Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Tragic deaths, mysterious disappearances, and  unexplainable phenomenon - the realm of unsolved  

    悲惨な死、謎の失踪、不可解な現象-未解決の領域

  • mysteries can prove irresistible, especially  in the internet age. Now amateur sleuths  

    謎は、特にインターネット時代には、抵抗できないことを証明することができます。今ではアマチュアの探偵

  • can pore over the evidence on blogs, discuss  their outlandish theories in message boards,  

    ブログで証拠を詮索したり、掲示板で突飛な理論を議論したりすることができます。

  • and occasionally even stumble upon the solutions  to some of these seemingly unsolvable puzzles.  

    時には、これらの一見解けないように見えるパズルの解答につまずくこともあります。

  • But, despite the aid of the internet and the  interest of thousands of amateur detectives,  

    しかし、インターネットと何千人ものアマチュア探偵の興味の助けにもかかわらず。

  • the weirdest unsolved mysteries  remain unsolved to this day.

    奇妙な未解決の謎は今日に至るまで未解決のままです。

  • The 1987 deaths of Don Henry and Kevin Ives  seemed at first glance to be a simple accident,  

    1987年のドン・ヘンリーとケビン・アイブスの死は、一見すると単純な事故にしか見えない。

  • but plenty of questions arose in the aftermath  of the incident, and their deaths remain unsolved  

    しかし、事件の余波で多くの疑問が生じ、彼らの死は未解決のままである。

  • to this day. On August 23rd, 1987, a train  conductor travelling through Arkansas called in  

    今日に至るまで1987年8月23日、アーカンソー州を旅していた列車の車掌が、

  • to report a disturbing incident. As his train was  barrelling down the tracks, he noticed something  

    不穏な事件を報告するために彼の列車が線路を 駆け下りていた時 彼は何かに気付きました

  • laying on the tracks up ahead. He was too close  and was going too fast to stop the train in time,  

    前方の線路に横たわっていた近づきすぎて、電車を止めるのに間に合わないほどのスピードで進んでいました。

  • and he ran over what turned out to be 2 bodiesThe medical examiner ruled the deaths accidental,  

    彼は2人の遺体を轢いてしまいました 検死官は事故死と判断しました

  • claiming that the two men had smoked too much  cannabis and fallen asleep on the train tracks,  

    2人が大麻を吸いすぎて線路で寝てしまったと主張しています。

  • but that didn't sit right with the conductor - he  clearly recalled seeing that the two bodies were  

    しかし、それは車掌には受け入れられませんでした - 彼は明らかに2つの死体を見て思い出しました

  • tied to the tracks as the train approachedRumors quickly spread that the two men had  

    列車が近づいてきた時に トラックに縛られていました 噂はすぐに広まりました

  • unwittingly stumbled upon an illicit drug drop  and had been killed to protect those involved,  

    知らず知らずのうちに違法薬物を落としていて、関係者を守るために殺されていた。

  • though no one was ever charged. Years laterWWE superstar Billy Jack Haynes would claim  

    誰も起訴されませんでしたが年後、WWEのスーパースター、ビリー・ジャック・ヘインズが主張するのは

  • to have been hired by a local politician  to run security for that very drug drop,  

    地元の政治家に雇われていたからだ麻薬を落とすための警備をするためにね

  • and he said he witnessed the murders  of Henry and Ives. Despite his claims,  

    ヘンリーとアイブスの殺人を目撃したと言っています。彼の主張にもかかわらず

  • no further investigations were undertakenand the case remains unsolved to this day.

    それ以上の調査は行われず、今日に至るまで事件は解決していない。

  • We may never know who is responsible for  the mysterious deaths of Henry and Ives,  

    ヘンリーとアイブスの謎の死の原因が誰にあるのかはわからないかもしれません。

  • but the untimely death of Kathy Hobbs  is all the more chilling and mysterious  

    しかし キャシー・ホッブスの早すぎる死は より不気味で謎に包まれている

  • for the fact that she apparently saw it coming.

    彼女はそれを見ていたからだ

  • As a teen, young Kathy began to experience strange  premonitions that foreshadowed her own death.  

    10代の頃、若きキャシーは自分の死を予感させる奇妙な予感を体験し始めた。

  • She was so convinced that she would die before  she reached the age of 16 that she developed a  

    彼女は、16歳になる前に死ぬことを確信していたので、開発したのは

  • severe case of agoraphobia and refused to leave  her house. After years of isolation and paranoia,  

    重度のアゴラフォビアで家を出ようとしませんでした。何年も孤立して被害妄想に悩まされた後

  • Kathy celebrated her sweet 16th, andbelieving that the curse had been lifted, she  

    キャシーは16歳の誕生日を祝い、呪いが解けたと信じて

  • began venturing outside of the house once againTragically, just 3 months after her 16th birthday  

    再び家の外に出るようになった。 悲劇的なことに、彼女の16歳の誕生日からわずか3ヶ月後に

  • in 1987, while walking home from the bookstore  with a new paperback novel under her arm,  

    1987年、新しい文庫本を抱えて本屋から歩いて帰宅していた時のことです。

  • Kathy was attacked, beaten and left for  dead with blunt force trauma to her head.  

    キャシーは襲われ、殴られ、頭部に鈍器で外傷を負ったまま放置されていた。

  • In 1989, a man named Michael Lee Lockhart  was charged and convicted for her murder,  

    1989年、マイケル・リー・ロックハートという男が起訴され、彼女の殺人罪で有罪判決を受けた。

  • but he never confessed to the killing, and  many question whether he's truly guilty.  

    しかし、彼は殺人を告白しなかったし、多くの人が彼が本当に有罪かどうか疑問に思っている。

  • His conviction also doesn't explain  how Kathy foresaw her own demise.

    彼の確信は キャシーがどうやって自分の死を予見したかの説明にもならない。

  • Kathy's tragic death may have been foretold,  

    キャシーの悲劇的な死は予言されていたのかもしれません。

  • but the mysterious disappearance of  Elisa Lam is something no one saw coming.

    しかし、エリサ・ラムの謎の失踪は、誰もが予想していなかったものだった。

  • In 2013, guests at the Cecil Hotel in Los Angeles  complained that the hotel's drinking water had a  

    2013年、ロサンゼルスのセシルホテルの宿泊客から、ホテルの飲料水には以下のような問題があるとの苦情が寄せられました。

  • foul smell and taste to it. The hotel's staff  investigated, and what they found was truly  

    臭いと味がしていました。ホテルのスタッフが調査したところ、出てきたのは本当に

  • horrifying. Inside one of the hotel's enormous  rooftop water tanks, they found the body of  

    ぞっとするようなホテルの巨大な屋上の貯水槽の一つの中で

  • one of the hotel's guests, 21 year old Elisa  Lam, floating lifelessly inside the tank. It  

    ホテルの宿泊客の1人 21歳のエリサ・ラムが タンクの中で命を落として浮かんでいましたそれは

  • seemed impossible that the diminutive girl had  climbed all the way up to the top of the tank,  

    小柄な少女がわざわざタンクの上まで登ってきたなんて、ありえないような気がした。

  • opened its heavy metal door, and willingly jumped  into the dark tank, especially since the tank's  

    重い金属製のドアを開けて、暗いタンクの中に喜んで飛び込んだ。

  • door was locked from the outside. Things got  even weirder when staff reviewed the security  

    外から鍵がかかっていました。スタッフがセキュリティを見直したところ、さらに奇妙なことが起こりました。

  • footage from the night Elisa disappeared. She  was caught on camera standing in the elevator,  

    エリサが消えた夜の映像だエレベーターの中に立っているところを撮られています

  • looking around wildly as if someone in the hallway  was pursuing her. That was the last time anyone  

    廊下で誰かに追われているかのように 辺りを見回していましたそれが最後でした

  • saw Elisa Lam alive, and to this day, no one knows  how she ended up floating in that water tank.

    エリサ・ラムが生きているのを見て、今日まで誰も彼女があの水槽に浮かんでいるのを知らない。

  • It's always disturbing to hear about  a mysterious death or disappearance,  

    謎の死や失踪の話を聞くと、いつも不穏な気持ちになりますよね。

  • but when mother nature is involvedthings can get truly terrifying.

    しかし、母なる自然が関与している場合、物事は本当に恐ろしいものになることができます。

  • In January 1959, a group of Soviet students  from Ural Polytechnic Institute set off on what  

    1959年1月、ウラル工科大学のソビエトの学生たちが、この日のために出発しました。

  • was supposed to be a 16 day hiking expeditionAll 9 of the students were highly experienced  

    は16日間のハイキング遠征の予定でした。 9名の学生は全員が経験豊富で

  • mountaineers under the leadership of 5th-year  student and expert guide Igor Dyatlov. Little did  

    5年生の学生でエキスパートガイドのイゴール・ディアトロフの指導の下、登山家たちは、この日のために、このような活動をしていました。登山家の皆さんは

  • they know that this would be their last trip into  the wilderness. When the group failed to check in  

    これが荒野への最後の旅になることを知っていますグループがチェックインに失敗した時

  • via telegram from their final destination, rescue  efforts were dispatched nearly 2 weeks after their  

    最終目的地から電報を経由して、救助活動が派遣されたのは、約2週間後のことでした。

  • planned return. What the rescuers found would  haunt them for years, and spawn one of the most  

    計画された帰還救助隊員が発見したものは何年も彼らを悩ませることになるでしょうそして最も重要なものの一つが

  • enduring mysteries of the modern age. Afterdays of searching, rescuers stumbled upon the  

    現代の不朽の謎6日間の捜索の後、救助者たちが見つけたのは

  • remains of the students' abandoned camp. Their  large canvas tent had partially collapsed and  

    学生たちが放棄したキャンプの跡です彼らの大きな帆布のテントは部分的に崩壊し

  • appeared to have been sliced open from the insidebut there was no sign of the students nearby. The  

    は内側から切り開かれているように見えましたが、近くに学生の姿はありませんでした。塾生たちの

  • next day, 2 bodies were found nearly a mile awayhuddled naked around the remnants of a campfire.  

    翌日、2人の遺体が約1マイル離れた場所で発見されました。キャンプファイヤーの残骸の周りに裸で身を寄せ合っていました。

  • 3 more bodies were dug out from the snow in the  following days, and the bodies of the rest of  

    翌日にはさらに3人の遺体が雪の中から掘り出され、残りの遺体は

  • the students were found in May once the snow had  melted. An early Soviet investigation ruled that  

    生徒たちは雪が解けた5月に発見されました。ソ連の初期の調査では

  • the accident was the result of thespontaneous  power of nature”, and officials kept the details  

    事故は「自然の力」によるものであり、役人は詳細を伏せていた。

  • of the investigation classified for decadesUnsurprisingly, this ruling proved unsatisfactory  

    何十年にもわたって分類されてきた調査の 当然のことながら この判決は 不満足なものでした

  • to many, and over the years more than 75  alternate theories were put forth, covering  

    をカバーする75以上の代替理論が発表されました。

  • everything from an attack by local tribes to alien  abduction. One of the most chilling theories is  

    地元の部族による攻撃から エイリアンの誘拐まで全てです最も不気味な理論の一つは

  • that the entire site was staged to cover up an  accident while testing a new top secret weapon.

    新しい最高機密兵器のテスト中の事故を隠蔽するためにサイト全体が演出されていたということです。

  • None of these theories fully explain why  a group of highly experienced mountaineers  

    これらの説はいずれも、経験豊富な登山家のグループがなぜこのようなことをするのかを完全に説明するものではありません。

  • would willingly leave their tent and  expose themselves to the harsh elements,  

    進んでテントを出て、過酷な環境に身をさらすだろう。

  • why many of the bodies were found stripped  naked in the brutal Russian winter,  

    ロシアの残酷な冬に多くの遺体が裸で発見されたのはなぜですか?

  • or how many of the students were found with  broken bones and head injuries. Given the  

    骨折や頭部の損傷が発見された生徒が何人いたのでしょうか?を考えると

  • decades that have passed since the incident  and the notorious secrecy of the Soviets, it's  

    事件から数十年が経過し、ソビエトの悪名高き秘密が明らかになったのは、それが原因である。

  • unlikely that we'll ever know the full truth of  what really happened in the Dyatlov Pass incident.

    ディヤトロフ峠事件の真相を知ることはできないだろう

  • The possibility of a new, top secret weapon  is at the heart of another unsolved mystery,  

    最高機密の新兵器の可能性は、別の未解決の謎の中心にあります。

  • too - this one much more recent and foreboding.

    あまりにも - この1つは、はるかに最近のものであり、予断を許さない。

  • In 2016, a CIA officer checked into the American  Embassy's health office in Havana, Cuba,  

    2016年、キューバのハバナにあるアメリカ大使館の保健室にCIAの職員が立ち入り検査をした。

  • complaining of nausea, dizziness and a severe  headache. Within days, 2 more CIA officers  

    吐き気、めまい、激しい頭痛を訴えています数日以内に、2人のCIA役員が

  • reported the exact same strange symptoms, stumping  embassy health officials. By the end of 2018,  

    全く同じ奇妙な症状が報告され 大使館の保健当局を唖然とさせました2018年末までに

  • 26 Americans and 14 Canadians in Cuba had  experienced the mysterious illness, which doctors  

    キューバでは26人のアメリカ人と14人のカナダ人がこの謎の病気を経験しました。

  • diagnosed as concussion-like symptoms, though  none of those afflicted showed any other signs of  

    脳震盪のような症状と診断されましたが、他の症状は見られませんでした。

  • having sustained a concussion. They did all share  one thing in common, though - each victim claimed  

    脳震盪を起こしたと彼らには共通点がありました 被害者はそれぞれが

  • that the onset of their symptoms were triggered  by a strange, high-pitched noise they had heard  

    症状が出たのは、聞いたことのある奇妙な甲高い音が引き金になっていたそうです。

  • immediately before. Officials were stumpedthey knew of nothing that could make a sound that  

    直前に。役人たちは困惑していました。

  • would cause such symptoms. Was it some kind of new  weapon? The Cubans denied any involvement, and the  

    がそのような症状を引き起こすことになります。新兵器の一種だったのか?キューバ人は関与を否定しており

  • FBI found no evidence that such a weapon existedSome scientists who listened to recordings of the  

    FBIはそのような武器が存在した証拠を見つけられなかった。 の録音を聞いた科学者の中には

  • noises that some victims had made thought it  sounded like the mating calls of crickets,  

    犠牲者の中には、コオロギのつがいの鳴き声のように聞こえると思っていた人もいました。

  • but how could that cause such disorienting  symptoms? Still others thought it was just the  

    しかし、どうしてそのような混乱した症状を 引き起こすことができるのでしょうか?まだ他の人はそれが

  • Cuban heat - but that didn't explain what happened  next in China. In May 2018, an American working at  

    キューバの暑さ - しかし、それでは中国では次に何が起こったのか説明できなかった。2018年5月には

  • the consulate in Guangzhou was diagnosed with the  same mysterious illness that had struck in Cuba -  

    広州の領事館は、キューバを襲ったのと同じ謎の病気と診断されました。

  • unexplained nausea, dizziness and a blinding  headache brought on by a strange, high-pitched  

    妙高頭痛

  • sound. Within months, 15 other Americans were  evacuated from China, along with nearly 60% of  

    健全であることを確認しました。数ヶ月以内に、他の15人のアメリカ人が中国から避難しました。

  • the Americans working in Cuba. There is still no  official explanation for these bizarre symptoms.

    キューバで働いているアメリカ人がこれらの奇妙な症状についての 公式な説明はまだありません

  • Unsolved mysteries are certainly  not a strictly modern phenomenon.  

    未解決の謎は確かに厳密には現代の現象ではありません。

  • This perplexing 19th century mystery has  remained unsolved for nearly 150 years.

    この不可解な19世紀の謎は、150年近くもの間、未解決のままでした。

  • On December 4th, 1872, the British-American  ship the Mary Celeste was found abandoned and  

    1872年12月4日、イギリス・アメリカ船「メアリー・セレスト号」が放置されているのが発見され

  • adrift in the midst of the Atlantic ocean. The  ship was seaworthy, her cargo was fully intact,  

    大西洋の真只中に漂流していた。船は耐航性があり、貨物は完全に無傷でした。

  • but there was not a soul on board, alive, or deadThe ship had set sail from New York and was headed  

    船内には生死を問わず誰もいませんでした 船はニューヨークから出航していて

  • for Genoa, Italy. Her 7 crewmen had been under the  leadership of Captain Briggs, who had brought his  

    イタリアのジェノバに向けて彼女の7人の乗組員はブリッグス艦長の指揮の下にいました。

  • wife and 2 year old daughter along for the tripThey had supplies enough for a 6 month voyage, and  

    妻と2歳の娘を連れて旅に出た。 彼らは6ヶ月間の航海に十分な物資を持っていました。

  • luxurious accommodations for the captain's familyincluding a sewing machine and an upright piano.

    ミシンやアップライトピアノなど、船長の家族のための豪華な宿泊施設。

  • When the ship was discovered adrift in the  Atlantic, everything onboard was untouched.  

    大西洋で漂流中の船が発見されたとき、船内のすべてが手つかずの状態になっていました。

  • The only thing missing from the ship was the  lifeboat, which appeared to have been boarded  

    欠けていたのは救命ボートだけで、乗船したように見えたのは

  • and lowered in an orderly fashion. The last  entry from the ship's log revealed nothing  

    と整然と降ろされた。航海日誌の最後の記録では、何も明らかになりませんでした。

  • unusual that could explain the disappearance  of the ship's entire crew and passengers.  

    船の乗組員と乗客全員の失踪を説明することができる異常なことです。

  • Many theories have been floated in the years  and decades since the disappearance of the ship.  

    船が消えてから数年、数十年の間に様々な説が浮上しています。

  • Some think the crew must have mutinied against  the captain, while others blame pirates,  

    乗組員が船長に反乱を起こしたに違いないと考える者もいれば、海賊を非難する者もいる。

  • though neither theory explains why nothing was  missing from the ship. Still others believe that  

    どちらの説も船から何もなくなった理由を説明していませんがまた、次のように考える人もいます。

  • the crew was fleeing an attack by a giant octopus,  a whale or even a sea monster, yet the ship was  

    乗組員は巨大なタコやクジラ、あるいは海の怪物の攻撃から逃げていましたが、船は

  • fully intact with no signs of damage. At least  one scientist thinks that the crew took to the  

    損傷の兆候もなく完全に無傷です少なくとも一人の科学者は乗組員が

  • lifeboat because they were fleeing a fire caused  by the fumes from some alcohol among the ship's  

    救命艇に乗っていた人たちは、船内のアルコールの煙による火災から逃げていたからです。

  • cargo, which could have burned without leaving  any scorch marks. In reality, we'll never know  

    焦げ跡を残さずに燃えた可能性のある貨物です実際には、私たちは決して知ることができません

  • the true reason why 10 souls abandoned the safety  of their ship for the dangers of the open ocean,  

    10人の魂が外洋の危険のために船の安全を放棄した本当の理由

  • since none of them were ever heard from again, and  no sign of their boat or bodies was ever found.

    二度と音信不通となり、船も遺体も発見されませんでした。

  • Most unsolved mysteries involve the  mysterious death or disappearance of a person,  

    未解決のミステリーの多くは、謎の死や失踪を伴うものです。

  • but the mysterious dog suicides of Scotland prove  

    しかし、スコットランドの謎の犬の自殺が証明している。

  • that the realm of the unexplained  is not a uniquely human phenomenon.

    原因不明の領域は人間特有の現象ではないということを

  • It was a miracle she survived,” recalled  Lottie MacKinnon, thinking of the day years  

    "彼女が生き残ったのは奇跡だった" ロティ・マッキノンはあの日のことを思い出していた

  • ago when she was walking her border collie over  the Overtoun Bridge, a century-old gothic stone  

    彼女がボーダーコリーを散歩させていた時、100年前のゴシック様式の石造りのオーバートゥーン橋の上を通っていました。

  • bridge in Dumbarton, Scotland. The locals have  their own name for the bridge - they call it  

    スコットランドのダンバートンにある橋。地元の人たちはこの橋に独自の名前をつけています。

  • Dog Suicide Bridge. Since the 1950s, hundreds of  Scots, like Lottie, have claimed that their dogs  

    犬の自殺橋。1950年代以来、ロティのような何百人ものスコットランド人が、自分たちの犬が

  • were suddenly compelled to leap over the side  of the bridge, many tragically falling to their  

    多くの人が橋の上から飛び降りることを余儀なくされ、多くの人が悲惨な思いをして倒れていました。

  • deaths on the jagged rocks in the gorge below. On  the day that Lottie's dog Bonnie took the leap,  

    下の峡谷のギザギザの岩の上で 死者が出ましたロティの犬ボニーが 飛躍した日に

  • she clearly recalls how Bonnie started acting  strangely as soon as they approached the bridge.  

    彼らが橋に近づくとすぐに ボニーが奇妙な行動を始めたことを 彼女ははっきりと覚えている

  • Bonnie froze at first, before suddenly running  across the bridge, jumping up onto the parapet,  

    ボニーは最初は固まっていたが、突然橋を渡って走り、欄干の上に飛び上がった。

  • and leaping over the edge. It all happened  so fast that Lottie barely had time to react,  

    縁から飛び降りましたあっという間の出来事だったので ロティには反応する時間がほとんどありませんでした

  • but she remembers that Bonnie seemed to  be compelled to jump by something unseen.  

    しかし、彼女はボニーが見えない何かに飛びつかざるを得ないように見えたことを思い出す。

  • Luckily, when Lottie made the treacherous climb  down the banks and into the gorge, she found  

    幸いなことに、ロッティは銀行を下って峡谷に危険な登りをしたとき、彼女は発見しました。

  • Bonnie lying on the rocks, whimpering but aliveNot all dogs who run afoul of the Overtoun Bridge  

    岩の上に横たわるボニーは、泣き声をあげながらも生きていた。 越冬橋で暴れる犬ばかりではありません

  • are so lucky - locals say that as many as 300 dogs  have leapt from the bridge in the last 70 years,  

    はとても幸運です - 地元の人々 は、過去 70 年間で橋から飛躍した 300 の犬のように多くのことを言います。

  • and that at least 50 dogs have died. Were these  dogs simply enticed by the smells of the animals  

    少なくとも50匹の犬が死んでいますこれらの犬は単に動物の匂いに 誘われただけだったのでしょうか?

  • living in the gorge below, or was something more  sinister at work, something convincing the dogs  

    峡谷に住んでいたのか、それとももっと邪悪なものが働いていたのか、何か犬を納得させるものがあったのか

  • to take their own lives? Locals are convinced  that something paranormal haunts the bridge,  

    自分たちの命を奪うために?地元の人たちは、超常現象が橋に取り憑いていると確信しています。

  • possibly the infamous White Lady of Overtoun, the  widow of a wealthy landowner who is frequently  

    ばんごうのかみさん

  • sighted walking the grounds and standing in the  windows of Overtoun Manor, the historic property  

    歴史的建造物であるOvertoun Manorの敷地内を歩いたり、窓に立ったりする姿が目撃されています。

  • where the bridge is located. The mystery  of Dog Suicide Bridge remains unsolved,  

    橋のある場所犬の自殺橋の謎は未解決のままです。

  • and locals are careful to keep their dogs on  a tight leash when walking near the bridge.

    と地元の人たちは、橋の近くを歩くときには犬をしっかりとした鎖に繋いでおくように気をつけています。

  • The world of unsolved mysteries can be an unending  rabbit hole, and they serve to remind us that  

    未解決の謎の世界は終わりのないウサギの穴であり、それは私たちに次のことを思い出させてくれます。

  • there's more that we don't know about our world  than what we can know for sure. We might never  

    私たちの世界について知らないことの方が多いのです。私たちは決して

  • have the answers to these weirdest unsolved  mysteries, but that's half the fun, isn't it?

    奇妙な未解決の謎の答えを持っていますが、それは楽しみの半分ではないでしょうか?

  • If you want more mysteries, we've got you  covered. Be sure and check out our other videos,  

    もっと多くの謎を知りたい方は他のビデオもチェックしてみてください。

  • like this video calledMystery Space  Events That Astronomers Can't Explain”,  

    天文学者が説明できない謎の宇宙イベント」というこの動画のように。

  • or you might like this other video.

    または、この他のビデオが好きかもしれません。

Tragic deaths, mysterious disappearances, and  unexplainable phenomenon - the realm of unsolved  

悲惨な死、謎の失踪、不可解な現象-未解決の領域

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 キャシー 解決 ボニー キューバ 遺体 症状

奇妙な未解決の謎 (Weirdest Unsolved Mysteries)

  • 4 1
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 15 日
動画の中の単語