Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • We want to give a big thank you to the sponsor of today's video - Morning Brew.

    今日の動画のスポンサーであるモーニングブリューさんに感謝の気持ちを伝えたいと思います。

  • As a fan of The Infographics Show, we know that just like us, you're tired of getting

    インフォグラフィックス・ショーのファンとしては、私たちと同じように、以下のようなことに疲れていることを知っています。

  • your news and information the boring old fashioned way.

    あなたのニュースや情報は、退屈な昔ながらの方法で。

  • Nothing is worse than starting your day by endlessly scrolling through news and social

    ニュースやソーシャルを延々とスクロールして一日を始めることほど悪いことはありません。

  • media apps hoping to find something relevant to you.

    あなたに関連するものを探しているメディアアプリ

  • Believe us, we used to have the same problem!

    信じてください、私たちは同じ問題を抱えていました!

  • Which is why we're so happy we found Morning Brew, the free daily newsletter that really

    だからこそ、私たちはモーニング・ブリューという無料の日刊ニュースレターを見つけたことをとても嬉しく思っています。

  • is the absolute best way to start your day.

    は、一日の始まりには絶対に最適な方法です。

  • It'll get you up to speed on everything you need to know in minutes, with business,

    ビジネスで必要なことがすぐにわかるようになります。

  • finance, and tech stories that actually respect your time, and get you the info you want quick!

    金融、技術の話は、実際にあなたの時間を尊重し、あなたが欲しい情報を迅速に取得するためのものです。

  • Like how electric vehicles were the best selling cars and that Amazon is buying up an entire

    電気自動車が最も売れている車であったことや、アマゾンが全体を買い占めていることなどが挙げられます。

  • fleet of 767s!

    767の艦隊!

  • Signing up is completely free and takes less than 15 seconds, so what are you waiting for?

    登録は完全に無料で、15秒もかからないので、何を待っているのでしょうか?

  • Become smarter in five minutes and sign up for Morning Brew right now!

    5分で賢くなる!今すぐモーニングブリューに登録しよう

  • The CIA- the world's second-most feared intelligence agency, first place naturally goes to the

    世界で2番目に恐れられているCIAは当然のことながら第1位は

  • Russian FSB.

    ロシア連邦保安庁

  • But what the CIA lacks in technique versus its Russian competition, it more than makes

    だが CIAは ロシアの競争相手と比べて 技術的な面で欠けている部分があるが

  • up for in sheer crazy.

    狂気の沙汰だ

  • Get ready to learn about the craziest CIA covert operations.

    CIAの秘密工作について学ぶ準備をしてください。

  • 10.

    10.

  • Spying Is For The Birds- Literally It's the height of the Cold War, east versus

    スパイは鳥のためにある - 文字通り、それは冷戦の高さ、東対東です。

  • west, democracy versus stalinism.

    西部、民主主義対スターリン主義。

  • With nuclear weapons aimed at each other's throats, the US and Soviet Union are in a

    核兵器がお互いに狙われている中で、米ソは

  • struggle for the very fate of the world itself.

    世界の命運を賭けた闘いだ

  • In this high stakes, winner-take-all, zero-sum game, the United States unveils its newest

    このハイステークス、勝ち抜き戦、ゼロサムゲームでは、米国は最新の

  • weapon- a pigeon.

    武器はハト

  • Well, not just one pigeon, but thousands of them, all released in eastern europe with

    鳩は一羽だけではなく、何千羽もの鳩が東欧で放流されています。

  • the hopes they'll drop sensors that will help the US learn where the Soviet Union is conducting

    ソビエト連邦の活動場所をアメリカが知るためのセンサーを投下することを期待している

  • chemical weapon tests.

    化学兵器実験

  • Pigeons were even trained to fly cameras over facilities, with surprisingly good quality

    ハトは施設の上空でカメラを飛ばす訓練までされていたが、驚くほどのクオリティーで

  • images being returned.

    画像が返されています。

  • But pigeons are far from the only birds enlisted to defeat the Reds, and ravens too are put

    しかし、ハトはレッズを倒すために参加した唯一の鳥から遠く離れており、カラスはあまりにも配置されています。

  • to task fighting for freedom and the American way.

    自由とアメリカの道のために戦っているタスクに。

  • These specially clever animals are trained to drop off listening devices on window sills

    この特別に賢い動物たちは、窓枠に盗聴器を落とすように訓練されています。

  • that are otherwise inaccessible, and in at least one operation a red laser beam was used

    他の方法ではアクセスできない、少なくとも1つの操作では、赤色レーザービームが使用されました。

  • to guide a raven to a target, drop off the bug, and then return to its handler with the

    を使ってカラスをターゲットに誘導し、バグを落としてからハンドラに戻るために

  • use of a special lamp.

    特殊なランプを使用しています。

  • Sadly that particular operation yielded no usable intelligence, as the bug failed to

    悲しいことに、その特定の操作は、バグが失敗したので、使用可能な情報を得ることができませんでした。

  • work properly, but the CIA would go on to successfully use birds in many still-classified

    しかし、CIAは鳥を使用して、多くのまだ機密扱いされた

  • operations.

    操作を行います。

  • With the ability to fly loads up to 40 grams, there's little doubt that in today's age of

    40グラムまでの負荷を飛ばす能力を持つ、今日の時代にはほとんど疑いの余地はありません。

  • smart, miniaturized electronics, birds are once more on the front lines of the CIA's

    スマートで小型化された電子機器、鳥は再びCIAの最前線に立っています。

  • covert wars.

    隠密戦争

  • But the CIA's next crazy operation truly takes things out of this world...

    しかし、CIAの次の狂った作戦は、本当にこの世界から飛び出していく......。

  • 9.

    9.

  • Flying Saucers From...

    空飛ぶ円盤は...

  • The Earth?

    地球?

  • In the 1950s flying saucers were all the rage, and it seemed like everybody was seeing one

    1950年代には空飛ぶ円盤が大流行していました 誰もが見ているように見えました

  • every other day.

    一日おきに

  • With events like Roswell and the real-life flying saucer invasion of Washington though,

    ロズウェルのような出来事や ワシントンの空飛ぶ円盤の 侵略のような現実の出来事でも

  • we can hardly blame boomers for being afraid of aliens from outer space or south of the

    団塊の世代が宇宙人を恐れるのは仕方がない

  • border.

    の境界線を示しています。

  • During the height of flying saucer mania, the CIA and the Air Force both got an idea-

    空飛ぶ円盤マニアの絶頂期に、CIAと空軍は両方のアイデアを得た。

  • what if there was something to flying saucers?

    空飛ぶ円盤に何かあるとしたら?

  • If alien flying saucers could cross the void of space, surely they would do a pretty good

    もし宇宙人の空飛ぶ円盤が宇宙空間を横切ることができたら、きっと彼らはかなり良いことをするだろう。

  • job of flying around the earth, right?

    地球を飛び回る仕事ですね。

  • With generous funding from the federal government's black budget, the CIA and Air Force began

    連邦政府の闇予算から潤沢な資金を得て、CIAと空軍は開始しました。

  • collaborating on a flying saucer shaped vehicle that could fly spy missions deep in the Soviet

    潜入捜査車

  • union and shoot down bombers- after all, what better cover for a secret CIA vehicle than

    組合と爆撃機を撃墜して、結局のところ、CIAの秘密車両のためのより良いカバーは何ですか?

  • making it look like an alien is piloting it?

    エイリアンが操縦しているように見せかけているのか?

  • Turns out there's a reason UFOs are claimed to use all sorts of science fiction technology

    UFOがあらゆる種類のSF技術を使っていると主張されているのには理由があることが判明した

  • like magnetic levitation or even ESP- because without it they fly about as well as a drunk

    磁気浮上や超能力のようにそれがなければ酔っぱらいと同じように飛ぶからだ

  • frisbee.

    フリスビー

  • After an unknown number of years in testing, the flying saucer program was finally canceled

    何年にもわたるテストの後、空飛ぶ円盤計画はついに中止されました。

  • in 1961, as the design was deemed completely uncontrollable at high speeds and aerodynamically

    1961年には、高速走行時には完全に制御できず、空力的にも問題があると判断されたために

  • unstable.

    不安定です。

  • The CIA is meant to protect Americans, but the next crazy covert operation made the CIA

    CIAはアメリカ人を守るためのものだが、次の狂った隠密作戦でCIAは

  • an enemy of the American people… 8.

    アメリカ国民の敵...8.

  • Operation Blame-The-Cubans It's 1962, and the Soviets have done the unthinkable-

    キューバ人の非難作戦 1962年、ソビエトは考えられないようなことをしました。

  • cooperate with Cuba to place Soviet military forces literally next-door to America... you

    キューバに協力してソ連軍を文字通りアメリカの隣に配置して...

  • know, sort of the way that the US had placed nuclear missiles in Turkey and on the Soviet

    アメリカがトルコとソビエトに核ミサイルを設置したように

  • Union's doorstep.

    ユニオンの玄関先。

  • Something had to be done about Cuban/Soviet cooperation before the relationship got too

    キューバとソビエトの協力については、関係が悪化する前に何かをしなければならなかった。

  • chummy, and that something was an invasion.

    侵略されたんだよ

  • Only one problem: how to justify an invasion of a tiny country that had absolutely nothing

    唯一の問題は、何も持っていない小さな国の侵略をどうやって正当化するかということです。

  • to do with the US?

    アメリカをどうするか?

  • No worries, because the CIA quickly came to the rescue.

    心配ない、CIAがすぐに救助に来たから。

  • Proposed to President John F. Kennedy, who immediately rejected the idea and fired more

    ジョン・F・ケネディ大統領に提案したが、すぐに却下され、さらに解雇された。

  • than a few of the CIA's top brass, Operation Northwoods was a convoluted plan to, in essence,

    ノースウッズ作戦は本質的には複雑な計画だった

  • carry out terrorist attacks all across the US, and blame them on Cuban operatives.

    アメリカ全土でテロ攻撃を行いキューバの工作員のせいにしている

  • Plans included assassinations, the bombing of a restaurant in Washington D.C., riots,

    暗殺、ワシントンD.C.のレストランの爆破、暴動などが計画されています。

  • and other acts of terrorism.

    などのテロ行為がありました。

  • Basically, the CIA was seeking permission to go all Grand Theft Auto on the US and then

    基本的にCIAはアメリカのグランドセフトオートに行く許可を求めていたし

  • blame it on the Cubans.

    キューバ人のせいにして

  • Thankfully Kennedy immediately shot down the proposal, and along with it the careers of

    ありがたいことにケネディはすぐにその提案を撃墜し、それに伴って

  • several CIA personnel.

    数名のCIA関係者

  • Who says the CIA doesn't have a heart though?

    誰がCIAに心がないと言った?

  • The next CIA operation was all about turning former enemies into close new friends...

    次のCIAの作戦は、かつての敵を親しい新しい友人に変えることだった...

  • 7.

    7.

  • Operation Paperclip After long years of fighting Nazi Germany,

    ペーパークリップ作戦 ナチスドイツとの長年の戦いの末に

  • one thing was clear- Nazis were terrible, but they were pretty brilliant about coming

    一つだけはっきりしていたのは ナチスはひどかったが 彼らはかなり優秀だったということだ

  • up with ways to kill people.

    人を殺す方法を考え出す

  • With the freeze of the Cold War setting in, the United States desperately needed some

    冷戦の凍結で、米国は必死になって必要としていたのは

  • of that good old fashioned Nazi murder know-how for itself.

    ナチスの古き良き時代の殺人のノウハウを自分のために。

  • Barely one year after the end of hostilities, US President authorized Operation Paperclip,

    敵対行為終了からわずか1年後、米大統領はペーパークリップ作戦を許可した。

  • handled by the Office of Strategic Services and predecessor to the CIA.

    戦略サービス局が担当し、CIAの前身である。

  • The goal of Paper Clip was simple: lure or threaten former Nazi scientists into making

    ペーパークリップの目的は単純で、元ナチスの科学者をおびき寄せたり脅したりして

  • the move to the United States and working for America.

    アメリカに移住してアメリカのために働くこと。

  • With the other option being getting swept up by Soviet KGB agents and forced to make

    もう一つの選択肢は、ソ連のKGBのエージェントに振り回されていることと、作らざるを得ない。

  • missiles in Siberia, it wasn't exactly a hard sell getting Nazi scientists to make the move

    シベリアのミサイルは、ナチスの科学者たちを動かすのに苦労したわけではありません。

  • out to sunny California.

    晴れたカリフォルニアに出かける。

  • The project remains one of the most controversial aspects of the post-World War II period, as

    このプロジェクトは、第二次世界大戦後も、以下のように、最も議論の的となった側面の一つであり続けています。

  • many Nazi scientists who should have rightly been tried as war criminals were instead granted

    戦犯として裁かれるべき多くのナチスの科学者が、戦犯として裁かれる代わりに

  • a free pass to live a very comfortable life in the US in exchange for their genius.

    彼らの天才性と引き換えにアメリカで快適な生活を送るためのフリーパス。

  • One man in particular, Wernher von Braun, helped establish the American space program

    特に、アメリカの宇宙開発計画の確立に貢献したヴェルナー・フォン・ブラウンという人物がいます。

  • and masterminded the Apollo missions- but received lifelong criticism for his role in

    アポロ計画の立案者であり、アポロ計画の立案者でもありましたが、アポロ計画での彼の役割については、生涯にわたって批判を受けました。

  • developing V2 rockets to be used on civilians in Britain.

    英国で民間人に使用されるV2ロケットを開発している。

  • The next CIA crazy covert operation is one they don't want you learning about, so feel

    次のCIAの狂った隠密作戦は、彼らがあなたに学んで欲しくないものですので、感じてください。

  • free to shut this video off nowno, really, Uncle Sam would thank you.

    このビデオを止めるのは自由だが...いや、本当に、アンクルサムが感謝するだろう。

  • 6.

    6.

  • Let The CIA Do Your Thinking For You The Cold War was a terrifying time for the

    CIAはあなたのためにあなたの思考をしてみましょう 冷戦は、冷戦のための恐ろしい時間でした。

  • world, with the US and Soviet Union locked in a bid for global supremacy.

    アメリカとソ連が世界の覇権争いをしている世界。

  • There was just one problem: why should an auto plant worker from Detroit, or a farmer

    ただ一つ問題がありました デトロイト出身の自動車工場の労働者や 農家の労働者が

  • from the Russian Urals care?

    ロシアのウラル地方の人が気にしていますか?

  • What stake did the average Soviet or American citizen really have in the world's greatest

    ソ連やアメリカの平均的な市民は、世界の偉大な市民にどのような利害関係を持っていたのでしょうか?

  • international penis measuring contest to date?

    これまでの国際的なペニス測定コンテスト?

  • Turns out the average joe on either side of the Iron Curtain had little stake in the posturing

    鉄のカーテンの両側の一般人は、その姿勢にほとんど利害関係がないことがわかった。

  • between east and west, but the CIA and KGB were here to fix that.

    東と西の間には、CIAとKGBがいましたが、それを修正するためにここにいました。

  • Operation Mockingbird was a still little understood operation undertaken by the CIA to convince

    モッキンバード作戦は、CIAによって実施されたまだほとんど理解されていない作戦でした。

  • Americans that Russians were bad.

    ロシア人が悪いというアメリカ人

  • While the full extent of the CIA's reach is still not known, a former investigation in

    CIAの手の届く範囲の全容はいまだに不明ですが、以前の調査では

  • the 1970s revealed 50 journalists at the country's most influential newspapers all had secret

    1970年代、国の最も影響力のある新聞社の50人のジャーナリストは、すべて秘密を持っていたことが明らかになった。

  • links to the CIA, and were compensated to run CIA approved articles.

    にリンクし、CIAが承認した記事を実行するために補償された。

  • The program was eventually shut down for, ironically, mirroring the exact same press

    この番組は、皮肉なことに、全く同じ報道をミラーリングしたために、最終的にシャットダウンされました。

  • manipulation and intimidation tactics that the Soviets used and freedom-loving, apple

    ソ連が使った工作と脅迫戦術と自由を愛するりんご

  • pie eating Americans were supposed to abhor.

    パイを食べるアメリカ人は忌み嫌うはずだった

  • Still, rumors persist to this day that the program never really ended, with QAnon believers

    それでも、番組が本当に終わることはなかったという噂が今日まで続いていて、QAnon信者は

  • now claiming that every headline they don't like is part of Operation Mockingbird.

    今 彼らが気に入らない見出しは全て モッキンバード作戦の一部だと主張してる

  • Like survival challenges, pooping in the woods, and learning to fight like a guerilla fighter?

    サバイバルチャレンジとか、森の中でウンチしたり、ゲリラ戦のような戦い方を覚えたり?

  • Well then the Cold War era CIA sure had a job for you

    冷戦時代のCIAはあなたのために仕事をしていた...

  • 5.

    5.

  • The CIA Created The Original Doomsday Preppers During the Cold War nothing kept the CIA awake

    CIAは、冷戦時代の間に何もCIAを目覚めさせていなかったオリジナルの終末予備軍を作成しました

  • at night more than the thought of Soviet tanks steamrolling the free countries of Western

    ソ連の戦車が西欧の自由国を蒸散させていると思うよりも

  • Europe.

    ヨーロッパです。

  • The paranoia of a Soviet invasion was so high that the CIA and US military, along with NATO

    ソ連侵攻の被害妄想は、NATOとともにCIAや米軍の

  • members, cooperated in the creation of a top secret counter-invasion force.

    のメンバーが協力して極秘の対侵攻部隊を結成した。

  • Codenamed Operation Gladio, members of NATO set about creating secret armies, personnel

    コードネーム「オペレーション・グラディオ」、NATOのメンバーは秘密の軍隊、人員を作成することについて設定しました。

  • from all walks of life who would remain behind in case of Soviet invasion and engage in a

    ソ連が侵攻してきた場合に残留して

  • guerilla war of resistance.

    抵抗のゲリラ戦

  • The plan was simple- without using nuclear weapons to stop them, Soviet armies would

    計画は単純で、核兵器を使わなければ、ソ連軍はそれを止めることができなかった。

  • easily reach all the way to France before the US could transfer the bulk of its forces

    アメリカが軍の大部分を移す前にフランスまで簡単に到達する

  • to Europe.

    をヨーロッパへ。

  • Rather than fight a certain-to-be-lost battle, nations all over the border with the Soviet

    ソ連との国境を越えた国々は、敗戦が確実視されている戦いをするよりも

  • bloc would fight retreating actions, while leaving behind large amounts of clandestine

    撤退戦

  • forces.

    の力を利用しています。

  • Once the Soviets swept past them, these secret armies would rise up to wreak havoc on Soviet

    ソビエトが彼らの前を通過すると、これらの秘密の軍隊は、ソビエトに大混乱をもたらすために立ち上がるだろう。

  • supply and communication lines, grinding the Soviet advance to a halt.

    補給線と通信線でソビエトの進撃を停止させました。

  • Operation Gladio was so secret that even some of the highest ranking members of government

    グラディオ作戦は、政府の最高位のメンバーでさえも秘密にしていたほどです。

  • and military in the nations these secret armies were staged in had no idea of their existence.

    これらの秘密の軍隊が上演された国の軍隊は、その存在を知らなかった。

  • It would only be at the end of the Cold War that the secret of these ghost armies would

    それは冷戦の終わりになるだけで、これらの幽霊軍の秘密は、

  • finally be revealed.

    いよいよ明らかになる

  • Ironically, the world would also learn that despite all the paranoia, the Soviet Union

    皮肉なことに、世界はまた、すべてのパラノイアにもかかわらず、ソ連が

  • didn't have a single plan to ever preemptively invade Western Europe, and was in fact just

    西ヨーロッパを先取りして侵略するという計画はなかったし、実際にはただの

  • as terrified as the West that NATO would invade it first.

    NATOが先に侵攻してくることを 西側と同様に恐れています

  • The next crazy CIA covert operation was definitely the cat's meow

    次の狂ったCIAの隠密作戦は間違いなく猫の鳴き声だった...。

  • 4.

    4.

  • Eavesdropping Kitties The internet loves cats, this is fact.

    盗み聞きキティーズ ネットは猫が大好き、これは事実です。

  • Turns out, the CIA also loves cats- or at least used to.

    判明したのは、CIAはまた、猫を愛しているか、少なくとも使用されています。

  • Operation Acoustic Kitty may have sounded like a traditional code name meant to throw

    アコースティック・キティ作戦は、従来のコードネームのように聞こえたかもしれません。

  • off anyone who learned its name as to its true nature, but for once, this codename was

    その名前を知った人は誰でもその正体を知ることができますが、今回だけはこのコードネームが

  • spot on.

    いいね

  • Gathering intelligence was of utmost importance during the Cold War, and the best way to do

    冷戦時代には情報収集が最も重要であり、そのための最良の方法は

  • that was to eavesdrop on people.

    人を盗み聞きすることでした。

  • Problem is, trained spies are pretty good at realizing they're being listened to, and

    問題なのは 訓練されたスパイは 盗聴されていることに気づくのが得意だということだ

  • technology to help detect bugs and even long-range listening devices was getting better and better

    バグを検出するための技術は、長距離のリスニングデバイスでさえも、どんどん良くなってきていました。

  • every passing year.

    年を追うごとに

  • Enter the humble kitty cat.

    謙虚な子猫を入力します。

  • At some point, a CIA R&D specialist with way too much time on their hands got the brilliant

    ある時点で、CIAの研究開発の専門家が、手に余る時間を費やして、見事な

  • idea of using cats to spy on people.

    猫を使って人をスパイするという発想

  • After all, cats are pretty innocuous, and unless you're suffering from crippling mental

    結局のところ、猫はかなり無邪気なもので、致命的な精神的苦痛を受けていなければ

  • illness, you're not likely to think your cat is spying on you.

    病気になっても、猫に見張られているとは思われないでしょう。

  • To accomplish the task of creating spy kitties, the CIA surgically implanted microphones onto

    スパイの子猫を作るために、CIAは外科的にマイクを移植しました。

  • cats, with a wire leading to a transmitter implanted on the cat's tail.

    猫の尻尾に送信機につながるワイヤーが埋め込まれています。

  • Unsurprisingly, the plan met with little success, as training the cats and getting them to do

    当然のことながら、計画はほとんど成功しませんでした。

  • what they were told to do proved entirely too difficult even for a global spy agency

    世界的なスパイ機関でさえも、彼らに言われたことは、あまりにも難しいことを証明した。

  • like the CIA.

    CIAのように

  • Literally any cat owner could've told them that though and saved the US government millions

    文字通り猫の飼い主なら誰でもそう言うことができただろうし、アメリカ政府の数百万ドルを節約することもできただろう。

  • of dollars.

    ドルの。

  • Also the first test cat was apparently run over in its first field trial, just seconds

    また、最初のテスト猫は、明らかにその最初のフィールドトライアルで轢かれた、わずか数秒。

  • after being released- though the CIA continues to deny said kitty was actually killed.

    釈放された後、CIAは否定し続けていますが、子猫は実際に殺されたと言っています。

  • Let's face it, when the Cold War started the Soviet Union didn't just have the better

    冷戦が始まった時はソ連の方が優れていただけではなく

  • spy agency, they had better technology- but the CIA was determined to change that

    スパイ機関である彼らは、より優れた技術を持っていたが、CIAはそれを変えようとしていた...

  • 3.

    3.

  • 'Borrowing' A Soviet Satellite In the 1960s it was clear that the Soviets

    ソ連の衛星を "借りる" 1960年代には、ソビエトは明らかであった

  • were winning the space race, with America coming in at a distant second.

    は宇宙競争に勝っていて、アメリカは遠く離れた2位に入ってきていました。

  • The Soviets didn't just trumpet their accomplishments in space though, they decided to rub it in

    ソ連は宇宙での功績を誇示するだけではなく、それを叩き込むことにしたのです。

  • America's face by putting their Lunik satellite on a world tour.

    ルニック衛星をワールドツアーに出してアメリカの顔になった

  • As the first spacecraft to approach the moon and return, it represented the state of the

    月に接近して戻ってくる最初の宇宙船として、それは状態を表す

  • art at the time, and the cutting edge of human exploration.

    当時のアート、そして人間探究の最先端。

  • While the Lunik was on tour, the CIA decided it would 'borrow' the spacecraft for a night,

    ルニックがツアーに参加している間、CIAは宇宙船を一晩借りることにした。

  • and take the entire thing apart bolt by bolt to learn everything it could about Soviet

    ソビエトのことを学ぶためにボルトで分解して

  • space engineering.

    宇宙工学。

  • The truck carrying the satellite was intercepted and the driver 'encouraged' to take the night

    衛星を積んだトラックが横取りされ、運転手は夜を明かすように促されました。

  • off at a local hotel, under CIA guard.

    CIAの監視下にある地元のホテルで降りる。

  • Meanwhile, CIA agents and American engineers went to work on the Lunik.

    その間、CIAの諜報員とアメリカのエンジニアはルニックに働きかけた。

  • Over the course of the night they photographed every square inch of the spacecraft, though

    一晩の間に、彼らは宇宙船の隅々まで撮影しました。

  • sadly, most of the electronics were missing.

    悲しいかな、ほとんどの電子機器がなくなっていました。

  • The next morning the original driver was returned and compensated for his silence.

    翌朝には元の運転手が戻ってきて、その沈黙を補償してくれました。

  • The next crazy CIA covert operation was perhaps, their most infamous- even if it was a complete

    次のクレイジーなCIAの隠密作戦は、おそらく、彼らの最も悪名高い作戦でした。

  • failure

    失敗...

  • 2.

    2.

  • Operation Kill Castro There's perhaps few rivalries in history more

    カストロを殺す作戦 歴史上、おそらくこれ以上のライバルはほとんどありません。

  • famous than that of the CIA and Fidel Castro.

    CIAやフィデル・カストロよりも有名。

  • For years the CIA did its best to kill him, and yet Castro would go on to die peacefully

    何年もの間、CIAは彼を殺すために最善を尽くしましたが、それでもカストロは平和的に死に続けました。

  • at a ripe old age, having outlived many of the agents who's job had been to end his life.

    彼の人生を終わらせるために仕事をしていた多くの捜査官を長生きさせてきた熟年の頃。

  • Known as Operation Mongoose, for almost three years the CIA tried everything in its power

    操作マングースとして知られている、ほぼ3年間、CIAはその力ですべてを試してみました。

  • to kill Castro, floating such insane ideas as exploding sea shells, diving suits laced

    カストロを殺すために 爆発する貝殻や 潜水服に混入された

  • with poisonous fungus, and of course, exploding cigars.

    毒菌と一緒に、もちろん爆発する葉巻も。

  • The intensity of the CIA's attempts to kill Castro actually ended up leading to the creation

    カストロを殺そうとするCIAの企みの激しさは実際には

  • of his own cigar company, to ensure the safety and security of Castro's beloved cigars.

    カストロの愛する葉巻の安全と安心を確保するために、彼自身の葉巻会社の

  • Plot after plot was either attempted or brainstormed and rejected as impractical.

    プロットの後のプロットは、試みられたか、ブレインストーミングされたかのいずれかであり、非現実的であるとして却下された。

  • One attempt to poison his shoes as he left them out for cleaning by hotel staff was canceled

    ホテルのスタッフがクリーニングに出した靴に毒を盛ろうとしたことがありましたが、それはキャンセルされました。

  • at the last minute because Castro was at the time visiting the UN, and it was believed

    カストロが国連を訪問していたため、最後の最後で、それは信じられていた

  • it would make the US look bad if Castro bit the dust as he was attending a peaceful international

    カストロが平和的な国際会議に出席していたときに、カストロがほこりをかぶったら、アメリカの顔色が悪くなるだろう。

  • assembly.

    組立を行います。

  • Another plot involved training a former lover to assassinate him in private, and after months

    別の陰謀では、元恋人を訓練して密かに暗殺し、数ヶ月後には

  • of preparation and training by the CIA, the lover was sent back to Cuba and managed to

    CIAによる準備と訓練の結果、恋人はキューバに送り返され、なんとか

  • spend the night with him... only to fall back in love with him and admit