら

  • but I'm afraid if I call you a researcher, no one will come,

    研究者だけど―もし研究者なんて紹介してしまったら

  • because they'll think you're boring and irrelevant."

    誰も来ないんじゃないかと思って

  • (Laughter)

    退屈で縁のない話と思われたらね」

  • And I was like, "Okay."

    ―会場(笑)

  • And she said, "But the thing I liked about your talk

    「わかった それで?」

  • is you're a storyteller.

    彼女はこう続けました「だけど―

  • So I think what I'll do is just call you a storyteller."

    あなたの魅力は話上手なところなの

  • And of course, the academic, insecure part of me

    だからストーリーテラーと呼ぼうと思うんだけど」

  • was like, "You're going to call me a what?"

    研究者としての私は不安に思い

  • And she said, "I'm going to call you a storyteller."

    「なんですって?」

  • And I was like, "Why not magic pixie?"

    「ストーリーテラーよ」

  • (Laughter)

    「なんで魔法使いの妖精じゃないのよ?」

  • I was like, "Let me think about this for a second."

    ―会場(笑)

  • I tried to call deep on my courage.

    私は「ちょっと考えさせて」と言って

  • And I thought, you know, I am a storyteller.

    自分の勇気を呼び出そうとしました

  • I'm a qualitative researcher.

    そしてこう思ったのです 私がストーリーテラー?

  • I collect stories; that's what I do.

    でも私は定性調査をしていて

  • And maybe stories are just data with a soul.

    物語を収集するのが仕事だし

  • And maybe I'm just a storyteller.

    魂のこもったデータを物語と言うのだろうから

  • And so I said, "You know what?

    やっぱり私はストーリーテラーなんだと

  • Why don't you just say I'm a researcher-storyteller."

    「じゃあこういうのはどう?

  • And she went, "Haha. There's no such thing."

    研究者兼ストーリーテラー」

  • (Laughter)

    「そんなのありえないわ」と一笑に付されました

  • So I'm a researcher-storyteller,

    ―会場(笑)

  • and I'm going to talk to you today --

    ですから私は研究者兼ストーリーテラーです

  • we're talking about expanding perception --

    今日は物の見方を

  • and so I want to talk to you and tell some stories

    拡げることについてお話します

  • about a piece of my research

    また研究にまつわる

  • that fundamentally expanded my perception

    いくつかの話をしたいと思います

  • and really actually changed the way that I live and love

    研究を通して私の見方は根本から拡がり

  • and work and parent.

    生き方 愛し方 仕事 子育てのやり方を

  • And this is where my story starts.

    変えました

  • When I was a young researcher, doctoral student,

    そもそもの始まりがこれでした

  • my first year I had a research professor

    私がまだ若き研究者―博士課程の1年生だったとき

  • who said to us,

    指導教官の教授が

  • "Here's the thing,

    みんなにこう言いました

  • if you cannot measure it, it does not exist."

    「つまりだね―

  • And I thought he was just sweet-talking me.

    測定できないものは存在しないのだ」

  • I was like, "Really?" and he was like, "Absolutely."

    うまいこと言ってるだけだと

  • And so you have to understand

    疑いましたが彼は確信に満ちていました

  • that I have a bachelor's in social work, a master's in social work,

    ちなみに私はソーシャルワークで

  • and I was getting my Ph.D. in social work,

    学士号と修士号をとり そのときは

  • so my entire academic career

    博士号を取得しようとしていました

  • was surrounded by people

    ですから在学中はずっと

  • who kind of believed

    人生は煩雑なものだと信じ

  • in the "life's messy, love it."

    だからこそ素晴らしいと思う人たちに

  • And I'm more of the, "life's messy,

    囲まれてきたのです

  • clean it up, organize it

    私はその人たち以上です 人生は煩雑で

  • and put it into a bento box."

    それを片付け整理し

  • (Laughter)

    弁当箱に詰めてしまいます

  • And so to think that I had found my way,

    ―会場(笑)

  • to found a career that takes me --

    それが自分の生きる道ですし

  • really, one of the big sayings in social work

    天職だと思います

  • is, "Lean into the discomfort of the work."

    ソーシャルワークの分野でよく言われるのが

  • And I'm like, knock discomfort upside the head

    仕事の苦しみに身をあずけろというものですが

  • and move it over and get all A's.

    むしろ私は仕事の苦しみを振り払い

  • That was my mantra.

    押しのけて全部片付けてきました

  • So I was very excited about this.

    私はそういう主義でした

  • And so I thought, you know what, this is the career for me,

    それで この言葉でわくわくしました

  • because I am interested in some messy topics.

    またこう思ってました―これが私の天職なんだ

  • But I want to be able to make them not messy.

    どうしようもない話に興味があるし

  • I want to understand them.

    それをどうにかしたいし

  • I want to hack into these things

    理解したいんだ と

  • I know are important

    こういった大事なことについて

  • and lay the code out for everyone to see.

    どうにかして 誰もが―

  • So where I started was with connection.

    わかるように整理したかったのです

  • Because, by the time you're a social worker for 10 years,

    それで“関係性”から研究を着手しました

  • what you realize

    10年間ソーシャルワーカーの仕事をしてみると

  • is that connection is why we're here.

    関係性が生きることの理由だと

  • It's what gives purpose and meaning to our lives.

    気付くのです

  • This is what it's all about.

    関係性が生の目的や意味を与えてくれるのです

  • It doesn't matter whether you talk to people

    関係性とはそういうものです

  • who work in social justice and mental health and abuse and neglect,

    社会正義 メンタルヘルス

  • what we know is that connection,

    虐待や育児怠慢に関わる人なら誰でも

  • the ability to feel connected, is --

    知っていることなのですが

  • neurobiologically that's how we're wired --

    関係性 つまり繋がっていると感じる能力は

  • it's why we're here.

    神経生理学的にも認められた能力で

  • So I thought, you know what, I'm going to start with connection.

    生きる理由なのです

  • Well, you know that situation

    そこで関係性から研究を始めようと考えました

  • where you get an evaluation from your boss,

    上司から評価を説明される状況を

  • and she tells you 37 things you do really awesome,

    想像できますね 上司はあなたの

  • and one thing -- an "opportunity for growth?"

    37の功績について話したあとで

  • (Laughter)

    “成長の余地”について話します

  • And all you can think about is that opportunity for growth, right?

    ―会場(笑)

  • Well, apparently this is the way my work went as well,

    その“成長の余地”が頭からはなれません

  • because, when you ask people about love,

    私の研究の過程でも同じことが起こりました

  • they tell you about heartbreak.

    というのも愛について尋ねると

  • When you ask people about belonging,

    相手は失恋について語ります

  • they'll tell you their most excruciating experiences

    帰属意識について尋ねると

  • of being excluded.

    それではなくて

  • And when you ask people about connection,

    冷たくされたひどい経験について

  • the stories they told me were about disconnection.

    関係性について尋ねると語られるのは―

  • So very quickly -- really about six weeks into this research --

    関係性がうまくいかない場合の話なのです

  • I ran into this unnamed thing

    開始して6週間たったところで

  • that absolutely unraveled connection

    この何と呼んでよいかわからない状況に気付き

  • in a way that I didn't understand or had never seen.

    それまで理解も経験もしたことのない方法で

  • And so I pulled back out of the research

    関係性が完全に解明できたのです

  • and thought, I need to figure out what this is.

    研究からいったん後退し

  • And it turned out to be shame.

    これが何かをはっきりさせる必要があると考えました

  • And shame is really easily understood

    結局それは“恥”であるとわかりました

  • as the fear of disconnection:

    恥というのは関係性喪失への怯えとして

  • Is there something about me

    容易に理解することができます

  • that, if other people know it or see it,

    私も自分が

  • that I won't be worthy of connection?

    関係を持つに値しないと思われることを想像すると

  • The things I can tell you about it:

    自分の中にも見いだせるものです

  • it's universal; we all have it.

    つまり

  • The only people who don't experience shame

    普遍的で誰もがもっているのです

  • have no capacity for human empathy or connection.

    逆に恥を経験しない人が

  • No one wants to talk about it,

    つながりや共感を持ちえるはずがありません

  • and the less you talk about it the more you have it.

    恥について語りたい人はいませんが

  • What underpinned this shame,

    話さないと余計に大きいものとなります

  • this "I'm not good enough," --

    この恥という感情

  • which we all know that feeling:

    つまり 自分は十分じゃない と思う

  • "I'm not blank enough. I'm not thin enough,

    誰もが知る感情のことですが

  • rich enough, beautiful enough, smart enough,

    具体的には完璧じゃない スリムじゃない

  • promoted enough."

    金持ちじゃない 美しくない

  • The thing that underpinned this

    偉くない とかそんなことです

  • was excruciating vulnerability,

    こうした気持ちを芽生えさせるのは

  • this idea of,

    耐えがたいような心のもろさです

  • in order for connection to happen,

    なぜなら

  • we have to allow ourselves to be seen,

    関係性を持つには

  • really seen.

    私たちは自分自身を

  • And you know how I feel about vulnerability. I hate vulnerability.

    さらけ出さなければなりません

  • And so I thought, this is my chance

    心のもろさについて私の考え―私はそれが嫌でしたから

  • to beat it back with my measuring stick.

    自分の心のもろさを物差しで叩きなおす

  • I'm going in, I'm going to figure this stuff out,

    よいチャンスだと思いました

  • I'm going to spend a year, I'm going to totally deconstruct shame,

    私はこれを理解してやる

  • I'm going to understand how vulnerability works,

    1年をかけて徹底的に解体してやる

  • and I'm going to outsmart it.

    どう働くのかを理解してやる

  • So I was ready, and I was really excited.

    そしていつかその裏をかいてやる

  • As you know, it's not going to turn out well.

    準備万端でしたし本当に夢中でした

  • (Laughter)

    でも察しのとおりうまくはいきませんでした

  • You know this.

    ―会場(笑)

  • So, I could tell you a lot about shame,

    わかりますね

  • but I'd have to borrow everyone else's time.

    恥についてはもっとお話ししたいのですが

  • But here's what I can tell you that it boils down to --

    時間が足りません

  • and this may be one of the most important things that I've ever learned

    けれども結果的に この発見は

  • in the decade of doing this research.

    この10年ほどの研究のなかで

  • My one year

    学んだ一番重要なことです

  • turned into six years:

    1年のはずが

  • thousands of stories,

    6年となり

  • hundreds of long interviews, focus groups.

    何千もの話があり

  • At one point, people were sending me journal pages

    長いインタビューやフォーカスグループ研究をいくつも行い

  • and sending me their stories --

    ある時は誰かが雑誌の記事や

  • thousands of pieces of data in six years.

    自身の体験談を送ってきて

  • And I kind of got a handle on it.

    それは6年の間に何千ものデータになったのです

  • I kind of understood, this is what shame is,

    それで理解の糸口を得ることになりました

  • this is how it works.

    また恥が一体何であるか

  • I wrote a book,

    どう作用するのかも理解したと言えます

  • I published a theory,

    私は本を書きました

  • but something was not okay --

    理論を公表しました

  • and what it was is that,

    しかし何かが不十分だったのです

  • if I roughly took the people I interviewed

    それが何かというと

  • and divided them into people

    適当に私がインタビューする人を選び

  • who really have a sense of worthiness --

    ある人たちを自己価値感を持っている人と

  • that's what this comes down to,

    区別すると

  • a sense of worthiness --

    前者に欠けていたものとは

  • they have a strong sense of love and belonging --

    自分に価値があるという感覚でした

  • and folks who struggle for it,

    愛情とか帰属の感覚を持つ人がいる一方で

  • and folks who are always wondering if they're good enough.

    それに苦しんだり 自分は―

  • There was only one variable

    これでいいんだろうか と悩んだりする人がいます

  • that separated the people who have

    強く愛されているという感覚を持つ人と

  • a strong sense of love and belonging

    愛や関係性に苦しむ人とは

  • and the people who really struggle for it.

    あるひとつの点で

  • And that was, the people who have

    違っていました

  • a strong sense of love and belonging

    それはこういうことです

  • believe they're worthy of love and belonging.

    深い愛情や関係性を感じている人は

  • That's it.

    自分が愛されるに値すると信じているのです

  • They believe they're worthy.

    それが違いなのです

  • And to me, the hard part

    自分には価値があると信じているのです

  • of the one thing that keeps us out of connection

    人が関係性が断たれた状況にいることに

  • is our fear that we're not worthy of connection,

    耐えられないのは

  • was something that, personally and professionally,

    自分が関係性を持つのに値しないという恐れです

  • I felt like I needed to understand better.

    ですから個人的にも仕事上でも

  • So what I did

    このことを理解する必要があると思いました

  • is I took all of the interviews

    それで自己価値感が見られる人や

  • where I saw worthiness, where I saw people living that way,

    それに従って生きている人への

  • and just looked at those.

    インタビューを選び出し

  • What do these people have in common?

    これらをじっくりと眺めました

  • I have a slight office supply addiction,

    共通してみられることは何だろう?

  • but that's another talk.

    私はちょっとした文房具中毒で―

  • So I had a manila folder, and I had a Sharpie,

    でもそれはまた別の機会に話します

  • and I was like, what am I going to call this research?

    マニラフォルダーとサインペンを手に

  • And the first words that came to my mind

    この研究をなんと呼べばいいのか考えました

  • were whole-hearted.

    そしてある言葉がふと浮かんだのです

  • These are whole-hearted people, living from this deep sense of worthiness.

    それは“あるがまま”です つまり―

  • So I wrote at the top of the manila folder,

    自己価値感をもって生きている人たちなのです

  • and I started looking at the data.

    それでマニラフォルダーのはじめにこう書き

  • In fact, I did it first

    データを見始めたのです

  • in a four-day

    それが私が最初にしたことです

  • very intensive data analysis,

    4日で集中的なデータ分析をし

  • where I went back, pulled these interviews, pulled the stories, pulled the incidents.

    過去のインタビューや体験談

  • What's the theme? What's the pattern?

    出来事など振り返りました

  • My husband left town with the kids

    何がテーマなんだろう?パターンは何だろう?

  • because I always go into this Jackson Pollock crazy thing,

    主人は子どもたちを連れて家出しました

  • where I'm just like writing

    というのも私は執筆中は

  • and in my researcher mode.

    研究者モードで

  • And so here's what I found.

    ジャクソン・ポロックばりの仕事ぶりですから

  • What they had in common

    そこで発見したことをお話すると

  • was a sense of courage.

    その人たちが共通して

  • And I want to separate courage and bravery for you for a minute.

    持っていたのは勇気でした

  • Courage, the original definition of courage,

    ここでは勇気と勇敢は別なものとして考えます

  • when it first came into the English language --

    勇気―そもそもはラテン語で

  • it's from the Latin word cor, meaning heart --

    心を表わす“cor”という言葉が

  • and the original definition

    英語に入ってきたものです

  • was to tell the story of who you are with your whole heart.

    またもともとの定義は

  • And so these folks

    自身のことをあるがままに話す ということです

  • had, very simply, the courage

    こうした人々は

  • to be imperfect.

    不完全であってもよいとする

  • They had the compassion

    勇気こそを持っていたのです

  • to be kind to themselves first and then to others,

    また自分に対して思いやりがあって

  • because, as it turns out, we can't practice compassion with other people

    他者への思いやりを持っています

  • if we can't treat ourselves kindly.

    人は自分自身に優しくなれないなら

  • And the last was they had connection,

    他者にも思いやりを持てませんから

  • and -- this was the hard part --

    またこの人たちは関係性を持っていました

  • as a result of authenticity,

    ここからが難しいところなのですが

  • they were willing to let go of who they thought they should be

    自分への忠実さの結果

  • in order to be who they were,

    自分のあるがままを受け入れるために

  • which you have to absolutely do that

    あるべき姿については

  • for connection.

    あきらめていました それは関係性を得るためには

  • The other thing that they had in common

    絶対に必要なことなのです

  • was this:

    その他の共通項は

  • They fully embraced vulnerability.

    こういうことでした

  • They believed

    心のもろさを受け入れていたのです

  • that what made them vulnerable

    その人たちはこう信じます

  • made them beautiful.

    自分たちの心をもろくするものこそ

  • They didn't talk about vulnerability

    自分たちを美しくする と

  • being comfortable,

    心のもろさが快適であるとも

  • nor did they really talk about it being excruciating --

    それが自分たちを苦しめているとも

  • as I had heard it earlier in the shame interviewing.

    言いません 恥のインタビューの時に―

  • They just talked about it being necessary.

    聞いたような発言はありませんでした

  • They talked about the willingness

    必要なことなのだ語ります

  • to say, "I love you" first,

    愛していると