Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 26

    第26章

  • Mrs. Gardiner's caution to Elizabeth was punctually and kindly given on the first

    エリザベスの夫人ガーディナーの注意は時間どおりに、親切に最初に与えられた

  • favourable opportunity of speaking to her alone; after honestly telling her what she

    彼女一人でに話すの好機、正直に彼女の彼女何を言って後

  • thought, she thus went on:

    と思った、彼女はこのように続いた。

  • "You are too sensible a girl, Lizzy, to fall in love merely because you are warned

    "あなたは警告されたという理由だけで恋に落ちるには余りにも賢明な少女、リジー、です。

  • against it; and, therefore, I am not afraid of speaking openly.

    それに対して、そして、したがって、私は率直に話して恐れていないよ。

  • Seriously, I would have you be on your guard.

    真剣に、私はあなたのガードになる必要があります。

  • Do not involve yourself or endeavour to involve him in an affection which the want

    自分自身が含まれたりする愛情で彼を巻き込む努力をしないでください。

  • of fortune would make so very imprudent.

    運命のように非常に軽率なことだ。

  • I have nothing to say against him; he is a most interesting young man; and if he had

    彼は最も興味深い若者である;私は彼に対して何も言うことがなく、彼がいた場合

  • the fortune he ought to have, I should think you could not do better.

    幸運は、彼が持っているはず、私はあなたが良く行うことができなかったと考えてください。

  • But as it is, you must not let your fancy run away with you.

    しかし、それがそのまま、あなたの空想があなたと逃げるせてはなりません。

  • You have sense, and we all expect you to use it.

    あなたが意味を持って、私たちは、すべてあなたがそれを使用することを期待。

  • Your father would depend on your resolution and good conduct, I am sure.

    あなたのお父さんはあなたの解像度と善行に依存するだろう、私は確信しています。

  • You must not disappoint your father." "My dear aunt, this is being serious

    あなたがあなたの父を失望させない必要があります。""親愛なる叔母さんが、これは深刻なされている

  • indeed."

    確かに。"

  • "Yes, and I hope to engage you to be serious likewise."

    "はい、と私は同様に深刻だとすると係合するように願っています。"

  • "Well, then, you need not be under any alarm.

    "じゃあ、あなたは任意のアラームの下である必要はありません。

  • I will take care of myself, and of Mr. Wickham too.

    私は自分自身の、そして氏ウィッカムの世話をあまりにもかかります。

  • He shall not be in love with me, if I can prevent it."

    私はそれを防ぐことができれば彼は、私と恋にしてはならない。"

  • "Elizabeth, you are not serious now."

    "エリザベス、あなたは今深刻ではありません。"

  • "I beg your pardon, I will try again. At present I am not in love with Mr.

    "私はあなたの許しを請う、私は再試行します。現時点で私は氏と恋にしないよ

  • Wickham; no, I certainly am not.

    ウィッカム、ない、私は確かではない。

  • But he is, beyond all comparison, the most agreeable man I ever saw--and if he becomes

    しかし、彼は、すべての比較を超えて、私が今まで見た最も快い男だ - と彼がなった場合

  • really attached to me--I believe it will be better that he should not.

    本当に私に取り付けられて - 私はそれが彼がしないように良くなると信じています。

  • I see the imprudence of it.

    私はそれの軽率を参照してください。

  • Oh! that abominable Mr. Darcy! My father's opinion of me does me the

    ああ!その忌まわしいさんダーシー!私の父の意見は私しません

  • greatest honour, and I should be miserable to forfeit it.

    最高の栄誉、そして私はそれを没収する惨めなはずです。

  • My father, however, is partial to Mr. Wickham.

    父は、しかし、氏はウィッカムに部分的なものです。

  • In short, my dear aunt, I should be very sorry to be the means of making any of you

    要するに、私の愛する叔母は、私はあなたのいずれかを行うための手段であることが非常に残念である必要があります

  • unhappy; but since we see every day that where there is affection, young people are

    不幸な、しかし我々は毎日見て以来、愛情がある場合には、若い人はいる

  • seldom withheld by immediate want of

    ほとんどの即時したいで保留しない

  • fortune from entering into engagements with each other, how can I promise to be wiser

    お互いに契約を締結するの幸運は、どのように私は賢いことをお約束できます。

  • than so many of my fellow-creatures if I am tempted, or how am I even to know that it

    私の仲間の生き物の多くより、私が誘惑しています、または、私も方法を知っていますそれという場合

  • would be wisdom to resist?

    抵抗する知恵でしょうか?

  • All that I can promise you, therefore, is not to be in a hurry.

    すべては私があなたに約束できること、そのため、急いでいることではありません。

  • I will not be in a hurry to believe myself his first object.

    私は自分自身に彼の最初のオブジェクトを信じるように急いでされません。

  • When I am in company with him, I will not be wishing.

    私は彼の会社にいる時、私は願っされません。

  • In short, I will do my best." "Perhaps it will be as well if you

    要するに、私は最善を尽くします。""あなたなら、おそらくそれは同様になる

  • discourage his coming here so very often.

    彼のように非常に頻繁にここに来ることを推奨しています。

  • At least, you should not remind your mother of inviting him."

    少なくとも、あなたは彼を招いてのあなたの母を思い出してはならない。"

  • "As I did the other day," said Elizabeth with a conscious smile: "very true, it will

    "私は先日やったように、"エリザベスは、意識的な笑みを浮かべて言った:"非常に真、それはなる

  • be wise in me to refrain from that.

    それを控えるように私に賢明です。

  • But do not imagine that he is always here so often.

    しかし、彼はそう頻繁にここに常にあることを想像しないでください。

  • It is on your account that he has been so frequently invited this week.

    それは彼が非常に頻繁に今週招待されているアカウントになります。

  • You know my mother's ideas as to the necessity of constant company for her

    あなたは彼女のための定数会社の必要性になど、私の母のアイデアを知っている

  • friends.

    友人。

  • But really, and upon my honour, I will try to do what I think to be the wisest; and

    しかし本当に、と私の名誉上、私は賢いとは思えない何をしようとします。と

  • now I hope you are satisfied."

    今私はあなたが満たされている願っています。"

  • Her aunt assured her that she was, and Elizabeth having thanked her for the

    叔母は、彼女がいた、とエリザベスはのための彼女に感謝したことを彼女に保証

  • kindness of her hints, they parted; a wonderful instance of advice being given on

    彼女のヒントの優しさ、彼らは別れ、アドバイスの素晴らしいインスタンスに与えられている

  • such a point, without being resented.

    憤慨されることなくそのような点、。

  • Mr. Collins returned into Hertfordshire soon after it had been quitted by the

    ミスターコリンズは、それがで辞めたされたすぐ後にハートフォードシャー州に戻った

  • Gardiners and Jane; but as he took up his abode with the Lucases, his arrival was no

    Gardinersとジェーンには、彼がLucasesで彼の住居を取り上げたとしてではなく、彼の到着はなかった

  • great inconvenience to Mrs. Bennet.

    ミセスベネットに大きな不便。

  • His marriage was now fast approaching, and she was at length so far resigned as to

    彼の結婚が今迫っていた、と彼女は長さにあったが、これまでに辞任

  • think it inevitable, and even repeatedly to say, in an ill-natured tone, that she

    その彼女は、性格の悪い口調で、それは避けられないと思うし、さらに繰り返して言うために

  • "wished they might be happy."

    "彼らは幸せになるかもしれない望んだ。"

  • Thursday was to be the wedding day, and on Wednesday Miss Lucas paid her farewell

    木曜日は結婚式の日であることだった、と水曜日ミスルーカスの彼女の別れを支払った

  • visit; and when she rose to take leave, Elizabeth, ashamed of her mother's

    訪問、そして彼女は母親のが恥ずかしい、、エリザベスを残して取るに上昇したとき

  • ungracious and reluctant good wishes, and

    ぶしつけなと消極的好意、および

  • sincerely affected herself, accompanied her out of the room.

    誠実に自分に影響を与えた、部屋から彼女を同行。

  • As they went downstairs together, Charlotte said:

    彼らは一緒に階下に行ったとして、シャーロットは言った:

  • "I shall depend on hearing from you very often, Eliza."

    "私はイライザ、非常に頻繁にあなたからの聴取に依存しなければならない。"

  • "That you certainly shall." "And I have another favour to ask you.

    "ことは確か。しなければならない""そして、私はあなたを聞いて別の好意を持っている。

  • Will you come and see me?"

    あなたは私を来て見ることはできますか?"

  • "We shall often meet, I hope, in Hertfordshire."

    "私たちはしばしばハートフォードシャー州で、私は願って、満足しなければならない。"

  • "I am not likely to leave Kent for some time.

    "私はしばらくの間、ケントを残す可能性は低いです。

  • Promise me, therefore, to come to Hunsford."

    Hunsfordに来て、それゆえ、私を約束。"

  • Elizabeth could not refuse, though she foresaw little pleasure in the visit.

    彼女は訪問に少し喜びを予見してもエリザベスは、断ることなんてできない。

  • "My father and Maria are coming to me in March," added Charlotte, "and I hope you

    "父とマリアは3月に私に来ている、"シャーロットは、追加された"と私はあなたを願っています

  • will consent to be of the party. Indeed, Eliza, you will be as welcome as

    当事者であることが同意されます。確かに、イライザは、次のようにように歓迎されます。

  • either of them."

    それらのどちらか。"

  • The wedding took place; the bride and bridegroom set off for Kent from the church

    結婚式が行われた、花嫁と花婿は、教会からケントのためにオフに設定

  • door, and everybody had as much to say, or to hear, on the subject as usual.

    ドア、そして誰もがいつものように主題に、言うこと、または聞くために限りがあった。

  • Elizabeth soon heard from her friend; and their correspondence was as regular and

    エリザベスはすぐに彼女の友人から聞いた、と彼らの対応は、レギュラーとなった

  • frequent as it had ever been; that it should be equally unreserved was

    それが今までされていたとして頻繁に、それは平等に予約されていないする必要があるということでした

  • impossible.

    不可能。

  • Elizabeth could never address her without feeling that all the comfort of intimacy

    エリザベスは、親密さのそのすべての快適さを感じることなく、彼女に対処することができませんでした

  • was over, and though determined not to slacken as a correspondent, it was for the

    終わった、とも特派員として緩めるないと判断、その目的

  • sake of what had been, rather than what was.

    されていた何のために、むしろだったものより。

  • Charlotte's first letters were received with a good deal of eagerness; there could

    シャーロットの最初の文字は、熱意の良い取引で受信された;ある可能性が

  • not but be curiosity to know how she would speak of her new home, how she would like

    しかし彼女は彼女の新しい家の話をする方法を知って好奇心ではない、どのように彼女がしたいと思います

  • Lady Catherine, and how happy she would

    キャサリン、そしてどのように幸せな彼女はのと

  • dare pronounce herself to be; though, when the letters were read, Elizabeth felt that

    に身を発音挑戦、しかし、手紙が読まれた時、エリザベスはと感じていた

  • Charlotte expressed herself on every point exactly as she might have foreseen.

    シャーロットは彼女が予想している可能性がまったく同じようにあらゆる点で自分自身を表明した。

  • She wrote cheerfully, seemed surrounded with comforts, and mentioned nothing which

    彼女は、快活に書いた快適さに囲まれたようで、これは何も言及しない

  • she could not praise.

    彼女は賞賛できませんでした。

  • The house, furniture, neighbourhood, and roads, were all to her taste, and Lady

    家、家具、近所、そして道路は、すべて彼女の味になった、とレディー

  • Catherine's behaviour was most friendly and obliging.

    キャサリンの行動は、最もフレンドリーで親切ないました。

  • It was Mr. Collins's picture of Hunsford and Rosings rationally softened; and

    それは合理的に軟化Hunsfordとロージングス氏コリンズの画像でした。と

  • Elizabeth perceived that she must wait for her own visit there to know the rest.

    エリザベスは、彼女は残りを知ってそこに自分の訪問を待つ必要があることを認識。

  • Jane had already written a few lines to her sister to announce their safe arrival in

    ジェーンはすでに彼らの安全な到着を発表する彼女の妹に数行を書いていた

  • London; and when she wrote again, Elizabeth hoped it would be in her power to say

    ロンドン、と彼女は再び書いたとき、エリザベスは、それは言って彼女の力になると期待

  • something of the Bingleys.

    Bingleysの何か。

  • Her impatience for this second letter was as well rewarded as impatience generally

    この第二の手紙のための彼女の焦りも同様に、一般的に焦りとして報われた

  • is. Jane had been a week in town without either

    です。ジェーンはどちらなく町の週をしていた

  • seeing or hearing from Caroline.

    見たり、キャロライン関係者から聞いた。

  • She accounted for it, however, by supposing that her last letter to her friend from

    彼女は仮定して、しかし、それを占めている彼女の友人からの彼女の最後の手紙

  • Longbourn had by some accident been lost.

    Longbournは、いくつかの事故によって失われていた。

  • "My aunt," she continued, "is going to- morrow into that part of the town, and I

    "私の叔母は、"彼女は町のその部分に、明日に行く、と私は"、続けて

  • shall take the opportunity of calling in Grosvenor Street."

    グロブナーストリートで呼び出すことの機会を講ずるものとする。"

  • She wrote again when the visit was paid, and she had seen Miss Bingley.

    訪問が支払われていたときに彼女は再び書いた、と彼女はミスBingleyを見ていた。

  • "I did not think Caroline in spirits," were her words, "but she was very glad to see

    、彼女の言葉だった"私は、霊のキャロラインとは思いませんでした""しかし、彼女は見て非常に嬉しかったです

  • me, and reproached me for giving her no notice of my coming to London.

    私、そして彼女の私のロンドンに来るのは通知を与えないために私を非難した。

  • I was right, therefore, my last letter had never reached her.

    私は右、それゆえ、私の最後の手紙は彼女に達していなかったれました。

  • I inquired after their brother, of course. He was well, but so much engaged with Mr.

    私はもちろん、彼らの兄弟の後に尋ねた。彼は順調だったが、そんなに氏に従事

  • Darcy that they scarcely ever saw him.

    ダーシー彼らはほとんど今まで彼を見なかったこと。

  • I found that Miss Darcy was expected to dinner.

    私はミスダーシーが夕食に期待されていたことがわかった。

  • I wish I could see her. My visit was not long, as Caroline and Mrs.

    私は彼女を見ることがしたい。私の訪問は、キャロラインと夫人として、長い間ではなかった

  • Hurst were going out.

    ハーストは、外出した。

  • I dare say I shall see them soon here." Elizabeth shook her head over this letter.

    私はここですぐにそれらを参照するものと言ってみます。"エリザベスはこの手紙を介して彼女の頭を横に振った。

  • It convinced her that accident only could discover to Mr. Bingley her sister's being

    それは、その事故が唯一氏Bingley姉のはであることに発見される可能性が彼女の確信

  • in town.

    町インチ

  • Four weeks passed away, and Jane saw nothing of him.

    四週間は他界し、ジェーンは彼の何も見なかった。

  • She endeavoured to persuade herself that she did not regret it; but she could no

    彼女はそれを後悔していないことを自分自身を説得する努力しない、しかし、彼女は可能性

  • longer be blind to Miss Bingley's inattention.

    長いBingleyの不注意ミスに気付いていない。

  • After waiting at home every morning for a fortnight, and inventing every evening a

    二週間のために毎朝自宅で待っている、と毎晩発明後

  • fresh excuse for her, the visitor did at last appear; but the shortness of her stay,

    新鮮な彼女の、訪問者が最後に現れるかの言い訳、しかし彼女の滞在の息切れ、

  • and yet more, the alteration of her manner

    そしてさらに多くの、彼女の方法の変更

  • would allow Jane to deceive herself no longer.

    ジェーンは、もはや彼女自身をだますことができるようになります。

  • The letter which she wrote on this occasion to her sister will prove what she felt.

    彼女は彼女の妹には、この機会に書いた手紙は彼女が感じたことを証明します。

  • "My dearest Lizzy will, I am sure, be incapable of triumphing in her better

    "私の最愛のリジーは、私は確信して、彼女のよりよいでtriumphing不能になる

  • judgement, at my expense, when I confess myself to have been entirely deceived in

    判決は、私の費用で、私は告白するとき私は完全にだまされているため

  • Miss Bingley's regard for me.

    私のミスBingleyの点。

  • But, my dear sister, though the event has proved you right, do not think me obstinate

    しかし、私の愛する妹は、イベントが正しいことを証明したものの、私は頑固とは思わない

  • if I still assert that, considering what her behaviour was, my confidence was as

    私はまだそれを表明する場合、彼女の行動は何であったかを考えると、私の自信は、としてあった

  • natural as your suspicion.

    あなたの疑いなどの自然。

  • I do not at all comprehend her reason for wishing to be intimate with me; but if the

    私は全然私と親密になることを希望するための彼女の理由を理解していない、しかし場合

  • same circumstances were to happen again, I am sure I should be deceived again.

    同じ状況が再び発生することだった、私は私が再びだまされるべき確信している。

  • Caroline did not return my visit till yesterday; and not a note, not a line, did

    、ライン、ノートをしませんでしたとではない、キャロラインは、昨日までの私の訪問が返されませんでした。

  • I receive in the meantime.

    私はその間に受け取る。

  • When she did come, it was very evident that she had no pleasure in it; she made a

    彼女が来たとき​​に、それは彼女がそれには喜びを持っていないことを非常に明らかだった、彼女は行わ

  • slight, formal apology, for not calling before, said not a word of wishing to see

    前に、呼び出し元ではないのためのわずかな、正式な謝罪は、、見て希望の単語ではないと述べた

  • me again, and was in every respect so

    私を再度、とあらゆる点でていたので、

  • altered a creature, that when she went away I was perfectly resolved to continue the

    彼女が離れて行った時、私は完全に継続するために解決されたこと、生き物を変更

  • acquaintance no longer. I pity, though I cannot help blaming her.

    知人はもはやない。私は彼女を責めるのを助けることができないけれども、私は残念、。

  • She was very wrong in singling me out as she did; I can safely say that every

    彼女は彼女がしたように私を疎かに非常に間違っていた、私は安全に言うことができるすべてのこと

  • advance to intimacy began on her side.

    親密に事前に彼女の側に始まった。

  • But I pity her, because she must feel that she has been acting wrong, and because I am

    しかし彼女は間違って演技されていることを感じる必要があるため、私は、彼女の同情、と私は思いますので、

  • very sure that anxiety for her brother is the cause of it.

    彼女の兄弟のための不安がその原因であることを非常に確認して。

  • I need not explain myself farther; and though we know this anxiety to be quite

    私は遠く自分自身を説明する必要はない、と我々はこの不安がかなりであることを知っているものの

  • needless, yet if she feels it, it will easily account for her behaviour to me; and

    彼女はそれを感じるなら不必要な、まだ、それは簡単に私には彼女の行動を占めることになる。と

  • so deservedly dear as he is to his sister,

    彼は彼の妹になるように当然愛する、

  • whatever anxiety she must feel on his behalf is natural and amiable.

    どんな不安彼女は彼に代わって感じる必要がありますが、自然と親しみやすいです。

  • I cannot but wonder, however, at her having any such fears now, because, if he had at

    私は彼がでていた場合、ため、彼女は今、そのような不安を持っている時に、しかし、不思議に思わざるを得ない

  • all cared about me, we must have met, long ago.

    すべてが私について世話を、私たちはずっと前に、満たしている必要があります。

  • He knows of my being in town, I am certain, from something she said herself; and yet it

    彼は彼女が彼女自身を言った何かから、私は確信し、私の町にいるのを知って、そしてまだそれ

  • would seem, by her manner of talking, as if she wanted to persuade herself that he is

    彼女は彼がであることを彼女自身を説得したいかのように、話の彼女の方法によって、思われる

  • really partial to Miss Darcy.

    ダーシーミスに本当に部分的な。

  • I cannot understand it. If I were not afraid of judging harshly, I

    私はそれを理解することはできません。私は、厳しく私を判断することを恐れていなかった場合

  • should be almost tempted to say that there is a strong appearance of duplicity in all

    ほとんど二枚舌の強い外観がすべてであることを言うように誘惑されるべき

  • this.

    この。

  • But I will endeavour to banish every painful thought, and think only of what

    しかし、私はすべての痛みを伴う思考を追放する努力、そして唯一の何を考えるだろう

  • will make me happy--your affection, and the invariable kindness of my dear uncle and

    私が幸せになる - あなたの愛情、そして私の愛する叔父の不変優しさと

  • aunt.

    叔母。

  • Let me hear from you very soon. Miss Bingley said something of his never

    私はあなたから非常に近いうちに聞いてみましょう。ミスBingleyは、彼は決して何かを述べて

  • returning to Netherfield again, of giving up the house, but not with any certainty.

    家を放棄するのではなく、どんな確信を持って、再びNetherfieldに戻る。

  • We had better not mention it.

    我々はよりよいそれを言及していなかった。

  • I am extremely glad that you have such pleasant accounts from our friends at

    私はあなたに私達の友人からそのような快適なアカウントを持っていることを非常にうれしく思います

  • Hunsford. Pray go to see them, with Sir William and

    Hunsford。卿ウィリアムと、それらを見に行くと祈る

  • Maria.

    マリア。

  • I am sure you will be very comfortable there.--Yours, etc."

    私はあなたが非常に快適になると確信して.--ユアーズ、等"

  • This letter gave Elizabeth some pain; but her spirits returned as she considered that

    この手紙は、エリザベスのいくつかの痛みを与えた、しかし、彼女がいると考えて彼女の精神は、返される

  • Jane would no longer be duped, by the sister at least.

    ジェーンはもはや、少なくとも姉妹で、だまされないであろう。

  • All expectation from the brother was now absolutely over.

    兄からのすべての期待は今絶対に終わった。

  • She would not even wish for a renewal of his attentions.

    彼女も彼の注目の更新にしたくないでしょう。

  • His character sunk on every review of it; and as a punishment for him, as well as a

    彼の性格はそれのすべてのレビューを沈め、そして彼のために罰としてだけでなく、

  • possible advantage to Jane, she seriously hoped he might really soon marry Mr.

    ジェーンへの可能な利点は、彼女は真剣に彼が本当に早く氏と結婚する可能性が期待

  • Darcy's sister, as by Wickham's account,

    ダーシーの妹、などウィッカムのアカウントによって、

  • she would make him abundantly regret what he had thrown away.

    彼女は彼が豊富に彼が捨てていたものを後悔することになります。

  • Mrs. Gardiner about this time reminded Elizabeth of her promise concerning that

    この時間についての夫人ガーディナーは、ことに関する彼女の約束のエリザベスを思い出した

  • gentleman, and required information; and Elizabeth had such to send as might rather

    紳士、そして必要な情報、そしてエリザベスは、むしろかもしれないとして送信することなどがありました

  • give contentment to her aunt than to herself.

    彼女自身よりも彼女の叔母に満足を与える。

  • His apparent partiality had subsided, his attentions were over, he was the admirer of

    彼の明らかな不公平がおさまった、彼の注目が終わって、彼はの崇拝者だった

  • some one else.

    が誰か。

  • Elizabeth was watchful enough to see it all, but she could see it and write of it

    エリザベスはそれをすべて確認するのに十分な経過観察でしたが、彼女はそれを見て、それを書くことができます

  • without material pain.

    材料の痛みなし。

  • Her heart had been but slightly touched, and her vanity was satisfied with believing

    彼女の心はいましたが、そのわずかに触れ、彼女の虚栄心は信じるに満足していた

  • that she would have been his only choice, had fortune permitted it.

    彼女は彼の唯一の選択肢だっただろうという、幸運はそれを許可していた。

  • The sudden acquisition of ten thousand pounds was the most remarkable charm of the

    万ポンドの突然の買収は、最も顕著な魅力だった

  • young lady to whom he was now rendering himself agreeable; but Elizabeth, less

    少ないが、エリザベス、彼は今自分が快いレンダリングされた誰に若い女性

  • clear-sighted perhaps in this case than in

    ではなく、この場合はおそらく明敏

  • Charlotte's, did not quarrel with him for his wish of independence.

    シャーロットのおくりもの、独立の彼の願いのために彼とけんかしていない。

  • Nothing, on the contrary, could be more natural; and while able to suppose that it

    何も、逆に、より自然になることができなかった、とそれと仮定することができる一方、

  • cost him a few struggles to relinquish her, she was ready to allow it a wise and

    彼に彼女を放棄するためにいくつかの闘争のコスト、彼女はそれが賢明できるように準備ができていたと

  • desirable measure for both, and could very sincerely wish him happy.

    望ましいの両方の測定、および非常に心から彼を幸せにしたいことがあります。

  • All this was acknowledged to Mrs. Gardiner; and after relating the circumstances, she

    彼女は、との状況を関係する後、すべてこれは夫人ガーディナーに認められた

  • thus went on: "I am now convinced, my dear aunt, that I have never been much in love;

    このように続いた:"私は今確信し、私はあまり恋愛経験がない私の愛する叔母は、;

  • for had I really experienced that pure and

    私は本当に純粋なとことを経験していたため

  • elevating passion, I should at present detest his very name, and wish him all

    情熱を高める、私は現時点では彼の非常に名前を嫌悪する、と彼のすべてをお祈りしてください

  • manner of evil.

    悪の方法。

  • But my feelings are not only cordial towards him; they are even impartial

    しかし、私の気持ちは彼に向かってのみ心のこもったというわけではなくも公平です。

  • towards Miss King.

    ミス王に向かって。

  • I cannot find out that I hate her at all, or that I am in the least unwilling to

    私は全然彼女を憎むことを見つける、または私がに、少なくとも不本意では午前ことはできない

  • think her a very good sort of girl. There can be no love in all this.

    彼女の少女の非常に良い種だと思います。すべてこのでは愛はありえない。

  • My watchfulness has been effectual; and though I certainly should be a more

    私の油断のないことは、効果的なされている、と私は確かに多くなるはずですが

  • interesting object to all my acquaintances were I distractedly in love with him, I

    すべて私の知人に面白いオブジェクトが私は、彼と恋に取り乱して、私でした

  • cannot say that I regret my comparative insignificance.

    私は比較の重要さを後悔していること言うことはできません。

  • Importance may sometimes be purchased too dearly.

    重要性は時々余りに心から購入することができます。

  • Kitty and Lydia take his defection much more to heart than I do.

    キティとリディアは、はるかに心に私は何よりも彼の亡命を取る。

  • They are young in the ways of the world, and not yet open to the mortifying

    彼らは世界の方法で若いですし、まだ腹が立つために開くことが

  • conviction that handsome young men must have something to live on as well as the

    ハンサムな若い男性が上で生活するものだけでなく、持っている必要があることを確信

  • plain."

    平野。"

  • >

    >

  • CHAPTER 27

    第27章

  • With no greater events than these in the Longbourn family, and otherwise diversified

    Longbournの家族の中でこれらを超えないイベントと、それ以外の多様な

  • by little beyond the walks to Meryton, sometimes dirty and sometimes cold, did

    時々汚れ、時には冷たいMerytonに散歩を超えて、少しずつ、そう

  • January and February pass away.

    1月と2月は滅びる。

  • March was to take Elizabeth to Hunsford.

    行進はHunsfordにエリザベスを取ることでした。

  • She had not at first thought very seriously of going thither; but Charlotte, she soon

    彼女は非常に真剣にあちらの方に行くのが最初に考えたのではなく持っていた;しかしシャーロット、彼女すぐに

  • found, was depending on the plan and she gradually learned to consider it herself

    発見、プランに応じて、彼女は徐々にそれ自身を考慮する学習された

  • with greater pleasure as well as greater certainty.

    大きな喜びと同様に大きな確実性。

  • Absence had increased her desire of seeing Charlotte again, and weakened her disgust

    不在は、再びシャーロットを見ての彼女の欲求を増加させ、彼女の嫌悪感を弱めていた

  • of Mr. Collins.

    ミスターコリンズの。

  • There was novelty in the scheme, and as, with such a mother and such uncompanionable

    目新しさは、スキームで、とのような、そのような母親と一緒にしてとっつきにくいなどがあった

  • sisters, home could not be faultless, a little change was not unwelcome for its own

    姉妹は、家が完全無欠であることができなかった、ほとんど変化がそれ自身のために歓迎されないではなかった

  • sake.

    酒。

  • The journey would moreover give her a peep at Jane; and, in short, as the time drew

    時間が描いたように、短期に、そして、旅はさらに彼女のジェーンでのぞき見を与えるだろう

  • near, she would have been very sorry for any delay.

    近くに、彼女は、任意の遅延のために非常に残念だっただろう。