Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Delta Airlines posted its first Daniel loss in 11 years Thursday, but the carrier sees business picking up in the second half of this year.

    デルタ航空は木曜日に11年ぶりのダニエルの損失を計上したが、キャリアは今年の後半にビジネスを拾うと見ている。

  • CEO Ed Bastian told Reuters it expects 2021 will be the year of recovery.

    CEOのエド・バスティアン氏はロイターに対し、2021年が回復の年になると予想していると語った。

  • That will hinge on factors such as the pace of vaccine rollouts and people's appetite for flying, he said The carrier expects summer travel will show meaningful improvement good enough to drive profitability in the second half of the year.

    それは飛ぶことのためのワクチンのロールアウトそして人々の食欲のペースのような要因に掛かっている、彼は言った キャリアは夏旅行が今年の後半の収益性を運転するために十分に意味のある改善を示すことを期待する。

  • That's when he also expects business travel to pick up, but a recovery and international travel could take a least another year.

    それは、彼もまた、出張が回復することを期待しているときですが、回復と海外旅行は、少なくとももう1年かかる可能性があります。

  • Delta's outlook sent its shares up more than 4% in early trading Thursday, but the near term could be rocky after the carrier posted a loss of more than $12 billion last year.

    デルタ航空の見通しは、木曜日の取引開始時には4%以上上昇したが、航空会社が昨年120億ドル以上の損失を計上した後、短期的には揺らいでいる可能性がある。

  • The airline sees its actual flight capacity falling by more than half as it continues to block middle seats until the end of March.

    航空会社は3月末まで中間席のブロックを続けているため、実際の飛行能力は半分以上に減少していると見ている。

  • Delta, which lost an average of $12 million a day in the last three months, expects revenue to fall by up to 65% in the first quarter.

    過去3ヶ月で1日平均1200万ドルの損失を出したデルタ航空は、第1四半期の収益が最大65%減少すると予想している。

Delta Airlines posted its first Daniel loss in 11 years Thursday, but the carrier sees business picking up in the second half of this year.

デルタ航空は木曜日に11年ぶりのダニエルの損失を計上したが、キャリアは今年の後半にビジネスを拾うと見ている。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 航空 デルタ 損失 回復 収益 減少

デルタ航空、11年ぶりの赤字を計上 (Delta posts first annual loss in 11 years)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 16 日
動画の中の単語