Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • the year is 16 26 and a husband and wife were sleeping peacefully in their warm bed, oblivious to the fact that an exceptionally cruel and completely unhinged thief was about to change their lives forever.

    年は1626年で、夫と妻は暖かいベッドで穏やかに眠っていましたが、例外的に残酷で完全に動揺した泥棒が永遠に彼らの人生を変えようとしていたという事実を忘れていました。

  • The sleeping couple, who'd enjoyed comfort and wealth all their lives, were in for a terrible shock.

    これまでずっと快適で豊かな生活を送ってきた寝ている夫婦は、とんでもないショックを受けていた。

  • They were about to be confronted by a man who was not on Lee going to take all their valuables.

    彼らは貴重品を全部持って行こうとしていたリーの上にいない男に突きつけられようとしていた。

  • What was going to introduce them to one of the most evil devices known to man?

    人間が知っている最も邪悪な装置の一つを紹介するつもりだったのか?

  • It's known as the choke pear, but we think it's alternate Name is more fitting, given the pain and inflicted on its victims.

    チョーク・ナシとして知られていますが、その犠牲者に与えられた痛みと痛みを考えると、代替の名前の方が適切だと考えます。

  • And that name is the pear of anguish.

    そして、その名は苦悩の梨。

  • And today, dear viewers, you're going to see just how horrifying this small contraption must have been to those that wore it.

    そして今日、親愛なる視聴者の皆さん、この小さな装置がどれほど恐ろしいものであったか、それを身に着けていた人たちに見てもらいましょう。

  • Let's get back to the sleeping couple.

    寝ているカップルに戻ろう。

  • They were awakened by the thief whose intention was not to silently robbed the pair and make off into the night but toe wake them and demand to know where they were hiding their most valuable belongings.

    彼らは無言で二人を奪い、夜に逃げようとしたのではなく、その意図は泥棒によって起こされましたが、トーは彼らを起こし、彼らが最も貴重な持ち物を隠していた場所を知るように要求します。

  • To do this, he needed to get them to talk, but he never had much success, chopping off fingers and smacking people around the face.

    そのためには話をさせる必要があったが、指を切り落としたり、顔の周りの人を叩いたりして、あまり成功しなかった。

  • It was his good fortune, then that he had recently been introduced to a new method of ensuring cooperation.

    それは幸運なことに、彼は最近、協力を確実にするための新しい方法を紹介されていた。

  • A while back, he'd met a fellow thief in a tavern, a thief who said he'd always had a 100% success rate.

    少し前に居酒屋で仲間の泥棒に会ったことがあって、いつも成功率100%だと言っていた泥棒がいた。

  • In extracting information from his victims.

    被害者から情報を引き出すことで

  • The man explained that to get people to talk, it wasn't good enough to just beat them up a bit.

    人に話を聞いてもらうためには、少し叩くだけではダメだと男は説明していた。

  • What was required was a device so brutal the very thought of it would get people talking in seconds if they didn't immediately talked.

    必要とされていたのは、とても残忍な装置で、それを考えれば、すぐに話さなければ、人々は数秒で話をするようになるだろう。

  • The solution was simple.

    解決策はシンプルでした。

  • Start the device at Notch one.

    ノッチ1でデバイスを起動します。

  • The man explained that no one absolutely no one, could endure notch, too.

    男は、絶対に誰一人としてノッチも耐えられないと説明した。

  • So the thief woke up the couple and told them in no uncertain terms.

    そこで、泥棒は夫婦を起こして、何の疑いもなく話したのです。

  • They needed to take him to the stash of jewels he knew they had hidden.

    彼らは彼が隠していた宝石の隠し場所に 彼を連れて行く必要があった

  • Not surprisingly, the husband said, there was no stash.

    驚くことではないが、夫は隠し場所がないと言っていた。

  • Just take what you see, and please leave us in peace, he told the Robert.

    見えるものだけを取って、平和なうちに私たちを残してください、と彼はロバートに言った。

  • After uttering those words, the thief pulled something out of a bag.

    その言葉を口にした後、泥棒は鞄から何かを取り出した。

  • The man and his wife had no idea what they were looking at.

    男と奥さんは何を見ているのかわからなかった。

  • It looked like a pair, a pair made from metal connected to some kind of key.

    それは、金属でできたペアのようなもので、何かの鍵につながっているように見えた。

  • The thief calmly explained to them, and we should say with some amount of relish that in a minute or 21 of them would be trying on the device.

    泥棒は冷静に彼らに説明し、1分後か21分後には彼らのうちの1人が装置を試しているだろうと、ある程度の喜びを持って言うべきであろう。

  • The woman screams just thinking about that, which helped the thief make his decision regarding who would first experience his dear pear of anguish.

    女はそのことを考えただけで悲鳴を上げ、それは泥棒が誰が最初に彼の親愛なる苦悩の梨を経験するだろうかについての彼の決定を助けることになった。

  • We won't explain what happened next.

    次に何が起こったかは説明しません。

  • Your imagination should be able to come up with the rest of that story.

    あなたの想像力が、その話の続きを思いつくはずです。

  • If you can't just see how that thief might have gotten the information he wanted, you'll soon find out the pear of anguish wasn't something to be taken lightly.

    泥棒がどのようにして彼が欲しかった情報を手に入れたのかを知ることができないなら苦悩のナシは軽んじるべきものではなかったことがすぐにわかるだろう

  • It was sometimes only used as a gag.

    ギャグとしてしか使われないこともありました。

  • But if that screw was ever turned a few times, the results could literally be John dropping.

    しかし、もしそのネジが何度か回されたとしたら、結果は文字通りジョンが落ちる可能性があります。

  • The question is, did that ever happen?

    問題は、そんなことがあったのか?

  • Was it ever used in a Hollywood horror kind of way?

    ハリウッドホラー的な使い方をしていたのかな?

  • Some folks think yes, others think no.

    イエスと思う人もいれば、ノーと思う人もいる。

  • First, we need to talk about the earliest recorded uses of this terrible pear.

    最初に、私たちはこの恐ろしい梨の最も古い記録された用途について話す必要があります。

  • Some of the contraptions air sitting in museums today, but the evidence of their use is still somewhat scant.

    今日では、いくつかの仕掛けが博物館に展示されていますが、その使用の証拠はまだ乏しいものです。

  • Still, we have some evidence to work with.

    それでも、協力してくれる証拠はあります。

  • There's a book that was written in 16 39 by a French author named FD Calvi.

    FDカルヴィというフランスの作家が16 39年に書いた本があります。

  • The book in English, is translated as general inventory of the history of thieves.

    英語の本は、泥棒の歴史の総目録と訳されています。

  • In this book, the writer states that the pair was invented by a well known thief named Gu Shrewd Apple Yoli.

    この本では、作家は、ペアはGu Shrewd Apple Yoliという名前のよく知られた泥棒によって発明されたと述べています。

  • The writer explains that Paliotta used the device when robbing wealthy Parisians, although Calvi doesn't say that the victims had their jobs broken apart on Lee, that it was used as a very scary type of gag.

    カルヴィは、被害者がリーに仕事をバラバラにされたとは言わないが、パリオッタが裕福なパリジャンから強盗をするときに使ったと作家は説明しており、非常に怖いタイプのギャグとして使われたという。

  • There's more evidence of this device being used for robberies.

    この装置が強盗に使われている証拠はもっとある。

  • But outside of France, in the 18 11 book Dictionary of the Vulgar Tongue, it's written that the pair was used to extort people in Holland.

    しかし、フランス以外では、1811冊の『俗語辞典』に、オランダではこのペアが恐喝に使われていたと書かれています。

  • Another book, written at the end of the 19th century, called the Brewer's Dictionary of Phrase and Fable, also included a passage describing how Dutch criminals would put the pair in the victims mouth and then demand a certain amount of money.

    また、19世紀末に書かれた「ブルワーの句と寓話の辞典」という本には、オランダの犯罪者が被害者の口にペアを入れて、一定の金額を要求する方法を説明する一節も含まれていました。

  • What's frightening is that the book explains that on some devices, the key was detachable, so if the criminal wanted, he could leave the pair in the victims mouth without the key was very hard or impossible to remove, and that's why cash could be extorted.

    恐ろしいのは、この本は、いくつかのデバイスでは、キーは取り外し可能だったので、犯罪者が望んでいた場合、彼はキーなしで被害者の口の中でペアを残すことができることを説明しています非常に難しいか、または削除することが不可能だったし、それが現金を恐喝することができる理由です。

  • Such a torture instrument may have made its way around the US sometime during the 19th century, but that's debatable.

    このような拷問器具は19世紀の間にアメリカで使われていたかもしれませんが、それは議論の余地があります。

  • A detective working in Boston at the end of the 18 hundreds admitted that pairs as gags had been used in the US, but he noted that they weren't quite as cruel as the gags that had been used in Europe.

    1800年末にボストンで働いていた刑事は アメリカでは ギャグとしてペアが使われていたことを認めたが ヨーロッパで使われていたギャグほど残酷なものではなかったと指摘した。

  • The detective wrote that the American pair was far less marvelous and dangerous than the pair of polio.

    探偵は、アメリカのペアの方がポリオのペアよりもはるかに驚異的で危険だと書いていました。

  • The US pear of anguish was likely comparable to a pool ball or a sock.

    米国の苦悩の梨は、おそらくプールボールや靴下に匹敵するものだった。

  • Okay, now, for something more gruesome, it said that during medieval times the pair was used to extract confessions from people accused of being witches.

    さてさて もっと陰惨な話をしよう 中世の時代には 魔女であると非難された人々から 告白を引き出すために ペアが使われたと書いてある

  • In this case, most of the people who faced the pair were women.

    この場合、ペアに向き合った人のほとんどが女性でした。

  • It doesn't take a genius to figure out how else such an instrument could have been used to cause immense pain and even death.

    天才でなくても、このような楽器が他にどうやって使われたのかを理解することはできません。絶大な痛みと死を引き起こすために使われたかもしれません。

  • The human body has a number of offices other than the mouth, and it's those places where the pair was sometimes inserted.

    人体には口以外にもいくつかの事務所があり、たまにペアが挿入されていた場所です。

  • Or at least that's the tail that's been told.

    というか、少なくともそれは言われている尻尾です。

  • Once the key was turned to the petals opened and the woman would suffer unimaginably.

    鍵を回すと花びらが開き、女は想像を絶する苦しみを味わうことになる。

  • Often the pedals would have spikes attached them to cause extensive internal damage.

    多くの場合、ペダルにはスパイクが取り付けられており、内部に大きなダメージを与えることになります。

  • We know this because of the artifacts that you confined today and torture museums.

    今日監禁された遺物と拷問博物館のおかげで分かったことです。

  • Those artifacts air very much riel, but as you'll see, they're also questionable.

    それらの人工物は非常にリエルの空気ですが、ご覧のように、彼らもまた疑問があります。

  • Men, it seems, might also suffer from similar torture.

    男性も同じような拷問を受けることがあるようです。

  • Except the office of choice in their case was the entrance in the back side.

    彼らの場合、選択した事務所が裏側の入り口だったことを除けば。

  • The outcome of torture was similar.

    拷問の結果は似たようなものだった。

  • Immense pain, internal damage and heavy blood loss, possibly death.

    激しい痛み、内部損傷、重篤な出血、もしかしたら死亡の可能性もあります。

  • This is what we hear about the pear of anguish when visiting certain museums, although in the 2014 book The Pear of Anguish, Torture, Truth and Dark Medievalism, the writer states that there's no proof this ever happened.

    2014年に出版された『苦悩の梨、拷問、真実と暗黒の中世』という本の中で、著者は「これが起きたという証拠はない」と述べていますが、これは特定の美術館を訪れたときに耳にするものです。

  • He goes as far to say that some of the device is still around today, are actually built after medieval times.

    彼が言うところの装置の一部は現在も存在しており、実際には中世以降に作られたものである。

  • So like some other torture devices we've talked about in the past, such as the Iron Maiden, they may have been created for the scare factor, only to show more modern people how brutish and backward people were in the past.

    アイアンメイデンのような過去に話題になった他の拷問器具のように、恐怖を与えるために作られたのかもしれません。過去の人々がいかに残忍で後進的であったかを現代人に示すためだけに。

  • Nonetheless, during our research, we found sources stating that the pairs were used on blasphemers or even liars, and in those cases, the mouth was the place the torture took place.

    それにもかかわらず、私たちの調査の間に、このペアが冒涜者や嘘つきに使われたという情報源を発見しましたが、その場合、口は拷問が行われた場所でした。

  • The same sources say that if a woman purposefully miscarried, she might also face the pair.

    同じ情報筋によると、女性が意図的に流産した場合、彼女はまた、ペアに直面する可能性があるという。

  • But the location it was to be inserted was her vagina.

    しかし、挿入される場所は彼女のアソコでした。

  • As for a man, if he was accused of being homosexual, he might have been brutalized by the pair, but the location was his a nus.

    男としては、同性愛者であることを訴えられれば、ペアで残虐行為をされたかもしれないが、場所は彼のア・ヌスである。

  • There seems to be little doubt that the pear of anguish was used by thieves in Europe.

    苦悩の梨がヨーロッパで泥棒に使われていたのは間違いなさそうです。

  • But if they were ever employed by torturers and medieval times, it's up for debate.

    だが 拷問者や中世に雇われていたかどうかは議論の余地がある

  • It's highly likely that the French thief we talked about had his very own pair of anguish, and there's little doubt that some Dutch criminals used them.

    我々が話していたフランス人の泥棒には苦悩のペアがあった可能性が高く、それを使ったオランダの犯罪者がいたのは間違いない。

  • But historians these days argued that the pair is expanding in men and women's lower orifice is in the Middle Ages was possibly an invention of propagandists.

    しかし、これらの日の歴史家は、ペアが男性に拡大していると主張し、女性の下部オリフィスは、おそらくプロパガンダの発明であった中世にある。

  • Writing in the 19th century about the terrible past.

    19世紀の恐ろしい過去を書いている。

  • One historian writes that the surviving devices you can currently find around the world would not have been sturdy enough to cause any internal damage we've talked about, although he admits that they could have certainly expanded in or fous and caused a certain degree of discomfort.

    ある歴史家は、現在世界中で見られる現存する装置は、私たちが話したような内部損傷を引き起こすほど頑丈ではなかっただろうと書いていますが、彼は、確かにそれらが拡大した可能性があることを認めています。

  • Now you need to watch this Iron Maiden worst punishments in the history of mankind, or have a look at this drawn and quartered worst punishments in the history of mankind.

    今、あなたはこのアイアンメイデンの人類の歴史の中で最悪の罰を見たり、この描かれた、四分の一の人類の歴史の中で最悪の罰を持っている必要があります。

the year is 16 26 and a husband and wife were sleeping peacefully in their warm bed, oblivious to the fact that an exceptionally cruel and completely unhinged thief was about to change their lives forever.

年は1626年で、夫と妻は暖かいベッドで穏やかに眠っていましたが、例外的に残酷で完全に動揺した泥棒が永遠に彼らの人生を変えようとしていたという事実を忘れていました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ペア 泥棒 装置 中世 隠し 被害

首絞め梨-人類史上最悪の罰 (Choke Pear - Worst Punishments in the History of Mankind)

  • 2 1
    Summer に公開 2021 年 01 月 11 日
動画の中の単語