Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • the leading critic off the Kremlin, Alexi Navalny, has been detained by police after returning to Moscow for the first time since being poisoned with a nerve agent in attack he blames on the Russian authorities.

    クレムリン批判の第一人者 アレクシ・ナヴァルニーは モスクワに戻ってから初めて 警察に拘束されました 彼がロシア当局を非難する攻撃で 神経ガスで毒殺されてからです

  • He flew in from Berlin but was led away by police after reaching passport control.

    彼はベルリンから飛んできたが、出国審査を受けた後、警察に連れ去られた。

  • Western leaders have condemned his arrest from Moscow.

    欧米の指導者たちは、モスクワから彼を逮捕したことを非難しています。

  • His Steve Rosenberg.

    彼のスティーブ・ローゼンバーグ。

  • He'd only bean back on Russian soil a few minutes when Alexander finally was told he was being detained.

    彼がロシアに戻ってきたのは数分後だった アレクサンダーが拘束されていると聞いた時だ

  • A kiss goodbye for his wife, Yulia, then the Kremlin's fiercest critic, was led away.

    妻に別れのキスをして、当時クレムリンの猛烈な批判者であったユリアは引き揚げられた。

  • Earlier, there were chaotic scenes at a different Moscow airport where Mr the Violence flight had been scheduled to land.

    それ以前に、ミスター・ザ・バイオレンスのフライトが着陸予定だった別のモスクワ空港では、混沌とした光景が見られました。

  • Police detained his supporters.

    警察は彼の支持者を拘束した。

  • It's a disgrace, they chant inside.

    恥ずべきことだ、彼らは中で唱えている。

  • The arrivals are filled with right police who cleared the terminal.

    ターミナルをクリアした右の警察官が到着したところでいっぱいになります。

  • But in the end, the plane was rerouted toe another airport.

    しかし、最終的には、飛行機は別の空港に迂回された。

  • Alexander violently.

    激しくアレクサンダー。

  • This isn't quite home sweet home.

    ここは我が家ではない

  • As you can see from the welcome party.

    歓迎会の様子を見てもわかるように

  • He's back in the country where last summer he was poisoned, allegedly by a group of undercover Russian security agents, a country he has accused of state terrorism.

    彼は昨年の夏、国家テロを告発したロシアの潜入捜査官のグループに毒殺されたとされる国に戻ってきた。

  • Five months ago, Aleksei Navalny fell sick on an internal Russian flight in a coma.

    5ヶ月前、アレクセイ・ナバルニーはロシアの機内で昏睡状態に陥りました。

  • He was airlifted to Berlin for urgent treatment.

    緊急治療のためベルリンに空輸されました。

  • Toxicology reports from Germany, France and Sweden confirmed the opposition activists had been poisoned by Na'vi Chuck Nerve agent.

    ドイツ、フランス、スウェーデンからの毒物学の報告書では、反対運動家がナヴィ・チャック神経剤で毒殺されたことが確認されています。

  • Last month, President Putin dismissed accusations that the Russian state was behind the attack on Mr Navalny.

    先月、プーチン大統領はナバルニー氏への攻撃の背後にロシア国家があるとの非難を退けました。

  • If our agents had wanted to kill him, he said, they have finished the job e.

    私たちのエージェントが彼を殺したいと思っていたならば、彼は言った、彼らは仕事を終えたe.

  • But for weeks, the authorities here have been dropping not so subtle hints that Mr Should stay away from Russia, hints he decided to ignore when he left Berlin.

    しかし、数週間の間、ここの当局はロシアから離れた方がいいという微妙なヒントを垂れ流しています。ベルリンを出た時に無視することにしたヒントです。

  • A citizen of Russia, he says, I have the absolute right to return home.

    ロシアの国民である彼は、私には帰国する絶対的な権利があると言っています。

  • He did come back to Russia.

    彼はロシアに戻ってきた

  • But tonight Alexander Baillie is not at home with his family.

    しかし、今夜、アレクサンダー・ベイリーは家族と一緒に家にいるわけではありません。

the leading critic off the Kremlin, Alexi Navalny, has been detained by police after returning to Moscow for the first time since being poisoned with a nerve agent in attack he blames on the Russian authorities.

クレムリン批判の第一人者 アレクシ・ナヴァルニーは モスクワに戻ってから初めて 警察に拘束されました 彼がロシア当局を非難する攻撃で 神経ガスで毒殺されてからです

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ロシア アレクサンダー ベルリン モスクワ 警察 非難

クレムリン批判者アレクセイ・ナバルニー氏、神経ガス中毒でロシアに帰国中に逮捕 - BBCニュース (Kremlin critic Alexei Navalny arrested on return to Russia after nerve agent poisoning - BBC News)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 18 日
動画の中の単語