Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • This video was made possible by SkillShare, home to over 26 thousand classes that'll

    このビデオはSkillShareによって可能になりました。 26,000以上のクラスがあります

  • teach you just about anything.

    何でも教えます

  • This is the Boeing 747.

    これがボーイング747です。

  • More than twice the size of any airliner before it, the 'jumbo jet' revolutionized air travel.

    以前の旅客機の2倍以上のサイズ それ、「ジャンボジェット」は空の旅に革命をもたらしました。

  • And it impressed more than just the flying public.

    そして、それはただの飛行以上に感銘を受けました 公衆。

  • Because as crazy as it sounds, in 1973, the U.S. Air Force considered turning airliners

    1973年に 米空軍は旅客機の転換を検討

  • into airborne aircraft carriers.

    空borne空母に。

  • These once classified documents detail how a 747 could be used to launch and recover

    これらのかつて分類されたドキュメントは、どのように 747を使用して起動および回復できます

  • fighter jets in mid-air.

    空中での戦闘機。

  • And how by the 1980s, airborne aircraft carriers stationed around the world would bring airpower

    そして、1980年代までには、空母空母 世界中に駐留すると、空軍力をもたらすでしょう

  • to anywhere in just hours.

    わずか数時間でどこへでも。

  • In 1968, Boeing unveiled the 747.

    1968年、ボーイングは747を発表しました。

  • Two and half times the size of any jetliner before it, the so-called 'jumbo jet' transformed

    ジェット旅客機の2.5倍のサイズ その前に、いわゆる「ジャンボジェット」が変容しました

  • the way we fly.

    飛行方法。

  • And at least part of the plane's existence is thanks to this man; Juan Trippe, the President

    そして、少なくとも飛行機の存在の一部 この男のおかげです。フアン・トリッペ、大統領

  • of Pan American Airways, and a bit of a visionary.

    パンアメリカン航空の、そして少し先見の明。

  • Because Trippe foresaw how a plane this big could help decongest overcrowded airports

    トリッペは飛行機がこんなに大きいと予見したから 混雑した空港の混雑解消に役立つ

  • and bring down the cost of flying opening up air travel to the middle class.

    フライングオープニングのコストを下げる 中流階級への空の旅。

  • And when Trippe's airline put in the first order 747s, he boasted how the plane would

    そしてTrippeの航空会社が最初に 747を注文すると、彼は飛行機が

  • become “a great weapon for peacebecause it would connect the world and bring people together.

    「平和のための素晴らしい武器」になる それは世界をつなぎ、人々を結びつけるでしょう。

  • But it turns out, the Air Force had other ideas.

    しかし、結局のところ、空軍には他の アイデア。

  • The 747, along with the newly introduced Lockheed C-5 were a new kind of aircraft.

    747は、新しく導入されたロッキードとともに C-5は新しい種類の航空機でした。

  • With their enormous size, power, and range, these planes opened up some intriguing possibilities.

    巨大なサイズ、パワー、および範囲で、 これらの飛行機はいくつかの興味深い可能性を開きました。

  • The Navy's seaborne carrier force could already move airpower across oceans.

    海軍の海上空母はすでに 海を越えて空軍力を移動します。

  • But an airborne equivalent would have the ability to reach deep inland areas and be

    しかし、空中の同等物は 深い内陸部に到達し、

  • in any part of the world in just hours.

    ほんの数時間で世界のどこにでも。

  • And the idea for an airborne carrier force wasn't totally out of left field.

    そして空borne部隊のアイデア 完全に左のフィールドからではなかった。

  • Because the Navy once had airborne aircraft carriers, two of them.

    海軍はかつて空borne機を持っていたため キャリア、そのうちの2つ。

  • When launched in the early 1930s, the airships USS Akron and USS Macon were the size of battleships.

    1930年代初頭に打ち上げられたとき、飛行船は USSアクロンとUSSメイコンは戦艦ほどの大きさでした。

  • Crewed by sixty men and protected by eight machine guns, the enormous airships were just

    60人の乗組員と8人の保護者 機関銃、巨大な飛行船は

  • 5 meters short of being the largest objects to ever take to the skies.

    最大のオブジェクトであることの5メートル短い 空に連れて行く

  • But these were no ordinary airships.

    しかし、これらは普通の飛行船ではありませんでした。

  • Designed as long range scouts for the U.S. Navy, each had an internal hanger housing

    米国向けの長距離偵察機として設計 海軍、それぞれに内部ハンガーハウジングがありました

  • up to five planes called parasite fighters, which extended the airship's scouting range,

    寄生虫戦闘機と呼ばれる最大5機、 飛行船の偵察範囲を拡大し、

  • and could even help defended it.

    そして、それを守るのを助けることさえできました。

  • A trapeze system below the carrier would deploy and recover the fighters while in flight.

    空母の下の空中ブランコシステムが展開する 飛行中に戦闘機を回復します。

  • The problem was, while the parasite fighters worked, the massive airships didn't.

    問題は、寄生虫戦闘機が 動作しましたが、巨大な飛行船は動作しませんでした。

  • Both were destroyed in weather related accidents less than three years of their introduction.

    どちらも天候関連の事故で破壊されました 導入から3年未満。

  • And that helped put an end to airships, but not the idea of flying aircraft carriers.

    そしてそれは飛行船に終止符を打つのに役立ちましたが、 空母を飛行させるという考えではありません。

  • Because a decade and a half later, the Air Force was again experimenting with the concept.

    10年半後に フォースは再びこのコンセプトを試していました。

  • For the first time ever, intercontinental bombers could fly halfway around the world,

    史上初めて、大陸間 爆撃機は世界中を半分飛び回ることができました。

  • but their fighter escorts couldn't.

    しかし、戦闘機の護衛はできませんでした。

  • One promising solution was to have bombers carry their escorts along for the ride.

    有望な解決策の1つは爆撃機を持つことでした 乗るために護衛を運んでください。

  • But sticking a full sized fighter jet underneath a bomber would limit its range due to extra drag.

    しかし、フルサイズのジェット戦闘機を下に貼り付ける 爆撃機は余分な抵抗のためにその範囲を制限します。

  • So the new escort fighter would have to be small enough to fit entirely inside the bomb bay.

    したがって、新しい護衛戦闘機は 爆弾ベイ内に完全に収まるほど小さい。

  • And so this what they came up with, the world's tiniest fighter jet.

    そして、これが彼らが思いついたこと、世界の 最も小さい戦闘機。

  • The Air Force planned to have B-36 bombers carry anywhere from one to four these small

    空軍はB-36爆撃機の配備を計画しました これらの小さな1から4までどこにでも運ぶ

  • jets, depending on the mission.

    ミッションに応じて、ジェット。

  • This time the carrier worked, but the fighter jets didn't.

    今回は空母は働いたが、戦闘機は ジェットはしませんでした。

  • The tiny egg-shaped jets were so sensitive to turbulence while docking, test pilots only

    小さな卵形のジェットはとても敏感でした ドッキング中の乱気流、テストパイロットのみ

  • ever managed to do it three times.

    これまでに3回やったことがあります。

  • It proved far too dangerous.

    それは非常に危険であることが判明しました。

  • But the efforts continued into the 1950s, including experimenting with a way to dock

    しかし、努力は1950年代まで続き、 ドッキングする方法の実験を含む

  • full size fighters to bombers by linking their wing-tips.

    フルサイズの戦闘機を爆撃機にリンクすることで 翼端。

  • The idea was to not only extend the range of the fighter jets, but the bombers as well,

    アイデアは範囲を広げることだけではありませんでした 戦闘機の、しかし爆撃機も、

  • by effectively giving them a large glider-like wings.

    効果的に大きなグライダーのように与えることで 翼。

  • But docking using this system proved even more difficult and dangerous.

    しかし、このシステムを使用したドッキングは、 より困難で危険です。

  • Really the only successful implementation of the idea was to carry a single reconnaissance

    本当に成功した唯一の実装 アイデアの1つは、単一の偵察を運ぶことでした

  • or nuclear strike fighter half tucked under a B-36, and just accept the extra drag.

    または核攻撃戦闘機の半分が隠れている B-36、追加のドラッグを受け入れるだけです。

  • And by the mid-1950s, it was clear that newly perfected aerial refueling was a far safer

    そして、1950年代半ばまでに、新たに 完璧な空中給油ははるかに安全でした

  • and more sensible way to extend aircraft range.

    航空機の航続距離を拡大するためのより賢明な方法。

  • But the air force took yet another look in in 1973 because the landscape had changed entirely.

    しかし、空軍はさらに別の見方をした 1973年に風景が完全に変わったからです。

  • The newly introduced 747 and C-5 were large and powerful enough to not only deploy and

    新しく導入された747とC-5は大きかった 配備するだけでなく、

  • recover fighter escorts mid-air...but also refuel and rearm in mid-flight.

    空中戦闘機の護衛を回復する...だけでなく、 燃料を補給し、飛行中にリアームします。

  • So the Air Force commissioned Boeing to study the concept.

    空軍はボーイングに研究を依頼しました コンセプト。

  • And not surprisingly, Boeing focused on using a 747, citing superior range and cruising speed.

    驚くことではないが、ボーイングは 747、優れた航続距離と巡航速度を挙げています。

  • And it would have worked something like this.

    そして、それはこのような何かを働いていたでしょう。

  • Housed inside the 747's pressurized hold would be 10 unique fighter jets called micro-fighters.

    747の加圧された船倉内に収容 マイクロファイターと呼ばれる10のユニークな戦闘機になります。

  • With each fighter suspended from an overhead conveyor system, they could be positioned

    各戦闘機が頭上から吊り下げられている コンベアシステム、彼らは配置することができます

  • over one of two launch bays.

    2つの発射ベイの1つ以上。

  • To launch a fighter, a set of arms would lower it into a bay, which would then be sealed

    戦闘機を起動するには、武器のセットが低下します それを湾に入れます

  • and depressurized.

    そして減圧された。

  • The jet would then be lowered, and away it would go.

    その後、ジェットは下降し、離れます 行くだろう。

  • By Boeing's estimates, it would take as little as eighty seconds to deploy two micro-fighters.

    ボーイングの推定では、次のようになります。 2人のマイクロファイターを配置するのにわずか80秒。

  • To recover a fighter, it would first dock with a refueling boom, and if it needed rearming,

    戦闘機を回復するには、最初にドッキングします 給油ブームがあり、再武装が必要な場合は、

  • the jet would be brought back inside.

    ジェットは内部に戻されます。

  • The carrier crew could turn around a micro-fighter for new mission in as little as ten minutes.

    空母の乗組員はマイクロファイターを回すことができた わずか10分で新しいミッションに。

  • Also crammed into the 747 would be fuel, armament and spare parts and a crew of 44.

    また、747に詰め込まれているのは燃料、兵器です スペアパーツと44人の乗組員。

  • 12 carrier crew, 14 squadron pilots, and another 18 mission specialists.

    12隻のキャリアクルー、14隻の飛行隊パイロット、および1人 18人のミッションスペシャリスト。

  • On top of that, the 747 would also be fitted with sleeping quarters and a crew lounge.

    それに加えて、747も装着されます 寝室とクルーラウンジがあります。

  • That seems like a lot to jam inside one 747, but the viability of the concept hinged not

    747の中にジャムするのは大変なようです。 しかし、概念の実行可能性はヒンジではありませんでした

  • so much on the carrier, but the fighters, which would have to be miniaturized to fit

    空母にはかなりの力がありますが、戦闘機は、 収まるように小型化する必要があります

  • inside a carrier aircraft.

    空母機内。

  • With a wingspan just over 5 meters and about 1/3rd the weight of a conventional fighter.

    翼幅は5メートル強で、 従来の戦闘機の1/3の重量。

  • The micro-fighters would be armed with a pair of 20mm cannons, and could be fitted with

    マイクロファイターはペアで武装します 20mmの大砲で、

  • air-to-air missiles or bombs.

    空対空ミサイルまたは爆弾。

  • Boeing was confident these little guys could stand toe to toe with something like a MiG-21.

    ボーイングはこれらの小さな男たちができると確信していた MiG-21のようなものでつま先までつま先立ちます。

  • Airborne carriers could operate out of anywhere with a big enough airfield and function as

    空母はどこからでも操作できる 十分に大きな飛行場と機能を備えた

  • a battle group with supporting aerial refuelers and radar pickets, giving the Air Force the

    空中給油を支援する戦闘グループ レーダーピケット、空軍に

  • ability to be anywhere in the world, within hours, when a typical seaborne carrier force

    世界のどこにいても 時間、典型的な海上輸送力

  • would need days or weeks.

    数日または数週間必要です。

  • Of course, 747 aircraft carriers were never built and you'd need a lot more than a sixty

    もちろん、747空母は決して 構築され、あなたは60以上が必要になるだろう

  • page study to get something like this to work.

    このようなものを機能させるためのページ研究。

  • And while Boeing's engineers were confident that with further development airborne aircraft

    ボーイングのエンジニアは自信を持って さらなる発展の空borne機で

  • carriers could enter service by late 1980s, the Air Force didn't pursue the idea.

    キャリアは1980年代後半までにサービスを開始できますが、 空軍はこのアイデアを追求しませんでした。

  • With air combat evolving so dramatically throughout the 1960s and 1970s, developing a 747 carrier

    空中戦は全体にわたって劇的に進化している 1960年代および1970年代、747キャリアを開発

  • with special micro-fighters would likely prove to be a dead end.

    特別なマイクロファイターで 行き止まりになる。

  • Because light-weight micro-fighters might have made sense in the 1970s.

    軽量のマイクロファイターは 1970年代には意味がありました。

  • By the late 1980s, they would have been hopelessly out classes against fourth generation fighters.

    1980年代後半までに、彼らは絶望的になっていたでしょう 第四世代の戦闘機に対するクラスをアウト。

  • But the Air Force isn't done with the concept.

    しかし、空軍はこの概念を実現していません。

  • Over the next couple few years, the Department of Defence will unveil a new carrier system.

    次の数年にわたって、部門 国防総省は、新しいキャリアシステムを発表します。

  • But this time, they'll deploy unmanned drones, which in comparison, doesn't quite stir the imagination.

    しかし今回は、無人ドローンを展開し、 それに比べて、想像力をかき立てることはできません。

  • 3D modelling is a great way to communicate ideas.

    3Dモデリングはコミュニケーションに最適な方法です アイデア。

  • But sometimes, a simple graphic.can be just as effective.

    しかし、時には、単純なグラフィックができます 効果的。

  • Whether you're trying to explain something, market your idea, or just have fun.

    何かを説明しようとしているかどうか、 あなたのアイデアを売り込むか、ただ楽しんでください。

  • And everything you need to know, from the basics of drawing, to mastering graphics software,

    そして、あなたが知る必要があるすべて、から 描画の基礎、グラフィックソフトウェアの習得、

  • is all at SkillShare

    SkillShareですべて

  • An online community for creators, freelancers...or anyone who just wants to develop new skills.

    クリエイター、フリーランサーなどのオンラインコミュニティ 新しいスキルを開発したいだけの人。

  • A foundational tool for your creative toolbox is vector drawing software.

    クリエイティブツールボックスの基本ツール ベクトル描画ソフトウェアです。

  • I use Adobe Illustratorwhich is the the basis for all my still and motion graphics.

    Adobe Illustratorを使用しています... すべての静止画およびモーショングラフィックスの基礎。

  • A class that caught my eye was Dylan Mierzwinksi's introduction to using the shape builder tool.

    私の目を引いたクラスはディラン・ミールズウィンクシの シェイプビルダーツールの使用の概要。

  • In just under half an hour, you'll, have all you need to create goofy characters or

    30分弱で 間抜けなキャラクターを作成するために必要なすべてまたは

  • anything else you want.

    あなたが望む他のもの。

  • Quick, easy and fun, just another great SkillShare course.

    すばやく簡単で楽しい、もう1つの素晴らしいSkillShare コース。

  • With over 23 thousand classes at your fingertips, covering just about anything, SkillShare is

    23,000以上のクラスがあなたの指先にあり、 ほぼすべてをカバーするSkillShareは

  • an incredible resource to have.

    信じられないほどのリソース。

  • And a premium subscription to SkillShare, is less than $10 a month.

    SkillShareのプレミアムサブスクリプション、 月額10ドル未満です。

  • But if you're one of the first 500 people to signup using the link in the description

    しかし、あなたが最初の500人の一人なら 説明内のリンクを使用してサインアップする

  • below, you get 2 months for absolutely free.

    以下では、2か月間は完全無料です。

This video was made possible by SkillShare, home to over 26 thousand classes that'll

このビデオはSkillShareによって可能になりました。 26,000以上のクラスがあります

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 戦闘 空母 飛行 空軍 ジェット ボーイング

The Air Force’s Crazy 747 Aircraft Carrier Concept

  • 12 1
    OolongCha に公開 2021 年 01 月 23 日
動画の中の単語