Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Russia has always had a reputation for illicit international activity, from sleeper cells

    ロシアは、スリーパーセルからの違法な国際活動で常に名声を得てきました。

  • to mysterious numbers stations to outright brazen assassination.

    謎のナンバーズステーションから露骨な暗殺まで。

  • If you annoy a Russian political leader enough, you have a decent chance ofaccidentally

    ロシアの政治指導者を十分に困らせれば、"偶然 "にも

  • falling out a window and onto some live bullets.

    窓から落ちてきて実弾の上に落ちてきた

  • You may have heard of Russian agents of death coming in forms as strange and innocuous as

    ロシアの死の工作員のことを聞いたことがあるだろう

  • a poison-tipped umbrella, but what about a simple, innocent cup of tea?

    毒入りの傘だけど、素朴で無邪気なお茶はどうなんだろう?

  • You're about to hear a story about a high-profile assassination, a deadly and mysterious poison,

    注目度の高い暗殺事件の話を聞いたことがあるのか、致命的な謎の毒を持っている。

  • and one of the most bizarre criminal investigations known to history – a man solving his own

    歴史上最も猟奇的な犯罪捜査の一つである男が自分の事件を解決する

  • murder before he even died.

    彼が死ぬ前に殺人を犯した

  • How could a story this fantastical have possibly happened?

    こんな空想的な話があったとは...。

  • Let's take a look and find out.

    見てみましょう、調べてみましょう。

  • Imagine yourself on a normal November day in London, England.

    11月の普通の日にイギリスのロンドンにいる自分を想像してみてください。

  • You have a decent, uneventful morning.

    何事もなく、まともな朝を迎えられます。

  • A simple breakfast at home, perhaps a walk outside in the crisp fall air.

    自宅での簡単な朝食、秋のさわやかな空気の中で外を散歩するのもいいかもしれません。

  • You have a lunch meeting at a sushi restaurant, then, later, head over to the Millennium Hotel

    お寿司屋さんでランチの打ち合わせをして、その後、ミレニアムホテルへ。

  • for yet another meeting at the Pine Bar.

    パインバーでの会議のために

  • You decline the bartender's offer to order a drinkafter all, you don't drink alcohol

    あなたは飲み物を注文するためにバーテンダーの申し出を断る - 結局のところ、あなたはアルコールを飲まない

  • and sit down to speak with the two men you have arranged to meet.

    - と、お見合いした二人の男性と話をするために座ってください。

  • They seem distracted, sullen even, but blame the behavior on a long flight into the country.

    彼らは気が散っているように見えて、不機嫌でさえあるが、その行動を国内への長いフライトのせいにしている。

  • They have a pot of tea at the table when you arrive, and offer some of the remaining tea

    到着するとテーブルにお茶のポットが置いてあり、残ったお茶を提供してくれる

  • to you.

    あなたに

  • You drink several sips, but are put off by the bitter taste and decline to finish the

    あなたは何口か飲むが、苦い味に後回しにされ、最後まで飲み干すことを拒否します。

  • cup.

    カップ。

  • The men bid you farewell, and you all go your separate ways.

    男たちが別れを告げて、みんなそれぞれの道を行く。

  • Seventeen days later, you are lying in a hospital bed in severe pain.

    17日後、激痛で病院のベッドに横たわっています。

  • You experienced intense diarrhea and vomiting and even lost the ability to walk without

    激しい下痢と嘔吐を経験し、歩けなくなったこともあるという。

  • help before you asked your wife to call you an ambulance.

    奥さんに救急車を呼ぶように頼む前に助けてくれ

  • The doctors have diagnosed you with thallium poisoning.

    医者はタリウム中毒と診断しています

  • However, your symptoms do not completely align with a case of thallium poisoning.

    しかし、あなたの症状が完全にタリウム中毒のケースと一致するわけではありません。

  • You have damage to your bone marrow and gut that is consistent with thallium poisoning,

    骨髄と腸に損傷があり、タリウム中毒と一致しています。

  • but lack the presence of peripheral neuropathypain and numbness in the fingers and feet

    手足の痛みやしびれはあるが、末梢神経障害の存在がない

  • – a key indicator of this ailment.

    - この病気の重要な指標です。

  • The doctors are baffled by your case, and the British police are just as confused by

    医者はあなたの事件に困惑しているし、イギリスの警察も同じように

  • your condition and apparent poisoning.

    あなたの状態と明らかな中毒

  • Only you have an idea of what could have happened.

    起こった可能性のあることを知っているのは、あなただけです。

  • You believe that you have been assassinated, and you are correct.

    暗殺されたと思っているあなたの考えは正しい。

  • Soon, with the help of authorities, you will solve your own murder from your hospital bed.

    やがて、当局の助けを借りて、病院のベッドから自分の殺人事件を解決することになります。

  • This is exactly what happened to Alexander Litvinenko in November of 2006, and it is

    これはまさに2006年11月にアレクサンドル・リトビネンコに起こったことであり

  • just the tip of the deadly iceberg.

    致命的な氷山の一角だ

  • Alexander Litvinenko was a former member of the Russian Federal Security Service who fled

    アレクサンドル・リトビネンコは、ロシア連邦保安局の元メンバーであり、逃亡した。

  • Russia to seek political asylum in the United Kingdom, which he was granted.

    ロシアはイギリスに政治亡命を求め、彼はそれを認められました。

  • He was a vocal critic of Vladimir Putin, and referred to his rise to power as a “coup”,

    彼はウラジーミル・プーチンを声高に批判し、権力を握ったことを「クーデター」と呼んだ。

  • drawing a great deal of negative attention from Putin.

    プーチンから多くの否定的な注目を集めています。

  • He left Russia in 2000, and in 2003 he began working with MI6 as an agent and an expert

    2000年にロシアを離れ、2003年からMI6のエージェントとして、また専門家として

  • on organized crime in Russia.

    ロシアの組織犯罪について

  • He provided MI6 with intelligence about the Russian mafia presence in Spain.

    スペインのロシアンマフィアの存在についてMI6に情報を提供した。

  • This activity likely reached officials within the Russian government, who were already not

    この活動は、ロシア政府内の高官にも届いた可能性が高い。

  • great fans of Litvinenko, and who had close ties with the Russian mafia.

    リトビネンコの大ファンで、ロシアのマフィアと密接な関係を持っていました。

  • In the weeks leading up to his assassination, there was a plan in place for Litvinenko to

    彼が暗殺されるまでの数週間、リトビネンコの計画があった。

  • testify before a Spanish prosecutor about the influence of the Russian mafia.

    ロシアンマフィアの影響力についてスペインの検察官の前で証言する。

  • This is likely what placed a target on his back, and led to his assassination at the

    での暗殺につながったのでしょう。

  • hands of Andrei Lugovoi and Dmitry Kovtun.

    アンドレイ・ルゴヴォイとドミトリー・コヴトゥンの手に渡る。

  • They poisoned Litvinenko, not with thallium as his doctors initially thought, but with

    彼らはリトビネンコを毒殺した 医師が当初考えていたように タリウムではなく

  • polonium-210, a rare, deadly, nearly undetectable radioactive isotope.

    ポロニウム210は、ほとんど検出されない放射性同位体です。

  • Before we learn more about Alexander Litvinenko's assassination, and how he solved it, we must

    アレクサンダー・リトヴィネンコの暗殺について、そして彼がどのように解決したのかを知る前に

  • discuss polonium-210 and what it does to the human body.

    ポロニウム210とそれが人体に与える影響を議論してください。

  • Polonium is one of the rarest elements in the world, rightfully referred to by Kovtun

    ポロニウムは世界で最も希少な元素の一つであり、コフトゥンの名で呼ばれています。

  • as “a very expensive poison.”

    "非常に高価な毒 "として

  • It was first discovered by Marie and Pierre Curie in 1898.

    1898年にマリーとピエール・キュリーによって初めて発見されました。

  • Polonium is so toxic to the human body that a fatal dose would only need to be about the

    ポロニウムは人体に非常に有毒なので、致死量は

  • size of a speck of dust.

    塵一つ分の大きさ

  • That is all that it would take.

    それだけでいいのです。

  • Once a person has ingested the polonium, radiation poisoning begins to set in.

    ポロニウムを摂取すると、放射線中毒になります。

  • Nausea, hair loss, swelling of the throat, and the breakdown of the immune system are

    吐き気、抜け毛、喉の腫れ、免疫力の低下は

  • all symptoms of exposure to polonium.

    ポロニウムへの暴露のすべての症状。

  • After long enough, it causes organ failure and seeps into the bone marrow.

    長く経つと臓器不全を起こし、骨髄に染み込んでいきます。

  • Eventually, it causes cardiac arrest and death.

    最終的には心停止を起こして死亡します。

  • Not only is it deadly, but polonium is very difficult to detect, making it a perfect murder

    致命的なだけでなく、ポロニウムは検出が非常に困難なので、完璧な殺人になります。

  • weapon.

    兵器だ

  • Litvinenko's doctors only determined a correct diagnosis of polonium-210 poisoning by testing

    リトビネンコの医師はポロニウム210中毒の正しい診断を下した。

  • his urine for the isotope on the day of his death.

    亡くなった日の尿に含まれていた同位体のために

  • By then, of course, it was much too late.

    もちろん、その時にはもう手遅れだった。

  • However, before he died, Litvinenko was able to aid in the investigation into his own murder.

    しかし、リトビネンコは生前、自身の殺人事件の捜査に協力することができた。

  • Very few people get the opportunity to solve their death before it happens, but Alexander

    死が起こる前に死を解決する機会を得る人はほとんどいませんが、アレクサンダーは

  • Litvinenko was a brilliant man who understood that there were many people out there who

    リトビネンコは、多くの人がいることを理解していた聡明な人でした。

  • wanted to kill him.

    彼を殺そうとした

  • He also knew that, if he had been assassinated, there were only three men that could have

    彼はまた、もし暗殺されたとしたら、3人の男しかいないことも知っていました。

  • done it.

    終わった

  • He met with three men on the day that he was poisoned, and it had to be one of them.

    毒を盛られた日に3人の男と会ったが、そのうちの1人でなければならなかった。

  • First, he met with an Italian associate of his, Mario Scaramella, for lunch.

    まず、イタリア人の同僚であるマリオ・スカラメーラと昼食を共にした。

  • After lunch, he met with Lugovoi and Kovtun at the Millennium hotel.

    昼食後、ミレニアムホテルでルゴヴォイ、コヴトゥンと合流。

  • Litvinenko described this meeting in detail to Detective Inspector Brent Hyatt of Scotland

    リトビネンコはスコットランドのブレント・ハイアット警部に この会議の詳細を説明しました

  • Yard in an interview.

    インタビューの中のヤード。

  • He was greeted by Lugovoi upon entering the Pine Bar.

    パインバーに入るとルゴヴォイに出迎えられた。

  • Lugovoi then led him to a table that was already covered with mugs and a pot of tea.

    ルゴヴォイはその後、すでにマグカップと紅茶のポットが置かれているテーブルに案内した。

  • Litvinenko did not drink alcohol, so the two men did not attempt to ply him with something

    リトビネンコは酒を飲まなかったので、二人の男は彼に何かを与えようとはしなかった。

  • stronger than the tea on the table.

    テーブルの上のお茶よりも強い

  • Then, Lugovoi told Litvinenko that he was leaving, and there was tea left in the pot

    そして、ルゴヴォイはリトビネンコに「出て行く」と告げ、ポットにはお茶が残っていた。

  • if he wanted to drink it.

    彼が飲みたければ

  • Litvinenko poured himself some tea from the pot and drank it.

    リトヴィネンコはポットからお茶を自分で注いで飲んだ。

  • In his account, Litvinenko told Hyatt that he had only a few sips, and that the tea tasted

    リトビネンコはハイアットに、数口しか飲まなかったこと、そしてお茶の味がしたことを話しています。

  • off to him.

    彼のところへ

  • He also noticed that Lugovoi did not drink any tea while sitting at the table.

    また、ルゴヴォイがテーブルに座ったままお茶を飲まないことにも気がついた。

  • They were then joined by Kovtun.

    その後、コヴトゥンが加わりました。

  • Litvinenko knew, even as he was leaving the hotel, that something was off about the meeting.

    リトビネンコはホテルを出ようとしていた時にも、会議の様子がおかしいことを知っていた。

  • He told DI Hyatt, “Later on, when I left the hotel, I was thinking there was something

    彼はDIハイアットに、「後になって、ホテルを出るときに、何かあると思っていた。

  • strange.

    奇妙な

  • I had been feeling all the time, I knew that they wanted to kill me.”

    私はずっと感じていた、彼らが私を殺そうとしていることを知っていた。"

  • Litvinenko made for an excellent witness, even as he lay dying in the hospital from

    リトヴィネンコは、病院で死にかけていた彼の証人となった。

  • an as-yet-unknown poison.

    未知の毒。

  • He gave 18 interviews to the detectives assigned to his case, spanning a total of nearly nine

    彼は 自分の事件を担当した刑事に18回の事情聴取をして合計9回近くに渡って

  • hours.

    時間。

  • His experience with investigations gave him a great memory, and he pointed the detectives

    調査の経験が記憶に残っていて、探偵を指差した。

  • in the direction of Lugovoi and Kovtun.

    ルゴヴォイ、コヴトゥン方面へ。

  • He gave the police his email, his bank account, and a full account of his history with the

    彼は警察にメール、銀行口座、そして彼の過去の経歴を全て話しました。

  • Russian Federal Security service, as well as explaining why these men might want him

    ロシア連邦安全保障局が なぜ彼を必要とするのか説明しています

  • dead.

    死んだ

  • With his help, the police began to piece together a clearer picture of what happened to Alexander

    彼の助けを借りて、警察はアレクサンダーに何が起こったのかをより明確に把握し始めました。

  • Litvinenko on November 1, 2006, at the Millennium Hotel.

    2006年11月1日、ミレニアムホテルでのリトビネンコ。

  • The investigation uncovered information that indicated that, contrary to what was believed,

    調査では、信じられていたこととは逆に、そのことを示す情報が明らかになった。

  • November 1 was not the first attempted assassination of Litvinenko.

    11月1日は、リトビネンコ暗殺未遂事件が初めてではありませんでした。

  • A radiation stain was found in a cup leftover from a business meeting between Lugovoi and

    ルゴヴォイとの商談の際に残されたカップから放射能汚染が発見されました。

  • Litvinenko in October, but, because Litvinenko did not drink any of the liquid in this cup,

    10月のリトビネンコですが、リトビネンコはこのカップの液体を飲んでいないので、このカップの液体を飲むことはありませんでした。

  • this attempt was unsuccessful.

    この試みは失敗しました。

  • So, the fateful Millennium Hotel meeting was set up.

    そこで、運命的なミレニアムホテルの会議がセッティングされました。

  • Lugovoi told detectives that he arrived at the hotel for the meeting at 4 PM.

    ルゴヴォイは午後4時に会議のためにホテルに到着したと刑事に話した。

  • However, when CCTV footage was checked, it was revealed that he arrived at 3:32 PM, a

    しかし、CCTVの映像を確認したところ、午後3時32分に到着したことが明らかになりました。

  • half hour earlier than reported.

    報告より30分早い

  • He disappeared into the men's bathroom, then emerged.

    男子トイレに消えて出てきた。

  • At 3:45 PM, Kovtun arrived at the hotel and did the same.

    午後3時45分、コヴトゥンがホテルに到着し、同じことをした。

  • Later tests showed a massive amount of radiation contamination in one of the bathroom stalls,

    その後の検査では、浴室の屋台の一つで大量の放射能汚染が確認されました。

  • as well as under the bathroom's hand dryer.

    浴室のハンドドライヤーの下にも。

  • These readings were so high that they were off the scale, indicating that Kovtun and

    これらの測定値は非常に高く、スケールから外れていたことを示しており、コヴトゥンと

  • Lugovoi were likely preparing the polonium in the restroom somehow.

    ルゴヴォイはどうやらトイレでポロニウムを準備していたようだ。

  • At the very least, they had polonium on their hands when they went into the restroom, and

    少なくとも、トイレに入った時にポロニウムを手に持っていたことと

  • it could not have come from anyone else at the hotel.

    ホテルの他の誰からでもないはずです。

  • Litvinenko never went to the hotel bathroom while there, so he could not be the source

    リトビネンコはホテルのトイレに行っていないので 情報源にはなり得ない

  • of the polonium contamination found inside.

    ポロニウム汚染が発見されました

  • When Litvinenko arrived, the pot of tea was already on the table, and his fate was already

    リトヴィネンコが到着したときには、すでに紅茶のポットがテーブルの上に置かれており、彼の運命はすでに決まっていた。

  • sealed.

    封印されています。

  • It is not certain which man put the polonium in the teapot, but, whoever did, the tea was

    ポロニウムをティーポットに入れた人は特定されていませんが、誰でも、お茶だった。

  • contaminated, and the few sips that Litvinenko took before giving up on the unpleasant-tasting

    リトビネンコが不愉快な味をあきらめる前に飲んだのは、汚染されていたからだ。

  • tea were enough to kill him.

    お茶だけで十分だった

  • When the forensics team investigated the Pine Bar, checking tables, cups, spoons, saucers,

    鑑識チームがパインバーを調査した時テーブル、カップ、スプーン、ソーサーを確認した

  • teapots, and milk jugs, they found the teapot that Litvenenko was served from.

    ティーポット、牛乳の水差しなどから、リトヴェネンコが供されていたティーポットを発見しました。

  • Lugovoi and Kovtun clearly didn't care if their assassination attempt put others in

    ルゴヴォイとコヴトゥンは明らかに自分たちの暗殺未遂が他の人を巻き込んでも気にしなかった

  • harm's way, as the polonium was spread throughout the kitchen and dozens of unsuspecting people

    ポロニウムがキッチンに散布され、何十人もの無防備な人々が危険な目に遭いました。

  • exposed.

    露呈した。

  • Polonium contamination was found in the bar's dishwasher, the floor, an ice cream scoop,

    ポロニウム汚染がバーの食器洗い機、床、アイスクリームのスクープから見つかった。

  • a chopping block, chairs, and the piano stool.

    まな板、椅子、ピアノのスツール。

  • However, as dangerous as it is, polonium's tendency to stick around on items and provide

    しかし、危険なのと同じくらい、ポロニウムがアイテムに付着して

  • detectable radiation readings allowed the police to connect it back to Lugovoi and Kovtun.

    検出された放射線の測定値により、警察はルゴヴォイとコヴトゥンに接続することができました。

  • The teapot that Litvinenko drank from gave off a reading of 100,000 becquerels of polonium,

    リトビネンコが飲んだティーポットから 10万ベクレルのポロニウムが検出された

  • and the table where the three men sat indicated radiation levels of 20,000 becquerels, or

    と3人が座っていたテーブルには、2万ベクレルの放射線量が表示されていました。

  • twice the strength it would take to kill a person if ingested.

    摂取すると人を殺すのに2倍の強さが必要になります。

  • Even more damning than the evidence found in the bar, however, was the evidence found

    しかし、バーで見つかった証拠よりもさらに有害な証拠が見つかった。

  • in Kovtun's hotel room, room 382.

    コヴトゥンのホテルの382号室で

  • While the room was being investigated, the forensics team took apart the bathroom sink.

    部屋を調査している間に、鑑識チームは浴室のシンクを分解した。

  • Inside, in the sink's waste pipe, they found a strange clump that tested for 390,000 becquerels

    流し台の排水管の中には 39万ベクレルの奇妙な塊がありました

  • of polonium.

    ポロニウムの

  • This clump had to have come into direct contact with the polonium itself, rather than just

    この塊は、ポロニウムそのものと直接接触したのではなく、むしろ

  • traces of it.

    その痕跡が

  • With this information, the picture came into sharp focus.

    この情報で、ピントが合ってきました。

  • After the meeting with Litvinenko, Kovtun went to his hotel room and dumped the rest

    リトビネンコとの会談後、コフトゥンはホテルの部屋に行き、残りを捨てた。

  • of the polonium down his bathroom sink, hoping to dispose of the murder weapon once and for

    浴室の流し台にポロニウムを流し込み 凶器を最後に処分しようとしていた

  • all.

    全部

  • However, in spite of this damning evidence, Kovtun and Lugovoi were already back in Russia

    しかし、この決定的な証拠にもかかわらず、コヴトゥンとルゴヴォイはすでにロシアに戻っていた。

  • and out of the reach of the British justice system.

    とイギリスの司法制度の手の届かないところで。

  • Though Lugovoi and Kovtun were directly responsible for his death, Litvinenko blamed another,

    ルゴヴォイとコヴトゥンが彼の死の直接の責任者であるにもかかわらず、リトビネンコは別の人を非難した。

  • loftier figure for the decision to have him killed.

    殺処分決定のための高尚な姿

  • He named Putin in his final statement before his death, saying: “…this may be the time

    彼は死ぬ前の最後の声明でプーチンの名前を挙げ、こう言った。"...今がその時かもしれない

  • to say one or two things to the person responsible for my present condition.

    今の自分の状態の責任者に一つや二つのことを言う。

  • You may succeed in silencing me but that silence comes at a price.

    私を黙らせることに成功するかもしれませんが、その沈黙には代償がつきものです。

  • You have shown yourself to be as barbaric and ruthless as your most hostile critics

    あなたは最も敵対的な批評家と同じくらい 野蛮で冷酷であることを示した

  • have claimed.

    と主張しています。

  • You have shown yourself to have no respect for life, liberty or any civilized value.

    あなたは生命、自由、文明的価値を全く尊重していないことを示しています。

  • You have shown yourself to be unworthy of your office, to be unworthy of the trust of

    あなたは自分の事務所にふさわしくないことを示した、信頼に値しないことを

  • civilized men and women.

    文明人の男女。

  • You may succeed in silencing one man but the howl of protest from around the world will

    一人の男を黙らせることに成功しても世界中からの抗議の遠吠えは

  • reverberate, Mr. Putin, in your ears for the rest of your life.

    プーチンさん、あなたの耳に一生響くでしょう。

  • May God forgive you for what you have done, not only to me but to beloved Russia and its

    あなたがしたことを神が許してくださいますように。私だけでなく、愛するロシアとその国のために。

  • people.”

    人たち"

  • He also agreed to have his photograph taken as he sat in bed, bald and gaunt from radiation

    放射能の影響で禿げて衰弱したベッドの上で写真を撮ってもらうことにも同意した。

  • poisoning, so that the world could see what was done to him for the mere act of speaking

    毒を盛られていたので、口にしただけで何をされたのかを世間に知らしめるために

  • up and speaking out.

    立ち上がって声を出す。

  • Even as he was sick, weakened from the poison, he stared defiantly down the lens of the camera,

    毒に弱った体調の悪い彼も、反抗的にカメラのレンズを見つめていた。

  • strong until the end.

    最後まで強い。

  • The image circulated around the world, accompanying his story and his message.

    その映像は、彼の物語とメッセージを伴って世界中に流通した。

  • While the British police named Kovtun and Lugovoi as prime suspects in the murder of

    イギリスの警察がコヴトゥンとルゴヴォイを

  • Litvinenko, they have not been able to extradite them from Russia.

    リトビネンコ、ロシアからの身柄引き渡しができていない。

  • Both men deny their involvement in Litvinenko's death, but Litvinenko's account of events,

    二人ともリトヴィネンコの死への関与を否定しているが、リトヴィネンコの説明によると、リトヴィネンコの死は、自分の死への関与を否定していない。

  • and the evidence, speaks for itself.

    と証拠がそれ自体を物語っています。

  • Even if they are never truly brought to justice directly, Alexander Litvinenko made sure that

    たとえ彼らが本当に直接裁かれることがなかったとしても、アレクサンダー・リトビネンコはそれを確実にしました。

  • the world would know who killed him.

    誰が彼を殺したのか 世界に知られることになる

  • Check outDeath Row Criminal the Law Couldn't Kill - True StoryandThe Man Who Stole

    法では殺せなかった死刑囚-実話」「盗んだ男」をチェックしてみてください。

  • $65 Billion - Largest Ponzi Scheme In Historyfor more wild true stories about fascinating

    650億ドル-史上最大のねずみ講」では、魅力的な話についてのワイルドな実話をもっと見ることができます。

  • people!

    黔首

Russia has always had a reputation for illicit international activity, from sleeper cells

ロシアは、スリーパーセルからの違法な国際活動で常に名声を得てきました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ロシア ホテル 中毒 ポット ティーポット 事件

ポロニウム210による死 - ロシアはどのように自分のスパイの一人を取り出したか (Death By Polonium-210 - How Russia Takes Out One of Their Own Spies)

  • 2 1
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 18 日
動画の中の単語