Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The clock has ticked down, the last-minute appeals  have been exhausted, and the condemned's time has  

    時は流れ、土壇場での訴えは尽き、死刑囚の時間は過ぎた

  • come. The convict is led into the death chamberthe witnesses are brought in, and the executioner  

    来ます。囚人は死刑室に連れて行かれ 目撃者が連れてこられ 死刑執行人は

  • checks the machine. It's time. The inmate is  allowed their last words, and the executioner  

    機械をチェックします。時間だ。収容者には最後の言葉が許され、処刑人は

  • presses the lever. The condemned is pronounced  dead, and everyone at the prison breathes a sigh  

    がレバーを押す。死刑囚は死んだと宣告され、刑務所の全員がため息をつく。

  • of relief that justice was done. Someone paid  the price for the terrible crime they committed.

    正義が行われたことに安堵した誰かが自分たちが犯した恐ろしい犯罪の代償を払ったのです。

  • Or did they? Does the death penalty always get  it right? As the only penalty from which there's  

    それともそうだったのか?死刑はいつも正しいのか?唯一の刑罰として

  • no reprieve once carried out, many people  believe the risk is too high. After all,  

    一度実施された場合の救済がないため、多くの人がリスクが高すぎると考えています。結局のところ

  • someone who is wrongfully sent to prison can be  released and given payments to try to make up for  

    牢屋に入れられた人は釈放される

  • the years they lost. When someone is wrongfully  executed, there's no way to make up for that.  

    彼らが失った年月を誰かが不当に処刑された時、それを補う方法はない。

  • That's why the United States and many  other countries with a death penalty  

    だからこそ、アメリカをはじめとする死刑制度のある多くの国では

  • have lengthy appeals processes to  allow time for evidence to come out.  

    は、証拠が出てくるまでの時間を確保するために、不服申し立てのプロセスが長くなります。

  • Many times, it's saved lives - over a hundred  and fifty death row inmates have been exonerated.

    何度も命を救ってきた。150人以上の死刑囚が無罪放免になった。

  • But has an innocent person been executed? While  many cases are still being debated, there are many  

    しかし、無実の人は死刑になってしまったのでしょうか?多くの事例が議論されている中で、多くの

  • cases around the world where the executioner was  forced to admit that they got the wrong criminal.

    死刑執行人が犯人を間違えたことを認めざるを得なかった世界の事例

  • One of the first famous cases of wrongful  executions happened in 1660 in Gloucester,  

    不法執行の最初の有名な事件の一つは1660年にグロスターで起こった。

  • England. A successful man named William Harrison  left his home to walk to a nearby village  

    イギリス。ウィリアム・ハリソンという名の成功者が家を出て、近くの村まで歩いて行きました。

  • and didn't return home. One of his servants, John  Parry, was sent after him - but when Harrison's  

    家に帰らなかった彼の使用人の一人、ジョン・パリーが彼の後を追わせることになったが、ハリソンの

  • son went out looking for him, he found only ParryThey soon found some of Harrison's clothing,  

    息子が探しに出たが パリーだけだった すぐにハリソンの服を見つけました。

  • slashed and covered in blood. No body was  ever found, and as the investigation began,  

    斬られて血まみれになっていました死体は発見されず 捜査が始まると

  • John confessed that he and his mother and  brother had killed Harrison for his money.  

    ジョンは、自分と母と兄が金のためにハリソンを殺したと告白した。

  • They denied everything, but John's  testimony was all that was needed.  

    彼らはすべてを否定したが、ヨハネの証言がすべてだった。

  • The three servants were put on  trial, pled guilty to lesser charges,  

    3人の使用人は裁判にかけられ、より少ない罪で罪を認めた。

  • and were then found guilty of murder. The  family was hung together on Broadway Hill.

    そして殺人罪で有罪となった一家はブロードウェイヒルで吊るされた

  • There was just one problem  with the open-and-shut case.

    開閉事件には一つだけ問題があった。

  • It was 1662 when William Harrison stepped  off a ship arriving from Portugal. He had  

    1662年、ポルトガルから到着した船からウィリアム・ハリソンが足を踏み外した時のことです。彼は

  • a wild story of having been abducted and  sold into slavery in the Ottoman Empire.  

    オスマン帝国で拉致されて奴隷として売られていたという荒唐無稽な話。

  • His master eventually died and he ran awaystowing away on a ship back to London.  

    彼の主人はやがて死に、彼は逃げ出し、ロンドンに戻る船に密航した。

  • This miraculous return came to  be known as the Campden Wonder,  

    この奇跡的な復活は、「Campden Wonder」として知られるようになりました。

  • a miracle - for everyone except the unfortunate  Parry family. But was Harrison's story true?  

    不幸なパリー一家を除いた全ての人に奇跡が起きました。しかし、ハリソンの話は本当だったのか?

  • Why did John Parry confess? Although historians  have cast doubt on Harrison's spectacular tale of  

    なぜジョン・パリーは告白したのか?歴史家は ハリソンの壮大な物語に 疑問を投げかけていますが

  • his whereabouts, this bizarre wrongful execution  remains one of England's biggest mysteries.

    彼の居場所は、この奇妙な不当な処刑がイギリス最大の謎の一つであることに変わりはありません。

  • But it would not be England's  final wrongful execution.

    しかし、イングランドの最終的な不当な処刑にはならないだろう。

  • The year was 1949, and the Cameo Theater in  Liverpool was one of the city's top entertainment  

    年といえば、リバプールのカメオ劇場は、街のトップエンターテイメントの一つでした。

  • centers. That is, until it became the sight  of a brutal crime. Cinema manager Leonard  

    センタ-。それは残虐な犯罪の光景になるまでのことでした。映画館の支配人レナード

  • Thomas and his deputy Bernard Caterall were  counting the day's earning when a masked man  

    トーマスと副保安官のバーナード・キャタオールが一日の稼ぎを数えていた時、マスクをした男が

  • stepped into their office. He robbed them, then  fired and killed both men. As the staff arrived,  

    オフィスに入ってきて強盗に入った後に発砲して2人を殺害した。スタッフが到着すると

  • the killer made his escape down the fire escapeTwo local men with a history of petty crime,  

    犯人は非常階段から逃走した 些細な犯罪の前科のある地元の二人の男。

  • Charles Connolly and George Kelly, were quickly  arrested. They claimed to have never met each  

    チャールズ・コノリーとジョージ・ケリーはすぐに逮捕された。二人は一度も会ったことがないと主張していました

  • other and produced alibis, but they were  charged nonetheless. Kelly, charged with  

    アリバイがあったにもかかわらず 起訴されましたケリーは以下の罪で起訴されました

  • being the shooter, was eventually convicted  after multiple trials and sentenced to death,  

    射手であったが、最終的には複数の裁判を経て有罪判決を受け、死刑を言い渡された。

  • while Connolly pled guilty to lesser  charges. He was executed in March 1950.

    コノリーは罪を認めたが彼は 1950年3月に処刑されました

  • That was only the beginning of  the strange turns in this case.

    それは、この事件の奇妙な曲がり角の始まりに過ぎなかった。

  • Many of the witnesses who named Kelly as  the killer had their own criminal history,  

    目撃者の多くは ケリーを殺人者として指名した 彼ら自身の犯罪歴があった

  • and presiding Judge Cassels showed consistent  bias throughout the trial for the prosecutions.  

    と裁判長のカッセルズ判事は、検察側の裁判を通して一貫した偏見を示しました。

  • More troubling, the police questioned  another local criminal, Donald Johnson,  

    さらに厄介なことに、警察はもう一人の地元の犯罪者、ドナルド・ジョンソンを尋問しました。

  • and didn't turn over the evidence to the  proper authorities at trial. Johnson not  

    裁判で適切な当局に 証拠を引き渡さなかったのですジョンソンは

  • only knew more about the case than any of the  men arrested but admitted to being around the  

    逮捕された男たちよりも事件を知っているだけで、周りにいたことは認めています。

  • cinema at the time. He later confessed to lying  to the police about the case but died in 1988  

    当時の映画館。後に事件について警察に嘘をついたことを告白したが、1988年に死亡した。

  • and his role in the shooting was never prosecutedIt wasn't until 2003 when Kelly's conviction was  

    射撃での彼の役割は起訴されませんでした それはケリーの信念があったときに2003年までではありませんでした

  • overturned by the Court of Appeals, and he  was given a proper burial as an innocent man.

    控訴裁判所によって覆され、無実の男として適切な埋葬が与えられました。

  • The next case was bungled so badly, it led to the  end of capital punishment in the United Kingdom.

    次の事件は、イギリスでの死刑廃止につながるほどの大失敗だった。

  • Timothy Evans lived a quiet life in rural  Wales with his wife and young daughter.  

    ティモシー・エヴァンスはウェールズの田舎で妻と幼い娘と静かな生活を送っていた。

  • He had overcome illness as a child and worked  as a painter despite chronic pain in his foot  

    幼少期に病気を克服し、慢性的な足の痛みを抱えながらも画家として活動していた。

  • and learning difficulties. He moved into an  apartment building with his family in 1948,  

    と学習困難に陥る。1948年に家族でマンションに引っ越してきた。

  • but his marriage was full of fightingMany neighbors reported screaming from  

    しかし、彼の結婚生活は喧嘩ばかりでした。 からの悲鳴が多くの近隣住民から報告されています。

  • his apartment. So when his wife wound up dead  under mysterious circumstances, he was suspect  

    彼のアパート不可解な状況で妻が死んだ時 彼は疑われていた

  • #1. When he mentioned his wife had takendrug to have an abortion, which was illegal,  

    #1.奥さんが薬を飲んで中絶をしたという話をしたとき、それは違法行為だった。

  • that only made people more suite he was guiltyThen came the horrifying discovery of the body  

    それだけで、人々は彼が有罪であることをより多くのスイートなものにしました。 そして 恐ろしい死体の発見がありました

  • of his baby daughter next to her. Evans was  quickly put on trial, and with the testimony of  

    となりにいた赤ちゃんの娘のエヴァンスはすぐに裁判にかけられ、その時の証言をもとに

  • his neighbor John Christie, he was convictedHe was executed in March, 1950 by hanging.

    隣人のジョン・クリスティに有罪判決が下された 1950年3月に絞首刑で処刑された

  • But three years later, the  case took a horrific turn.

    しかし、3年後、事件は恐ろしい展開を迎えた。

  • When John Christie left his apartment  and a new neighbor moved in,  

    ジョン・クリスティがアパートを出て、新しい隣人が引っ越してきたとき。

  • multiple bodies were found hidden in a secret  room of the house. It was revealed that  

    家の密室に複数の遺体が隠されているのが発見されました。であることが明らかになった。

  • Christie was actually one of the worst serial  killers in Welsh history, and the Evans family  

    クリスティはウェールズ史上最悪の連続殺人犯の一人でエバンス家は

  • were two more of his victims. Christie was  soon executed for the murder of his own wife,  

    他にも2人の犠牲者がいましたクリスティーはすぐに妻殺しの罪で処刑された

  • and with it, the Evans case attracted new  attention. Although Christie had previous  

    それに伴い、エバンス事件は新たな注目を集めることになった。クリスティーは以前にも

  • convictions for assault, he was never seriously  looked at as a suspect in the initial killings.  

    暴行罪で有罪判決を受けても、最初の殺人事件の容疑者として真剣に見られたことはありません。

  • Evans was eventually pardoned in 1966, and  the outrage over the execution of this simple,  

    エバンスは最終的には1966年に恩赦されたが、この単純な処刑への怒りは

  • troubled man led to capital punishment  in Great Britain being abolished in 1965.

    問題を抱えた男は、1965年にイギリスの死刑が廃止されたことにつながった。

  • One thing many victims of wrongful execution  have in common? They were victims of racism.

    不法執行の犠牲者に共通していることは?彼らは人種差別の犠牲者でした

  • Mahmood Hussein Mattan was born in British  Somaliland in 1923, and worked as a merchant  

    マフムード・フセイン・マタンは1923年にイギリスのソマリランドで生まれ、商人として働きました。

  • seaman until he settled in Wales. A man of Somali  descent in Wales in the early 20th century wasn't  

    ウェールズに定住するまでは船乗りだった20世紀初頭のウェールズでは、ソマリア系の男性は

  • going to blend in, and the negative attention  Mahmood attracted only increased when he married  

    彼は結婚したときにだけ増加したマフムードを集めた否定的な注目を集め、ブレンドするために起こっている。

  • a local Welsh woman, Laura Williams. They  endured harassment as an interracial couple  

    地元のウェールズ人女性 ローラ・ウィリアムズ異人種カップルとしての嫌がらせに耐えていました

  • and eventually split up. But Mr. Mattan's bad luck  was only beginning. When a local business owner,  

    と、最終的には別れてしまいました。しかし、マタンさんの不運は始まったばかりだった。地元の経営者が

  • Lily Volpert, was robbed and murdered  in her store in 1962, a massive manhunt  

    リリー・ヴォルパートは、1962年に彼女の店で強盗と殺害され、大規模な捜索が行われました。

  • questioned all the men in the area. While they  didn't find any evidence in Mattan's home,  

    その地域の全ての男達に質問をしましたマタンの家には証拠がなかったが

  • a woman who had been at Volpert's store  later identified him as being in the  

    ヴォルパートの店にいた女性は 後に彼が

  • store right before the murder. Although she  later contradicted her story, the prosecutors  

    殺害直前の店で後に彼女の話は矛盾していましたが 検察側は

  • later produced a twelve-year-old girl who  claimed she had seen Mattan enter the shop.

    その後、マタンが店に入るのを見たと主張する12歳の少女が出てきた。

  • The evidence was thin. That didn't matter.

    証拠は薄かった。それは重要ではありませんでした。

  • Mattan was quickly convicted despite there being  no physical evidence linking him to the crime.  

    マタンは、彼と犯罪を結びつける物的証拠がなかったにもかかわらず、すぐに有罪判決を受けた。

  • His own attorney's closing speech was racistclaiming Mattan was a “semi-civilized savage”.  

    彼自身の弁護士の閉会スピーチは人種差別的で、マタンは「半開の野蛮人」だと主張していた。

  • Mattan's appeals failed, and he was executed  less than two months after his conviction.  

    マタンの上告は失敗し、有罪判決から2ヶ月も経たないうちに処刑された。

  • After his death, both another man seen near the  shop and one of the witnesses were convicted of  

    彼の死後、店の近くで目撃された別の男と目撃者の一人は、両方の罪で有罪判決を受けました。

  • violent crimes that resembled Volpert's murderWhile Mattan's family attempted to appeal the  

    ヴォルパートの殺人に似た凶悪犯罪を犯した。 マッタンの家族は 控訴しようとしたが

  • conviction posthumously, the government decided  not to reopen the case. They did allow the  

    死後に有罪判決を受けたが、政府は再審を行わないことにした。しかし、政府は

  • family to move the body to a Cardiff cemetery in  1996. His headstone readsKilled by Injustice”,  

    1996年に遺体をカーディフの墓地に移すために彼の墓石には "Killed by Injustice "と書かれています。

  • and a later commission appointed by the government  found his conviction was flawed. In 1998,  

    そして後に政府によって任命された委員会は 彼の有罪判決には欠陥があると判断しました1998年には

  • his family became the first family of a wrongfully  executed person to receive a cash settlement.

    彼の家族は、不当執行を受けた人の家族の中で初めて現金決済を受けた家族となりました。

  • Mateen was far from the only racial minority  executed unjustly, as we head across the Atlantic.

    マティーンは不当に処刑された 唯一の少数民族ではなかった 大西洋を横断するように

  • The year was 1862, and the Dakota War was ragingIn the middle of the United States Civil War,  

    年は1862年、ダコタ戦争が勃発していた。 アメリカ南北戦争の真っ只中。

  • another smaller war boiled over as Dakota natives  fought with the United States government over  

    ダコタの原住民がアメリカ政府と争ったことで、さらに小さな戦争が勃発しました。

  • broken tariffs. Hundreds of Dakota soldiers were  captured and tried by military tribunals for their  

    破られた関税何百人ものダコタ州の兵士が 捕らえられ 軍事法廷で裁かれました

  • role in attacks on settlers. Ultimately, three  hundred and three men were sentenced to death,  

    入植者への攻撃の役割を果たした。最終的には300人300人が死刑判決を受けました。

  • among them We-Chank-Wash-ta-don-pee. Also known  as Chaska, he was known for abducting Sarah  

    その中でも「ウィー・シャンク・ワッシュ・タ・ドン・ピー」と呼ばれていますチャスカとしても知られています サラを誘拐したことで知られています

  • Wakefield and her children, who he protected  from attacks. Many rumors spread that he and  

    ウェイクフィールドとその子供たちを攻撃から守った。多くの噂が広まりました

  • Sarah were lovers, but he was convicted  for murdering a pregnant woman in a raid.

    サラは恋人同士だったが、襲撃で妊婦を殺害した罪で有罪判決を受けた。

  • Hope was in the wings, as Abraham Lincoln  was reportedly sympathetic to his case.

    エイブラハム・リンカーンが同情していたと報じられているように、希望は翼の中にあった。

  • Lincoln was known for his liberal use of  the commutation power, and he reversed all  

    リンカーンは、整流権のリベラルな使用で知られており、彼はすべてを逆転させました。

  • but thirty-eight of the sentences for lack of  evidence. Chaska was one of them...but he was  

    しかし、証拠不十分のために 38の判決が下されましたチャスカはそのうちの一人でした...しかし、彼は

  • executed by General Henry Sibley anyway. Sibley  claimed he had simply never received the pardon,  

    ヘンリー・シブリー将軍によって処刑されましたシブリーは単に恩赦を受けていなかっただけだと主張していました。

  • making Chaska's execution a tragic mistake. Or  was it? Many speculated that Chaska's relationship  

    チャスカの処刑を悲劇的なミスにした。それともそうだったのか?多くの人は、チャスカの関係が

  • with Sarah Wakefield made him a target, and  the General wanted to make an example. Today,  

    サラ・ウェイクフィールドと一緒に彼を標的にして、将軍は手本にしたいと思っていました。今日は

  • pressure from Native American activists forposthumous pardon for Chaska continues to grow.

    ネイティブアメリカンの活動家からの 圧力は増大し続けています チャスカの死後の恩赦のために

  • In the 1800s, executions in the American west  were common. And it didn't matter who you were.

    1800年代、アメリカ西部では処刑が一般的だった。そして、それはあなたが誰であるかは問題ではありませんでした。

  • Chipita Rodriguez wasn't your typical convicted  murderer. A Mexican-American woman who ran a  

    チピタ・ロドリゲスは 典型的な殺人犯ではなかったメキシコ系アメリカ人の女性は

  • makeshift lodge for travelers, she was 63 when  she had her brush with the law. A trader named  

    旅人のためのその場しのぎのロッジ 彼女が法に触れたのは63歳の時だった商人の

  • John Savage was found dead from ax woundsand she was accused of killing and robbing  

    ジョン・サベージが斧の傷で死んでいるのが発見され、彼女は殺人と強盗の容疑で告発されました。

  • him. There was just one problem - the money she  was accused of taking was found on his body.  

    彼の遺体から見つかった一つだけ問題があった 彼女が盗んだと告発された金が彼の遺体から見つかった

  • She was indicted along with a man named Juan  Silvera, who many suspected was secretly her son.  

    彼女はファン・シルベラという男と一緒に起訴されたが、多くの人が彼女の息子であることを密かに疑っていた。

  • She refused to testify in her own  defense, maybe to protect Juan,  

    彼女は自分の弁護で証言するのを拒否した たぶんファンを守るために

  • and was convicted. The jury clearly had  their doubts, as they recommended life  

    と有罪判決を受けた。陪審員は明らかに疑問を持っていました 終身刑を推奨したので

  • in prison. But Judge Benjamin Neal washard-nosed man, and he ordered her hung.

    刑務所の中でしかし ベンジャミン・ニール判事は 辛辣な男で 彼女の絞首刑を命じた

  • But her execution would not  be the end of her story.

    しかし、彼女の処刑はそれで終わりではないだろう。

  • Rodriguez's last words as she was  executed wereNo soy culpable”,  

    ロドリゲスが処刑された時の最後の言葉は「大豆の罪はない」でした。

  • or “I am not guilty”. Her execution became  part of American lore, as many in the area  

    または「私は無罪です」と言っていました彼女の処刑はアメリカの伝説の一部となりました。

  • claimed to see her ghost wandering the  desert with a noose around her neck.  

    幽霊が首に縄を巻いて砂漠をさまよっているのを見たと言っていました。

  • Books, newspapers, and operas have been written  about her, casting her as a victim of racism  

    本や新聞、オペラなどで彼女のことが書かれ、人種差別の犠牲者としてキャスティングされています。

  • who may have been trying to protect her  son. Although no formal review of the case  

    息子を守ろうとしていたかもしれません正式な審査はありませんが

  • ever happened, the Texas Legislature passedresolution condemning her execution in 1985.

    テキサス州議会は1985年に彼女の処刑を非難する決議を可決しました。

  • No, there is no safety from wrongful convictionsNot for the elderly - and not for the young.

    いや、不当な前科があっても安全はない。 高齢者にも--そして若者にも。

  • Joe Arridy was only twenty-one when the full  force of the law came crashing down on him. His  

    ジョー・アリディはわずか21歳の時に法の全権が彼に降りかかってきた。彼の

  • parents were immigrants from Syria who came  to America seeking work, and Joe was slow  

    両親はシリアからの移民で、仕事を求めてアメリカに来ていた。

  • as a young boy. He had trouble speaking and  only attended one year of elementary school,  

    幼い頃のこと。話すことが苦手で、小学校の1年しか通っていなかったそうです。

  • and wound up leaving a residential home  for people with mental disabilities  

    挫折して精神障害者施設を退所することになった

  • and becoming a train-hopper. No one knows if  he was in Pueblo, Colorado in August, 1936  

    とトレインホッパーになっていました。1936年8月にコロラド州プエブロにいたかどうかは 誰も知りません

  • when horror came to the Drain family. Two  girls, Dorothy and Barbara, were viciously  

    ドレイン家に恐怖が訪れました二人の少女 ドロシーとバーバラが 凶悪にも

  • attacked in their bedroom by an unknown assailantDorothy was sexually assaulted and died from her  

    寝室で見知らぬ加害者に襲われました ドロシーは性的暴行を受け、死亡しました。

  • injuries. When Arridy was arrested in neighboring  Wyoming for vagrancy, Sheriff George Carrol was  

    怪我をしました。隣のワイオミング州で アレジィが浮浪で逮捕された時 保安官のジョージ・キャロルは

  • determined to catch a bigger fish. He interrogated  Arridy about the Drain case, and Joe confessed.

    もっと大きな魚を捕まえようと決意した。ドレイン事件のことでアリディを尋問し、ジョーは自白した。

  • But did he even know what he was saying?

    しかし、彼は自分が何を言っているのか分かっていたのだろうか?

  • When Carroll called the Pueblo police chief, he  learned that they had another suspect in custody,  

    キャロルがプエブロ警察署長に 電話した時 彼は彼らが別の容疑者を 拘留してると知った

  • Frank Aguilar. Aguilar confessed to the crimehaving worked for the Drain family and been fired  

    フランク・アギラールアギラールは犯行を自供しました ドレイン一家のために働いていましたが 解雇されました

  • before the attack. He said he never met Arridybut that didn't stop the authorities from charging  

    襲撃の前に彼は アリディに会ったことは無いと言っていたが だからと言って 当局が告発するのを止めることは出来なかった

  • them both with the killings. The only piece of  evidence they had against Arridy was his false  

    2人を殺したことになっていたアリディに不利な証拠は 彼の嘘の証言だけだ

  • confession, and doctors said that Arridy only  had the mind of a six-year-old. Both men were  

    自白をしたが 医者によると アリーディは6歳児の心を持っていただけだと言われた二人とも

  • sentenced to death, and Arridy's attorney Gail  Ireland fought for years to save Arridy's life.  

    死刑判決が下され、アーリディの弁護士ゲイル・アイルランドは アーリディの命を救うために 何年も戦ってきた。

  • Those on Colorado's death row stated that Arridy  was the happiest prisoner, as he likely didn't  

    コロラド州の死刑囚は、アリディが一番幸せな囚人だと言っていた。

  • even know what was about to happen to him. He  played with a toy train until he was taken to the  

    彼に何が起ころうとしていたのかも知らずにに連れて行かれるまで、おもちゃの電車で遊んでいました。

  • gas chamber. While it was too late to save his  life, he received a posthumous pardon in 2011.

    ガス室で命を救うには遅すぎたが、2011年に死後恩赦を受けた。

  • Most wrongfully convicted people are bystanders or  

    不当に有罪判決を受けた人の多くは、傍観者であったり

  • unrelated to the crime. But the  next may have been the victim.

    犯罪とは無関係です。しかし、次が被害者だったかもしれません。

  • By all accounts, Cameron Todd Willingham wasnormal Texas dad. He and his wife Stacy raised  

    誰に聞いても キャメロン・トッド・ウィリンガムは 普通のテキサスの父親でした彼と妻のステイシーは

  • their three daughters - a toddler and twin babies  in Corsicana. But one day, Stacy went out to shop  

    彼らの3人の娘たち - 幼児と双子の赤ちゃん - コルシカナで。しかしある日 ステイシーは買い物に出かけました

  • for Christmas presents, and things went terribly  wrong. A massive blaze ripped through the home,  

    クリスマスプレゼントのために 買いに行ったのですが 事態は最悪の事態になりました大規模な火事が家を切り裂きました

  • and only Cameron made it out. The three children  tragically burned to death. When police looked  

    キャメロンだけが助かった3人の子供は悲劇的に焼死しました警察が調べた時

  • into the fire, they found evidence of arsonclaiming that a liquid accelerant had been  

    火の中に放火の証拠を見つけました 液体の促進剤が使われていたと主張しています

  • used to start the blaze. They quickly charged  Willingham with setting the fire to cover up  

    炎上させるために使われた彼らはすぐにウィリンガムを 隠蔽するために火をつけたと告発した

  • evidence of child abuse, but his wife denied  that he had ever abused the girls or her.

    児童虐待の証拠はあったが、妻は女児や女児を虐待したことはないと否定していた。

  • That didn't matter to prosecutors.

    検察にとってはどうでもいいことだった。

  • The state quickly assembled a bizarre array  of witnesses. A jailhouse informant claimed  

    州はすぐに奇妙な目撃者を集めた拘置所の情報提供者は

  • that Willingham had confessed while locked up  awaiting trial. A psychiatrist nicknamedDr.  

    ウィリンガムが裁判待ちの間に自白したことを"博士 "と呼ばれる精神科医が

  • Deathfor his testimony in death penalty cases  argued that Willingham's skull tattoo meant he  

    死刑裁判での証言で「死」を主張したウィリンガムの頭蓋骨のタトゥーは

  • was a sociopath. Two local women claimed that they  had urged Willingham to go back into the house to  

    社会病質者だった地元の女性2人が ウィリンガムに家に戻るように 促したと主張しています

  • rescue his kids, but he refused. Willingham  was offered a plea deal for life in prison,  

    子供を助けようとしましたが 彼は拒否しましたウィリンガムは終身刑の 司法取引を提案された

  • but refused, and was convicted. He maintained  his innocence until his execution in 2004,  

    を拒否し、有罪判決を受けました。彼は2004年に処刑されるまで 無罪を維持しました

  • but the investigation continued after his  death. Famous fire investigator Gerald Hurst  

    が、彼の死後も調査は続いた。有名な火災調査官ジェラルド・ハースト

  • examined the evidence and found no compelling  evidence of arson. Although Willingham's wife  

    証拠を調べましたが、放火のやむを得ない証拠はありませんでした。ウィリンガムの妻は

  • claimed years after his death that he confessed  to her, many people now believe there may have  

    彼の死後、彼は彼女に告白したと主張し、多くの人々は今では多くの人があったのではないかと考えています。

  • never been a crime at all, and Willingham  was executed for a tragic house fire.

    ウィリンガムは悲劇的な家の火事で処刑されました。

  • While it was too late for these eight individuals,  

    この8人には手遅れだったが

  • every wrongful conviction gains more attention to  the possibility of people being executed unjustly.  

    不当な有罪判決が出るたびに、人々が不当に処刑される可能性に注目が集まります。

  • The Innocence Project is one of many charities  using DNA evidence to exonerate people before  

    イノセンス・プロジェクトは、多くの慈善団体の一つで、DNAの証拠を使って人々の無罪を証明しています。

  • their date with the executioner. Some have  been released after decades on death row.

    死刑執行人とのデートで何人かは数十年後に 釈放されました

  • For more on the most shocking executions ever,  

    最も衝撃的な処刑の詳細はこちらをご覧ください。

  • check out “50 Insane Execution and Death  Penalty Facts That Will Shock You”,  

    あなたに衝撃を与える50の非常識な死刑執行と死刑の事実」をチェックしてみてください。

  • and for how it's evolved, watchThe  Horrible History of the Death Penalty”.

    そして、それがどのように進化してきたかについては、「死刑の恐るべき歴史」をご覧ください。

The clock has ticked down, the last-minute appeals  have been exhausted, and the condemned's time has  

時は流れ、土壇場での訴えは尽き、死刑囚の時間は過ぎた

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 処刑 死刑 有罪 証拠 事件 裁判

処刑された無実の人々の衝撃的な実話 (Shocking True Stories of Innocent People Who Were Executed)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語