Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I'm going way.

    私が行くわ

  • Welcome to watch Mojo.

    ようこそ、モジョを見るために。

  • And today we're counting down our picks for the top 10 Freddie Mercury performances.

    そして今日は、フレディ・マーキュリーのパフォーマンスのトップ10をカウントダウンしています。

  • We owe crazy little.

    狂ったように小さい借りがある

  • Well, I will.

    まあ、そうするよ。

  • I love you for this list will be looking at Live Freddie Mercury performances with Queen and taking into account the uniqueness of the performance and its cultural impact.

    私はこのリストのためにあなたを愛していますクイーンとのライブフレディ・マーキュリーのパフォーマンスを見て、パフォーマンスのユニークさとその文化的影響を考慮に入れています。

  • I think we'll go with a little Bohemian Rhapsody, gentlemen.

    ボヘミアン・ラプソディにしよう 諸君

  • Good Car Number 10 Saturday Night Live, Ladies and gentlemen, here is Queen.

    グッドカーナンバー10 サタデーナイトライブの皆さん、クイーンの登場です。

  • While it's true that playing SNL has been a common rite of passage for pretty much any major band active since 1975 Queens 1982 performance on the show is noteworthy for two reasons.

    SNLをプレイすることは、1975年以来活動しているかなり多くの主要なバンドのための一般的な通過儀礼であったことは事実ですが、ショーでのクイーンズ1982年のパフォーマンスは、2つの理由で注目すべきです。

  • E.

    E.

  • It would turn out to be Mercury's final US performance with the band, and it was a stellar example of how well the legendary front man can shine even after he damaged his voice, arguing with his boyfriend the Pressure e O family in two singing under pressure without David Bowie as well as nailing a crazy little thing called Love.

    これがマーキュリーの最後のアメリカ公演となり、伝説のフロントマンが声を傷めた後でも輝けることを示す素晴らしい例となり、デヴィッド・ボウイのいないプレッシャーの中で、彼のボーイフレンドであるプレッシャー・イー・オー・ファミリーと口論になり、「愛」という名のクレイジーな小さなものに釘付けになりました。

  • That's what we call Grace under pressure, and for those of you whose thoughts jumped from SNL toe Wayne's world no they didn't play Bohemian Rhapsody.

    それがプレッシャーの中のグレースと呼ばれるもので、SNLからウェインの世界に飛び込んだ人のために......彼らはボヘミアン・ラプソディを演奏していませんでした。

  • Okay, Big number nine Queen Live in Sydney.

    さて、シドニーでのビッグナンバー9クイーンライブ。

  • Part of the charm of Mercury's performance was that he really loved to have fun with the audience.

    マーキュリーの魅力の一部は、観客と一緒に楽しむことが本当に好きだったこと。

  • His lighthearted humor was on full display when Queen played Sydney, Australia, in the second half of their 1985 the Works tour.

    1985年のザ・ワークスツアー後半のオーストラリア・シドニー公演では、彼の軽快なユーモアが存分に発揮されていた。

  • This included the front man pouring water on the audience while telling them they could beat him up afterwards and pretending to play along with Brian May during the We Will Rock You guitar solo.

    これには、フロントマンがオーディエンスに水をかけながら、後から殴ってもいいと言ったり、「ウィー・ウィル・ロック・ユー」のギターソロ中にブライアン・メイと一緒に演奏するふりをしたりすることも含まれていました。

  • Charm aside, this show also had it's quieter, more emotional moments in the fast paced rock Queen is known for number eight Queen Live in Tokyo.

    魅力はさておき、このショーはまた、それの静かな、より感情的な瞬間をテンポの速いロックの中で持っていた クイーンは、ナンバー8のクイーンライブ東京で知られています。

  • After seven months of touring across the world, most performers would be phoning it in by the end.

    7ヶ月間世界中をツアーした後、ほとんどのパフォーマーは最後までに電話をかけてくるだろう。

  • But not Freddie Mercury.

    だがフレディ・マーキュリーは違う

  • I don't hey brought his all to this show, capping off the hot space tour in Tokyo Ra Zawa, a suburb of Tokyo.

    東京郊外の東京ラーザワでの熱い空間ツアーの締めくくりとして、ヘイはこのライヴに全力を注いだ。

  • Mercury's voice, notably cracked in a few places, and the fact that it was January in Japan and they were playing an open air stadium likely didn't make things any easier is well, I Well, I love you, but he and the band members still delivered a stellar show.

    マーキュリーの声は、ところどころひび割れているのが目立ちますし、日本では1月だったので野外のスタジアムで演奏していたこともあって、何かと楽にはなりませんでしたが、彼とバンドのメンバーは相変わらずステラなライヴを見せてくれました。

  • Mercury even delivering some great vocal solos.

    マーキュリーは素晴らしいヴォーカル・ソロも披露しています。

  • Exhausted or not, the members of Queen were clearly enjoying themselves, as evidenced by the way they rocked out, making for an all around incredible performance Number seven Queen at Hyde Park, Justus Queen was hitting the big time.

    疲労困憊していたかどうかはともかく、クイーンのメンバーは明らかに自分たちを楽しんでいた。

  • In the summer of 1976.

    1976年の夏に

  • They played a free show in London's Hyde Park, organized by an up and coming businessman named Richard Branson.

    彼らはロンドンのハイドパークで、リチャード・ブランソンという新進気鋭の実業家が主催する無料のショーを行った。

  • You may have heard of him.

    聞いたことがあるかもしれません。

  • With 150,000 fans present, the event broke the London record for concerts and cemented Mercury as a front man who could work a huge crowd right.

    15万人のファンが集まったこのイベントは、ロンドンでのコンサートの記録を更新し、マーキュリーは大勢の観客を動かせるフロントマンとしての地位を確立しました。

  • It was originally supposed to be shown on TV the following year.

    元々は翌年にテレビで放映される予定だった。

  • While that didn't happen, low quality footage thankfully exists.

    そうはならなかったが、低画質の映像はありがたいことに存在している。

  • The band played their biggest hits at the time, including Killer Queen Stone, Cold Crazy and the relatively new Bohemian Rhapsody, which they split into three parts and separated by other songs.

    キラー・クイーン・ストーン、コールド・クレイジー、比較的新しいボヘミアン・ラプソディなど、当時の大ヒット曲を演奏し、3つのパートに分けて他の曲と分けて演奏しました。

  • So you think you can love make you die?

    愛することで死なせることができると思っているのか?

  • Number six Concert for the People of Kampuchea, Freddie Mercury Sure love to rock out for a cause in December 1979 Paul McCartney and politician Kurt Waldheim staged a Siris of concerts in London's Hammersmith Odeon to raise money for the victims of the war in Cambodia.

    ナンバー6 カンプチャの人々のためのコンサート、フレディ・マーキュリー 1979年12月、ポール・マッカートニーと政治家のカート・ヴァルトハイムは、カンボジアでの戦争の犠牲者のためにお金を集めるためにロンドンのハマースミス・オデオンでコンサートのシリスを開催しました。

  • McCartney played with his band wings, as did the Who, The Clash, Elvis Costello and the Pretenders.

    マッカートニーは、ザ・フー、ザ・クラッシュ、エルヴィス・コステロ、プリテンダーズのように、バンドの翼を使って演奏していました。

  • Queen, of course, performed to and brought the house down with a version of Now I'm Here.

    クイーンはもちろん、「Now I'm Here」のヴァージョンを披露し、ハウスをダウンさせた。

  • It featured Mercury in fine musical form, not to mention shirtless Booth footage of this event available today.

    マーキュリーの音楽をフィーチャーしたもので、シャツを着ていないブースの映像は言うまでもなく、このイベントは今日も開催されています。

  • You can see just how masterfully Mercury could work the crowd, building them into a frenzy before launching into a song for Theo.

    セオのために歌い始める前に、マーキュリーがどれだけ見事に観客を操り、熱狂させることができたかがわかります。

  • Talk about charisma.

    カリスマ性について話す。

  • Number five Barcelona, featuring Montserrat Caballe.

    バルセロナのナンバーファイブ、モンセラット・カバジェをフィーチャーしています。

  • Mercury had one of those voices that got people thinking he could have also sang opera.

    マーキュリーはオペラも歌えたのではないかと思わせるような声をしていました。

  • In 1987 he did the next best thing when he performed alongside opera star Montserrat Caballe.

    1987年には、オペラ界のスター、モンセラット・カバジェと共演したことで、次善の策を講じた。

  • Things is the only entry on our list that doesn't feature the other members of Queen.

    Thingsは、私たちのリストの中で唯一、クイーンの他のメンバーをフィーチャーしていないエントリです。

  • But in their place, Mercury and Caballe are backed by a full orchestra.

    しかし、彼らの代わりにマーキュリーとカバレがフルオーケストラのバックについています。

  • Theo lead single from their 1988 collaborative album by the same name.

    テオの1988年の同名コラボアルバムからのリードシングル。

  • This song was written for the 1992 Barcelona Olympics.

    この曲は1992年のバルセロナオリンピックのために書かれた曲です。

  • Sadly, Mercury would not live to perform it live at the event.

    悲しいことに、マーキュリーはイベントで生演奏することはありませんでした。

  • But this 1987 performance is a testament to just how epic that could have been.

    しかし、この1987年のパフォーマンスは、それがどれほど壮大なものであったかを証明しています。

  • Number four Queen Live at Earls Court London theme to Earls Court concerts in 1977 ended off Queens a day at the Races tour and were noteworthy is the first time the band used its crown shaped lighting rig Thing is also where they started, fully embracing the fact that the audience wanted to sing along with Mercury and be part of the show way.

    1977年にアールズコートのコンサートにアールズコートロンドンのテーマでナンバー4のクイーンライブは、レースツアーでクイーンの日をオフに終了し、注目すべきだったバンドは、その王冠の形をした照明リグを使用した最初の時間ですシングは、彼らが始めた場所でもあり、完全に観客がマーキュリーと一緒に歌い、ショーの方法の一部になりたかったという事実を受け入れています。

  • Thats realization would lead to the creation of We Will Rock You and We Are the Champions and fully cement the band and Mercury's performance style for the rest of their careers.

    それが実現したことでWe Will Rock YouとWe Are the Championsが誕生し、バンドとマーキュリーのパフォーマンス・スタイルは彼らのキャリアの残りの部分で完全に固まっていくことになる。

  • These shows also featured a great version of Killer Queen number three Queen Live in Rio.

    これらのショーはまた、キラー・クイーンのナンバー3クイーン・ライヴ・イン・リオの素晴らしいバージョンをフィーチャーした。

  • It was the first ever edition of the Long Running Rock in Rio Festival, and Queen kept 400,000 and then 250,000 people partying through the two nights in a row.

    ロング・ランニング・ロック・イン・リオ・フェスティバル史上初の開催となり、クイーンは40万人をキープし、その後25万人が2夜連続でパーティーを盛り上げた。

  • Literally, they're headlining Set started at 2 a.m. Both nights, but Mercury clearly was not tired.

    文字通り、彼らはヘッドライナーをしています セットは両夜とも午前2時から始まりましたが、マーキュリーは明らかに疲れていませんでした。

  • His energy was matched only by that of the crowd, which sang and clapped along, similarly showing no signs of fatigue.

    彼のエネルギーは、歌いながら手拍子をする群衆のそれだけで、疲労の兆候は見られなかった。

  • His costumes were his elaborate as ever and in some cases, unique to his performance.

    衣装は相変わらず彼の精巧なもので、場合によっては彼の演技ならではのものもありました。

  • His famous union, Jack Cape, even had the Brazilian flag on the back of it.

    彼の有名な組合、ジャック・ケープはブラジル国旗まで背負っていた。

  • Now that's how you play to a local audience.

    これで地元の視聴者を相手にすることができます。

  • Number two Vocal improvisation, you know, Yeah.

    2番 ボーカルの即興、うん。

  • When Queen played at London's Wembley Stadium in 1986 they got enough great material to release a double album.

    クイーンが1986年にロンドンのウェンブリー・スタジアムで演奏したとき、彼らはダブル・アルバムをリリースするのに十分な素材を手に入れた。

  • But the part of the show that really stood out wasn't one of their hit songs.

    でも、ショーの中で本当に目立っていたのは、彼らのヒット曲の一つではありませんでした。

  • Instead, it was an improvised bit Mercury did between tunes.

    その代わりに、曲の合間にマーキュリーが即興でやっていたのです。

  • E.

    E.

  • The Front Man led an audience in a vocal Colin response game for roughly two minutes.

    フロントマンは、約2分間、観客を率いてコリンのボーカル・レスポンスゲームを行った。

  • It showcase not only Mercury's vocal range but also his ability to work a room, even a huge room packed to the rafters, and do so without relying on the well crafted lyrics and melodies he's famous for.

    この曲はマーキュリーのヴォーカル・レンジだけでなく、彼が有名なよく練られた歌詞とメロディーに頼らずに、大人数の部屋でさえも、彼の能力を発揮できることを示しています。

  • Can't go any higher than that.

    それ以上は無理だ

  • Thats wasn't the only time Mercury tried something like this, but it was the biggest.

    マーキュリーの試みはこれだけではないが 最大のものだった

  • Want more mojo?

    もっとモジョが欲しい?

  • Sound Mojo brings you music from new and emerging artists in all genres from across the globe, from interviews, toe live shows and deep dives into music culture Sound Mojo has you covered.

    Sound Mojoは、インタビューから、音楽文化Sound Mojoにライブショーと深いダイブをつま先から、世界中からすべてのジャンルの新しい、新興のアーティストからあなたに音楽をもたらしますあなたをカバーしています。

  • Be sure to check out Sound Mojo to find your new favorite artists You So No, no, no, Yeah, Number one queen at Live Aid, You know, holding your own when you're sharing a stage with the likes of the Rolling Stones and the Who is not an easy task.

    あなたの新しいお気に入りのアーティストを見つけるためにSound Mojoをチェックしてください You So No, no, no, no, Yeah, Number one Queen at Live Aid, You know, holding your own when you're sharing your stage with the likes of the Rolling Stones and the Who is not a easy task.

  • But at Live Aid.

    でもライブエイドでは

  • Mercury didn't just hold his own in front of an estimated 72,000 people at Wembley Stadium and 1.9 billion watching around the world he stole the show took the car.

    マーキュリーは、ウェンブリー・スタジアムで推定72,000人の前で彼自身を保持していないだけでなく、彼はショーを盗んだ世界の周りを見て19億は車を取った。

  • Instead of playing just a few songs, Queen packed condensed versions of six of their biggest hits into the 21 minutes set.

    クイーンは数曲を演奏する代わりに、彼らの最大のヒット曲6曲を凝縮したバージョンを21分のセットに詰め込んだ。

  • The passion, showmanship and top notch musical chops combined to make this not only Mercury's best performance, but one of the greatest rock performances of all time thing.

    情熱とショーマンシップ、そして一流の音楽的センスが融合して、これはマーキュリーの最高のパフォーマンスであるだけでなく、すべての時間のものの中で最も偉大なロックパフォーマンスの一つとなった。

  • Do you agree with our picks?

    私たちのピックに同意しますか?

I'm going way.

私が行くわ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マーキュリー クイーン 演奏 パフォーマンス フレディ ショー

トップ10 フレディ・マーキュリーのパフォーマンス (Top 10 Freddie Mercury Performances)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 24 日
動画の中の単語