Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • we're doing something called Perks.

    パークスと呼ばれるものをやっています。

  • Top three Perk.

    トップ3のPerk。

  • I'm gonna have you walk us through the top players that you got for this week, just this week in particular.

    今週は特に今週だけのトップ選手を案内してもらおうかな

  • This does not mean that this is perks top players in the in the league, just the ones that he's impressed with this week specifically.

    これは、彼が今週具体的に感銘を受けたものだけで、これがリーグ内のトップ選手の特典という意味ではありません。

  • Perk.

    パーク

  • Who's your number one guy?

    あなたのナンバーワンは誰ですか?

  • Well, look, first of all I know we know about Joe L and B.

    まず第一にジョー・LとBのことは知っている。

  • We know about Anthony Davis, LeBron James, Steph Curry that shows some other people some love, like big yoking who is putting up N ba two k numbers.

    我々は、アンソニー-デイビス、レブロン-ジェームズ、他のいくつかの人々のいくつかの愛を示しているステフカリーについて知っている、N ba 2 kの数字を入れている大きなヨークのような。

  • This is unreal.

    これは非現実的だ

  • What he's doing right now.

    彼が今していること

  • This in the position he has flat out bawling career has all across the board, and I love it.

    これは、彼はフラットアウトbawlingキャリアを持っている位置にあるすべてのボードを渡って持っている、と私はそれを愛しています。

  • You know, I got a soft spot for the big man in the league, and when I see a big man dominating to this caliber, it just brings a smile on my face.

    リーグの大物選手には 惚れ惚れしてたんだ このレベルの大物選手を見ると 笑顔になるよ

  • Secondly, secondly, I'm going with Andrew Wiggins.

    第二に、アンドリュー・ウィギンスと行く。

  • Yes, I said Andrew Wiggins, because for the first time in his career, he doesn't have to be the number one pick.

    そう、アンドリュー・ウィギンスと言ったのは、彼のキャリアの中で初めて、彼がナンバーワンピックである必要がないからだ。

  • The culture of the Golden State Warriors have embraced him with open arms.

    ゴールデンステイト・ウォリアーズの文化は、彼を両手を広げて受け入れている。

  • They gave him a nickname to weigh wigs because he's dominating on the defensive end, protecting the basket, being there, two guys defensively on offensive end.

    彼らは彼にあだ名をつけてウィッグの重さを量るようにしたのは、彼がディフェンスで支配しているからだ、バスケットを守っているからだ、そこにいるからだ、オフェンスエンドでディフェンス的に2人の男がいるからだ。

  • He's doing exactly what he needs to do.

    彼は必要なことをしている

  • He don't have to be a number one pick.

    彼はナンバーワンである必要はありません。

  • He could be a second or third option of Steph Curry.

    彼はステフ・カリーの第2、第3の選択肢になるかもしれない。

  • And that's a great And that's a great thing for, um, my last but not least, the young Bull College Sexton.

    そして、それは素晴らしいことです、そして、それは、最後になりますが、私の最後の、若いブルカレッジ・セクストンのための、素晴らしいことです。

  • I told people when Cleveland drafted this kid, he was gonna be special.

    クリーブランドがこの子をドラフトした時 言ったんだが-

  • He is relentless.

    彼は容赦ない。

  • He is a dog.

    彼は犬です。

  • He has got better every single year.

    彼は年々良くなっている。

  • And guess what?

    で、何だと思う?

  • He's not done.

    彼はまだ終わっていない

  • He is carrying this team.

    彼はこのチームを背負っている。

  • Overall, I see growth for its him facilitating and get better for for other guys.

    全体的に、私はその彼のための成長を参照してください促進し、他の人のためのより良い取得します。

  • And also he dropped 4200 buns.

    しかも、4200個の饅頭も落としてくれました。

  • That's what James Harden called it when he gave it to a little baby.

    ジェームス・ハーデンが小さな赤ちゃんに与えた時にそう呼んでいました。

  • Right?

    だろ?

  • But college Texan, if the great Kobe Bryant was here, I'm guarantee you that he would bless college sex and with the Mamba mentality, because that's what he has.

    しかし、カレッジ・テキサン、もし偉大なコービー・ブライアントがここにいたら、彼はカレッジ・セックスを祝福し、マンバのメンタリティを持っていることを保証します。

  • You love to see it.

    見るのが好きなんですね。

  • I just want to point out that he just beat the Nets again.

    またネッツに勝っただけだと指摘しておきたい。

  • 25 points, nine assists.

    25点、9アシスト。

  • Kind.

    子供だよ

  • He had 38 points.

    38点を挙げていました。

  • The score was 1 25 1 13 rods.

    スコアは125113本でした。

  • What do you think about Perks?

    パークスについてどう思いますか?

  • Top three of last week have doubling down with another win over the Nets and Kyrie Irving still with big production.

    先週のトップ3は、ネッツとカイリー・アービングがまだ大きな生産との別の勝利で倍増しています。

  • Scoring wise.

    スコアリングワイズ。

  • But it's not turning into a W for the Nets is concerning, but I will say this about Collin Sexton.

    しかし、ネッツのWにならないのは気になるところだが、コリン・セクストンについてはこう言っておこう。

  • You know, he had every reason to maybe just be happy, especially in that first game back for Kyrie with Harden and K d.

    彼には幸せになる理由があった 特に最初のゲームでのハーデンとK dとのカイリーのために戻ってきた。

  • That was supposed to be there special, you know, coming out party a reason there and he just spoiled it.

    それはそこに特別なことがあるはずだった、あなたが知っている、カミングアウトパーティーは、そこに理由があって、彼はそれを台無しにした。

  • I like that.

    私はそれが好きなんです。

  • He took the physicality of the matchup with Kyrie.

    彼はカイリーとの対戦のフィジカルを取った。

  • There was one point where Kyrie kind of on the offensive end knocked them right in the mouth.

    攻撃的な終わりにカイリーのような 1 つのポイントがあったそれらを右の口の中でノックしました。

  • He didn't back down in overtime.

    延長戦でも引き下がらなかった。

  • He didn't get tired in double overtime.

    ダブルオーバータイムでも疲れが取れなかった。

  • He doubled down, continue to hit shot after shot.

    彼は、ダブルダウンして、ショットの後にショットをヒットし続けています。

  • Those superstars should have been able to put the game away somehow, but he was, um, unrelenting.

    あのスーパースター達はどうにかしてゲームを片付けることができたはずだが、彼は容赦なかった。

  • And the biggest thing there is, like a lot of young players would have been happy to show up, play well and have to respect that those players.

    そして、そこにある最大のものは、多くの若い選手のように、表示され、よくプレーし、それらの選手を尊重しなければならないことに満足していただろうということです。

  • He absolutely wanted to spoil their day.

    彼は絶対に彼らの日を台無しにしたいと思っていた。

  • And then today, coming back and being able to consistently in another game against them deliver is very impressive.

    そして今日、戻ってきて、彼らに対して別のゲームで一貫して提供することができることは非常に印象的です。

  • There's a lot about where his head and his heart is that Thanks for watching ESPN on YouTube for live streaming sports and premium content subscribed to ESPN plus right now.

    彼の頭と彼の心がどこにあるかについての多くのことがあります ライブストリーミングスポーツとプレミアムコンテンツのためのYouTubeでESPNを見てくれてありがとうございます 今すぐESPNプラスに加入しました。

we're doing something called Perks.

パークスと呼ばれるものをやっています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 NBA 選手 カイリー ネッツ カレッジ トップ

ペークがコリン・セクストンに感銘を受ける|Hoop Streams|NBA on ESPN (Perk is impressed by Collin Sexton | Hoop Streams | NBA on ESPN)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 23 日
動画の中の単語