Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This video is made possible by Brilliant

    この動画はBrilliantによって実現されています。

  • Where you can learn more about how planets are actually discovered

    実際に惑星がどのように発見されているのかを知ることができる場所

  • The first 200 people to click on the link in the description will get 20% off of an annual premium subscription

    説明にあるリンクをクリックしていただいた先着200名様には、年間プレミアムサブスクリプションの20%オフをプレゼントいたします。

  • So based off the demographics of people that watch my videos

    私のビデオを見た人たちの人口統計に基づいて

  • Chances are that most of you learned at school at some point that the solar system contains 9 planets

    あなたのほとんどは、太陽系には9つの惑星が含まれていることをいくつかの時点で学校で学んだということです。

  • Mercury, Venus, Earth, Mars, Saturn, Jupiter, Uranus, Neptune, and Pluto.

    水星、金星、地球、火星、土星、木星、天王星、海王星、冥王星

  • In 2006, the Internation Astronomical Union removed Pluto from this list and reclassified it as a dwarf planet.

    2006年、国際天文学連合は冥王星をこのリストから削除し、矮小惑星に再分類した。

  • Which lowered the count of planets in the solar system to 8, and has disappointed Pluto fans ever since.

    これは太陽系の惑星の数を8に下げ、それ以来、冥王星ファンを失望させています。

  • So from 2006 on, school curriculum in the United States and elsewhere has taught that the solar system just contained 8 planets.

    そのため、2006年以降、アメリカなどの学校のカリキュラムでは、太陽系には8つの惑星があると教えられています。

  • But, it may actually have been 9 all along. It just wasn't ever Pluto.

    でも、実際にはずっと9だったのかもしれません。冥王星ではなかっただけだ

  • In 2016, 2 researchers up at California Institute of Technology came to a startling conclusion based off of mathematical and computational models.

    2016年、カリフォルニア工科大学の2人の研究者が数学と計算モデルに基づいて驚くべき結論を出しました。

  • These models suggested that a huge and undiscovered planet may exist in the far regions of the solar system.

    これらのモデルは、巨大で未発見の惑星が太陽系の遠い地域に存在する可能性を示唆しています。

  • If this turns out to be true, the model suggests that the planet has about 10 times the mass of Earth and about 2-4 times Earth's diameter, making it roughly the same size as the planet, Neptune.

    これが本当だとすると、地球の質量は約10倍、地球の直径は約2〜4倍で、惑星の海王星とほぼ同じ大きさになるというモデルだ。

  • Neptune is only an average of 30 AU's from the sun. 1 AU, meaning the distance between Sun and Earth. Pluto, meanwhile is usually 40 AU's from the sun, while Planet 9 if it exists, would be located an average of 700 AU's from the sun.

    海王星は太陽から平均30AUしか離れていません。1 AUは、太陽と地球の間の距離を意味します。一方、冥王星は、通常、太陽から40AUの距離であり、惑星9が存在するならば、太陽から平均700AUの距離に位置するでしょう。

  • In fact, this entire planet's orbit is crazy to think about. It would take between 10 thousand and 20 thousand years for it to make one complete orbit around the sun. This means that at it's closest point it would still be 200 AU's away. The furthest into space we've ever made so far is with the Voyager 1 space probe.

    実際、この惑星全体の軌道は、考えてみれば狂気の沙汰です。太陽の周りを1周するのに1万年から2万年かかると言われています。つまり、太陽に最も近いところでは、まだ200AUの距離にあるということになります。これまでに行った中で最も遠い宇宙に行ったのは、探査機「ボイジャー1号」です。

  • And even then, that has only traveled 139 AUS as of August 2017.

    それも2017年8月時点で139AUSしか走っていない。

  • Since planet 9 so far has not yet been observed directly, the only evidence for it's existence are mathimatical.

    今のところ惑星9はまだ直接観測されていないので、存在の証拠は数学的なものしかありません。

  • But, they're pretty convincing. thirteen of the most distant known hyperbelt objects for example all have

    しかし、これらはかなり説得力があります。例えば、最も遠くにある知られている13個のハイパーベルト天体は、すべて

  • Orbits that line up in a very peculiar way.

    非常に奇妙な形で並ぶ軌道。

  • The clustering of orbits like this is extremely unlikely to have happened just by chance,

    このような軌道のクラスタリングは、偶然に起こった可能性は極めて低いと考えられます。

  • But the existence of planet 9 could easily explain it.

    しかし、第9惑星の存在はそれを簡単に説明することができます。

This video is made possible by Brilliant

この動画はBrilliantによって実現されています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 惑星 太陽 距離 軌道 地球 モデル

私たちの太陽系の新しい惑星に名前を付ける方法(もしそれが本当ならば (How You Can Name the New Planet In Our Solar System (if it's real))

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 23 日
動画の中の単語