Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • What is trauma?

    トラウマとは何か?

  • A.

    A.

  • Trauma is not merely a terrible event, though it is very much that, too.

    トラウマというのは、単に恐ろしい出来事だけではありません。

  • It is a terrible event that has not been adequately processed, understood and unpicked on that has, through neglect, being able to cast a very long and undeserved shadow over huge areas of experience.

    それは、経験の広大な領域に非常に長い間、十分に処理されていない、理解されていないと、無視することによって、その上にピックされていない恐ろしい出来事である。

  • The concept of trauma was first observed in military contexts.

    トラウマの概念は、軍事的な文脈で初めて観察されました。

  • Let us imagine that in bed one night in a country tourney apart by civil war, we hear a car alarm followed a few seconds later by a huge explosion.

    私たちは、内戦によって離れて国のトーナメントで一晩中ベッドの中で想像してみましょう、私たちは車のアラームを聞いて、数秒後に大爆発が続いています。

  • Our neighborhood is destroyed and several members of our family heir killed.

    近所が破壊されて、家族の相続人が何人か殺されました。

  • We are devastated.

    私たちは壊滅的な打撃を受けています。

  • But under pressure to continue with, our lives are unable to reflect adequately or properly to mourn what has happened.

    しかし、このままではいけないというプレッシャーの中で、私たちの生活は、起こったことを適切に、あるいは適切に追悼することができず、十分に反省することができません。

  • We are forced to move on from a dreadful experience with fateful haste on a lack of emotional assimilation.

    感情の同化ができていない上に、運命的な急ぎ足で悲惨な経験をしてしまったことから、先に進むことを余儀なくされています。

  • And yet the unattended memory of bloodshed, chaos and lost doesn't disappear.

    それでも流血、混沌、喪失の記憶は消えない。

  • Instead, it curdles into an unknown interior presence We called trauma, which means that in the years and decades ahead, even in the most peaceful circumstances, whenever we hear a car alarm, or indeed any high pitched sound that oven elevators ping for example, we are mysteriously, for reasons we don't really understand, thrown back into our original panic, as if 1000 tons of TNT were about to explode.

    代わりに、それは未知の内部の存在にカールする我々はトラウマと呼ばれる、年と数十年先には、最も平和な状況でも、我々は車のアラームを聞くたびに、または実際にオーブンのエレベーターは、例えば、ピンと鳴る任意の高音を意味する、我々は不思議なことに、我々は本当に理解していない理由のために、1000トンのTNTが爆発しようとしていたかのように、私たちの元のパニックに戻って投げられています。

  • Once again, however appalling this could be, psychologists have learned that trauma can as easily be acquired in ostensibly peaceful circumstances.

    もう一度言うが、これがどんなにひどいものであっても、心理学者は、外傷は表向きの平和的な状況では容易に取得することができることを学んできた。

  • We don't need to have bean through a war to be traumatized in multiple ways.

    戦争でマメにスルーされなくても、複数のトラウマになることはありません。

  • Imagine a six year old child who makes an error in a maths exam and takes the news home.

    6歳の子供が算数の試験でミスをして、そのニュースを家に持ち帰る姿を想像してみてください。

  • Suddenly, her father, who drinks too much and might be battling depression and paranoia, flies into a rage, shouts at her, smashes a household object and slams multiple doors.

    突然、酒の飲み過ぎで鬱と被害妄想と闘っているかもしれない父親が激昂し、怒鳴り散らし、家財道具を叩きつけ、複数のドアを叩きつける。

  • From the perspective of a six year old, it feels like the world is ending.

    6歳児の目線で見ると、世界が終わっているような気がします。

  • There is no way to make sense of the moment, beyond taking responsibility for it on as a result, feeling like a terrible human being on from this trauma develops, this one centered around making mistakes.

    このトラウマをきっかけに、ミスを中心としたこのトラウマから、ひどい人間になったような気がして、結果としてその責任を取る以上、その瞬間を意味する方法はありません。

  • Every slip up on this person's part threatens to unleash an explosion in others far into adulthood.

    この人の失敗は、大人になっても爆発を起こす危険性があります。

  • Every time there is a risk of an error, there is a terror that someone else will get demented, Lee furious.

    エラーの危険性があるたびに、誰かが頭がおかしくなる恐怖があり、リーは激怒する。

  • Everyone becomes terrifying because one person in particular who was spine chilling hasn't been thought about and reckoned with in memory.

    特に背筋が凍るような一人の人物が記憶の中では考えもせず侮れないので、誰もが恐ろしい存在になってしまう。

  • The solution in all such cases is to get a better sense of the specific incidents in the past that have generated difficulties in orderto unhook the mind from its expectations.

    このような場合の解決策は、困難を生んだ過去の具体的な事件を把握して、その期待から心を解き放つことです。

  • The clue that we're dealing with the trauma, rather than any sort of justified fear lies in the scale and intensity of feelings, that descending conditions when there is no objective rationale for them.

    私たちがトラウマに対処していることの手がかりは、恐怖の正当化ではなく、感情の規模と強度、それらの客観的な根拠がない場合の降臨条件にあります。

  • It's peace time.

    平和の時間だ

  • A colleague is kind on, yet still there is terror.

    同僚が優しくしてくれているのに、まだ恐怖が残っている。

  • Still, there is self disgust.

    それでも自己嫌悪はある。

  • Still, there is shame.

    それでも羞恥心はある。

  • We know then that we are not dealing with silliness or madness or indeed genuine danger.

    その時、私たちは、愚かさや狂気や真の危険を扱っているのではないことを知っています。

  • But with an UN processed incident from the past casting a debilitating shadow on um or innocent present as traumatized people.

    しかし、国連で処理された過去の事件が、うーんに衰弱した影を落としたり、トラウマを抱えた人々として罪のない現在の人々に影を落としたりしています。

  • The memory of the founding incident is within us.

    建国事件の記憶は私たちの中にあります。

  • But our conscious minds swerve away from the possibility of engaging with it and neutralizing it through rational examination.

    しかし、私たちの意識は、合理的な検討によって、それに関与し、それを無力化する可能性から遠ざかってしまう。

  • When we can finally feel comfortable and safe enough to dare look back will be able to see the traumatizing moment for what it waas outside of our original panic on our youthful or illogical conclusions that it was our fault that we did something wrong, that we are sinful, liberating ourselves, warming, understanding the specific local and relatively unique features of what is traumatized us on, then growing aware of how our minds have multiplied and universalized the difficulty in part to protect us from an encounter which was once too difficult to grapple with.

    我々は最終的に快適で安全に感じることができるときに、あえて振り返ってみると、それは私たちの若々しいまたは非論理的な結論に私たちの元のパニックの外に何のために外傷的な瞬間を見ることができるようになりますそれは私たちが何か間違ったことをしたことが私たちのせいだったことを私たちは罪深いこと、自分自身を解放し、温暖化、私たちに外傷を受けているものの特定のローカルおよび比較的ユニークな機能を理解し、その後、私たちの心がどのように私たちの心を増殖させ、普遍化しているかを認識して成長している困難に対処するために一度はあ

  • We will realize that it was one bomb that exploded and destroyed the neighborhood.

    爆発して近隣を破壊したのは1つの爆弾だったことに気づくだろう。

  • On that, however dreadful this might have bean, there is no reason for all high pitched noises to terrify us.

    その上で、どんなに恐ろしいことに、これは豆を持っているかもしれませんが、すべての高い音が私たちを怖がらせる理由はありません。

  • Similarly, it was one father who screamed at us for making a mistake when we were tiny.

    それと同じように、私たちが小さいときに、私たちがミスをしたことを怒鳴ってくれたのは、ある父親でした。

  • Yet not everyone who is in authority threatens to annihilate us in adulthood.

    しかし、権力者の誰もが成人期に私たちを全滅させると脅しているわけではありません。

  • Countless situations will be frightening so long as individual incidents have not Bean understood and thought through with kindness and imagination, by properly gripping an original event in the claws of our rational adult mind.

    無数の状況は、個々の事件が適切に私たちの合理的な大人の心の爪でオリジナルのイベントを把握することによって、優しさと想像力で理解し、考え抜いたビーンを持っていない限り、恐ろしいことになります。

  • On stripping it of its mystery, we will be able to repatriate fearful emotions on render the world less unnerve ing than it presently seems.

    その神秘を剥ぎ取ることで、我々は世界を現在のように見えているよりも緊張感のない状態にして、恐怖の感情を送還することができるようになるだろう。

  • Life is a whole won't have to be so terrifying once we understand the bits of it that truly once were.

    人生は全体であり、かつて本当にあったその断片を理解すれば、それほど恐ろしいものである必要はありません。

  • How to overcome your childhood is a book that teaches us how character is developed, the concept of emotional inheritance, the formation of our concepts of being good or bad on the impact of parental styles of love on the way we choose adult partners.

    幼少期をどう乗り越えるか」は、性格がどのように発達していくのか、感情の継承の考え方、親の恋愛スタイルが大人のパートナーの選び方に与える影響の良し悪しの概念の形成などを教えてくれる本です。

What is trauma?

トラウマとは何か?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 トラウマ 恐ろしい 爆発 恐怖 事件 感情

トラウマ」とは何か - そしてそれに対処する方法 (What Is "Trauma" - and How to Cope With It)

  • 36 1
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 02 日
動画の中の単語