Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • this video was made possible by Audible.

    この動画はAudible社の協力により実現しました。

  • Get a free audiobook in a 30 day free trial.

    30日間の無料トライアルでオーディオブックを手に入れよう。

  • When you sign up at audible dot com slash real life floor.

    audible dot com スラッシュリアルライフフロアでサインアップすると。

  • Elon Musk is no stranger to Twitter.

    エロン・ムスクはツイッターを知らない人ではありません。

  • With over 42 million followers, he ranks 33rd overall on the site, just slightly behind NASA itself.

    フォロワー数は4200万人を超え、サイト全体では33位で、NASAにわずかに遅れをとっている。

  • And while yeah, Ellen will often put some pretty silly means to his account, it's also a pretty useful tool to see inside of his mind.

    エレンは彼のアカウントに くだらない手段を使うことが多いが 彼の心の中を見るのには 役立つツールでもある

  • Take, for instance, a tweet he replied to roughly a year ago, where someone asked about putting one million people on Mars by the year 2050 and musk, the ever optimists replied with a simple Yes, But how realistic is that?

    例えば、約1年前に彼が返信したツイートを見てみましょう。誰かが2050年までに火星に100万人を乗せることについて尋ねてきて、マスクは、常に楽観主義者はシンプルなYesと答えたのですが、どれくらい現実的なのでしょうか?

  • Really?

    そうなんですか?

  • I mean, that's less than 30 years away from now, and a million people is a whole lot of people.

    今から30年も経たないのに100万人ってすごい人数だな

  • Essentially, it would basically be like taking the entirety of Austin, Texas, and transporting everyone who lives there and all of their infrastructure over to Mars.

    基本的には、テキサス州オースティンの全てを奪って、そこに住む全ての人とそのインフラを火星に運ぶようなものです。

  • Not to even mention that Mars is, on average, 100 million miles away, and it takes anywhere between six and eight months just to get there, and that is only going one way.

    火星は平均して1億マイルも離れていて、そこに行くのに6ヶ月から8ヶ月かかります。

  • So let's dive into how possible this really is.

    では、実際にどのようなことが可能なのか、飛び込んでみましょう。

  • First, let's begin by discussing the technology itself and see if this really even can be done at all.

    まず、技術そのものの話から始めて、これが本当に全くできないのかどうかを見てみましょう。

  • The key component for this insane migration of people toe happen revolves around Space.

    この非常識な人々の移動が起こるための重要なコンポーネントは、宇宙を中心に展開しています。

  • X's latest rocket ship, known as Starship Starship, is a fully reusable, super heavy lift vehicle that has been under development since 2018.

    スターシップ・スターシップ」と呼ばれるXの最新ロケット船は、2018年から開発が進められている完全再利用可能な超重量物の乗り物です。

  • Still in the prototype stage as of today, the rocket, once complete, will consist of two stages.

    現在はまだ試作段階ですが、完成すれば2つのステージで構成されることになります。

  • The super heavy booster for the first stage and the starship itself for the second.

    1段目は超重量級ブースター、2段目は宇宙船そのもの。

  • Once completed on the launch, pad, Starship will stand at 122 m tall and weigh a whopping 150 tons, making it the largest rocket ship ever built.

    スターシップは、発射台に完成すると、高さ122m、重さ150トンの巨大なロケット船となり、これまでに建造されたロケット船の中で最大のものとなります。

  • Further, the rocket will be 3.5 times as powerful as the Saturn five rocket that sent NASA astronauts to the moon several decades ago and will be capable of carrying 100 tons of payload into orbit and further on towards Mars, which in terms of our favorite reference on this channel, means that each rocket could carry 67 entire Toyota Corollas toe Mars on every trip, as mentioned previously, and much like Space X is accustomed to.

    さらに、ロケットは数十年前に月にNASAの宇宙飛行士を送ったサターン5ロケットの3.5倍になり、軌道に100トンのペイロードを運ぶことができるようになり、さらに火星に向かって、このチャンネル上の私たちのお気に入りの参照の観点から、各ロケットが67全体のトヨタカローラトー火星を運ぶことができることを意味します以前に述べたように、すべての旅行で、はるかにスペースXに慣れているように。

  • The rocket will be fully reusable as soon as the rocket takes off and it's boosted into space.

    ロケットが離陸して宇宙空間にブーストされれば、すぐに完全に再利用できるようになります。

  • The first stage will descend back to Earth and land much like the space X Falcon nine does today.

    第一段階は地球に降り立ち、今日のスペースXファルコン9のように着陸します。

  • And further, the starship will also be capable of landing itself upright to.

    さらに、この宇宙船は直立して着陸することも可能になります。

  • But while you might think great, all that has to be done is designed this rocket ship and begin blasting willing participants straight to Mars.

    しかし、あなたは素晴らしいと思うかもしれませんが、すべてが行われなければならないことは、このロケット船を設計し、火星にまっすぐに喜んで参加者を爆破し始めることです。

  • It's obviously going to be a lot more complicated than that.

    明らかにもっと大変なことになっています。

  • You see.

    見ての通りだ

  • Once launched from Earth, Starship will need to be refueled before beginning its journey to Mars.

    地球から打ち上げられたスターシップは、火星への旅を始める前に燃料を補給する必要があります。

  • This is because although it's a massively powerful rocket, it will still take the majority of its fuel just to break free from Earth's gravity.

    これは、超強力なロケットとはいえ、地球の重力から抜け出すためには、燃料の大半を必要とするからです。

  • Thus, for every rocket heading to Mars, a subsequent rocket will also need to be launched to refuel each ship.

    このように、火星に向かうすべてのロケットのために、後続のロケットもまた、各船に燃料を補給するために打ち上げられる必要があります。

  • And to further complicate this process, however, is the fact that Earth and Mars are also at ever changing distances apart.

    しかし、このプロセスをさらに複雑にするのは、地球と火星の距離が刻々と変化しているという事実です。

  • That is because Mars follows what is known as an eccentric orbit, meaning that, unlike the orbit of Earth, it is far from circular.

    それは、火星が偏心軌道と呼ばれる軌道をたどっているからです。

  • So while at times thier earth is pretty close to Mars, amounting to just 33.9 million miles away, at other times it is much, much further, or something like 200 50 million miles apart.

    火星との距離は3390万マイルと非常に近い時もあれば、もっと遠い時もあります。

  • So rather than, say, launch a rocket whenever it is much prefer toe wait for the Earth Mars transfer window, as it's known, which just so happens to occur every 26 months.

    だから、むしろ、それが知られているように、それが地球の火星の転送ウィンドウを待つためにはるかに好むときに、ロケットを起動するよりも、それはちょうどそのように26ヶ月ごとに発生することが起こることが起こる。

  • But the complications don't stop here because, well, yeah, you could make it to Mars.

    しかし、複雑なことはここでは終わらない なぜなら、まあ、そう、火星に行けるかもしれないからだ。

  • Under the previous circumstances, traveling home wouldn't be possible at all because all of the fuel would have been expended during the journey.

    これまでの状況では、旅の途中で燃料をすべて使い切っていたはずなので、帰宅することは全くできませんでした。

  • Just getting there.

    ちょうどそこに着いたところです。

  • And this is why the first settlers who get there will have to set up a fuel production facility straight away.

    そのため、最初に着いた入植者はすぐに燃料製造施設を設置しなければならない。

  • Otherwise, well, I guess Good luck ever coming home or making use of those reusable rockets again.

    そうでなければ、頑張って帰ってくるか、また再利用可能なロケットを利用するかしないと思うよ。

  • The fuel that will most likely Power Starship on its journey to Mars will be something known as deep cryo method locks or essentially just methane and liquid oxygen.

    火星への旅で最も可能性の高いパワースターシップになる燃料は、深部クライオ法ロックとして知られているもの、または本質的にちょうどメタンと液体酸素になります。

  • The trouble, however, will be producing these on Mars and finding an efficient way to do so.

    しかし、問題は火星での生産と効率的な方法を見つけることです。

  • What is likely the solution, however, will be to use the ice melt found on Mars for water, as well as the large amount of carbon dioxide that could be found in the Martian atmosphere.

    しかし、解決策として考えられるのは、火星で発見された融けた氷を水に利用することと、火星の大気中に大量に存在する可能性のある二酸化炭素を利用することだろう。

  • Together, along with a complex chemical conversion process, the propellant can be produced, but it will take an enormous amount of energy to do so.

    複雑な化学変換プロセスとともに、推進剤を製造することができますが、そのためには膨大なエネルギーを必要とします。

  • In fact, to fill the 1200 ton fuel tank of Starship, it is expected that roughly 16 gigawatt hours of locally Martian produce power will be required.

    実際、「スターシップ」の1200トンの燃料タンクを満タンにするためには、約16ギガワット時の火星の地産地消電力が必要になると予想されています。

  • Thus, if you were to stay on the surface of Mars for the entire 26 months and wait until the next transfer orbit, you would roughly need to produce something like one megawatt of continuous electric power, which, at least by today's standards, will take about 10.5 American size football fields worth of solar arrays.

    したがって、もしあなたが26ヶ月間ずっと火星の表面に滞在し、次の移動軌道まで待つとしたら、大体1メガワットの連続電力のようなものを生産する必要があり、少なくとも今日の基準では、約10.5アメリカンサイズのフットボールフィールドに相当する太陽電池アレイが必要になります。

  • Needless to say, you better be packing a lot of these for the trip.

    言うまでもなく、旅行にはこれをたくさん積んでおいた方がいい。

  • Now, let's just assume that all of these incredible technical challenges air overcome.

    さて、これらの信じられないほどの技術的な課題が全て克服されたと仮定してみましょう。

  • I mean, I wouldn't put it past the lawn, but there is still one MAWR massive logistical problem, right now, Space six is hoping to launch the first trips to Mars in the mid to late 20 twenties this decade, which would leave just 25 years left to achieve the goal of one million people on Mars by 2050.

    つまり、私はそれを芝生の上に置くことはありませんが、1つのMAWR大規模な物流上の問題がまだあります、今、スペースシックスは、2050年までに火星に100万人の人々の目標を達成するためにちょうど25年を残すだろう、この10年の半ばから後半20代に火星への最初の旅行を起動することを期待しています。

  • Over these 25 years, there will only be 12 transfer windows to send rockets to Mars.

    この25年の間に、火星にロケットを送るための転送窓は12個しかありません。

  • Musk is hinted before that.

    ムスクはその前にほのめかしている。

  • During each transfer window, he would hope to send roughly 1000 rocket ships towards Mars at a time, meaning that essentially 1000 ships would take off, be re fueled and wait in Earth's orbit.

    それぞれの転送ウィンドウの間に、彼は火星に向けて約1000のロケット船を一度に送ることを希望しています、つまり、実質的に1000の船が離陸し、再燃料を供給され、地球の軌道で待つことを意味します。

  • And all moved towards Mars together as one colossal fleet, with each ship carrying roughly 100 people.

    そして、全ての船が火星に向かって移動した 巨大な船団として 各船は約100人を乗せていた

  • That means that each transfer window would allow for an additional 100,000 people to make the journey and across the 12 transfer windows available between 2025 2050.

    つまり、各トランスファーウィンドウでは、2025年2050年の間に、さらに10万人の人々が12のトランスファーウィンドウを利用して旅をすることができるということです。

  • Well, then, the one million Martian population mark can easily be eclipsed.

    それなら、火星の人口100万人のマークは簡単に消されてしまう。

  • But one important item not to overlook is the fact that there will likely need to be many exclusively cargo missions as well, in order to send the critically needed supporting infrastructure and supplies.

    しかし、見落としてはならない重要な項目として、非常に必要とされる支援インフラや物資を送るためには、多くの貨物専用のミッションも必要になるだろうという事実があります。

  • In fact, musk has hinted before that the cargo to person ratio would be something like 10 toe one, meaning that for every one rocket ship destined to carry 100 people to Mars on additional 10 would need to be sent carrying supplies.

    実際には、マスクは、貨物を人の比率に 10 つま先 1 のようなものになることをほのめかしている前に、追加 10 の火星に 100 人を運ぶために運命づけられたすべての 1 つのロケット船のために物資を運ぶ送信する必要があることを意味します。

  • So in all likely reality, it would probably be something mawr like 100,000 or even Mawr starship trips required just to get to the one million people on Mars.

    だから、現実的には、火星の100万人に到達するために必要な宇宙船の旅は、おそらく10万回か、あるいは10万回のようなものになるだろう。

  • Goal.

    ゴールだ

  • So with all of that in mind, the reality of meeting the goal becomes quite complex, with just 12 transfer windows available between 2025 2050 that would be an average of 8333 ships sent during each of those windows.

    そのことを考えると、目標を達成するための現実は非常に複雑になり、2025年から2050年の間に利用可能な12の転送ウィンドウでは、それぞれのウィンドウの間に平均8333隻の船が送られることになります。

  • And not only that, but you would also have to consider the fact that you would essentially need double the amount of those ships as half of them would be stuck on the Red Planet waiting to come home until the next transfer window opens.

    そして、それだけではなく、あなたはまた、それらの船の半分が赤い惑星で立ち往生しているので、基本的にはそれらの船の量を2倍必要とするという事実を考慮しなければならないでしょう、次の転送ウィンドウが開くまで帰ってくるのを待っています。

  • Oh, and I also forgot.

    あ、あと忘れてました。

  • You also need to consider that even Mawr additional rocket ships will be required to perform all of the refueling required to.

    また、Mawrの追加ロケット船でも、必要な給油をすべて行う必要があることを考慮する必要があります。

  • So in order to reach the one million people goal.

    そこで、100万人の目標を達成するためには

  • It doesn't seem unreasonable to assume that something like 15 or 20,000 starships would be required over the 25 year time frame.

    25年の間に15,000隻や20,000隻の宇宙船が必要になると考えるのは無理があるように思えてなりません。

  • And I mean, that's just not super feasible.

    つまり、それは超実現不可能なんです。

  • Even if you built to starships per week beginning today, that would only get you to a little over 3000 of them by 2050 which is obviously pretty short of the required amount.

    今日から1週間に1隻の宇宙船を建造したとしても、2050年には3000隻を少し超える程度にしかならず、必要な量には明らかに足りない。

  • And even further complicate matters is the actual cost of it all.

    さらに問題を複雑にしているのは、実際のコストです。

  • 20,000 rockets, Even with them being reused, would easily reach into the trillions of dollars once accounting for development, material costs and fuel.

    2万発のロケット、再利用されていても、開発費や材料費、燃料費を計算すると、簡単に数兆ドルに達するだろう。

  • Not to be a downer, but it just doesn't seem practical within the limited time frame given by 2050.

    ダウンではありませんが、2050年までに与えられた限られた期間内では実用的ではないと思われるだけです。

  • I mean, take another great human migration as a comparison shortly after discovering the New World, Europeans being migrating from the old world in droves.

    つまり、新世界を発見して間もなく、ヨーロッパ人は旧世界から大量に移住していたという、別の偉大な人類の移住を比較してみましょう。

  • Yet it still took an incredibly long time just to reach the one million person mark after sailing for roughly 6 to 8 weeks in traversing something like 5500 kilometers of open ocean.

    それでも、5500キロの大海原を約6~8週間かけて航海した後、100万人の大台に到達するまでには、信じられないほど長い時間がかかりました。

  • Depending on the start and end points, it could be said that the European journey to and colonization of the Americas is very similar, Although not exactly known.

    開始点と終了点に応じて、それはヨーロッパの旅とアメリカ大陸の植民地化は、正確には知られていないが、非常に似ていると言うことができます。

  • When one million European migrants reached and settled in America, it very likely took a little over 200 years not happening until sometime in the early 18th century between 17 2017 30.

    100万人のヨーロッパの移民がアメリカに到達し、定住したとき、それは非常に可能性が高い17 2017 30の間に18世紀初頭のいつかまで起こっていない200年以上の少しを取った。

  • So, in reality, expecting one million people to make a 33 million mile journey over the next 30 years does seem like a very tall order.

    だから実際には、今後30年間で100万人が3,300万マイルの旅をすることを期待するのは、非常に背伸びをしているように見える。

  • Indeed.

    確かに

  • Regardless, though, Mars will likely be settled by some humans at some point in the very near future.

    それにもかかわらず、火星には近い将来、何らかの人間が定住する可能性があります。

  • Technology is certainly trending in that direction, and the motivation is there a swell.

    技術は確かにその方向に向かっているし、モチベーションはそこにうねりがある。

  • But to expect a million people?

    しかし、100万人を期待するのか?

  • Well, I think we may have to wait until at least the end of the century, or even possibly a bit longer to see that one.

    少なくとも今世紀末まで待つ必要があるかもしれないし、もしかしたらもう少し先になるかもしれない。

  • However, if you're wanting to learn a lot more about the dangers and challenges that humans will face while colonizing the Red Planet right now, one of the best ways to do so is by experiencing one of the best books ever written on the subject, called the Martian by Andy Weir.

    しかし、あなたが危険と人間が直面するであろう課題についての多くの詳細を学びたい場合は、赤い惑星を植民地化しながら、今すぐに, そうするための最良の方法の一つは、これまでに書かれた最高の本の一つを体験することによってです, アンディ-ウィアーによって火星人と呼ばれる.

  • While it's obviously a fictional story, about an engineer who becomes stranded on the planet in the near future.

    明らかに架空の話ですが、近未来の惑星に取り残されたエンジニアの話です。

  • The story is expertly researched and grounded in real world logistics and technology issues that document the incredible, harsh reality of surviving on a hostile alien world and a delightfully you could get the entire audiobook that's narrated by Wil Wheaton for free right now on Audible.

    この物語は、専門的に研究され、敵対的なエイリアンの世界で生き延びることの信じられないほど過酷な現実を文書化する現実世界の物流と技術の問題に基づいており、楽しくあなたは今すぐAudibleで無料でウィルウィートンによってナレーションされているオーディオブック全体を取得することができました。

  • I'm sure you've probably heard all about audible by now, but I have been inaudible member for years now because they keep expanding their selection in fantastic new ways.

    もうaudibleのことは聞いたことがあると思いますが、私は何年も前からaudibleのメンバーとして活動しています。

  • There are, of course, thousands of audio books for you to select from, but that's really just the tip of the iceberg.

    もちろん、何千冊ものオーディオブックがありますが、それは氷山の一角に過ぎません。

  • With their newly rolled out audible plus membership, you'll get access to thousands more originals and podcasts so you can go from a sci fi novel like the Martian to a true crime podcast into a biography.

    新しくリリースされたオーディブル・プラスのメンバーシップでは、何千ものオリジナルやポッドキャストにアクセスできるようになるので、火星人のようなSF小説から、実在の犯罪ポッドキャスト、伝記に至るまで、様々なジャンルの作品にアクセスすることができます。

  • And from there to countless other titles, I listen to audible content nearly every day while I'm cooking, driving, studying or even just falling asleep to something that sounds nice and you can, too.

    そして、そこから数え切れないほどのタイトルに至るまで、私はほぼ毎日、料理をしながら、運転をしながら、勉強をしながら、あるいは寝落ちしながら、いい音のするものを聴きながら、あなたも聴けるようにしています。

  • But best of all, like I mentioned previously, you could get any audio book you want out of their thousands of titles completely for free and get a 30 day free trial as well by going toe audible dot com slash real life floor or by texting real life floor to 505 100.

    しかし、すべてのベストは、私が以前に述べたように、あなたは完全に無料でタイトルの彼らの何千ものうち、あなたが欲しい任意のオーディオブックを得ることができ、つま先オーディブルドットコムスラッシュ実生活の床を行くことによって、または505 100に実生活の床をテキストにすることによって、同様に30日間の無料トライアルを得ることができます。

  • You can get something really cool for free and you get a support real life floor at the same time.

    あなたは無料で本当にクールな何かを得ることができ、あなたは同時にサポート実生活の床を得ることができます。

  • And as always, thank you so much for watching.

    そしていつものように、見てくださってありがとうございます。

this video was made possible by Audible.

この動画はAudible社の協力により実現しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 火星 ロケット 燃料 ウィンドウ 宇宙 必要

2050年までに火星に100万人を集めるというエロン・ムスクの非常識なアイデア (Elon Musk's Insane Idea to Get 1 Million People on Mars by 2050)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 23 日
動画の中の単語