Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • - [Narrator] Our desire to eat something as delicious as a cream tea and why we crave it over and over again has been mapped in the brain.

    [ナレーター] 私たちがなぜ、クリームティーのような美味しいものを欲し、しかも何度も無性に食べたくなるのか―それは、脳に記されています。

  • - Now I'm getting sensory overload.

    感覚では処理できないですね。

  • Released as a whole host of flavors in my mouth.

    様々な風味が、口の中に解き放たれます。

  • There's also notes of things taking off in my brain.

    そして、脳の中で、重要なことも起きています。

  • I'll show you here just what's going on.

    何が起きているか、お見せしましょう。

  • What's happened is the pleasure I get from cream teas has activated an area here.

    クリームティーから喜びを感じて、この部分が活性化しています。

  • - [Narrator] Because just like with Kimack, it all begins in the amygdala, the area in our brain which is the core of our emotional response to food.

    カイマックに起きたことと同様、全ては扁桃体から始まります。ここは、食べ物に対する情緒反応の中心となる、脳の部分です。

  • It in turn triggers the reward pathway part of which is called the nucleus acumbens.

    そして、報酬経路が活性化され、その一部は側坐核と呼ばれます。

  • - This is where desire forms.

    ここで、欲求が形成されます。

  • I like, I want it, I want more of it.

    好き、欲しい、もっと欲しい。

  • - [Narrator] The desire center creates the motivation to eat again by activating two other parts of the reward pathway.

    欲求の根源において、もっと食べたいという動機が形成されます。そして、報酬経路のあと2つを活性化させます。

  • - This area here is where memories are laid down, it's called the hippocampus.

    ここは記憶が定着する部分で、海馬と呼ばれます。

  • Memories are building up from this occasion being here in a nice tea shop on a sunny day in London.

    天気の良い日に、ロンドンの素敵な喫茶店にいるこの状態で、記憶が形成されていきます。

  • - [Narrator] Our brain creates a strong memory of the pleasure of eating a delicious treat so we'll remember it in the future and want it again.

    [ナレーター]私たちの脳は、美味しい食べ物を食べる喜びに対し、強い記憶を形成します。それを未来でも覚えていて、また欲しくなるのです。

  • - This area of the brain is different.

    脳のこの部分は異なっていて、より複雑です。

  • it's the frontal lobe.

    前頭葉です。

  • - [Narrator] This area controls our behaviors and planning.

    [ナレーター]この部分で、私たちの行動や計画が制御されます。

  • When the desire center signals to this region, it's reinforcing the sequence of behaviors, the exact procedure required to get a hold of of a delicious treat.

    欲望の根源から、この部分に向かって信号が発されると、一連の行動が促進されます。これこそ、美味しい食べ物を手にするまでのプロセスなのです。

  • Should we see any one of these things again, we'll be reminded of how much we enjoyed that delicious treat and we'll know exactly what we need to do to get one again.

    これらを再び目にすれば、この食べ物がいかに美味しかったか思い出します。そして、再びそれを味わうにはどうすれば良いかも、私たちはきちんと心得ています。

  • It's our brain's way of motivating us, ensuring that the pleasures we experience in the present are repeated in the future.

    脳はこのようにして、私たちを刺激し、今味わっているこの喜びが、未来でも繰り返されるようにしているのです。

- [Narrator] Our desire to eat something as delicious as a cream tea and why we crave it over and over again has been mapped in the brain.

[ナレーター] 私たちがなぜ、クリームティーのような美味しいものを欲し、しかも何度も無性に食べたくなるのか―それは、脳に記されています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 形成 ナレーター 部分 活性 食べ物 美味しい

食欲が止まらん!ダイエットしたいのに!ついつい食べちゃうのはなぜ?

  • 977 53
    13 に公開 2021 年 02 月 11 日
動画の中の単語