Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Not getting enough sleep won't just make you cranky.

    睡眠不足は不機嫌になるだけではありません。

  • It could kill you.

    あなたを殺してしまうかもしれません…

  • The United Nations even considers sleep deprivation a form of torture.

    国連は、睡眠不足を拷問の一形態とさえ考えています。

  • And the longer it lasts, the worse it'll get.

    そして、それは長引けば長引くほど悪化していきます。

  • Losing sleep affects people differently, but generally the effects increase as the hours do.

    睡眠不足の影響は人によって変わりますが、一般的に時間が経てばたつほど影響が大きくなります。

  • Just 48 hours without sleep is considered extreme sleep deprivation, but you'll probably get weird before then.

    48時間寝ないだけで極端な睡眠不足とされていますが、その前にあなたは変なことになるかもしれません。

  • After 18 hours with no sleep, you might feel a little drunk.

    18時間も寝ないでいると、少し酔いが回ってくるかもしれません。

  • Staying awake that long is equivalent to having a blood alcohol content of 0.05%, which is what you get with three or four drinks in the span of two hours.

    それほど長く起きているということは、血中アルコール度数が0.05%であることに相当し、2時間の間に3~4杯飲んでいることになります。

  • 24 sleepless hours, that BAC comparison jumps to 0.1%, higher than the legal driving limit in every state.

    24時間寝ないでいると、血中アルコール濃度は0.1%に跳ね上がり、すべての州の法定運転制限よりも高くなります。

  • You might feel foggy, less alert, or uncoordinated, almost like you're wearing sleepy beer goggles, including double or blurry vision.

    視界が二重になったり、ぼやけたりして、眠そうなビールゴーグルをしているような、霧がかかっているような、警戒心が薄れているような、協調性がないような感じがするかもしれません。

  • That's because sleep deprivation slows down our brain cells' ability to talk to each other.

    それは、睡眠不足になると脳細胞同士の相互作用能力が低下するからです。

  • So if you actually are drinking alcohol, drowsiness can increase its effects.

    そのため、実際にお酒を飲んでいる場合は、眠気の影響が大きくなることがあります。

  • And while caffeine could make you feel more alert for several hours, it'll only work up to a certain point.

    そして、カフェインは数時間は警戒心を強めますが、ある一定のポイントまでしか効果がありません。

  • By a day and a half, this could all get worse and then some.

    1日半後には、これが全て悪化して、さらにもっと悪化している可能性があります。

  • Your chances of getting sick are higher than usual because your body can't fight like it normally can,

    あなたの体は通常のように戦うことができないので、病気になる可能性が通常よりも高くなっています。

  • and around this time, your brain and body get so tired that you start experiencing microsleeps, that you start experiencing microsleeps, tiny periods of sleep, maybe around 30 seconds, that you might not even notice.

    そして、この頃になると、脳も体も疲れてきて、マイクロスリープを経験し始ます。30秒くらいの短さなので自分では気づかないかもしれません。

  • Definitely annoying and even dangerous if you're doing something like driving a car.

    これは間違いなく迷惑だし、車の運転のようなことをしていると危険ですらあります。

  • And then there's the potential for hallucinations.

    そして幻覚を見る可能性もあります。

  • Visual distortions are most common.

    視覚の歪みが一番多くみられます。

  • Your water bottle grows to twice its size or moves around the room.

    水筒が2倍の大きさに成長したり、部屋の中を動き回ったりします。

  • But you could also experience sensational or auditory hallucinations, things like feeling someone who's not there tap you on the shoulder or hearing your name being called.

    しかし、感覚的な幻覚や幻聴を体験することもあります。そこにいない誰かがあなたの肩を叩いたり、自分の名前が呼ばれているのを聞いたりするようなことです。

  • [ghostly voice whispering inaudibly]

    (幽霊のような囁き声)

  • Once you hit 48 hours, it's literal torture, which is why extreme-sleep-deprivation studies are now prohibited by law in most countries.

    48時間に達したら、それは文字通りの拷問です。だからこそ、極端な睡眠不足の研究は、今ではほとんどの国で法律で禁止されています。

  • Two days without sleep can cause you to start losing your grip on reality.

    2日間寝ないでいると、現実を見失い始める原因になります。

  • Hallucinations worsen, and you might even undergo depersonalization.

    幻覚が悪化し、脱人格化することもあります。

  • That's the feeling that reality is slipping away, which may or may not include an out-of-body experience.

    それは、現実がすり抜けていくような感覚であり、それは体外体験を含んでいるかもしれないし、含まれていないかもしれません。

  • Tack on extreme anxiety, irritability, stress, and fatigue, and it's no wonder the UN doesn't allow this kind of deprivation.

    極度の不安、苛立ち、ストレス、疲労に加えて、国連がこのような剥奪を許さないのは不思議ではありません。

  • After 72 hours, you're not gonna be able to think about anything but hitting the hay.

    72時間後には何も考えられず、寝ることしか考えられなくなります。

  • Forget about doing simple tasks.

    単純作業をすることすら忘れます。

  • Things like getting dressed or finding a snack could feel overwhelming, partially from fatigue and partially because your ability to regulate emotions is basically out the window.

    着替えたり、お菓子を手に取るなどのことが難しくなり、一部分には疲れのせいで、もう一部分は感情を制御する能力が機能していないからです。

  • Your hallucinations could get more complex, creating fully formed images like a person, or a bear, or maybe a car you shouldn't drive.

    あなたの幻覚はより複雑になり、人や熊、運転してはいけない車のような完全に形成されたイメージを作り出すことができます。

  • And in at least four historical sleep studies, participants reported shared hallucinations, namely something called the hat phenomenon, which is basically a feeling of pressure around your head as if you're wearing a hat.

    そして、少なくとも4つの歴史的な睡眠研究では、参加者は幻覚を共有していると報告しています。つまり、帽子現象と呼ばれるもので、基本的には帽子をかぶっているかのように頭の周りに圧力がかかる感じです。

  • All of this opens the door for paranoia, depression, and delusions.

    そのすべてが、妄想や鬱につながっていきます。

  • Which brings us to 96 hours or more with no sleep.

    96時間以上の睡眠不足になると

  • Say bye-bye to reality, folks.

    現実にサヨナラしましょう、皆さん。

  • More and worse hallucinations and paranoia could lead to sleep-deprivation psychosis, a total snap from the real world.

    ますます悪化していく幻想や被害妄想で、睡眠不足の精神病を引き起こす可能性があり、現実世界からパタッと消えます。

  • Historically, women accused of being witches were kept awake long enough to trigger this psychosis.

    歴史的に、魔女であると非難された女性は、この精神病を引き起こすのに十分な時間、目を覚ましていました。

  • Judges considered their visions and ramblings confessions, leading to the women's convictions.

    裁判官は彼女たちの視界や、ふらふらの自白を考慮して、女性の有罪判決につながりました。

  • Now, the fifth day is sometimes called the turning point.

    さて、5日目をターニングポイントと呼ぶことがあります。

  • This is the danger zone.

    ここが危険地帯です。

  • Your mental health takes a sharp decline, cementing your delusions as your new reality.

    あなたの精神状態は急激に低下し、妄想を新たな現実として定着させます。

  • Eventually, your brain will stop functioning properly in a way that could lead to organ failure and, in rare cases, death.

    最終的には脳が正常に機能しなくなり、臓器不全に陥り、まれに死に至ることもあります。

  • Luckily, recovering from sleep deprivation can be as simple as catching up on sleep, but if you're sleep deprived regularly, you're looking at long-term effects like weight gain, acne, headaches, and high blood pressure, among other things.

    幸いなことに、睡眠不足からの回復は、寝溜めするのと同じくらい簡単ですが、定期的に睡眠不足になると、体重増加、ニキビ、頭痛、高血圧などの長期的な影響が出てきます。

  • And it can take weeks to get back on track.

    そして、元に戻るのに数週間かかることもあります。

  • According to one study, you need four days to recover from losing a single hour of sleep.

    ある研究によると、1時間の睡眠を失っても回復するには4日間必要だそうです。

  • Try getting to bed early instead of sleeping in late, or, better yet, avoid the recovery period entirely by getting seven to eight hours of sleep every night in the first place.

    遅くまで寝るのではなく、早めに寝るようにしたり、毎晩7~8時間の睡眠時間を確保することで、回復期を完全に避けることができます。

Not getting enough sleep won't just make you cranky.

睡眠不足は不機嫌になるだけではありません。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 睡眠 不足 幻覚 時間 悪化 現実

気をつけて!「睡眠不足」はこんなにも危険!

  • 929 51
    Hikaru Kadota に公開 2020 年 12 月 14 日
動画の中の単語