Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This video is made possible by Brilliant, learn about astronomy, gravitational physics, and more by visiting Brilliant.org using the link in the description.

    このビデオはBrilliantによって実現されています。説明にあるリンクを使ってBrilliant.orgにアクセスして、天文学や重力物理学などについて学んでください。

  • When you think of space, you usually think of an endless place with unbelievable distances between stars.

    宇宙といえば、普通は星と星の間に信じられないほどの距離がある無限の場所を思い浮かべますよね。

  • Though, the fact of the matter is that the vast majority of human activity in space for far has taken place in a narrow slice just 2,000 kilometers above the Earth's surface.

    しかし、実際のところ、これまでの宇宙での人間の活動の大部分は、地球表面からわずか2,000km上空の狭い範囲で行われてきました。

  • Known as Low-Earth-Orbit, or LEO for short.

    低地球軌道、または略してLEOとして知られています。

  • This area contains the International Space Station and over 2,000 government and commercial satellites that provide everything from television signals, GPS, weather forecast, and much more.

    このエリアには、国際宇宙ステーションと、テレビ信号、GPS、天気予報など、あらゆるものを提供する2,000以上の政府および民間衛星が含まれています。

  • However, in addition to all of these incredible technological achievements, humanity has also created a very large problem that cannot only, completely undo all of this progress, but also prevent us from visiting space again for several generations.

    しかし、これらの信じられないほどの技術的成果に加えて、人類は、この進歩のすべてを完全に元に戻すことができないだけでなく、何世代にもわたって再び宇宙を訪れることができないという、非常に大きな問題を生み出しました。

  • In addition to space stations and satellites, LEO is home to tremendous amounts of garbage and debris we've been throwing out ever since we first started visiting space.

    宇宙ステーションや人工衛星に加えて、LEOには膨大な量のゴミや瓦礫があり、私たちが宇宙を訪れ始めて以来、ずっと捨ててきました。

  • Most of this junk consists of tiny objects like dust from solid rocket motors, flakes of paint eroded off of vehicle surfaces, or leaked frozen coolant from nuclear satellites.

    これらのガラクタのほとんどは、固体ロケットのモーターからの塵や、車両表面から浸食された塗料の破片、核衛星から流出した凍結冷却水などの微小なものである。

  • Whatever the source, it is estimated that there are over 100 million tiny pieces of junk less than one centimeter wide currently zipping around the Earth at speeds of 22,000 kilometers per hour(13,670 miles per hour) or faster

    出所が何であれ、幅1cm以下の小さなガラクタが1億個以上存在すると推定されており、現在、時速22,000km(13,670マイル/時)以上の速度で地球の周りを飛び回っている。

  • If that doesn't sound like much, this image here is the aftermath of one of these flecks of paint that struck the front window of the Space Shuttle Challenger in 1983

    そうでないように聞こえるかもしれませんが、この画像は1983年にスペースシャトル・チャレンジャー号の正面窓に衝突したペンキの飛散の余波です。

  • In addition to the small stuff in LEO however, there are also an estimated 500 thousand pieces of junk between 1 centimeter and 10 centimeters wide.

    しかし、LEOの小さなものに加えて、1センチと10センチ幅の間にジャンクの推定50万個もあります。

  • All of this stuff mindlessly orbiting around the Earth will eventually result in collisions between them at extremely high velocities.

    地球の周りを無心に周回しているこれらのものは、最終的には非常に高い速度で衝突することになります。

  • Which creates a large number of new fragments, these fragments will then go on to eventually collide with other objects, which creates even more fragments, which will inevitably collide even more objects and SO ON AND SO ON.

    これは新しい断片を大量に作成し、これらの断片は、その後、最終的に他のオブジェクトと衝突するために行くでしょう、これはさらに多くの断片を作成し、これは必然的にさらに多くのオブジェクトとso on and so onを衝突させるでしょう。

  • Until we enter the Kessler Syndrome, a hypothetical future scenario first proposed by Donald J. Kessler back in 1978.

    我々がケスラー症候群に入るまでは、1978年にドナルド・J・ケスラーが最初に提案した仮説的な未来のシナリオです。

  • Since it can take years, decades, or even centuries for space junk to enter into Earth's atmosphere and burn up on its own.

    宇宙のジャンクが地球の大気圏に入って自力で燃え尽きるまでには、何年も何十年も何百年もかかることがあります。

  • When we lose something in space it generally sticks around for a pretty long time.

    私たちが空間で何かを失うとき、それは一般的にかなり長い時間のために周りに張り付いています。

  • These random collisions between fragments in space could eventually result in so many tiny fragments traveling at insanely high speeds,

    宇宙空間での断片間のランダムな衝突は、最終的には、非常に高速で移動する非常に多くの小さな断片になる可能性があります。

  • The Low-Earth-Orbit would effectively be like a constant shooting range.

    低地球軌道は事実上、一定の射撃場のようなものだろう。

  • In the worst case scenario, all currently existing satellites in LEO would be destroyed into millions of tiny pieces.

    最悪の場合、現在のLEOにあるすべての衛星は、数百万個の小さな破片に破壊されてしまうでしょう。

  • Launching any new mission into space from Earth's surface would be destroyed almost immediately by these pieces.

    地球の地表から宇宙への新しいミッションの打ち上げは、これらの破片によってほとんどすぐに破壊されてしまうだろう。

  • Rendering any space mission in the future a suicide mission

    将来のあらゆる宇宙ミッションを自殺行為とする

  • We would lose all the technology that satellites provide to us and several generations would be robbed of the promise of space travel while we wait patiently for the garbage to get rid of itself naturally.

    私たちは人工衛星が私たちに提供してくれるすべての技術を失い、ゴミが自然に排出されるのを辛抱強く待つ間、数世代にわたって宇宙旅行の約束を奪われることになるでしょう。

  • So, is the Kessler Syndrome inevitable?

    では、ケスラー症候群は避けられないのでしょうか?

  • Back in 2009, a defunct Russian military satellite collided with an operational US commercial satellite, which shattered both into thousands of different tiny fragments

    2009年には、消滅したロシアの軍事衛星が、運用中の米国の商業衛星と衝突し、両者は何千もの異なる小さな破片に粉砕されました。

  • This is the most significant unintentional collision has so far happened, but an intentional collision in 2007 created even more fragments. (Andrew N: I'm done here.)

    これまでに起こった中で 最も重大な非意図的衝突ですが 2007年の意図的衝突では さらに多くの破片が生まれました(アンドリュー・N:ここまでにします)。

  • In that year the chinese government tested an anti satellite missile by using one to destroy one of their own satellite in LEO

    その年、中国政府は対衛星ミサイルをテストして、LEOで自分たちの衛星を破壊するために1つのミサイルを使用しました。

  • This event produced over 2,000 golf ball sized or larger fragments as well as over 150,000 tiny debris particles

    このイベントでは、2,000個以上のゴルフボールサイズ以上の破片と15万個以上の微小な破片が発生しました。

  • In 2011, some of the debris from this test passed a mere 6 kilometers away from the international space station

    2011年には、この実験の破片の一部が、国際宇宙ステーションからわずか6kmの距離を通過しました。

  • One of the most dangerous potential triggers of a Kessler syndrome in LEO is the now defunct ENVISAT satellite launched by the European Space Agency in 2002

    LEOにおけるケスラー症候群の最も危険な潜在的なトリガーの1つは、2002年に欧州宇宙機関によって打ち上げられた現在は廃止されたENVISAT衛星です。

  • Contact was lost with the satellite in 2012 and now the 8000 kilogram piece of junk gets passed within 200 meters by two other catalog pieces of space junk every year

    2012年に衛星との連絡が途絶え、現在は8000キログラムの宇宙ゴミが200メートル以内に毎年2つの宇宙ゴミのカタログが通過しています。

  • Since ENVISAT will likely remain in orbit around Earth for the next 150 years and the rate of collision is expected to increase

    ENVISATは今後150年間、地球を周回する軌道を維持し、衝突率は増加すると予想されています。

  • it could easily become a source of space junk some time in our future

    宇宙ゴミの元になる可能性がある

  • The Kessler syndrome is not inevitable though and can be avoided if we try to avoid it

    ケスラー症候群は避けられないものではありませんが、避けようと思えば避けられるものです。

  • we need to think of space the same way we should think of our oceans and land

    宇宙も海も陸も同じように考えなければならない

  • A valuable ressource that is in an entire need of protection

    全体的に保護が必要とされている貴重なリソース

  • The only way to remove garbage from space is to go up and remove it ourselves

    宇宙からゴミを取り除くには、自分たちで上に上がって取り除くしかない

  • or wait for a very long time for it to go away naturally

    らくらく待つか

  • Abandoning space is never an option

    スペースを放棄することは決して選択肢の一つではありません

  • NASA already concluded in 2005 that even if no further launches of objects into space were made, collisions

    NASAは2005年にすでに結論を出しており、これ以上の宇宙への打ち上げが行われなくても、衝突は起こるとしている

  • between already existing satellites would create fragments faster than atmospheric drag would remove fragments

    すでに存在する衛星間では、大気の抗力がフラグメントを除去するよりも速く、フラグメントを作成することになります。

  • The situation is an incredibly serious one with humanity's future literally on the line

    状況は非常に深刻なものであり、文字通り人類の未来がかかっています。

  • We have to explore ways to improve this situation in the future, and we must carry on in the present and hope for the best

    今後、この状況を改善する方法を模索し、現在進行形で進めていく必要があります。

  • If you want to one day work in space and help the humanity avoid the Kessler syndrom, you'll need a better

    いつか宇宙で仕事をして、人類がケスラー症候群を回避するのを助けたいと思ったら

  • understanding of how gravitational fields and orbits work, and there's no better place

    重力場と軌道の仕組みを理解するのに最適な場所です。

  • to gain an understanding of scientific concepts than brilliant.org

    brilliant.orgよりも科学的な概念の理解を得るために

  • As of their learning in their gravitational physics course, earth's gravitational field looks more like this

    重力物理学の授業で習ったように、地球の重力場は以下のようになっています。

  • and if you drop a bowling ball right here, it will be tavelling 1389 meters per second when it crashes into the surface

    ボウリングのボールをここに落とすと表面に衝突した時に毎秒1389メートルのタベリングをします

  • at brilliant, you'll learn about complex topics in an easy to understand way

    ブリリアントでは、複雑なトピックをわかりやすく学ぶことができます。

  • like the Hohmann transfer with their straight forward explanation

    わかりやすく説明してくれたホーマン転送のように

  • simple graphics and thought provocing puzzles which help you think like a scientist

    シンプルなグラフィックと科学者のように考えさせられるパズル

  • by going to brilliant.org/reallifelore using the link in the description you can learn about anything you want to

    説明にあるリンクを使ってbrilliant.org/reallifeloreに行くことで、あなたがしたいことを何でも学ぶことができます。

  • completely for free with a 3 day free trial

    3日間の無料トライアルで完全無料

  • this free trial is exclusive only to the viewers of this video

    この無料トライアルは、このビデオの視聴者のみが利用できます。

  • so go ahead and give brilliant a chance and learn something new credits : MAGICAL MOOO

    だから先に行って、華麗なチャンスを与え、何か新しいクレジットを学ぶ。マジカルムー

This video is made possible by Brilliant, learn about astronomy, gravitational physics, and more by visiting Brilliant.org using the link in the description.

このビデオはBrilliantによって実現されています。説明にあるリンクを使ってBrilliant.orgにアクセスして、天文学や重力物理学などについて学んでください。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 宇宙 衛星 衝突 破片 地球 ゴミ

未来の宇宙に行けないかもしれない理由 (Why We May Not Be Able to Visit Space in the Future)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 03 日
動画の中の単語