Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Netflix's The Queen's Gambit may have  popularized chess for modern audiences,  

    Netflixの「クイーンズ・ギャンビット」は、現代の視聴者にチェスを普及させたのかもしれません。

  • but Nikhil Kamath liked it way before it was cool.

    しかし、ニヒル・カマスはそれがクールであるずっと前から好きだった。

  • Chess teaches you how to work  under a structure, in a system,  

    チェスは、システムの中で、構造の下で働く方法を教えてくれます。

  • but yet try and be creative within that system.

    しかし、そのシステムの中で創造性を発揮しようとしています。

  • So much so, that he dropped out of high  school at 14 to play chess full-time

    14歳で高校を中退して フルタイムでチェスをしています

  • I don't think I was the best student.

    私が一番の生徒ではなかったと思います。

  • That was the starting move that eventually led  to his trading start-up for retail investors,  

    それがきっかけで、最終的には個人投資家向けの取引を開始することになりました。

  • which has been dubbed India's answer  to trading platform Robinhood

    これは、取引プラットフォームRobinhoodへのインドの答えと呼ばれています。

  • We started, actually, maybe  five years before they did.

    私たちが始めたのは、実際には、彼らが始める5年前だったかもしれません。

  • 34-year-old Nikhil is the billionaire  co-founder and chief investment officer  

    34歳のニヒル氏は、億万長者の共同創業者であり、最高投資責任者でもあります。

  • of Zerodha, India's largest trading brokerage.

    インド最大のトレーディングブローカーであるZerodha社の

  • Today, more than 15% of India's retail  trades are done through its platform  

    現在、インドの小売取引の15%以上がそのプラットフォームを通じて行われています。

  • as ordinary investors flocked  to stocks during the pandemic.

    一般投資家がパンデミックの間に株式に群がる中で、このような状況になりました。

  • But the school dropout only discovered  his passion for investing after playing  

    しかし、学校を中退した彼が投資への情熱を見出したのは

  • competitive chess at national and  international levels for two years.

    2年間、国内および国際的なレベルでの競技チェスを行う。

  • No one was going to hire me  without a college degree,  

    大卒じゃなくても誰も雇ってくれなかった。

  • so I mean I had to do something  which didn't require one.

    つまり、1つを必要としないことをしなければならなかったということです。

  • Inspired by his elder brother, Nithinhe took to trading when he was 17,  

    兄のニチンに影響を受け、17歳の時に取引を始めました。

  • teaching himself on the go.

    外出先で独学

  • It went well and soon, the pair was  investing for family and friends.

    それはうまくいき、すぐに、ペアは家族や友人のために投資をしていました。

  • Along the way, they felt that the  investment process was too complex.

    その過程で、彼らは投資プロセスが複雑すぎると感じていました。

  • The problem back in the day, I'm talking about  

    昔の問題、私が言っているのは

  • 11 or 12 years ago, is cost was very highBrokerage fees were incredibly high in India.

    11、12年前はコストが非常に高かったのですが インドでは仲介手数料が信じられないほど高かった。

  • And for a full-time trader there  were many barricades or barriers  

    そして、専業トレーダーにとっては、多くのバリケードや障壁がありました。

  • one had to cross before he could actually be  profitable in any consistent kind of manner.

    彼が実際にどんな一貫した方法でも利益を得る前に、1つは交差しなければなりませんでした。

  • So the Bangalore-born brothers set to  work, using their savings to build a  

    そこでバンガロール生まれの兄弟は、貯金を使って仕事を始めました。

  • simple and affordable brokerage  platform for everyday investors.

    毎日の投資家のためのシンプルで手頃な価格の証券会社のプラットフォーム。

  • In 2010, Zerodha, a combination of zero and  rodha, the Sanskrit word for barriers, was born.  

    2010年には、サンスクリット語で障壁を意味する「ゼロ」と「ロダ」を組み合わせた「ゼロダ」が誕生しました。

  • Unlike most startups, the company  hasn't taken on any external investment.

    普通のスタートアップと違って、外部からの投資を一切受けていない。

  • We've been different in a way from other  companies as in we've never taken on  

    私たちは、他の会社とは違う点で、私たちが引き受けたことのないような

  • investors or debt or never  really raised any capital.

    投資家や借金をしていたり、実際に資本金を調達したことがなかったり。

  • Our ethos from the very beginning  was build a better product,  

    私たちのモットーは、より良い製品を作ることでした。

  • and word of mouth will bring clientele to you.

    と口コミで客層が集まってきます。

  • In the decade since, Zerodha has grown through  word of mouth as appetite for investments beyond  

    以来10年、ゼローダは口コミで成長し、それ以上の投資意欲を持つようになりました。

  • gold and property grew in India. But in  2020, all that changed under the pandemic.

    インドでは金と不動産が成長しましたしかし、2020年にはパンデミックの下ですべてが変わりました。

  • At the height of lockdowns, the company  doubled its registered users to over 4 million.

    ロックダウンの絶頂期には、同社の登録ユーザー数は2倍の400万人を超えた。

  • The pandemic has been good to uswhich is a strange thing to say.

    パンデミックのおかげでお世話になっているというのは不思議なものです。

  • People had a lot more time, people  were at home and, unfortunately,  

    人はもっと時間があったし、人は家にいたし、残念だった。

  • in many cases, they were in a position where an  alternate income could have been very useful.

    多くの場合、彼らは代替収入が非常に有用であったかもしれない立場にあった。

  • Shailesh Lakhani, managing director at venture  capital firm Sequoia India, told me more.

    ベンチャーキャピタルのセコイア・インディアのマネージング・ディレクターであるシャイレス・ラカニ氏が詳細を語ってくれました。

  • In India in the last year what we saw was that  brokerage account openings doubled over 2019. I  

    昨年のインドで見たのは、証券会社の口座開設数が2019年の2倍になったことです。I

  • think we had 10 million brokerage accounts opened  in 2020 versus just under 5 million in 2019.

    2020年には1000万の証券会社の口座が開設されていましたが、2019年には500万口座弱になっていました。

  • And I think It's driven by a few different  factors. One, that it's just become  

    いくつかの要因があると思います一つは、それが

  • a lot easier with the financial services  infrastructure to open a brokerage account

    証券会社の口座を開設するための金融サービスのインフラストラクチャを使用すると、はるかに簡単になります。

  • Second, mutual funds in the past several  years have tended to underperform  

    第二に、ここ数年の投資信託はアンダーパフォームになる傾向がある。

  • the equity indices or their benchmarks.

    株式指数またはそのベンチマーク。

  • And as we've had rising markets aside from the  coronavirus, that fear in March, April, May,  

    コロナウイルスは別として、市場が上昇しているので、3月、4月、5月に恐怖を感じています。

  • the markets have been pretty easy  to make money in for a lot of folks.

    市場は多くの人々のためにお金を稼ぐことがかなり簡単になっています。

  • In 2020, the average age of a Zerodha investor  fell from 32 to 30. That has drawn parallels  

    2020年には、ゼロダの投資家の平均年齢は32歳から30歳に下がった。これには、以下のような類似点があります。

  • with U.S. trading platform Robinhood, which sawsimilar surge in millennials during the pandemic.

    パンデミックの間にミレニアル世代で同様の急増を見た米国の取引プラットフォームRobinhoodと。

  • Nikhil says that could pave the way  for a future expansion into the U.S. 

    Nikhil氏は、将来的には米国への進出への道を開く可能性があると述べています。

  • Regulation in India around broking is  a lot higher than it is in America.

    インドのブローキング周辺の規制は、アメリカよりもはるかに高い。

  • But that being said, the end-user  experience, the technology of it all,  

    しかし、そうは言っても、エンドユーザーの体験、そのすべての技術。

  • is something that we could both compete on.

    は二人で競い合えるものだと思います。

  • So we would look at approaching  their market at some point and seeing  

    そのため、私たちはある時点で彼らの市場にアプローチすることを検討しています。

  • if there are ways in which our products can  integrate with what is available in America.

    私たちの製品がアメリカで利用可能なものと統合する方法があるかどうか。

  • Even as the financial technology  space gets increasingly competitive,  

    金融テクノロジー分野の競争が激化する中でも

  • Zerodha has no plans to raise more  capital, unlike its competitor Robinhood.

    Zerodhaは、競合のRobinhoodとは異なり、より多くの資本を調達する計画はない。

  • That hasn't prevented talk of the  entrepreneur's growing fortune, however.

    しかし、それは起業家の富の拡大の話を妨げるものではありませんでした。

  • In October 2020, the Kamath brothers joined  Forbes India Rich List with a combined  

    2020年10月、カマス兄弟はフォーブスのインドのリッチリストに合算して参加しました。

  • wealth of around $1.6 billion, as 34-year-old  Nikhil was named India's youngest billionaire.

    34歳のNikhilはインドで最も若い億万長者に選ばれ、約16億ドルの富を手にしました。

  • For a while now, I don't think  financial motives have been the  

    しばらく前から、金銭的な動機は

  • focus. I don't think it has been the most  important thing and that's set to continue.

    フォーカス。それが一番重要なことではないと思いますし、それが続くように設定されています。

  • But I think more access to capital gives you  

    しかし、資本へのアクセスが増えることで

  • the room and the courage to go  out there and try new stuff.

    部屋と、外に出て新しいことに挑戦する勇気。

  • And that's exactly what he did. After struggling  to find a cost-effective way to manage their  

    そして、それはまさに彼がやったことでした。費用対効果の高い管理方法を見つけるのに苦労した後に

  • growing wealth, Nikhil and Nithin once again  set out to disrupt the investment industry,  

    富を増やしていくニヒルとニチンは、再び投資業界の混乱に乗り出します。

  • this time for high-net-worth individuals, or  people with around $1 million in financial assets.

    今回は、富裕層や金融資産が100万ドル前後の人が対象となります。

  • In 2019, the brothers launched True Beacon as  an asset management firm for wealthy clients.

    2019年、兄弟は富裕層向けの資産運用会社としてTrue Beaconを立ち上げました。

  • What I realized are there are  many inefficiencies in the model.  

    私が気付いたのは、モデルには非効率な部分が多いということです。

  • The fund manager or the fund house and  the client are never aligned in a way.

    ファンドマネージャーやファンドハウスとクライアントは決して足並みをそろえることはありません。

  • Unlike traditional funds, which charge  clients a fee for managing assets,  

    資産運用のために顧客に手数料を請求する伝統的なファンドとは異なります。

  • set up costs and annual fees, True Beacon only  charges clients a performance fee on gains made.

    コストと年会費を設定し、True Beaconは、唯一の利益にパフォーマンス料をクライアントに請求します。

  • Nikhil says that 10% cut drives  the firm to achieve better returns

    ニヒルは、10%の削減は、より良いリターンを達成するために会社を駆動すると述べています。

  • If the client doesn't do well for  any reason over a five-year period,  

    依頼者が5年間、どんな理由があってもうまくいかなかったら

  • we have no revenue as a company.

    会社としての収入はありません。

  • So we're really putting our necks  out there and saying we will create  

    だから、私たちは本当に首を突っ込んで、私たちが作ると言っています。

  • something which is different, which  is totally client-aligned and very,  

    何か違うもの、それは完全にクライアントに沿ったものであり、非常に。

  • very transparent. I guess time  will tell as to how that goes.

    非常に透明性が高いそれがどうなるかは 時間が解決してくれると思います

  • True Beacon's India-focused flagship  fund aims to outperform the Nifty 50,  

    True Beaconのインドに焦点を当てたフラッグシップファンドは、ニフティ50をアウトパフォームすることを目指しています。

  • the country's benchmark stock index, by 6-8%.

    国のベンチマークとなる株価指数は、6-8%の下落となりました。

  • In its first year, True Beacon claimed that  its fund beat the Nifty benchmark by over 26%.

    初年度、トゥルー・ビーコンは、そのファンドがニフティのベンチマークを26%以上も上回ったと主張した。

  • Meanwhile, client volumes grew as much as  20% month-on-month as wealthy international  

    一方、顧客数は国際的な富裕層の増加に伴い、前月比で20%も増加しました。

  • investors sought refuge in Indian  stocks amid rising US-China tensions.

    米中の緊張が高まる中、投資家はインド株に避難を求めた。

  • Nikhil is now hoping the company could hitbillion-dollar valuation within the coming years.

    ニヒル氏は、今後数年以内に10億ドルの評価額を達成できることを期待している。

  • It will probably be a few years before word gets  around and people actually compare like to like.  

    噂が広まって、実際に似たようなものと似たようなものを比べるようになるまでには、おそらく数年はかかるでしょう。

  • But when it does and it scales, I  think it will be a company that will  

    しかし、それが実現して規模が拡大したときには、その会社は

  • definitely bring in some revenue. We hope it will.

    間違いなくいくつかの収益をもたらしますそうなることを願っています。

  • Like Zerodha, that could position  True Beacon as one of the many  

    ゼローダのように、それはトゥルー・ビーコンを多くの中の一つとして位置づけることができます。

  • billion-dollar unicorns in India's  rapidly growing start-up ecosystem.

    インドで急成長中のスタートアップエコシステムで10億ドルのユニコーン

  • India is currently home to 21 unicorns  with a combined valuation of $73.2 billion.  

    インドには現在、21のユニコーンが存在し、評価額は合計で732億ドルとなっている。

  • By 2025, that number is estimated to hit 100.

    2025年までには、その数は100に達すると推定されています。

  • We see a start-up ecosystem really fundamentally  underpinned by a couple of aspects.  

    私たちは、スタートアップのエコシステムが本当に根本的にいくつかの側面に支えられていると見ています。

  • One being the number of engineersthe amount of people writing software.

    1つはエンジニアの数、ソフトウェアを書いている人の数です。

  • In India, depends on how you count, but it's among  

    インドでは、あなたがどのようにカウントするかに依存しますが、それは間にある

  • the highest number of engineers that are  writing software anywhere in the world.

    世界のどこにいてもソフトウェアを書いているエンジニアの数が一番多い。

  • Second being an interesting consumer  market. India's probably the largest market  

    2つ目は興味深い消費市場です。インドはおそらく最大の市場です

  • that will grow the fastest over the  course of the rest of our lifetimes.

    それが残りの人生の中で最も早く成長していくのです。

  • Even though his days asfull-time chess player are over,  

    フルタイムのチェスプレイヤーとしての日々が終わったとはいえ

  • Nikhil has applied the lessons he learned  from the game to grow his companies.

    ニヒルはゲームで学んだことを会社を成長させるために応用しています。

  • I think right now I'm kind of  like totally occupied. I don't see  

    今は何というか...完全に頭の中が一杯だと思う(達也)何か...

  • myself having the bandwidth to do  something new in the very near future.

    近い将来、新しいことをするための帯域幅を持っている自分がいます。

  • So over the next six months or 12 months, I think  Zerodha and True Beacon are going to be the focus.

    なので、今後半年から12ヶ月かけて、ゼローダとトゥルービーコンが注目されると思います。

Netflix's The Queen's Gambit may have  popularized chess for modern audiences,  

Netflixの「クイーンズ・ギャンビット」は、現代の視聴者にチェスを普及させたのかもしれません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 インド 投資 チェス 会社 ファンド 証券

34歳のチェスのチャンピオンがインドで最も若い億万長者の一人になった方法|CNBC Make It (How this 34-year-old chess champion became one of India’s youngest billionaires | CNBC Make It)

  • 1 0
    Summer に公開 2021 年 01 月 12 日
動画の中の単語