Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Picture a cowboy.

    カウボーイを思い浮かべて

  • What do you see?

    何が見える?

  • A six-gun, some leather boots, and a ten-gallon hat?

    6丁の銃と革のブーツと10ガロンの帽子?

  • Great.

    いいね

  • Now picture a medieval knight - tall, dashing, and wearing shining, plate-mail armor, wielding

    さて、中世の騎士の姿を思い浮かべてみてください。背が高く、颯爽としていて、光り輝くプレートメールの鎧を身にまとい、武器を振り回しています。

  • a sword or a lance.

    剣や槍

  • Perfect!

    完ぺき!

  • These two figures, while very different and hundreds of years apart, have one thing in

    この二人の人物は、何百年も離れていますが、一つのことを持っています。

  • common: The horse.

    共通:馬のこと。

  • Dogs may be man's best friend, but the horse is one of humanity's most enduring and valuable

    犬は人間の親友かもしれませんが、馬は人類の最も永続的で貴重なものの一つです。

  • colleagues.

    同僚たちのことを考えています。

  • But today, we're here to ask one big question: Why?

    しかし、今日は一つの大きな疑問があります。なぜ?

  • The horse is far from the only domesticated beast of burden humanity has made use of during

    馬は、人類がその間に利用してきた唯一の家畜化された重荷の獣から遠く離れています。

  • its time on earth, so what makes its use so widespread?

    それが地球上に存在していた時代なのに、なぜこんなにも広く使われているのでしょうか?

  • How come we don't use other animals - like the zebra, which is basically just a cooler-looking

    なぜ他の動物を使わないのか - シマウマのように、基本的にはただのカッコイイだけの

  • horse, right?

    馬だよね?

  • Well, it's our job to find out.

    それを見つけるのが我々の仕事だ

  • We're going to take a look at why the horse has proven to be such a perfect mode of transport

    なぜ馬がこのような完璧な輸送手段であることが証明されたのかを見てみましょう

  • for generations of humans, the different and sometimes incredibly strange animals people

    人間の代々のために、人間は様々な、そして時には信じられないほど奇妙な動物たちを

  • have ridden throughout history, and finally, why you've never seen a knight or a cowboy

    そして最後に、なぜ騎士やカウボーイを見たことがないのか?

  • rolling into town on a zebra.

    シマウマに乗って町に転がり込む

  • But first, let's talk about horses.

    その前に、馬の話をしましょう。

  • Even though their popular use has been supplanted by the car and the motorcycle, the horse still

    彼らの人気のある使用は、車やオートバイに取って代わられているにもかかわらず、馬はまだ

  • looms large over modern culture - whether it's in the Saddle Club or Bojack Horseman.

    サドルクラブにしても、ボージャックホースマンにしても、現代の文化には大きな影響を与えます。

  • Horses have been part of the human consciousness since long before we were ever riding them

    馬は人間が馬に乗るずっと前から人間の意識の一部であった。

  • - horses have been depicted in Paleolithic cave paintings over 30,000 years old, when

    - 馬は3万年以上前の旧石器時代の洞窟画に描かれています。

  • they were hunted for their meat across Eurasia and later North America.

    彼らはユーラシア大陸から北アメリカにかけて、その肉を求めて狩りをしていました。

  • In the following millenia, the human race largely shifted from hunting and gathering

    その後の数千年で、人類は狩猟採集から大きくシフトしました。

  • to a greater focus on agriculture.

    を農業に重点を置くようになりました。

  • A number of animals - such as pigs, sheep, and cattle - became popular sources of meat,

    豚、羊、牛など、多くの動物が肉の人気の源となりました。

  • milk, cheese, wool, and hide.

    牛乳、チーズ、羊毛、皮

  • But we're not talking about eating animals here.

    でも、ここでは動物を食べるという話ではありません。

  • We're talking about riding them.

    それに乗ろうって話だよ。

  • When did humans begin utilizing horses for transport?

    人間が馬を輸送に利用し始めたのはいつ頃からでしょうか?

  • Much like Borat, researchers currently believe that our story begins in the Central Asian

    ボラットのように、私たちの物語は中央アジアから始まると 研究者たちは考えています。

  • nation of Kazakhstan, several thousand years before it became Kazakhstan.

    カザフスタンになる数千年前のカザフスタンの国

  • The initial domestication event likely took place sometime between 3,500 B.C. and 3,000

    最初の家畜化は紀元前3500年から3000年の間に起こったと考えられています。

  • B.C., though of course, we're talking about a time so long ago that it predates some of

    紀元前の話をしていますが、もちろん、私たちが話しているのは、その時代が、

  • our more specific records.

    私たちのより具体的な記録を

  • The most recent studies into the subject believe that horse domestication was first achieved

    最近の研究では、馬の家畜化が最初に達成されたと考えられています。

  • by the Botai people who established villages in the grasslands of the region.

    この地域の草原に村を作ったボタイ族によって

  • Archeologists studying the dig sites of former Botai villages discovered a huge number of

    ボタイ村の遺跡を研究している考古学者が、膨大な数の遺跡を発見しました。

  • horse bones, as well as fragments of pottery believed to have been used for storing horse

    馬骨

  • milk.

    牛乳です。

  • To give you an idea of just how long ago this was, the Botai are believed to be closely

    どれだけ昔のことかというと、ボタイ族は密接に関係していると考えられています。

  • related to Paleolithic Hunter-Gatherers who once inhabited the area.

    かつてこの地域に生息していた旧石器時代の狩猟採集民と関連しています。

  • Naturally, the next logical question is: How did the Botai come up with the bright idea

    当然のことながら、次の論理的な疑問は、「ぼったい」はどのようにしてこのアイデアを思いついたのか、ということです。

  • to domesticate horses?

    馬を家畜化するために?

  • We can't know for sure, but our best guess is that the Botai likely discovered the fact

    はっきりしたことはわかりませんが 推測では ぼん太がその事実を知ったのでしょう

  • you can domesticate a horse during their own hunting days, before transitioning into a

    狩猟時代の馬を家畜化してから、馬に移行することができます。

  • more pastoral lifestyle, with a particular focus on - you guessed it - horses.

    馬を中心とした牧歌的な生活を送っています。

  • Prior to the horse domestication event, donkeys were already in popular use as beasts of burden,

    馬の家畜化イベントの前には、すでにロバは重荷の獣として普及していました。

  • and horses weren't all that superficially different.

    馬とは表面的にはそれほど違いはありませんでした。

  • Once the art of taming the beast was mastered - likely after a lot of trial, error, and

    獣を飼いならす技術を習得した後は、試行錯誤を重ねた末に、おそらくは

  • broken bones - they finally had the means to fully reshape their society.

    骨折した彼らは、ついに社会を完全に再構築する手段を手に入れたのです。

  • Horses would go on to be used in everything from sport to warfare, and the human race

    馬はスポーツから戦争、そして人類に至るまで、あらゆるものに使われるようになります。

  • would never be the same again.

    二度と同じにはならないだろう

  • Seems pretty cut and dry, right?

    かなり手抜き感がありますよね?

  • The Botai master the art of horse domestication, and pass their knowledge all the way down

    ぼたい族は馬の飼育技術を習得し、その知識を伝承してきました。

  • to modern equestrians today.

    現代の馬術家に

  • But sadly, history is rarely so simple and linear.

    しかし悲しいことに、歴史はそれほど単純で直線的なものではありません。

  • A Danish molecular biologist by the name of Peter de Barros Damgaard discovered that the

    ピーター・デ・バロス・ダムガードという名前のデンマークの分子生物学者が発見しました。

  • horses domesticated by the Botai aren't genetically related to the domestic horses

    ぼたいの馬にはぼたいの馬はいない

  • we know today.

    今の私たちが知っている

  • There's also no real evidence that the Botai ever engaged in cultural transfer with other

    ボタイ族が他の国と文化交流をしていたという証拠もありません。

  • civilizations at the time.

    当時の文明。

  • So how did the practice of domesticating horses for farming and transport catch on?

    では、農業や輸送のために馬を家畜化する習慣はどのようにして定着したのでしょうか。

  • Much like the formation of human language and communication, recent studies into the

    人間の言語やコミュニケーションの形成と同様に、最近の研究では

  • mitochondrial genomes of modern domesticated horses suggest at least eighteen different

    現代の家畜馬のミトコンドリアゲノムは、少なくとも18種類の異なることを示唆している。

  • points of origin in the last ten thousand years.

    過去1万年の中での原点。

  • This means that a multitude of cultures across Eurasia and even Western Europe domesticated

    これは、ユーラシア大陸や西ヨーロッパでさえも多くの文化が家畜化していたことを意味しています。

  • horses for transport in the same few thousand years, completely independent of one another.

    同じ数千年の間に完全に独立した輸送のための馬。

  • We don't have an exact answer as to how or why this happened, but it just goes to

    なぜこのようなことが起きたのかについては 正確な答えは出ていませんが

  • show how vital our relationship with the horse has been with the development of human civilization.

    馬との関係が人類の文明の発展にいかに重要であったかを示しています。

  • Suddenly, distances that would have been impractical to impossible to traverse became manageable.

    突然、現実的ではない距離を横断することは不可能であっただろうが、管理可能な距離になった。

  • Settlements could expand, cross-cultural exchange was made possible, and exploration would reach

    集落が拡大し、異文化交流が可能になり、探検が可能になる。

  • never before seen heights.

    今まで見たこともないような高さ。

  • A number of nomadic cultures, such as the legendary Huns, would never even have come

    伝説のフン族のような遊牧民文化の多くは、来ることさえなかっただろう。

  • to be without the domestication of the horse.

    馬の家畜化がないことに

  • While it may not feel as relevant as, say, the creation of the wheel today, the domestication

    今日では、例えば車輪を作ったときのような関連性は感じられないかもしれませんが、家畜化は

  • of horses is arguably one of the most impactful innovations in human history.

    馬の革新は、間違いなく人類の歴史の中で最も影響力のある革新の一つです。

  • Some even credit horse domestication with the advancement of humanity into the first

    一部では、最初に人類の進歩と馬の家畜化をクレジットします。

  • age of metal: The Bronze Age, with horse-based transport facilitating the trade of copper

    金属の時代青銅器時代には、馬を使った交通手段が銅の取引を容易にしました。

  • and zinc.

    と亜鉛。

  • This led to the creation of the chariot, revolutionizing warfare, and later the carriage, revolutionizing

    これが戦車の誕生につながり、戦争に革命をもたらし、後に馬車が誕生し、革命をもたらしました。

  • transport and logistics.

    輸送と物流。

  • Horses left an indelible mark on culture - withhorsepoweras a measure of engine and

    馬は文化に忘れられない痕跡を残しました。

  • motor power still being popular today.

    モーターパワーは現在でも人気があります。

  • Horses are fast, strong, large, intelligent, and - after proper training - loyal.

    馬は、速くて、強くて、大きくて、知的で、そして - 適切なトレーニングの後に - 忠誠心があります。

  • You can see why, prior to the invention of non-living modes of transport, horses were

    なぜ、生きていない輸送手段が発明される前は、馬が

  • the steed of choice for millenia.

    何千年にもわたって選ばれてきた馬

  • But of course, you can't truly identify the best until you've tried the rest.

    しかし、もちろん、残りの部分を試してみないと、本当の意味でのベストを見極めることはできません。

  • And believe us, humanity has absolutely tried the rest.

    そして私たちを信じてください、人類は絶対に残りの部分を試しました。

  • While horses have been a perennial favorite, different cultures have adopted and experimented

    馬は長年愛されてきましたが、さまざまな文化が採用し、実験を重ねてきました。

  • with riding a number of animals - to varying degrees of success.

    匹の動物に乗って - 成功の程度の差はあれど。

  • Before we move onto our main question here, why we don't ride zebras like we ride horses,

    本題に入る前に、なぜシマウマには馬に乗るように乗らないのか?

  • let's take a look at some of the other creatures humanity has attempted to stick a saddle on.

    人類がサドルを付けようとした 他の生き物を見てみましょう

  • As we mentioned before, the domesticated mule and donkey actually predate the horse.

    前述したように、家畜化されたラバやロバは、実は馬を先取りしています。

  • While their use as a riding animal is less widespread than a horse, they do remain useful

    乗馬動物としての使用は馬よりも普及していませんが、彼らは有用であることに変わりはありません。

  • to this day - from their usage as beasts of burden in developing countries, to providing

    今日に至るまで、開発途上国での重荷としての使用から、製品の提供に至るまで。

  • novelty donkey rides for children in the West.

    西洋の子供向けノベルティロバ乗り。

  • Perhaps the most famous use of the donkey as a riding animal is present in the Bible

    おそらく最も有名な乗馬動物としてのロバの使用は、聖書の中に存在しています。

  • story of the birth of Jesus Christ, where they ride into Bethlehem on an ass.

    イエス・キリストの誕生の物語で、彼らはケツに乗ってベツレヘムに乗り込む。

  • Of course, donkeys are smaller and weaker than horses, so they don't have quite the

    もちろん、ロバは馬よりも小さくて弱いので、かなりの

  • same wide variety of applications.

    同じく幅広い用途に対応しています。

  • In countries like Tibet, Nepal, and Mongolia, the domestic Yak has been ridden for thousands

    チベット、ネパール、モンゴルのような国では、国内のヤクは何千年も乗り続けています。

  • of years.

    年の。

  • They're tough, durable animals that suit the rugged and mountainous landscapes of these

    丈夫で耐久性に優れた動物であり、これらの険しい山間部の風景に適しています。

  • regions far better than the horse, both for riding and as beasts of burden.

    馬よりもはるかに優れた地域では、乗馬と重荷の獣としての両方のために。

  • In Tibet and Karakorum, yaks are also a pivotal element of a number of popular sports.

    チベットやカラコルムでは、ヤクはまた、多くの人気のあるスポーツの重要な要素です。

  • Yak racing, for example, involves riders jockeying yaks around a track, much like standard horse

    ヤクレースは、例えば、はるかに標準的な馬のようなトラックの周りに騎手ヤクを含む

  • racing in the West.

    西部のレース。

  • Yaks are also ridden while playing Yak Polo, which is - as you can probably guess - like

    ヤクはヤクポロをしながら乗ることもあります。

  • regular polo except with yaks instead of horses.

    馬の代わりにヤクを使う以外は普通のポロ

  • There's even the popular tourist activity of yak skiing in India, where yaks pull skiers

    インドでは、ヤクがスキーヤーを引っ張るヤクスキーという人気の観光アクティビティもあります。

  • along frosty slopes.

    凍てつくような斜面に沿って

  • Of course, while yaks may be the perfect mount for rugged, mountainous environments, they're

    もちろん、ヤクは険しい山間部の環境には最適なマウントかもしれませんが

  • not quite as suited to arid desert climates.

    乾燥した砂漠の気候にはあまり適していません。

  • The camel, on the other hand, is perfect.

    一方、ラクダは完璧です。

  • These animals followed a very similar trajectory to the horse - they were initially hunted

    これらの動物は馬と非常によく似た軌跡をたどっています。

  • for their meat before being domesticated several thousand years ago, at which point they became

    数千年前に家畜化される前に肉用に使われていました。

  • a staple of transport in the deserts of Central and East Asia, Australia, North Africa, and

    中央・東アジア、オーストラリア、北アフリカ、中央・東アジアの砂漠の交通の要である

  • the Middle East.

    中近東。

  • The more common variety is the Dromedary or Arabian Camel, present in the hot, dry climates

    より一般的な品種は、暑くて乾燥した気候に生息するドロメダリーまたはアラビアンキャメルです。

  • of the Middle East and Australia.

    中東とオーストラリアの

  • It can be identified by its lean appearance and single hump.

    無駄のない外見と単一のこぶで識別できます。

  • Compared to the less common Asian Bactrian Camel, which has a fluffier appearance and

    あまり一般的ではないアジアンバクトリアンキャメルに比べて、ふわふわとした外見と

  • two humps.

    2つのハンプ

  • Much like horses, camels have an impressive legacy of military service.

    馬と同じように、ラクダにも兵役という印象的な遺産があります。

  • Militaries have employed camel cavalries for thousands of years, dating back to at least

    軍隊は何千年も前からラクダの騎兵を採用しており、その起源は少なくとも

  • 1200 BC, and this has continued through to today.

    これは紀元前1200年から今日に至るまで続いています。

  • The Indian Border Security Force employed the use of camels all the way up until 2012

    インド国境警備隊は2012年までずっとラクダを使用していました。

  • before being replaced by ATVs.

    ATVに取って代わられる前に。

  • But camels and horses are far from the only animal humans have ridden into battle.

    しかし、ラクダや馬は、人間が戦場に乗り込んだ唯一の動物ではありません。

  • The largest living land mammal, the elephant, has also been a fixture of warfare for thousands

    生きている最大の陸生哺乳類であるゾウもまた、何千年もの間、戦いの舞台となってきました。

  • of years, and this makes total sense when you think about it.

    何年も前のことですが、それを考えると全く意味のあることです。

  • They're huge, intelligent, and have the advantage of tusks and a prehensile trunk.

    彼らは巨大で知能が高く、牙や前歯のある幹の利点を持っています。

  • They're more dangerous than any of the other animals discussed here.

    ここで議論されている他のどの動物よりも危険です。

  • Because of their immense size, war elephants could support fighting platforms which held

    その巨大なサイズのため、戦争ゾウは

  • multiple archers or javelin throwers.

    複数の射手や槍投げをする人。

  • Before the use of these war elephants was outmoded by the introduction of cannons, they

    これらの戦争象の使用は、大砲の導入によって時代遅れになる前に、彼らは

  • were employed by everyone from the Ancient Indians to the Ancient Romans.

    は、古代インディアンから古代ローマ人まで、すべての人に採用されていました。

  • One particularly famous instance was the group of war elephants led by Carthaginian general

    特に有名な例としては、カルタゴの将軍が率いる戦争象のグループがあります。

  • Hannibal Barca over the Alps in order to lay siege to Italy.

    イタリアを包囲するために、アルプスを越えてハンニバル・バルカ。

  • The big downside of using elephants in war was their tendency to get spooked, no matter

    象を戦争に使うことの大きな欠点は、象はどんなことがあっても怯えてしまうということでした。

  • how trained.

    どのように訓練されたか。

  • And a spooked war elephant was just as liable to cause devastating damage to your own forces

    怯えた戦象は自分の軍に壊滅的な損害を 与える可能性があるのと同じように

  • as it was to the enemy.

    敵と同じように

  • Ultimately, it was probably best just to stick to horses.

    最終的には、馬に固執するのが一番良かったのかもしれません。

  • Before we address our final question - why we can't ride those awesome, stripy zebras

    最後の質問である、シマウマに乗れない理由について説明する前に、「なぜシマウマに乗れないのか?

  • like we can ride normal horses - let's take a look at some of the other animals you can

    普通の馬に乗れるように、他にも乗れる動物を見てみましょう。

  • ride, even if riding them was never widely adopted.

    に乗ることは、たとえそれらに乗ることが広く採用されることはなかったとしても。

  • Firstly, ostriches - the only bird you can ride.

    まず、ダチョウ - あなたが乗ることができる唯一の鳥。

  • Some countries provide novelty ostrich rides for tourists, but these feisty creatures are

    一部の国では観光客向けにノベルティのダチョウの乗り物を提供していますが、これらの気の強い生き物は

  • far too erratic and volatile for any kind of practical use, other than a feathered bucking

    羽根付きバッキング以外の用途には使えない

  • bronco.

    ブロンコ

  • But there are even wilder steeds than this out there for brave - and let's be honest,

    しかし、勇敢に、そして正直に言うと、これよりもさらに原始的な馬がそこにある。

  • wealthy - tourists.

    裕福な観光客。

  • If you plan on taking a vacation to scenic Vietnam, you may be able to grease a few palms

    風光明媚なベトナムに休暇を取ることを計画している場合は、いくつかの手のひらをグリースすることができるかもしれません。

  • and get a ride on a local water buffalo.

    と地元の水牛に乗ってみましょう。

  • If Kenya is your destination of choice and you have some small children with you, you

    ケニアが目的地で、小さなお子さんを連れている場合は

  • can visit the Mount Kenya Wildlife Conservancy.

    は、マウント・ケニア・ワイルドライフ・コンサーバンシー(Mount Kenya Wildlife Conservancy)を訪れることができます。

  • There, your child can have a short ride on the resident Aldabra Giant Tortoise, known

    そこでは、あなたの子供が常駐しているアルダブラ・ジャイアント・トータスに乗ってショートライドをすることができます。

  • as Speedy.

    スピーディとして

  • Just don't expect to get anywhere fast, for obvious reasons.

    ただ、明らかな理由で、どこかに早く行くことは期待しないでください。

  • And finally, let's take a look at the question that started this whole thing: If riding horses

    そして最後に、このすべてを始めた質問を見てみましょう:馬に乗っている場合

  • basically gave us the human society we have today, how come we can't ride zebras?

    基本的には今の人間社会を作ってくれたんだけど、なんでシマウマに乗れないんだろう?

  • After all, aren't they just a more cool-looking horse?

    結局のところ、もっとカッコいい馬じゃないの?

  • Why do people keep laughing at all my zebra-riding dreams?

    なんで俺のシマウマ乗りの夢をみんなが笑い続けるんだ?

  • So, in the past, there have been practical reasons to want to domesticate zebras.

    だから、過去にはシマウマを家畜化したいという現実的な理由がありました。

  • During the British occupation of several African nations during the 19th Century, they realized

    19世紀にイギリスがアフリカのいくつかの国を占領している間に、彼らは次のことを実現しました。

  • their imported horses were susceptible to local diseases, whereas the native zebras

    輸入馬はその土地の病気にかかりやすいのに対し、在来のシマウマはその土地の病気にかかりやすい。

  • were not.

    はありませんでした。

  • But these efforts to domesticate zebras ran into a major issue: Unlike the horse, which

    しかし、こうしたシマウマの家畜化への取り組みは、大きな問題にぶつかった。それは、馬と違って

  • in most places has few natural predators, the zebra spends its life paranoid about the

    ほとんどの場所では、自然の捕食者はほとんどいませんが、シマウマはその人生を被害妄想的に過ごしています。

  • various Savannah Predators like lions, cheetahs, and crocodiles.

    ライオン、チーター、ワニなど様々なサバンナの捕食者。

  • As a result, zebras are not trusting or loyal to humans.

    その結果、シマウマは人間を信頼していないし、人間に忠実ではありません。

  • They're highly defensive animals who can be extremely aggressive when cornered - and,

    彼らは追い詰められたときに非常に積極的になることができる非常に防御的な動物です - と。

  • in the right situation, are more than capable of kicking a lion to death.

    状況に応じて、ライオンを蹴り殺すことも可能です。

  • So, to answer our earlier question: Why don't we ride zebras like horses?

    では、先ほどの質問の答えですが、なぜシマウマは馬のように乗らないのでしょうか?なぜシマウマには馬のように乗らないのか?

  • Because if you try to ride a zebra, it'll likely interpret you as a threat, and quite

    シマウマに乗ろうとすると 脅威と解釈されてしまうからだ

  • literally kick you to death.

    文字通り蹴り飛ばして死ね

  • This and everything else we've discussed today all reinforces one simple truth: When

    今日話し合ったことはすべて、1つのシンプルな真実を補強しています。

  • it comes to riding animals, nothing beats the horse.

    それは動物に乗ることになると、何も馬に勝るものはありません。

  • Now check outLong Horse - ExplainedandYou Have Been Eating Horse Meat Without

    今すぐ「ロングホース解説」と「馬肉を食べていないのに馬肉を食べている」をチェック

  • Knowing Itfor more facts about our equine friends.

    私たちの馬の友人についてのより多くの事実を知るために「それを知っている」。

Picture a cowboy.

カウボーイを思い浮かべて

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 シマウマ 動物 人類 ラクダ 乗る ロバ

なぜシマウマを馬のように乗らないのか? (Why Don't We Ride Zebras Like Horses?)

  • 13 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 07 日
動画の中の単語