Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • We're often in situations of wanting to help and  be kind to others, but of not knowing quite what  

    私たちは多くの場合、他の人を助けると親切にしたいが、かなり何を知っていないの状況にあります。

  • they might be in need of. We'd like to deepen  our connection to them and be of service, and  

    必要としているかもしれません。彼らとのつながりを深め、お役に立てればと思っています。

  • yet lack a real grasp of what we could plausibly  offer them; their minds seem impenetrable, their  

    しかし、私たちが彼らに提供できるものについては、実際に把握していない。

  • problems opaque. At such moments, we would do  well to remember that we all possess a superpower,  

    不透明な問題そのような時には、私たちは皆、超能力を持っていることを覚えておいた方が良いでしょう。

  • a capacity to give people something we can be  sure they fundamentally require, founded on a  

    根本的に必要とされるものを提供する能力

  • primordial and basic insight into human naturethat all of us are in deep need of reassurance.  

    人間の本質に対する根本的で基本的な洞察:私たちは皆、安心を深く必要としています。

  • Life is a more or less ongoing emergency  for everyone. We are invariably haunted  

    人生は誰にとっても多かれ少なかれ進行中の緊急事態である。私たちは常に

  • by doubts about our value, by concerns for  our future, by shapeless anxiety and dread  

    疑心暗鬼に陥り将来への不安に陥り形のない不安と恐怖に陥る

  • about things we've done, by feelings of  guilt and embarrassment about ourselves.  

    罪悪感や恥ずかしさを感じることで、自分がしたことについて考えてしまうのです。

  • Everyday brings new threats to our integrity  and except for very rare moments when we and  

    毎日が私たちの誠実さに新たな脅威をもたらし、非常にまれな瞬間を除いて、私たちと

  • the world feel solid, there is almost always  a background throb of unwellness in our minds.  

    世界は堅固な感じがしますが、私たちの心の中には、ほとんどの場合、不調の背景にあるドキドキ感があります。

  • It doesn't matter whether they are old or youngaccomplished or starting out, at the top of the  

    老いも若きも、達成感も、スタートアップも関係なく、トップでは

  • tree or struggling to get by, we can count on one  thing about anyone we meet: they'll be beset by a  

    木に囲まれていたり、苦労していたりしても、出会った人の中で一つだけ言えることがあります。

  • sense of insecurity and, beneath some excellent  camouflage, to a greater or lesser extent,  

    不安感と、いくつかの優れた迷彩服の下に、多かれ少なかれ。

  • of desperation. That means that, more than they  perhaps even realise, they'll be longing for  

    自暴自棄になるそれはつまり、彼らがおそらく気付いている以上に

  • someone to say something soothing to them, a word or two to make them feel that they have a right to exist,  

    誰かの心を和ませるような言葉をかけて、自分の存在意義を感じさせるために

  • that we have some faith in them, that we know  things aren't always easy for them and thatin a  

    私たちは彼らを信頼し、物事が彼らにとって必ずしも簡単ではないことを知っています。

  • vague but real waywe're on their side. It could  be a very small, and barely perceptible remark,  

    漠然としていますが、本当の意味で、私たちは彼らの味方です。ごく小さな、かろうじて気づかれない程度の発言かもしれない。

  • but it's effect might be critical: that something  fascinating they said sticks in our minds,  

    しかし、その効果は重要かもしれません:彼らが言った魅力的な何かが私たちの心に突き刺さるということです。

  • that we know the past few months  might not have been simple for them,  

    ここ数ヶ月は彼らにとって単純なものではなかったかもしれません。

  • that we've found ourselves thinking of them  since our last meeting, that we've noticed and  

    前回のミーティング以来、私たちは彼らのことを考えていることに気づき

  • admire the way they go about things, that  they deserve a break and are, we can see,  

    彼らは休憩に値すると我々は見ることができることを、彼らが物事について行く方法を賞賛します。

  • carrying so much. It's easy to mistake the work of  reassurance with flattery. But flattery involves  

    多くのものを背負って安心させる仕事をお世辞と勘違いしがちです。しかし、お世辞には

  • a lie to gain advantage, whereas reassurance  involves revealing genuine affectionwhich we  

    一方、安心感を得るためには、本物の愛情を明らかにする必要があります。

  • normally leave out from embarrassmentin order  to bolster someone's ability to endure. We flatter  

    羞恥心を省いて、人の能力を高めるためにお世辞にも

  • in order to extract benefit, we reassure in order  to help. Furthermore, the flatterer tells their  

    利益を引き出すために、助けるために安心させます。さらに、お世辞を言う人は、自分の

  • prey about their strengths; the reassurer  does something infinitely more valuable:  

    彼らの強みについての餌食;再保証人は、何か無限に価値のあることをします。

  • they hint that they have seen the weaknessesbut have only tolerance and compassion for them  

    弱みを見て見ぬふりをする

  • on the basis of sharing fully in comparable ones  themselves. 'I think you're going to be fine';  

    匹敵するものを完全に共有することに基づいて。'あなたは大丈夫だと思います'

  • 'everyone goes through things like these' 'you  have nothing to be ashamed of…' The words we  

    "誰でもこんなことがある" "恥ずかしいことは何もない

  • need to say to reassure aren't new, they can  be the most apparently banal of sentences,  

    を安心させるために言う必要がありますが、新しいものではありません、彼らは文章の最も明らかに平凡なものにすることができます。

  • but we need to keep hearing them because our  minds are extremely bad at holding on to their  

    しかし、私たちはそれを聞き続ける必要があります。私たちの心は、それを保持することが非常に悪いからです。

  • nourishing truths. They are, furthermorelines that are a great deal more valuable and  

    滋養のある真実。彼らは、さらに、価値のあるセリフと

  • inclined to stick if someone else addresses  them to us than if we try to rehearse them  

    稽古よりも人に言われた方が固執しやすい

  • by ourselves. In 1425, the Florentine artist  Masaccio painted a rendition of Adam and Eve's  

    自分たちの手で1425年にフィレンツェの画家マサッチョは アダムとイブの 描写を描きました

  • expulsion from the Garden of Eden on the walls  of Florence's Church of Santa Maria del Carmine.  

    フィレンツェのサンタ・マリア・デル・カルマイン教会の壁にあるエデンの園からの追放。

  • We need not believe in any of the supernatural  aspects of Genesis to be profoundly moved by the  

    私たちは、創世記の超自然的な側面を信じる必要はありません。

  • horror stricken faces of the banished coupleAnd if we are so, it is because what we see is  

    追放されたカップルの 恐怖に打ちひしがれた顔 そうだとすれば、それは私たちが見ているものが

  • a version of an agony that is essentially  universalfor all of us have effectively  

    本質的に普遍的な苦悩のバージョン - 私たちのすべてのために効果的に持っています。

  • been cast out of the realm of comfort and plenty  and obliged to dwell in the lands of uncertainty,  

    快適で豊かな領域から追放され 不確実な土地に住むことを余儀なくされた。

  • humiliation and grief. All of us are beset  by woes, all of us are worried to the core,  

    屈辱と悲しみ。私たちは皆 悩みに悩まされています 私たちは皆 芯まで悩んでいます

  • longing for rest and in urgent need of forbearance  and gentleness. Part of the responsibility of  

    休息を切望し、寛容と優しさを緊急に必要としている。の責任の一部は

  • living in a time that broadly no longer believes  in divine reassurance is that we are each of us  

    もはや神の安心を広く信じていない時代に生きているのは、私たちがそれぞれであるということです。

  • given a role to play in delivering part of that  reassurance ourselves, to our fellow sufferers,  

    私たちは、私たちの仲間の被災者に、私たち自身がその安心感の一部を提供する役割を与えられています。

  • in ordinary moments of our ordinary livesWe cannot generally know the precise details  

    私たちの平凡な生活の中の平凡な瞬間に 私たちは一般的に正確な詳細を知ることはできません

  • of other people's travails, but we can always  be sure of a few vital things from the outset:  

    他の人の苦労話を聞いていても、最初からいくつかの重要なことを確認することができます。

  • that they are at some level in a mood of pain  and self-suspicion, that certain very big  

    痛みと自責の念に駆られて、あるレベルでは、ある非常に大きな

  • things will not have gone right, that there  will be intensities of loneliness, anxiety  

    寂しさと不安が入り混じったものになってしまう

  • and shame at play, and that it could hence makevery big difference indeed if we were able to say  

    と言うことができれば、本当に大きな違いを生むことができます。

  • something, however modest and even unoriginalto bring a little reassurance into their day.

    控えめなものであっても、また初々しくないものであっても、彼らの一日に少しの安心感をもたらすためのもの。

  • If you enjoyed our film please subscribe to our channel and click the bell icon to turn on notifications.

    あなたが私たちの映画を楽しんだ場合は、私たちのチャンネルを購読し、通知をオンにするには、ベルのアイコンをクリックしてください。

  • Our online shop contains a range of gifts that address the most important and often neglected areas of life. Click now to learn more.

    当社のオンラインショップでは、人生の中で最も重要であり、しばしば軽視されがちな分野に対応したさまざまなギフトをご用意しています。 詳しくはこちらをクリックしてください。

We're often in situations of wanting to help and  be kind to others, but of not knowing quite what  

私たちは多くの場合、他の人を助けると親切にしたいが、かなり何を知っていないの状況にあります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 安心 世辞 不安 追放 フィレンツェ 必要

みんなが本当に欲しいもの (What Everyone Really Wants)

  • 3 1
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 20 日
動画の中の単語