Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Transcriber: Joseph Geni Reviewer: Camille Martínez

    書き起こし者ジョセフ・ジェニ レビュアーカミーユ・マルティネス

  • Have you ever seen something

    見たことがありますか?

  • and you wish you could have said something

    言えばよかったのに

  • but you didn't?

    でもしなかったのか?

  • A second question I have is: Has something ever happened to you

    2つ目の質問ですがあなたに何かが起こったことはありますか?

  • and you never said anything about it,

    とか言って、何も言わなかったのに

  • though you should have?

    そうすべきだったのに?

  • I'm interested in this idea of action,

    この行動の考え方に興味があります。

  • of the difference between seeing something,

    見るものの違いの

  • which is basically passively observing,

    基本的には受動的に観察しています。

  • and the actual act of bearing witness.

    と、実際に目撃者になるという行為。

  • Bearing witness means writing down something you have seen,

    証人になるということは、見たことを書き留めるということです。

  • something you have heard,

    聞いたことがあるような

  • something you have experienced.

    あなたが経験したこと

  • The most important part of bearing witness is writing it down,

    証人になるために最も重要なことは、それを書き留めることです。

  • it's recording.

    録画しています。

  • Writing it down captures the memory.

    書き留めておくと記憶を捉えることができます。

  • Writing it down acknowledges its existence.

    それを書き留めておくことで、その存在を認めることができる。

  • One of the biggest examples we have in history

    歴史上最大の例の一つ

  • of someone bearing witness is Anne Frank's diary.

    アンネ・フランクの日記です。

  • She simply wrote down what was happening to her and her family

    彼女は単に自分や家族に起きたことを書き留めていただけです。

  • about her confinement,

    監禁されていたことについて

  • and in doing so, we have a very intimate record of this family

    そうすることで、私たちはこの家族の非常に親密な記録を持っています。

  • during one of the worst periods of our world's history.

    世界史の中で最悪の時代の一つの間に

  • And I want to talk to you today about how to use creative writing

    そして、今日はクリエイティブライティングの使い方についてお話ししたいと思います。

  • to bear witness.

    証人になるために

  • And I'm going to walk you through an exercise,

    そして、エクササイズを紹介します。

  • which I'm going to do myself,

    自分でやろうと思っていることを

  • that I actually do with a lot of my collegiate students.

    私が実際に大学の生徒たちにしていることです。

  • These are you future engineers, technicians, plumbers --

    未来のエンジニア、技術者、配管工の皆さんです。

  • basically, they're not creative writers,

    基本的に彼らはクリエイティブライターではありません。

  • they don't plan on becoming creative writers.

    彼らはクリエイティブライターになるつもりはありません。

  • But we use these exercises to kind of un-silence things

    しかし、私たちは、これらの演習を使用して、ある種の沈黙を解除するために使用します。

  • we've been keeping silent.

    私たちは黙っていました。

  • It's a way to unburden ourselves.

    身の毛もよだつ方法です。

  • And it's three simple steps.

    そして、それは簡単な3つのステップです。

  • So step one is to brainstorm and write it down.

    だから、ステップ1はブレインストーミングをして、それを書き留めておくことです。

  • And what I have my students do is I give them a prompt,

    私が生徒にさせているのは、プロンプトを与えることです。

  • and the prompt is "the time when."

    で、プロンプトは "いつ頃 "です。

  • And I want them to fill in that prompt

    そして、そのプロンプトを記入してもらいたい

  • with times they might have experienced something,

    何かを経験したことがあるかもしれません。

  • heard something or seen something,

    聞いたり見たりしました。

  • or seen something and they could have intervened,

    何かを見たのか、何かを見たのかで、介入することができたかもしれない。

  • but they didn't.

    と言っていましたが、そうではありませんでした。

  • And I have them write it down as quickly as possible.

    そして、できるだけ早く書き込んでもらうようにしています。

  • So I'll give you an example of some of the things I would write down.

    ということで、例を挙げて書いてみます。

  • The time when, a few months after 9/11,

    9.11から数ヶ月後のことです。

  • and two boys dared themselves to touch me,

    と二人の少年が私に触ってきた。

  • and they did.

    そして、彼らはそうしました。

  • The time when my sister and I were walking in a city,

    姉と二人で街を歩いていた時のこと。

  • and a guy spat at us and called us terrorists.

    とある男が私たちに唾を吐いてテロリストと呼んでいました。

  • The time way back when

    振り返ってみると

  • when I went to a very odd middle school,

    とても変な中学校に行った時に

  • and girls a couple years older than me were being married off to men

    私より数歳年上の女の子が男に嫁いでいました。

  • nearly double their age.

    2倍近くの年齢になっています。

  • The time when a friend pulled a gun on me.

    友人に銃を向けられた時のこと。

  • The time when I went to a going-away luncheon

    お出かけランチョンに行った時のこと

  • for a coworker,

    同僚のために

  • and a big boss questioned my lineage for 45 minutes.

    と大ボスが45分間私の血統を質問してきました。

  • And there are times when I have seen something

    そして、私が見たことのあるものは

  • and I haven't intervened.

    私は介入していない

  • For example, the time when I was on a train

    例えば、電車に乗っていた時などは

  • and I witnessed a father beating his toddler son,

    と、幼児の息子を殴っている父親を目撃しました。

  • and I didn't do anything.

    と何もしていませんでした。

  • Or the many times I've walked by someone who was homeless and in need,

    ホームレスで困っている人のそばを何度も通ったこともある

  • they've asked me for money, and I've walked around them,

    お金を要求されて歩いてきました。

  • and I did not acknowledge their humanity.

    と私は彼らの人間性を認めませんでした。

  • And the list could go on and on,

    そして、リストは延々と続くかもしれません。

  • but you want to think of times when something might have happened sexually,

    でも、性的なことが起こったかもしれない時のことを考えたくなりますよね。

  • times when you've been keeping things repressed,

    抑圧されていた時代

  • and times with our families,

    と家族との時間を大切にしています。

  • because (In a hushed voice) God bless them.

    なぜなら(声を潜めて)神の祝福があるからです。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Our families, we love them,

    私たちの家族、私たちは彼らを愛しています。

  • but at the same time, we don't talk about things.

    が、同時に物を言わないようにしています。

  • So we may not talk about the family member who has been using drugs

    そのため、薬物を使用していた家族の話はしないことがあります。

  • or abusing alcohol.

    またはアルコールを乱用しています。

  • We don't talk about the family member who might have severe mental illness.

    重度の精神疾患を抱えているかもしれない家族の話はしません。

  • We'll say something like, "Oh, they've always been that way,"

    "あぁ、昔からそうだったんだ "みたいなことを言いましょう。

  • and we hope that in not talking about it,

    と私たちはそれについて話していないことを願っています。

  • in not acknowledging it,

    それを認めないことで

  • we can act like it doesn't exist, that it'll somehow fix itself.

    存在しないかのように振る舞えばいいのよ、どうにかして直るわ

  • So the goal is to get at least 10 things,

    なので、最低でも10個はゲットすることを目標にしています。

  • and once you have 10 things,

    と一度は10のものを手に入れてみてください。

  • you've actually done part 1, which is bear witness.

    君は実際にパート1をやった 証人になるということだ

  • You have un-silenced something that you have been keeping silent.

    あなたは黙っていた何かを解き放ったのです。

  • And so after this, you're ready for step 2,

    この後は、ステップ2の準備ができています。

  • which is to narrow it down and focus.

    というのは、絞り込んで集中することです。

  • And what I suggest is going back to that list of 10

    そして、私が提案するのは、その10のリストに戻ることです。

  • and picking three things that are really tugging at you,

    と、自分の心を引っ張っているものを3つ選んでみましょう。

  • three things you feel strongly.

    強く感じる3つのこと

  • It doesn't have to be the most dramatic things,

    大袈裟なものでなくてもいいんです。

  • but it's things that are like, "Ah," like, "I have to write about this."

    "あー "とか "これ書かなきゃ "みたいなのがあって

  • And I suggest you sit down at a table with a pen and paper --

    テーブルに座って ペンと紙を持って...

  • that's my preferred method for recording, but you can also use a tablet,

    録画にはこれがいいですが、タブレットを使うこともできます。

  • an iPad, a computer,

    iPad、パソコンです。

  • but something that lets you write it down.

    でも、それを書き留められるもの。

  • And I suggest taking 30 minutes of uninterrupted time,

    そして、私は30分間、途切れない時間を取ることをお勧めします。

  • meaning that you cut your phone off,

    スマホを切るという意味です。

  • put it on airplane mode,

    飛行機モードにして

  • no email,

    をメールに記載してください。

  • and if you have a family, if you have children,

    と、家族がいれば、子供がいれば

  • give yourself 20 minutes, five minutes.

    20分、5分でいい

  • The goal is just to give yourself time to write.

    目標は、自分に書く時間を与えることだけです。

  • What you're going to write

    何を書こうとしているのか

  • is you're going to focus on three things.

    は、3つのことに集中することです。

  • You're going to focus on the details,

    細かいことに集中するんですね。

  • you're going to focus on the order of events,

    イベントの順番を重視するんだな

  • and you're going to focus on how it made you feel.

    それがどう感じたかに焦点を当てるんだ

  • That is the most important part.

    それが一番大事な部分です。

  • I am the guinea pig today,

    今日はモルモットです。

  • and so I'm going to walk you through how I do it.

    どうやってやるのか教えてあげよう

  • I'm going to pick three things.

    私は3つのことを選ぶことにしています。

  • So the first thing I feel very, very strongly about

    だから、まず最初に、私がとても強く感じていることは

  • is that time a couple months after 9/11

    は9.11の数ヶ月後のことです。

  • when those two boys dared themselves to touch me.

    あの二人の少年が私に触れた時

  • I remember I was in a rural mall in North Carolina,

    ノースカロライナの田舎のモールにいたのを覚えています。

  • and I was walking, just walking, minding my business,

    私はただ歩いていた、ただ歩いていた、私のことを気にしていた。

  • and I felt people walking behind me, like, very, very close,

    と、私の後ろを歩いている人たちを感じました。

  • and I'm like, "OK, that's kind of weird. Let me walk a little bit faster.

    と聞くと、「よし、なんだか変だな。もう少し早く歩かせてください。

  • There's a whole mall around me. What is happening?"

    私の周りにモールがあるの何が起こっているの?"

  • They walk a little bit faster, and I hear them going back and forth:

    少し早歩きで、行ったり来たりの声が聞こえてきます。

  • "You do it!" "No, you do it!"

    "お前がやれ!" "いや お前がやれ!"

  • And then one of them pushes me, and I almost fall to the ground.

    そして一人に押されて地面に倒れそうになった。

  • So I kind of pop back up, expecting some type of apology,

    謝罪を期待して 飛び出してきたんだ

  • and the weirdest thing is that they did not run away.

    と不思議なことに逃げなかった。

  • They actually went and just stood right next to me.

    彼らは実際に行って、私のすぐ隣に立っていました。

  • And I remember there was a guy with blond hair,

    金髪の男の人がいたのを覚えています。

  • and he had a bright red polo shirt,

    と真っ赤なポロシャツを着ていました。

  • and he was telling the other guy, like, "Give me my money. I did it, man."

    彼はもう一人の男に言っていた "金をよこせ "みたいに"俺がやったんだ"

  • And the guy with the brown hair, I remember he had a choppy haircut,

    あと茶髪の奴は髪型がボサボサだったのを覚えてる

  • and he gave him a five-dollar bill,

    と言って5ドル札を渡したそうです。

  • and I remember it was crumpled.

    とクシャクシャになっていたのを覚えています。

  • And so I'm like, am I still standing here?

    それで、私はまだここに立っているのかな?

  • This thing just happened. What just happened?

    こんなことが起きたんだ何が起こったの?

  • And it was so weird to be the end of someone's dare,

    そして、誰かのあえぎの末路になってしまうのが、とても気持ち悪かったです。

  • and also at the end to not exist to them.

    そして、最後には彼らには存在しないことも。

  • I remember it kind of reminded me of the time when I was younger

    何となく若い頃を思い出したのを覚えています

  • and someone dared me to touch something nasty or disgusting.

    と、誰かがあえて嫌なものや嫌なものに触ってみました。

  • I felt like that nasty and disgusting thing.

    あの意地悪で嫌な感じがしました。

  • A second thing I feel very, very strongly about

    2つ目は、私がとても強く感じていることです。

  • is the time a friend pulled a gun on me.

    友人に銃を向けられた時のことです。

  • I should say former friend.

    昔の友人と言うべきかな。

  • (Laughter)

    (笑)

  • I remember it was a group of us outside,

    外のグループだったと記憶しています。

  • and he had ran up

    と駆け上がってきた

  • and he had the stereotypical brown paper bag in his hand,

    と、ステレオタイプな茶色の紙袋を手にしていた。

  • and I knew what it was,

    と、それが何かを知っていました。

  • and so I'm a very mouthy person, and I started going off.

    ということで、私は口が達者なので、オフに行くようになりました。

  • I was like, "What are you doing with a gun?

    私「銃を持って何をしているの?

  • You're not going to shoot anyone.

    誰も撃たないで

  • You're a coward, you don't even know how to use it."

    卑怯者は使い方も知らないくせに"

  • And I kept going on

    そして、私は続けた

  • and on

    以後

  • and on,

    と、上に書いてあります。

  • and he got angrier

    怒り心頭

  • and angrier

    怒り心頭

  • and angrier.

    と怒っています。

  • And he pulled the gun out and put it in my face.

    彼は銃を抜いて私の顔に突きつけた

  • I remember every one of us got very, very quiet.

    みんなとても静かになったのを覚えています。

  • I remember the tightness of his face.

    顔の窮屈さを覚えています。

  • I remember the barrel of the gun.

    銃の銃身を覚えています。

  • And I felt like --

    そして、私は感じました...

  • and I'm pretty sure everyone around me who got quiet felt like --

    静かにしていた周りの人たちはみんな...

  • "This is the moment I die."

    "これが私が死ぬ瞬間だ"

  • And the third thing I feel very, very strongly about

    そして、3つ目のことは、私がとても、とても強く感じていることです。

  • is this going-away luncheon and this big boss.

    この大ボスとの昼食会のことです。

  • I remember I was running late, and I'm always late.

    走っていていつも遅刻していたのを覚えています。

  • It's just a thing that happens with me. I'm just always late.

    それは私と一緒に起こることなんです。いつも遅刻ばかりしています。

  • I was running late,

    遅刻してしまった。

  • and the whole table was filled except for this seat next to him.

    と、彼の隣の席を除いてテーブル全体が埋まっていました。

  • I didn't know him that well, had seen him around the office.

    彼のことはよく知らなかったし、オフィスの周りで見たこともあった。

  • I didn't know why the seat was empty. I found out later on.

    なぜ空席だったのかわからなかった。後で知った。

  • And so I sat down at the table,

    そうして私はテーブルに座った。

  • and before he even asked me my name,

    と名前を聞かれる前に

  • the first thing he said was,

    最初に言ったのは

  • "What's going on with all of this?"

    "これはどうなってるんだ?"

  • And I'm like, do I have something on my face?

    とか、顔に何かついてるのかな?

  • What's happening? I don't know.

    何が起こっているの?わからないわ

  • And he asked me with two hands this time.

    そして今回は両手で聞いてきました。

  • "What's going on with all of this?"

    "これはどうなってるんだ?"

  • And I realized he's talking about my hijab.

    彼は私のヒジャブのことを言っているのだと気付いた

  • And in my head, I said, "Oh, not today."

    頭の中では "今日はダメだ "と言っていた

  • But he's a big boss, he's like my boss's boss's boss,

    でも、大ボスで、上司の上司の上司の上司と同じような感じです。

  • and so I put up for 45 minutes,

    ということで、45分ほど我慢しました。

  • I put up with him asking me where I was from,

    どこから来たのか聞かれるのを我慢していました。

  • where my parents were from,

    両親の出身地

  • my grandparents.

    祖父母が

  • He asked me where I went to school at, where I did my internships at.

    どこの学校に行っていたのか、どこでインターンをしていたのかを聞かれました。

  • He asked me who interviewed me for that job.

    その仕事の面接をしてくれた人に聞いてみました。

  • And for 45 minutes, I tried to be very, very, very, very, very polite,

    そして、45分間、とても、とても、とても、丁寧な対応を心がけました。

  • tried to answer his questions.

    彼の質問に答えようとした

  • But I remember I was kind of making eyeball help signals

    でも、私は眼球の助け信号を作っていたのを覚えています。

  • at the people around the table, like, "Someone say something. Intervene."

    テーブルの周りの人を見て "誰かが何か言ってくれ "みたいに"誰かが何か言ってる"

  • And it was a rectangular table, so there were people on both sides of us,

    しかも長方形のテーブルだったので、左右に人がいました。

  • and no one said anything,

    誰も何も言わなかった

  • even people who might be in a position, bosses,

    役職に就いているかもしれない人、上司であっても

  • no one said anything.

    誰も何も言わなかった

  • And I remember I felt so alone.

    そして、とても孤独を感じたのを覚えています。

  • I remember I felt like I didn't deserve to be in his space,

    彼の空間にいる資格がないと感じたのを覚えています。

  • and I remember I wanted to quit.

    と、辞めたいと思ったのを覚えています。

  • So these are my three things.

    ということで、私の3つです。

  • And you'll have your list of three things.

    そして、3つのリストを持っていることになります。

  • And once you have these three things and you have the details

    そして、この3つのことがわかって、詳細がわかったら

  • and you have the order of events and you have how it made you feel,

    順番があって、それがどう感じられたかがわかる

  • you're ready to actually use creative writing to bear witness.

    あなたは実際にクリエイティブ・ライティングを使って 証人になる準備ができています。

  • And that takes us to step 3,

    そして、それがステップ3へと進むことになります。

  • which is to pick one and to tell your story.

    それは、一つを選ぶことであり、あなたの物語を語ることです。

  • You don't have to write a memoir.

    回顧録なんて書かなくてもいいんだよ。

  • You don't have to be a creative writer.

    創作作家である必要はない。

  • I know sometimes storytelling can be daunting for some people,

    物語を語ることは、人によっては大変なこともあると思いますが、私は知っています。

  • but we are human.

    しかし、私たちは人間です。

  • We are natural storytellers,

    私たちは天然の語り部です。

  • so if someone asks us how our day is going,

    誰かに今日の様子を聞かれたら

  • we have a beginning, a middle and an end.

    私たちには始まりと中間と終わりがあります。

  • That is a narrative.

    それは物語性がある。

  • Our memory exists and subsists through the act of storytelling,

    私たちの記憶は、物語を語るという行為によって存在し、存続しています。

  • and you just have to find a form that works for you.

    と、自分に合った形を探せばいいだけです。

  • You can write a letter to your younger self.

    年下の自分に手紙を書くことができます。

  • You can write a story to your younger self.

    若い自分に向けて記事を書いてみてはいかがでしょうか。

  • You can write a story to your five-year-old child,

    5歳のお子さんにお話を書くことができます。

  • depending on the story.

    ストーリー次第では

  • You can write a parody, a song, a song that's a parody.

    パロディでも歌でも、パロディになるような曲を書けばいいんだよ。

  • You can write a play. You can write a nursery rhyme.

    劇が書ける。童謡が書ける。

  • I've read -- I mean, these a theories, though --

    私が読んだのは...つまり、これらの理論は...

  • that "Baa, baa black sheep, Have you any wool,"

    "バァ、バァ、黒い羊、羊毛はあるか?"

  • "Yes sir, yes sir, three bags full,"

    "はい、はい、はい、はい、袋3つで一杯です"

  • is actually about impoverished farmers in England being taxed heavily.

    は、実はイギリスの貧しい農民に多額の税金が課せられているという話です。

  • You can write it in the form of a Wikipedia article.

    ウィキペディアの記事のような形で書けます。

  • And if it's one of those situations

    そして、そのような状況の一つであるならば

  • where you saw something and you didn't intervene,

    何かを見て介入しなかったところで

  • perhaps write it from that person's perspective.

    もしかしたら、その人の目線で書いているのかもしれません。

  • You know, so if I go back to that boy on the train

    電車の中の少年に戻っても