Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • My name is Graham Virgo, I’m Professor of English Private Law in the Faculty of Law

    私の名前はグラハム・ヴァージョ、私は法学部の英語私法の教授です。

  • at the University of Cambridge, and I’m going to consider the question why you should

    という疑問をケンブリッジ大学で考えてみます。

  • study law if you don’t want to become a lawyer.

    弁護士になりたくないなら法律の勉強をしなさい。

  • A lot of people who study Law at University do so because they want to become practising

    大学で法律を学ぶ人の多くは、実務家になりたいからそうしています。

  • lawyers, whether barristers or solicitors. But it is not necessary to read Law at University

    弁護士は、弁護士であれ、弁護士であれ、弁護士であれ、弁護士であれ、弁護士であれ、弁護士であれ、弁護士であれ、弁護士であれ、弁護士であれ、弁護士であれ、弁護士でなければならない。しかし、大学で法律を読む必要はありません。

  • to become a practising lawyer. Equally, studying Law at University is a legitimate subject

    実務弁護士になるために。同様に、大学で法律を勉強することは正当な主題である

  • for academic study even if you definitely do not want to become a lawyer or think that

    絶対に弁護士になりたくない、と思っていても、学術的な勉強のために

  • you may not become a practising lawyer. That is because the study of Law at University

    をしても、弁護士にはなれないかもしれません。それは、大学での法学の勉強が

  • is not a vocational subject; it is an academic subject and an intellectual discipline. Even

    は職業科目ではなく、学術科目であり、知的な学問である。ましてや

  • those students who study Law at University intending to become practising lawyers are

    弁護士になろうと思って大学で法律を勉強している人は

  • required to do additional vocational training to prepare them for working either as a barrister

    べんごし

  • or a solicitor; for them the study of Law at University by itself is not sufficient

    彼らにとっては、大学での法の勉強だけでは十分ではありません。

  • to train them to become lawyers. So why do such students study law at University and

    弁護士になるための訓練をするためにでは、なぜそのような学生が大学で法律を学び

  • why do others study Law even if they don’t want to become a lawyer? The answer is fairly

    弁護士になりたくないのに、なぜ他の人は法律の勉強をするのでしょうか?その答えは以下の通りです。

  • similar in both cases, namely that studying Law at University trains the student to think

    両者ともに、大学で法を学ぶことは思考力を鍛えるという点では同じです。

  • and write logically and clearly; enables the student to engage in the critical analysis

    論理的かつ明確に書くことができ、批判的な分析を行うことができます。

  • of the law; enables the student to engage in a wide variety of different academic disciplines;

    学生が多種多様な学問分野に従事することを可能にします。

  • and finally, it is interesting and intellectually stimulating.

    と、最後には面白くて知的刺激を受けます。

  • Students who study law at Cambridge end up doing a wide variety of jobs, other than being

    ケンブリッジ大学で法律を学ぶ学生は、最終的には様々な仕事をすることになります。

  • a practising lawyer or a teacher or researcher of law. The study of Law enables students

    弁護士や法律の教師や研究者を実践しています。法の研究は、学生を可能にします。

  • to acquire and develop skills and knowledge which will be of relevance to business, politics,

    ビジネスや政治に関連するスキルや知識を身につけ、発展させる。

  • the civil service, charitable organisations, international non-governmental organisations,

    公務員、慈善団体、国際的な非政府組織。

  • banking, finance, journalism and much, much more.

    銀行、金融、ジャーナリズムなど、他にもたくさんのことがあります。

  • So what are the advantages of studying Law at University generally and studying Law at

    では、一般的に大学で法律を学ぶことと、大学で法律を学ぶことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • Cambridge specifically? First, breadth and depth of knowledge.

    ケンブリッジって具体的には?まず、知識の広さと深さ。

  • At Cambridge most Law students study 14 papers over three years. Seven of these are the foundation

    ケンブリッジ大学では、ほとんどの学生が3年間で14の論文を勉強します。そのうちの7つが基礎

  • papers which must be taken if a student wishes to practice law, but, even if not, they are

    法曹を志す者には必携の論文であるが、そうでなくても

  • papers in subjects which are so fundamental to English law, such as crime, contract and

    犯罪、契約、契約などの英国法の基礎となる科目の論文を書く。

  • constitutional law, that they ought to be studied to get a good idea of what the law

    けんぽうほう

  • is about. All students at Cambridge also study Roman

    についてです。ケンブリッジの学生は全員、ローマ語も勉強しています

  • Law in the first year which is an excellent introduction to legal principles and legal

    法律の原理と法律の優れた入門書である最初の年の法律

  • thinking. Law students then have a choice of 6 other

    考えること。法学部生はその後、他の6つの

  • subjects from a very wide list of subjects. This enables them to specialise or to study

    科目を非常に多くの科目の中から選択することができます。これにより、専門的に勉強したり

  • subjects which may relate to other academic disciplines, such as history, philosophy,

    歴史、哲学などの他の学問分野に関連する可能性のある科目。

  • sociology, psychology, government and politics, international relations and economics.

    社会学、心理学、政府・政治学、国際関係学、経済学。

  • Students with an expertise and interest in modern languages can also apply to go to one

    現代言語の専門知識と興味を持っている学生は、1つの大学に行くことを申請することもできます。

  • of four European countries between the second and third year of their legal students and

    法学部生の2年次から3年次までの間に、ヨーロッパ4カ国の

  • study law in that foreign country, either in France, Germany, Spain or Holland.

    フランス、ドイツ、スペイン、オランダのいずれかの外国で法律を学ぶ。

  • Secondly, learning to think like a lawyer. Law is an academic discipline which enables

    第二に、弁護士のような考え方を学ぶこと。法学は学問であり、それを可能にするものです。

  • students to think like lawyers. This means that they need to develop skills in thinking

    学生は弁護士のように考えることができるようになります。考えるスキルを身につける必要があります。

  • logically; in identifying issues in practical problems; in assessing evidence and in reaching

    論理的に、現実的な問題の問題点を特定し、証拠を評価し、結論を出すことができる。

  • judgments. These are all skills which are of significance to a wide variety of different

    を判断します。これらのスキルはいずれも、多種多様な

  • jobs and professions. The advantage of the small group teaching system at Cambridge means

    仕事や職業。ケンブリッジでの少人数教育システムの利点は

  • that students get a great deal of support from their teachers in being able to think

    考えることができるようになるためには、先生のサポートが必要です。

  • and analyse the law. You also get a great deal of support in developing legal writing

    と法律を分析します。また、リーガルライティングを開発する上で、多くのサポートを受けることができます。

  • skills, which emphasises clarity of expression, conciseness and precision in the use of language;

    表現の明快さ、簡潔さ、言語の使用の正確さを重視したスキルを身につけることができます。

  • again, skills which are of real benefit to many careers.

    再び、多くのキャリアにとって本当に有益なスキルです。

  • Thirdly, encouraging critical engagement. One of the real benefits of studying Law at

    第三に、批判的な関与を奨励する。で法律を学ぶことの真の利点の一つは

  • university is that the law is not taken at face value as something which is unchanging,

    大学は、法律は額面通りに不変のものとして取られていないということです。

  • but rather is something which can moulded and developed. This may be through careful

    というよりも、むしろ成形して発展させることができるものです。これは、慎重に

  • interpretation of the rules or through careful assessment of old precedents to see how they

    規則の解釈、あるいは古い判例を慎重に評価して、それらがどのようなものであるかを確認します。

  • can be applied to new problems. But Law students also engage in discussions and thinking about

    は新たな問題に応用できる。しかし、法学部の学生はまた、以下のことについて議論し、考えることにも取り組んでいます。

  • more radical reform of the law. Law students are encouraged to reflect on the law, to think

    法律のより根本的な改革。法学部の学生は、考えるために、法律を反映するように奨励されています。

  • critically about the law, to consider whether the law is satisfactory, to identify the policies

    法律について批判的に考え、法律が満足のいくものであるかどうかを検討し、政策を特定する。

  • which underpin particular rules and to suggest alternatives. Law is consequently a very important

    特定のルールを支えるものであり、代替案を提案するものである。法は、その結果、非常に重要な

  • and useful subject for students to study if they are interested in questions of justice,

    司法の問題に興味を持っている学生にとっては、勉強に役立つ科目です。

  • rights, social policy and law reform. Fourthly, intellectual engagement.

    権利、社会政策、法改正。第四に、知的エンゲージメント。

  • Finally, students who study Law at University engage in an academic discipline with a very

    最後に、大学で法律を勉強する学生は、非常に非常に

  • long pedigree. They discuss the work of ancient philosophers and modern theorists; they examine

    長い血統書。古代の哲学者や現代の理論家の仕事について議論し、また

  • the meaning of justice; they consider the operation of financial markets, corporations

    正義の意味、金融市場、企業の運営を考える。

  • and commerce; they engage with the operation of law in a European and in a global arena;

    また、ヨーロッパやグローバルな舞台での法の運用にも取り組んでいます。

  • they analyse social policy and change. Aristotle said that theLaw is reason free

    彼らは社会政策や変化を分析する。アリストテレスは、『法は理性の自由である』と言った。

  • from passion.’ He was half right. The law is reason, but it is full of passion.

    "情熱から彼は半分正しかった律法は理性だが 情熱に満ちている

  • If you want to find out more about studying law at the University of Cambridge, you can

    ケンブリッジ大学での法律の勉強についてもっと詳しく知りたい方は、以下をご覧ください。

  • find a lot more information on the Law Faculty website.

    法学部のホームページをご覧ください。

My name is Graham Virgo, I’m Professor of English Private Law in the Faculty of Law

私の名前はグラハム・ヴァージョ、私は法学部の英語私法の教授です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 弁護 法律 ケンブリッジ スキル 論文 政策

弁護士になりたくないのに、なぜ大学で法律を勉強するのか?

  • 190 22
    fisher に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語