Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Transcriber: Ivana Korom Reviewer: Krystian Aparta

    書き手:イヴァナ・コロム レビュアークリスティアン・アパルタ

  • My first year in graduate school, studying cooperation in monkeys,

    大学院1年目、サルの協調性を研究しています。

  • I spent a lot of time outside,

    外で過ごす時間が長かった。

  • just watching our groups of capuchin monkeys interact.

    私たちのグループのカプチーノ猿の交流を見ているだけです。

  • One afternoon, I was out back feeding peanuts to one of our groups,

    ある日の午後、私は裏でグループの一人にピーナッツを食べさせていました。

  • which required distracting one of our males, Ozzie,

    オスのオジーの注意をそらす必要があった。

  • enough so that the other monkeys could get some.

    他の猿が手に入るくらいには

  • Ozzie loved peanuts,

    オジーはピーナッツが大好きでした。

  • and he always tried to do anything he could to grab some.

    彼はいつも何かを掴むために 何でもしようとしていた

  • On that day, however,

    しかし、その日は

  • he began trying to bring other things from his enclosure to me

    彼は自分の囲いから他のものを私のところに持っていこうとし始めました。

  • and trade them with me in order to get a peanut.

    と言って、私と交換してピーナッツを手に入れようとします。

  • Now, capuchins are smart, so this wasn't necessarily a surprise.

    カプチーノは頭がいいので、これは必ずしも驚くべきことではありませんでした。

  • But what was a surprise

    しかし、何がサプライズだったのか

  • was that some of the things that he was bringing me,

    は、彼が持ってきてくれたもののいくつかでした。

  • I was pretty sure he liked better than peanuts.

    ピーナッツよりも好きなのは確かだったな

  • First, he brought me a piece of monkey chow,

    まず、猿のチャウを持ってきてくれました。

  • which is like dried dog food --

    ドライドッグフードのようなもの

  • it was even made by Purina --

    ピュリナ社製でもありました。

  • and for a monkey, is about as worthless as it gets.

    猿にしてみれば、それくらいの価値しかない。

  • Of course, I didn't give him a peanut for that.

    もちろん、そのためにピーナッツをあげたわけではありません。

  • But he kept trying,

    しかし、彼は努力し続けた。

  • and eventually, he brought me a quarter of an orange

    と、最終的にはオレンジ1/4個を持ってきてくれました。

  • and tried to trade it with me for a peanut.

    とピーナッツと交換しようとした。

  • Now, oranges are a valuable monkey commodity,

    さて、みかんは貴重な猿の商品です。

  • so this trade seemed, shall I say, a little bit nuts?

    それでこの取引はちょっと変だと思ったのかな?

  • Now you may be wondering how we know what monkeys prefer.

    さて、猿が好むものをどうやって知っているのか気になるかもしれません。

  • Well, we ask them,

    彼らに聞いてみると

  • by giving them a choice between two foods

    2つの食べ物から選択させることで

  • and seeing which one they pick.

    と、どれを選ぶかを見ています。

  • Generally speaking, their preferences are a lot like ours:

    一般的には、彼らの好みは私たちのものとよく似ています。

  • the sweeter it is, the more they like it.

    甘いものほど好まれます。

  • So, much like humans prefer cupcakes to kale,

    だから、人間がケールよりカップケーキを好むように。

  • monkeys prefer fruits, like oranges or grapes,

    サルはオレンジやブドウなどの果物を好んで食べます。

  • to vegetables like cucumbers,

    キュウリなどの野菜に

  • and all of this to monkey chow.

    そして全ては猿の餌食に。

  • And peanuts are not bad.

    ピーナッツも悪くない

  • However, they definitely don't prefer them to a chunk of orange.

    しかし、彼らは間違いなくオレンジの塊よりもそれらを好まない。

  • So when Ozzie tried to trade a quarter of an orange for a peanut,

    オジーがオレンジの4分の1をピーナッツと交換しようとした時

  • it was a surprise,

    それは驚きでした。

  • and I began to wonder if he suddenly wanted that peanut

    彼が急にあのピーナッツを欲しがったのかと思うようになりました

  • because everybody else in his group was getting one.

    彼のグループの他の人たちがみんな1人になっていたからだ。

  • In case you're wondering, I did give Ozzie his peanut.

    念のために言っておくが、オジーにはピーナッツをあげたよ。

  • But then I went straight to my graduate adviser,

    しかし、私はそのまま大学院の顧問に直行した。

  • Frans de Waal,

    フラン・デ・ワール

  • and we began to design a study

    と、研究の設計を始めました。

  • to see how the monkeys would respond

    猿がどのように反応するかを見るために

  • when somebody else in their group got a better reward than they did

    景品があると

  • for doing the same work.

    同じ仕事をするために

  • It was a very simple study.

    とても簡単な勉強でした。

  • We took two monkeys from the same group

    同じグループの猿を2匹連れて行きました

  • and had them sit side by side,

    と並んで座らせました。

  • and they would do a task,

    とタスクをこなしてくれます。

  • which was trading a token with me,

    私とトークンを取引していた

  • and if they did so successfully,

    と、それが成功したかどうかを確認します。

  • they got a reward.

    彼らは報酬を得た

  • The catch was that one monkey always got a piece of cucumber,

    捕まえたのは、いつも一匹のサルがきゅうりの一切れを手に入れたこと。

  • and the other monkey sometimes got a piece of cucumber,

    と、もう一匹のサルは時々きゅうりの一切れをもらっていました。

  • but sometimes got a grape.

    が、たまにブドウが出てきました。

  • And if you'll recall,

    思い起こせば

  • grapes are much preferred to cucumbers

    きゅうりよりぶどう

  • on the capuchin monkey hierarchy.

    カプチーノ猿のヒエラルキーについて

  • These are two of my capuchin monkeys.

    うちのカプチーノ猿の2匹です。

  • Winter, on the right, is trading for a grape,

    右の冬は、ブドウとトレードしています。

  • and Lance, on the left, is trading for a cucumber.

    と左のランスはキュウリをトレードしています。

  • You can see that she -- and yes, Lance is actually a female --

    彼女は...そう、ランスは実は女性で...

  • is at first perfectly happy with her cucumber,

    は、最初はきゅうりに完全に満足しています。

  • until she sees Winter trading for a grape.

    冬がブドウと交換しているのを 見るまでは

  • Suddenly, Lance is very enthusiastic about trading.

    突然ですが、ランスはトレードに熱中しています。

  • She gets her cucumber, takes a bite and then --

    彼女はきゅうりを手に入れて、一口食べて、そして...

  • throws it right back out again.

    再び右に放り出す。

  • Meanwhile, Winter trades again and gets another grape

    一方、冬は再びトレードして別のブドウを手に入れる

  • and has Lance's undivided attention while she eats it.

    彼女がそれを食べている間、ランスの注意を独占しています。

  • This time,

    今回は

  • Lance is not so enthusiastic about trading.

    ランスはトレードにあまり熱心ではありません。

  • But eventually, she does so.

    しかし、結局、彼女はそうする。

  • But when she gets the cucumber this time around,

    しかし、今度は彼女がきゅうりを手に入れたら

  • she doesn't even take a bite

    一口も口にしない

  • before she throws it back out again.

    彼女はそれを投げ返す前に

  • Apparently, Lance only wants a cucumber

    どうやらランスはキュウリしか欲しくないらしい

  • when she hasn't just watched Winter eat a grape.

    冬がブドウを食べるのを見ていないのに

  • And Lance was not alone in this.

    そして、ランスは一人ではありませんでした。

  • All of my capuchins were perfectly happy with their cucumbers

    うちのカプチーノは皆、きゅうりを食べて大満足でした。

  • as long as the other monkeys were getting cucumbers too.

    他の猿もきゅうりを取っている限りは

  • But they often weren't so happy with their cucumbers

    しかし、彼らはしばしば自分のきゅうりをあまり満足していませんでした。

  • when other monkeys were getting a grape.

    他の猿がブドウを手に入れた時

  • The obvious question is why?

    明らかな疑問は、なぜか?

  • If they liked those cucumbers before,

    以前のきゅうりが好きだったのなら

  • what changed?

    何が変わったの?

  • Now, I'm a scientist,

    さて、私は科学者です。

  • and scientists are famously shy about reading too much into our studies,

    と科学者たちは、私たちの研究を読みすぎることを恥ずかしがっていることで有名です。

  • especially when it comes to what other animals

    特に他の動物のことを考えると

  • are thinking or feeling,

    を考えたり、感じたりしています。

  • because we can't ask them.

    聞くことができないからです。

  • But still, what I was seeing in my monkeys

    それにしても、私が猿の中で見ていたのは

  • looked an awful lot like what we humans would call a sense of fairness.

    人間が公平感と呼ぶものに酷似していました。

  • After all,

    結局のところ

  • the difference in that cucumber was that it came after Winter got a grape,

    あのきゅうりの違いは、冬がぶどうを手に入れた後に来たこと。

  • rather than before.

    というよりも前に

  • We humans are obsessed with fairness.

    私たち人間は公平性に執着します。

  • I have a younger sister,

    私には妹がいます。

  • and when we were little,

    と私たちが小さかった頃の話です。

  • if my sister got a bigger piece of the pie than me,

    もし妹が私よりも大きなパイを手に入れたら

  • even by a crumb,

    一寸先のことでも

  • I was furious.

    私は激怒しました。

  • It wasn't fair.

    フェアじゃなかった

  • And the childhood me is not alone.

    そして、幼少期の私は一人ではありません。

  • We humans hate getting less than another so much

    私たち人間は、あまりにも多くの別のより少ない取得を憎む

  • that one study found

    ある研究では

  • that if humans were given a hypothetical choice

    もし人間に仮定の選択が与えられたとしたら

  • between earning 50,000 dollars a year

    年収5万ドルの間

  • while others earned 25,000 dollars,

    他の人が25,000ドルを稼いでいる間に

  • or earning 100,000 dollars a year

    または年収10万ドル

  • while others earned 250,000 dollars,

    他の人が25万ドルを稼いでいる間に

  • nearly half the subjects

    半分近くの科目

  • prefer to earn 50,000 dollars a year less money

    年収5万ドルの方がいい

  • to avoid earning relatively less than someone else.

    誰かよりも相対的に稼げないようにするために

  • That's a pretty big price to pay.

    結構な金額になってますね。

  • What drives people

    人を動かすもの

  • to this sort of apparently irrational decision-making?

    この種の明らかに不合理な意思決定に?

  • After all,

    結局のところ

  • throwing away your cucumber because someone else got a grape

    ぶどうをもらったからといってきゅうりを捨てる

  • only makes sense if it makes things more fair.

    それは、それがより公正なものになる場合にのみ意味があります。

  • Otherwise, Winter has a grape, and you have nothing.

    そうでなければ、冬はブドウを持っていて、あなたには何もありません。

  • Of course humans are not capuchin monkeys.

    もちろん人間はカプチーノ猿ではありません。

  • But on the surface,

    でも表面上は

  • sacrificing 50,000 dollars

    五万ドル

  • because somebody else is going to earn more money than you

    他人の方が稼げるから

  • makes no more sense than throwing away that cucumber.

    そのきゅうりを捨てるよりも意味がない。

  • Except maybe it does.

    それ以外はね

  • Some economists think

    と考える経済学者もいます。

  • that the sense of fairness in humans is tied to cooperation.

    人間の公平感は協調性と結びついていることを

  • In other words, we need that sense of fairness

    つまり、その公平感が必要なのです。

  • when we're working with somebody else

    他の人とやっているときに

  • to know when we're getting the short end of the stick.

    杖の先が短いのを知るために

  • Think about it this way.

    このように考えてみてください。

  • Let's say you have a colleague at work who's having a hard time

    職場で苦労している同僚がいるとしましょう。

  • and needs a little extra help.

    と少し余分な助けを必要としています。

  • You're probably more than happy to help out,

    喜んで協力してくれた方がいいかもしれません。

  • especially if she does the same for you when you need it.

    必要な時に彼女が同じことをしてくれたら特にね

  • In other words, if things even out.

    つまり、万が一のことがあっても

  • But now,

    でも今は

  • let's say that colleague is always slacking off

    同僚がいつもサボっているとしたら

  • and dumping extra work on you.

    と余計な仕事を投げかける。

  • That's infuriating.

    ムカつくな

  • Or worse,

    それかもっと悪い

  • what if you're doing all the work, and she's getting paid more.

    あなたが全ての仕事をしていて、彼女の給料が上がっていたらどうするの?

  • You're outraged, right?

    憤慨してるんだろ?

  • As well you should be.

    そうあるべきだ

  • That righteous fury is your sense of fairness

    その正義の怒りはあなたの公平感

  • telling you that, well, it's not fair.

    それを言うのはフェアじゃない

  • You need to get your fair share from the people you're working with,

    一緒に働いている人たちから公平な取り分を得る必要があります。

  • or it's exploitation, not cooperation.

    それとも協力じゃなくて搾取か。

  • You may not be able to leave every job where you're treated unfairly,

    不当な扱いを受けている職場は全て辞められないかもしれません。

  • but in a perfect world,

    しかし、完璧な世界では

  • one without racism and sexism

    差別も性差別もないもの

  • and the frictions associated with finding a new job,

    と再就職にまつわる摩擦を

  • it's your sense of fairness that would let you know

    それはあなたの公平な感覚でわかる

  • when it was time to move on.

    進むべき時が来た時に

  • And if you couldn't?

    できなかったら?

  • Well, that smoldering frustration might make you throw your cucumbers too.

    まあ、そのくすぶった悔しさがキュウリも投げてしまうかもしれませんが。

  • And humans are not alone in this.

    そして、人間は一人ではありません。

  • In the previous study, there was nothing Lance could do about it,

    前回の研究では、ランスにはどうすることもできませんでした。

  • but what if there had been?

    でも、もしあったら?

  • It turns out

    それは判明した

  • that capuchins simply refuse to cooperate with other capuchins

    鳩尾はただ単に鳩尾を拒むだけ

  • who don't give them their share after they worked together.

    一緒に仕事をしても分け前を渡さない人。

  • And refusing to work together with another monkey

    そして、他の猿との共闘を拒否

  • is a pretty straightforward way of leveling the playing field.

    はかなりわかりやすい平準化の方法だと思います。

  • Apparently, no monkey getting anything at all

    どうやら猿は何も得ていないようだ

  • is better than another monkey getting more.

    の方が、他の猿が多くなるよりはマシです。

  • But much like you and your coworker,

    しかし、あなたとあなたの同僚に似ている。

  • they're perfectly happy with a little short-term inequality

    貧乏人は目先の不平等に満足している

  • as long as everything evens out over the long run.

    長期的に見て全てが解決する限りは

  • This economic connection between fairness and cooperation

    公正さと協力のこの経済的なつながり

  • makes sense to me as an evolutionary biologist.

    進化生物学者の私には意味があります。

  • After all,

    結局のところ

  • your ancestors didn't get to pass on their genes

    お先祖様は遺伝子を受け継いでいない

  • because they did well in some absolute sense,

    なぜなら、彼らはある絶対的な意味でよくやったからです。

  • but because they did better than others.

    が、他の人よりも良い結果を出したからです。

  • We don't call it survival of the fit,

    フィットのサバイバルとは言わない。

  • we call it survival of the fittest.

    私たちはそれを適者生存と呼んでいます。

  • As in more fit than others.

    他の人よりもフィットしているように。

  • It's all relative.

    全ては相対的なものです。

  • OK.

    いいわよ

  • So my capuchins don't like it when they get less than another.

    だから私のカプチーノは、他の人よりも少なくなるのが嫌なんです。

  • And they're perfectly happy to sacrifice their cucumbers

    キュウリを犠牲にしても満足している

  • to level the playing field.

    競技場を平準化するために

  • That's great.

    それは素晴らしいことです。

  • But what we would call a sense of fairness in humans

    しかし、人間の公平感と呼ばれるものは

  • also means that we care when we get more than someone else.

    また、誰かよりも多くのものを手に入れた時に気にするという意味もあります。

  • What about my monkeys?

    私の猿は?

  • It turns out

    それは判明した

  • that primates do notice when they get more than others,

    霊長類は他の人より多くのものを得るときに気づくということです。

  • or at least some of them do.

    あるいは、少なくとも一部の人はそうしているのではないでしょうか。

  • My capuchins do not.

    私のカプチーノはそうではない

  • But in one of my studies,

    しかし、私の勉強の中で

  • my chimpanzees would sometimes refuse a grape

    葡萄を拒むことがある

  • if another chimpanzee in their group got a cucumber,

    グループの他のチンパンジーがきゅうりをもらったら

  • which is pretty impressive, given how much my chimpanzees like grapes.

    私のチンパンジーがブドウが好きなことを考えると、かなり印象的です。

  • However, they were still more upset when they got less than another chimp

    しかし、他のチンパンジーよりも少なくなった時の方がまだ動揺していました。

  • as compared to when they got more.

    増えた時に比べれば

  • You may not think it's fair when you have more than your neighbor,

    お隣さん以上の人がいると公平とは思えないかもしれません。

  • but you really don't think it's fair when your neighbor has more than you.

    でも、隣人が自分よりも多く持っているのに公平だと思っていないんでしょう。

  • Here's an important question, though.

    しかし、ここで重要な質問があります。

  • Why do we care about inequality or unfairness

    なぜ不平等や不公平を気にするのか

  • when we are the ones who are unfairly benefiting?

    私たちが不当に利益を得ている時に?

  • If evolution is about survival of the fittest,

    進化が適者生存のためのものだとしたら

  • wouldn't it make sense to grab any advantage you can get?

    隴を得たものは隴を得たものではないか

  • Here's the thing though.

    しかし、ここで問題がある。

  • I do better if I get more than you, sure.

    私はあなたより多くのものを得ることができます、確かに。

  • But best of all is if you and I can work together

    でも一番いいのは あなたと私が一緒に働けるなら

  • and get more than either one of us could have gotten on our own.

    そして、私たちのどちらかが自分たちで得た以上のものを得ることができます。

  • But why would you work with me if you don't think I'm going to play fair?

    でもなんで私と一緒に働くの?

  • But if you think I'm going to notice when I've got more than you

    しかし、私があなたよりも多くのものを持っているときに私が気づくと思うならば

  • and do something about it,

    とか何とかしてください。

  • then you will work with me.

    ならば、私と一緒に仕事をすることになる。

  • Evolution has selected us to accept the occasional short-term loss

    進化は時として短期的な損失を受け入れるように選択してきた

  • in order to maintain these all-important long-term relationships.

    これらのすべての重要な長期的な関係を維持するために。

  • This is true in chimpanzees,

    これはチンパンジーでも同じことが言えます。

  • but it is even more important in humans.

    が、人間ではさらに重要です。

  • Humans are incredibly interconnected and interdependent,

    人間は信じられないほど相互に結びつき、相互に依存しています。

  • and we have the advanced cognitive abilities

    そして、私たちは高度な認知能力を持っています。

  • to be able to plan far into the future.

    遠い将来の計画を立てることができるように。

  • And to recognize the importance

    そして、その重要性を認識するために

  • of maintaining these cooperative partnerships.

    これらの協力関係を維持するために

  • Indeed, if anything,

    確かに、何かあるとすれば

  • I think we are likely underplaying

    私たちは、おそらくアンダープレイをしていると思います。

  • how important the sense of fairness is for people.

    人にとって公平感がいかに大切か。

  • One of the biggest differences between humans and capuchin monkeys

    人間とカプチーノ猿の大きな違いの一つ

  • is the sheer magnitude and ubiquity of cooperation in humans.

    は、人間の協力の大きさと偏在性の大きさである。

  • In other words,

    言い換えれば

  • we're a lot more cooperative than capuchin monkeys are.

    カプチーノ猿よりも協力的なんだよな

  • Legal and economic systems literally only exist

    法制度や経済制度は文字通り存在するだけ

  • if we all agree to participate in them.

    みんなで参加することに同意すれば

  • And if people feel left out of the rewards and benefits

    そして、報酬や特典から取り残されたと感じている人は

  • of those systems,

    それらのシステムの

  • then they stop participating,

    その後、彼らは参加しなくなります。

  • and the whole system falls apart.

    と、システム全体が崩壊してしまう。

  • Many of the protests and uprisings we're seeing,

    多くの抗議や反乱が起きています

  • both in the US and around the globe,

    アメリカでも世界中でも

  • are explicitly framed in terms of fairness,

    は、公正さの観点から明示的にフレーム化されています。