Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Here is to my friend and the Ultimate Choice Award recipient, Aston Kutcher.

    ご紹介しましょう、ティーン・チョイス・アワードを受賞しました、アシュトン・カッチャー!

  • What’s up? Oh wow.

    どうも。うわー、すげー。

  • Okay okay, let’s be brutally honest, this is the old guy award, this is like the grandpa award and after this I gotta go to the geriatric home.

    はいはい、かなり正直に言うとこの賞って年寄りのためのもので、おじいさん向けの賞だから、これもらったら俺、老人ホーム行き決定でしょ。

  • Um, First of all, um, I don’t have a career without you guys.

    えー、まず初めに、皆さんがいなければ俺のキャリアは成り立ちません。

  • I don’t getta do any of the things I getta do without you.

    俺がやりたいことをやれているのは皆さんあっての事です。

  • Um you know, I thought that uh, it might be interesting.

    えー、あの、俺が思ったのは、うーんと、面白い事に

  • You know In Hollywood and in the industry and the stuff we do, there’s a lot of like insider secrets to keeping your career going, and a lot of insider secrets to making things tick. And I feel like a fraud.

    ほら、ハリウッドとかこの業界で俺らがやってることって、自分のキャリアを守るために内部だけの秘密ってやつが結構たくさんあって、あと物事を動かすための内輪だけの秘密ってのがたくさんあるんだけど。俺は何かウソついてる感じがして、

  • My name is actually not even Ashton.

    というのも俺の名前はアシュトンではないんです。

  • Ashton is my middle name.

    アシュトンっていうのはミドルネームで

  • My first name’s Chris.

    ファーストネームはクリス。

  • And,it always has been.

    ずっとクリスだったんだけど、

  • It got changed when I was like 19 and I became an actor, but there are some really amazing things that I learned when I was Chris, and I wanted to share those things with you guys because I think it's helped me be here today.

    19歳の時に俳優になったのをきっかけに名前も変えたんだけど、クリスって名乗っていた時に本当にすごい事を学ぶことができたので、それを今日は皆にお話ししたいと思います。そのおかげで今日ここに立っていることができてるから。

  • So, it’s really 3 things.

    3つあるんだけど、

  • The first thing is about opportunity.

    まず最初はチャンスについて。

  • The second thing is about being sexy.

    次はセクシーであること

  • And the third thing is about living life.

    そして最後は人生を満喫するということ。

  • So first, opportunity.

    まず最初は「チャンス」。

  • I believe that opportunity looks a lot like hard work.

    俺はチャンスっていうのは、頑張って手繰り寄せるものだと思う。

  • When I was 13 I had my first job with my Dad carrying shingles up to the roof and then I got a job washing dishes at a restaurant

    最初の仕事は、13歳の時に父親の手伝いで屋根板を屋根まで運ぶことでその後レストランで皿洗いの仕事をして

  • And then I got a job in a grocery store deli, and then I got a job in a factory sweeping Cheerio dust off the ground.

    次は生鮮食料品店で働いて、その後は工場で床に落ちたチェリオの粉を掃除する仕事なんかもやって。

  • And I’ve never had a job in my life that I was better than.

    今まで余裕でできる仕事なんて1回もしてこなかったから。

  • I was always just lucky to have a job and every job I had was a stepping stone to my next job and I never quit my job until I had my next job.

    いつも仕事が与えられていたのはただただ運が良かっただけで、全ての仕事が次の仕事に向けての足掛かりとなったし、次の仕事が見つかるまでは俺は絶対にその時の仕事は辞めなかった。

  • And so opportunities look a lot like work.

    だから、チャンスっていうのは仕事のように頑張ってつかみ取るものだと思う。

  • Number two, being sexy

    2番目は、セクシーであること。

  • The sexiest thing in the entire world, is being really smart.

    この世で一番セクシーな事って言ったら、スマートに生きること。

  • And being thoughtful.

    頭を使って、

  • And being generous.

    寛大な心を持つこと。

  • Everything else is crap, I promise you.

    これ以外の事は大したことじゃない、ホントに。

  • It’s just crap that people try to sell to you to make you feel like less so don’t buy it.

    周りがくだらない事を言って、自分を価値の無い者みたいに感じさせようとすることもあるけど、そんなのを真に受けちゃダメだから。

  • Be smart, be thoughtful, and be generous.

    スマートに、頭を使って、寛大な心で。

  • The third thing is something that I just re-learned when I was making this movie about Steve Jobs.

    3番目は、俺がスティーブ・ジョブスの映画を撮ってた時に改めて学ばされたことなんだけど、

  • And Steve Jobs said when you grow up you tend to get told that the world is the way that it is and that your life is to live your life inside the world and try not to get in too much trouble,

    スティーブ・ジョブスが言ってたのは、成長していくにつれて周りからは世の中っていうのはそういうものだから自分の人生をその世界の中で生きてあんまり問題を起こさないようにすること、

  • And maybe get an education and get a job and make some money and have a family.

    れから良い教育を受けて、仕事に就いて、お金を貯めて家族を持ちなさい、と言われるものだけど

  • But life can be a lot broader than that when you realize one simple thing.

    単純なあることに気が付くと、人生っていうのはもっと幅広いものになるもので

  • And that is that everything around us that we call life was made up by people that are no smarter than you.

    それは自分の周りを取り囲む「人生」と呼ばれるものを形作る人間たちは、自分よりも優秀なわけでは無いという事実で、

  • And you can build your own things, you can build your own life that other people can live in.

    誰でも自分の人生を作り上げることができて、その自分の人生の中に他の人がいるという形にすることができるから

  • So build a life.

    人生を築き上げていこう。

  • Don’t live one, build one.

    人生の中に生きるのではなくて、人生を作り上げていく。

  • Find your opportunities, and always be sexy. I love you guys.

    チャンスを見つけて、いつもセクシーに。どうもありがとう。

Here is to my friend and the Ultimate Choice Award recipient, Aston Kutcher.

ご紹介しましょう、ティーン・チョイス・アワードを受賞しました、アシュトン・カッチャー!

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 人生 セクシー 仕事 チャンス スティーブ 寛大

アシュトン・カッチャーのスピーチ - ティーン・チョイス・アワード(HQ (Ashton Kutcher Speech - Teen Choice Awards (HQ))

  • 29957 2428
    Anni   に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語