Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • From Ancient Greece to the 20th century,

    古代ギリシャから20世紀まで。

  • Aristotle, Sigmund Freud, and numerous other scholars

    アリストテレス、ジークムント・フロイト、その他多数の学者

  • were all looking for the same thing:

    みんな同じものを探していました。

  • eel testicles.

    うなぎの睾丸。

  • Freshwater eels, or Anguilla Anguilla, could be found in rivers across Europe,

    淡水ウナギ、またはアンギラアンギラは、ヨーロッパ各地の河川で発見された可能性があります。

  • but no one had ever seen them mate.

    でも誰も見たことがない

  • And despite countless dissections,

    そして無数の解剖にもかかわらず

  • no researcher could find eel eggs or identify their reproductive organs.

    ウナギの卵を見つけることも、生殖器官を特定することもできない研究者はいなかった。

  • Devoid of data, naturalists proposed various eel origin stories.

    データを持たないナチュラリストたちは、さまざまなウナギの由来を提案した。

  • Aristotle suggested that eels spontaneously emerged from mud.

    アリストテレスは、ウナギが泥の中から自然発生的に出現したと示唆した。

  • Pliny the Elder argued eels rubbed themselves against rocks,

    長老プリニウスはウナギが岩に擦り付けたと主張した。

  • and the subsequent scrapings came to life.

    と、その後の擦り切れが命を吹き込んできました。

  • Eels were said to hatch on rooftops, manifest from the gills of other fish,

    ウナギは他の魚のエラから顕在化して屋上で孵化すると言われていました。

  • and even emerge from the bodies of beetles.

    と、カブトムシの体から出てくることさえあります。

  • But the true story of eel reproduction is even more difficult to imagine.

    しかし、ウナギの繁殖の真相は想像以上に難しい。

  • And to solve this slippery mystery,

    そして、このヌルヌルした謎を解くために

  • scholars would have to rethink centuries of research.

    学者たちは、何世紀にもわたる研究を見直さなければならないだろう。

  • Today, we know the freshwater eel lifecycle has five distinct stages:

    今日では、淡水ウナギのライフサイクルには5つの異なるステージがあることがわかっています。

  • larval leptocepheli, miniscule glass eels, adolescent elvers,

    幼生のレプトセフェリ、極小のガラスウナギ、思春期のエルバー

  • older yellow eels, and adult silver eels.

    年配のイエローウナギ、成体のシルバーウナギ。

  • Given the radical physical differences between these phases,

    これらの相の間の根本的な物理的な違いを考えると

  • you'd be forgiven for assuming these are different animals.

    別の動物だと思ってもいいだろう

  • In fact, that's exactly what European naturalists thought.

    実際、ヨーロッパの自然主義者が考えていたことは、まさにその通りです。

  • Researchers were aware of leptocepheli and glass eels,

    研究者はレプトセフェリとガラスウナギを意識していた。

  • but no one guessed they were related to the elvers and yellow eels

    しかし、誰もエルバーやイエローウナギと関係があるとは思わなかった。

  • living hundreds of kilometers upstream.

    数百キロ上流に住んでいる

  • Confusing matters more, eels don't develop sex organs until late in life.

    さらに混乱させるのは、ウナギは性器が発達するのが遅いということだ。

  • And the entirety of their time in the rivers of Europe

    そして、ヨーロッパの川での時間のすべてを

  • is essentially eel adolescence.

    は本質的にウナギの青春です。

  • So when do eels reproduce, and where do they do it?

    では、ウナギはいつ、どこで繁殖するのでしょうか?

  • Despite its name, the life of a freshwater eel actually begins

    名前とは裏腹に、実は淡水ウナギの生活は始まっています。

  • in the salty waters of the Bermuda Triangle.

    バミューダトライアングルの塩分濃度の高い海で。

  • At the height of the annual cyclone season,

    年に一度のサイクロンシーズンの最盛期。

  • thousands of three-millimeter eel larvae

    鰻の子

  • drift out of the Sargasso Sea.

    サルガッソ海から漂ってくる

  • From here, they follow migration paths to North America and Europe

    ここから北米やヨーロッパへの移住の道を辿ります。

  • continents that were much closer

    大陸はもっと近くにある

  • when eels established these routes 40 million years ago.

    4000万年前にウナギがこれらのルートを確立したとき。

  • Over the next 300 days, Anguilla Anguilla larvae ride the ocean currents

    次の300日間、アンギラの幼虫は海流に乗る

  • 6,500 km to the coast of Europe

    ヨーロッパの海岸まで6,500km-。

  • making one of the longest known marine migrations.

    最も長い間知られている海の移動の一つになっています。

  • By the time they arrive, they've grown approximately 45 mm,

    届く頃には約45mmに成長しています。

  • and transformed into semi-transparent glass eels.

    と半透明のガラスウナギに変身しました。

  • It's not just their appearance that's changed.

    変わったのは外見だけではありません。

  • If most marine fish entered brackish coastal waters,

    ほとんどの海の魚が汽水域の沿岸水域に入った場合。

  • their cells would swell with freshwater in a lethal explosion.

    致死的な爆発で細胞が真水で膨らむだろう

  • But when glass eels reach the coast,

    しかし、グラスウナギが海岸に到達すると

  • their kidneys shift to retain more salt

    腎臓が塩分を保持するようにシフトする

  • and maintain their blood's salinity levels.

    と血液の塩分濃度を維持することができます。

  • Swarms of these newly freshwater fish migrate up streams and rivers,

    これらの新しい淡水魚の群れは、小川や川を回遊しています。

  • sometimes piling on top of each other to clear obstacles and predators.

    時には重ねて障害物や捕食者をクリアすることもあります。

  • Those that make it upstream develop into opaque elvers.

    上流に到達した者は、不透明なエルバーに成長する。

  • Having finally arrived in their hunting grounds,

    ついに彼らの狩場に到着しました。

  • elvers begin to eat everything they can fit into their mouths.

    エルバーは口に入るものは何でも食べ始めます。

  • These omnivores grow in proportion to their diets,

    これらの雑食は食生活に比例して成長していきます。

  • and over the next decade they develop into larger yellow eels.

    そして、次の10年間で、より大きな黄色いうなぎに成長します。

  • In this stage, they grow to be roughly 80 cm,

    この段階では、大体80cmほどに成長します。

  • and finally develop sexual organs.

    そして、最終的には性器を発達させます。

  • But the last phase of eel lifeand the secret of their reproduction

    しかし、ウナギの生命の最後の段階と、その繁殖の秘密は...

  • remains mysterious.

    は謎のままです。

  • In 1896, researchers identified leptocepheli as larval eels,

    1896年、研究者はレプトセフェリを幼生ウナギと同定した。

  • and deduced that they had come to Europe from somewhere in the Atlantic.

    と推理し、大西洋のどこかからヨーロッパに来たのではないかと推理しました。

  • However, to find this mysterious breeding ground,

    しかし、この不思議な繁殖地を見つけるために。

  • someone would have to perform an unthinkable survey of the ocean

    海底調査もしなければならない

  • for larvae no larger than 30mm.

    30mm以下の幼虫用。

  • Enter Johannes Schmidt.

    ヨハネス・シュミットを入力してください。

  • For the next 18 years, this Danish oceanographer

    次の18年間、このデンマークの海洋学者は

  • trawled the coasts of four continents,

    四大陸の海岸をトロールしました。

  • hunting down increasingly tiny leptocepheli.

    ますます小さなレプトセフェリを追い詰める。

  • Finally, in 1921, he found the smallest larvae yet,

    ついに1921年、彼はまだ小さい幼虫を発見しました。

  • on the southern edge of the Sargasso Sea.

    サルガッソ海の南端にある。

  • Despite knowledge of their round trip migration,

    彼らの往復移動の知識にもかかわらず

  • scientists still haven't observed mating in the wild,

    科学者はまだ野生での交尾を 観察していません

  • or found a single eel egg.

    とか、ウナギの卵を一個見つけました。

  • Leading theories suggest that eels reproduce

    一流の説では、ウナギが繁殖するとされています。

  • in a flurry of external fertilization,

    外肥でバタバタしながら

  • in which clouds of sperm fertilize free-floating eggs.

    精子の雲が自由に浮遊する卵子を受精させること。

  • But the powerful currents and tangling seaweed of the Sargasso Sea

    しかし、サルガッソ海の強力な潮流と絡みつく海藻は

  • have made this theory difficult to confirm.

    は、この理論を確認することを困難にした。

  • Researchers don't even know where to look,

    研究者はどこを見ればいいのかもわからない。

  • since they've yet to successfully track an eel

    うなぎの追跡に成功したことがないので

  • over the course of its return migration.

    帰りの移動の過程で

  • Until these challenges can be met,

    これらの課題がクリアできるまで

  • the eel's ancient secret will continue to slip through our fingers.

    ウナギの古代の秘密は 我々の指をすり抜けていくだろう

From Ancient Greece to the 20th century,

古代ギリシャから20世紀まで。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 繁殖 淡水 ヨーロッパ うなぎ 幼虫

誰もウナギのセックスの仕方がわからない - ルーシー・クック (No one can figure out how eels have sex - Lucy Cooke)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 15 日
動画の中の単語