Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • and welcome to watch Mojo.

    とモジョを見るのを歓迎します。

  • And today we're counting down our picks for the top 10 Tame Impala songs straight.

    そして今日はTame Impalaのトップ10曲をストレートにカウントダウンしています。

  • Let's begin.

    始めよう

  • I'm still on track, you know, feeling.

    まだまだ軌道に乗ってますよ、気持ちは。

  • This'll ist.

    これがそうだ

  • We're focusing on the best tame Impala tracks from official studio releases and extended plays.

    公式スタジオリリースやエクステンデッド・プレイの中から、インパラのベスト・テイムなトラックを中心に紹介しています。

  • What's your favorite team in Polytrack?

    ポリトラックで一番好きなチームは?

  • Let us know in the comments.

    コメントで教えてください。

  • Number 10.

    10番です。

  • Half full Glass of Wine reported for Tame Impala's debut EP This track is suitable for any road trip.

    Tame ImpalaのデビューEPで報告されたハーフ・フル・グラス・オブ・ワイン。

  • Kicking off with a little high hat and complemented by a filthy riff, half full glass of wine boasts an undeniable retro vibe, and Kevin Parker's vocal delivery conveys a sly, lackadaisical feel.

    ちょっとしたハイハットでキックオフし、不潔なリフで補完された「Half full glass of wine」は、紛れもないレトロな雰囲気を誇り、ケビン・パーカーのヴォーカルからは、ずる賢くて、物足りない感じが伝わってきます。

  • Lyrically, it's a love story gone wrong on Lee.

    叙情的には、リーのラブストーリーが破綻している。

  • The narrator doesn't seem all too concerned with true romance, as he's clearly got other things on his mind.

    語り手は、明らかに他のことを考えているので、真のロマンスにはあまり関心がないようです。

  • It's a killer track and one that HBO selected to close out a 2010 episode of Entourage.

    それはキラートラックであり、HBOが2010年の「Entourage」のエピソードを締めくくるために選択したものです。

  • Of course, the Zeppelin like drum solo doesn't hurt either.

    もちろんツェッペリンのようなドラムソロも悪くない。

  • Number nine Borderline when the song was released, is an album teaser in April 2019, it was one of the very first all original offerings from Kevin Parker since Currents premiered on Saturday Night Live.

    曲がリリースされたときのナンバー9「Borderline」は、2019年4月にリリースされたアルバムのティザーで、ケビン・パーカーが「サタデー・ナイト・ライブ」で「カレンツ」を初演して以来、非常に初のオールオリジナルのオファーの1つとなった。

  • The upbeat and dreamy sound of borderline is complemented by Parker's musings about a relationship on the brink of collapse and the borderline we all walk between misery and happiness.

    borderlineのアップビートでドリーミーなサウンドは、崩壊寸前の人間関係や、不幸と幸福の間にある境界線についてのパーカーの考察によって補完されている。

  • It's another track that showcases tame Impala's ear for production, Shammari guitars, satisfying synth base and simple yet effective drums While fans air still digesting the slow rush, this track is certainly a standout.

    Shammariのギター、満足感のあるシンセベース、シンプルで効果的なドラムなど、Tame Impalaのプロデュース力が感じられる一曲だが、スローなラッシュを消化しているファンにはたまらない一曲だ。

  • Number eight Apocalypse Dreams.

    ナンバーエイト アポカリプス・ドリームス

  • Despite the titles dark, anticipatory nature, this tame Impala number lives in the moment with Apocalypse Dreams.

    ダークで期待感のあるタイトルにもかかわらず、この控えめなインパラのナンバーは「Apocalypse Dreams」でその瞬間を生きています。

  • It's almost like Parker's caught up in his own head, worrying about what could be and stressed about what already is.

    パーカーが自分の頭の中に巻き込まれて、あり得ることを心配して、すでにあることにストレスを感じているようなものです。

  • Theo Composition leans more toward Pink Floyd psychedelia than 21st century trends, which gives it such a hazy feel.

    Theo Composition 21世紀のトレンドというよりも、ピンク・フロイドのサイケデリアに傾いていて、それがこのようなぼんやりとした雰囲気を醸し出しています。

  • In other words, the narrator's shouldn't be fully trusted, as he's clearly under the influence of something, whether it be his loan arisen, um, or own self doubt, A Z.

    言い換えれば、語り手のは完全に信用してはいけない、彼は明らかに何かの影響下にある、それが彼のローンが発生したかどうか、うーん、または自分自身の自問自答、A Z。

  • One of the albums Early tracks Apocalypse Dreams demonstrates the band's astute production skills.

    初期のアルバムの1つであるApocalypse Dreamsは、バンドの鋭い制作技術を証明しています。

  • Number seven alter ego.

    ナンバー7の分身。

  • Lyrically, the message is quite simple.

    叙情的に、メッセージはとてもシンプルです。

  • With this tame Impala recording, just be yourself using about dreams and the truth, the narrator relays a common feeling.

    この飼いならされたインパラの録音で、ちょうど夢と真実について使用して自分自身である、ナレーターは、一般的な感覚を中継します。

  • Yet the jarring and off kilter instrumentation sells the complete detachment.

    しかし、ジャリジャリしていて、軌道を外れている楽器は、完全な切り離しを売りにしています。

  • Incidentally, the turbulent sound also shows just how conflicted the narrator seems to be as his alter ego pulls him further away from reality that's producing the instability that persists throughout.

    ちなみに、この乱れた音は、語り手がいかに葛藤しているかを物語っており、その分身である自分が現実から遠ざかっていくことで、不安定さを生み出しているようにも見える。

  • By no means a traditional rock single alter ego highlights the band's ability to communicate with sounds and textures.

    伝統的なロック・シングルの分身ではなく、バンドの音と質感のコミュニケーション能力を際立たせている。

  • Number six Breathe deeper, maybe the most memorable track from this 2020 release.

    6位 Breathe deep、多分この2020年リリースの中で最も印象に残っているトラック。

  • Breathe deeper waste No time in drawing in the Listener, with its intimate yet funky sound.

    Breathe deep waste 親密でありながらもファンキーなサウンドで、リスナーを引き込む時間はありません。

  • Emotional piano chords form the foundation here for Kevin to express his anxiety and uncertainty over difficult situations.

    エモーショナルなピアノコードは、ケビンが困難な状況に対する不安や不安を表現するための基盤となっています。

  • It's a fitting track for the overwhelming stress we all felt during 2020.

    2020年の間にみんなが感じた圧倒的なストレスにぴったりのトラックですね。

  • Instead of focusing on the future and what troubles we might face, breathe deeper encourages us to look inward, appreciate what we have and focus on the positives as few as there may be, I was feeling.

    代わりに、未来と我々が直面する可能性がありますどのようなトラブルに焦点を当てるのではなく、深い呼吸は、私たちが内向きに見て、私たちが持っているものに感謝し、そこにあるかもしれないような少数の陽性に焦点を当てることを奨励し、私は感じていました。

  • Sometimes we all need someone to carry us through, so it's good to know that Mr Parker has our back number five mind mischief.

    時には我々はすべての私たちを介して私たちを運ぶために誰かを必要とするので、それは氏パーカーは私たちの背中の番号5心のいたずらを持っていることを知って良いことです。

  • On the surface, this track seems to be a story of unrequited Love Theo title also references how one can play tricks on themselves, placing heavy importance on details that perhaps mean nothing at all.

    表面上では、このトラックは片思いの話のようだが、テオのタイトルはまた、1つはおそらく全く意味がない詳細に重い重要性を置いて、自分自身にトリックを再生することができますどのように参照しています。

  • Theo meditative qualities of mind mischief contrast the steady group, complete with a dose of beetles like psychedelia as the follow up track toe Apocalypse Dreams.

    心のいたずらのTheoの瞑想的な資質は、着実なグループを対照的に、フォローアップトラックtoeアポカリプスドリームスとしてサイケデリアのようなカブトムシの線量で完了します。

  • The song builds upon the loner concept, with the narrator lost in his thoughts and second guessing himself time and time again.

    この曲は一匹狼のコンセプトの上に構築されており、語り手は自分の考えに迷い、何度も何度も自分を疑っています。

  • Elin all It's an evocative production that succeeds through its lyrical subtleties and insinuations.

    Elin all 叙情的な繊細さと示唆に富んだ演出で成功している。

  • Number four Elefant With Given the metaphorical lyrics and bluesy rips, this track naturally became a favorite of movie and television executives, with Parker wailing on about big egos and fragile psyches, the thumping bass creates a distinct garage rock feel, a sound that's more evocative of early tame Impala.

    4位 Elefant With 比喩的な歌詞とブルージーなリプを持つこのトラックは、自然と映画やテレビのエグゼクティブたちのお気に入りとなった。

  • Conceptually, elephants strays from the album's overall vibe, and according to reports, Tom and Paula simply enjoyed the sound and wanted to release cut.

    コンセプチュアルな意味では、エレファントムはアルバム全体の雰囲気から外れており、報道によると、トムとポーラは単にサウンドを楽しんでいて、カット版をリリースしたいと考えていたとのこと。

  • As a result, Elefant gave them a mainstream hit.

    その結果、エレファントは彼らにメインストリームのヒットを与えた。

  • Further cementing, the band is one of Australia's most successful groups of modern rock.

    このバンドがオーストラリアで最も成功しているモダン・ロック・グループの一つであることを、さらに確固たるものにしている。

  • Way number three, The less I know the Better Way A Z, the album's third single, This Tame Impala production is often correlated with the massively popular and surrealistic music video on its own, though the disco inspired track touches on a post break up emotions and how you're typically better off walking away.

    アルバム3枚目のシングル「The less I know the Better Way A Z」は、このTame Impalaの作品は、大人気のシュールでシュールなミュージックビデオと関連していることが多いのですが、ディスコにインスパイアされたこのトラックは、別れた後の感情や、立ち去った方が良いということにも触れています。

  • Just contrast ing the funky aesthetic.

    ファンキーな美学を対比させるだけで

  • The narrator wallows in his misery, slightly hopeful yet still highly skeptical about his ex's romantic wants and needs thier, as the central narrative fully stands out.

    語り手は、中央の物語が完全に際立っているように、彼の元彼のロマンチックな欲求とニーズThierについて、まだ非常に懐疑的で、わずかに希望に満ちた、彼の不幸に苦しんでいます。

  • Certainly in the music video, Parker's phrasing lends a dreamy effect, accentuated by the tracks.

    確かにミュージックビデオでは、パーカーのフレージングがドリーミーな効果をもたらしており、トラックが強調されています。

  • Repetitive Outro number two Let It Happen.

    反復アウトロナンバー2 Let It Happen.

  • It's always for their third studio release.

    彼らのスタジオ3作目のリリースには必ずと言っていいほどあります。

  • Tame Impala further expanded their sound and international appeal with a highly relatable lead single.

    Tame Impalaは、親近感の持てるリード・シングルで、彼らのサウンドと国際的な魅力をさらに拡大した。

  • It's wrong.

    それは間違っている。

  • Try not only does let it happen promote inner peace, but the expansive sound design highlights Tame Impala is evolving musical freedom.

    内なる平和を促進させるだけでなく、Tame Impalaは音楽的な自由を進化させている広大なサウンドデザインを強調しています。

  • Lyrically, certain portions of Let It Happen become repetitive, but this only strengthens the core message, with Parker's soft vocals finding their way to the subconscious.

    叙情的には「Let It Happen」の一部が反復的になっているが、それは核となるメッセージを強化するだけであり、パーカーの柔らかいヴォーカルは潜在意識への道を見つけることができる。

  • Although the track had modest mainstream success, the indie world welcomed it with open arms.

    メインストリームでの成功は控えめでしたが、インディーズ界はこの曲を歓迎しました。

  • Before we unveil our number one pick, here are a few honorable mentions.

    ナンバーワン・ピックを発表する前に、いくつかの栄誉ある賞をご紹介します。

  • Why won't you make up your mind?

    なぜ決心しないの?

  • Why won't they talk to me?

    なぜ話してくれないの?

  • Yeah, New person.

    ええ、新入りです。

  • Same old mistakes.

    相変わらずの過ちだ

  • Shells keep on lying Lost in yesterday.

    貝は嘘をつき続けている 昨日は迷子になってしまった

  • I want more mojo Sound Mojo brings you music from new and emerging artists in all genres from across the globe, from interviews, the live shows and deep dives into music culture Sound Mojo has you covered.

    私はより多くのモジョが欲しい サウンドモジョは、インタビュー、ライブショーや音楽文化への深いダイブから、世界中からすべてのジャンルの新しい、新興のアーティストからの音楽をお届けします サウンドモジョはあなたをカバーしています。

  • Be sure to check out Sound Mojo to find your new favorite artists, even you.

    あなたも、新しいお気に入りのアーティストを見つけるために、Sound Mojoをチェックしてみてください。

  • So Number one feels like we only go backwards.

    だから1番は後ろ向きにしかならないような気がする。

  • Beginning with a declarative chorus, this tame Impala classic exemplifies the core of their modern psychedelic vibe.

    宣言的なコーラスで始まるこの手のかからないImpalaの名曲は、彼らのモダンなサイケデリック・バイブの核心を示している。

  • It's all about Loughner, is, um, it's all about the romantic rejection that can make one feel utterly helpless.

    全てはローフナーの事で、それは、うーん、それは全てロマンチックな拒絶の事で、人は全くの無力さを感じる事ができます。

  • The chilled out production sets the shoe gazing tone, and Parker's high pitched and strained vocals embody the narrator's pure dejection.

    冷え切ったプロダクションが靴を見つめるようなトーンを設定し、パーカーの高音と緊張したボーカルが語り手の純粋な消極感を体現している。

  • Conceptually, it's a brilliant mid album track for the album Loner ism, and the lyrical simplicity exudes a timeless feel.

    コンセプト的にはアルバム『Loner ism』の中盤のトラックとしては見事なもので、叙情的なシンプルさが時代を超えた感を醸し出しています。

  • Certainly when paired with tame Impala's moody aesthetic me, it's an accessible track.

    確かに、Tame Impalaのムーディーな美学を持った私と組み合わせれば、親しみやすいトラックだと思います。

  • Yet there's also a touch of magical realism, as the narrator hopes to escape from some type of fantasy we owe.

    しかし、語り手は、我々が借りているファンタジーのいくつかのタイプから脱出することを望んでいるように、魔法のリアリズムのタッチもあります。

  • Do you agree with our picks?

    私たちのピックに同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    Watch Mojoからこの他の最近のクリップをチェックして、私たちの最新のビデオについて通知されるように購読し、ベルを鳴らすことを確認してください。

and welcome to watch Mojo.

とモジョを見るのを歓迎します。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 語り手 パーカー トラック サウンド リリース アルバム

飼いならされたインパラの曲トップ10 (Top 10 Tame Impala Songs)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 29 日
動画の中の単語