Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • So that's Johnny Depp, of course.

    翻訳: Machiko Garcia 校正: Yuko Yamanouchi

  • And that's Johnny Depp's shoulder.

    そう、ご覧のとおりジョニー・デップです。

  • And that's Johnny Depp's famous shoulder tattoo.

    そしてこれがジョニー・デップの肩。

  • Some of you might know that, in 1990,

    そしてこれがジョニー・デップの肩にある有名なタトゥーです。

  • Depp got engaged to Winona Ryder,

    ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、1990年に

  • and he had tattooed on his right shoulder

    デップはウィノナ・ライダーと婚約して

  • "Winona forever."

    右の肩にタトゥーを入れました。

  • And then three years later --

    「ウィノナ・フォーエバー (永遠に) 」

  • which in fairness, kind of is forever by Hollywood standards --

    そして3年後 --

  • they broke up,

    ハリウッド基準で言えば3年は永遠ですよね --

  • and Johnny went and got a little bit of repair work done.

    ふたりは別れ

  • And now his shoulder says, "Wino forever."

    ジョニーはちょっとした手直しを加えました。

  • (Laughter)

    今は「飲んだくれフォーエバー」です

  • So like Johnny Depp,

    (観衆 笑)

  • and like 25 percent of Americans

    ジョニー・デップと同じく、

  • between the ages of 16 and 50,

    16歳から50歳までのアメリカ人のうち

  • I have a tattoo.

    25%の人たちと同じく、

  • I first started thinking about getting it in my mid-20s,

    私もタトゥーを入れました。

  • but I deliberately waited a really long time.

    思いついたのは20代半ばでしたが、

  • Because we all know people

    すぐに実行せず、じっくり慎重に考えました。

  • who have gotten tattoos when they were 17

    誰でも知っているとおり

  • or 19 or 23

    17歳のときにタトゥーを入れた人たちは

  • and regretted it by the time they were 30.

    19歳でも23歳でもいいですが

  • That didn't happen to me.

    30歳になる頃には後悔します。

  • I got my tattoo when I was 29,

    私には当てはまりませんでした。

  • and I regretted it instantly.

    私は29歳のときにタトゥーを入れましたが、

  • And by "regretted it,"

    即座に後悔したのです。

  • I mean that I stepped outside of the tattoo place --

    「後悔した」というのは

  • this is just a couple miles from here

    タトゥーの店から外に出て --

  • down on the Lower East Side --

    ここからほんの数マイルのところですが

  • and I had a massive emotional meltdown in broad daylight

    ローワー・イーストサイドの先です --

  • on the corner of East Broadway and Canal Street.

    真っ昼間なのに感情の糸が切れてしまったのは

  • (Laughter)

    イースト・ブロードウェイとカナル・ストリートの交差点でした。

  • Which is a great place to do it because nobody cares.

    (観衆 笑)

  • (Laughter)

    ちょうど良い場所でした。誰も気にとめませんから。

  • And then I went home that night, and I had an even larger emotional meltdown,

    (観衆 笑)

  • which I'll say more about in a minute.

    その夜、家に帰ってからもっと大きな感情の波に飲まれましたが

  • And this was all actually quite shocking to me,

    その話はまた後で。

  • because prior to this moment,

    実を言うと、かなりショックなことでした。

  • I had prided myself

    なぜなら、そのときまで

  • on having absolutely no regrets.

    誇りにしていたのです

  • I made a lot of mistakes

    後悔することなどひとつもないと。

  • and dumb decisions, of course.

    間違うことは多々ありますし

  • I do that hourly.

    バカな選択をすることも、もちろんあります

  • But I had always felt like, look, you know,

    1日に何度もありますよ。

  • I made the best choice I could make

    でも、いつもはこう思っていたのです

  • given who I was then,

    そのときの自分の状況や、

  • given the information I had on hand.

    そのときの持てる限りの情報では

  • I learned a lesson from it.

    それが私にできる最善の選択だった、と。

  • It somehow got me to where I am in life right now.

    間違いから学ぶこともありました。

  • And okay, I wouldn't change it.

    間違ったおかげで今の私の人生があるのだと。

  • In other words, I had drunk our great cultural Kool-Aid about regret,

    だからOK、間違ったこともそのままでいい。

  • which is that lamenting things that occurred in the past

    別の言い方をすれば、後悔に関してこのように信じ込まされていたのです

  • is an absolute waste of time,

    過去に起きたことを嘆くのは

  • that we should always look forward and not backward,

    まったく時間の無駄で

  • and that one of the noblest and best things we can do

    後ろ向きにならず常に前向きであるべきで

  • is strive to live a life free of regrets.

    私たちにできる最も崇高で最善のことは

  • This idea is nicely captured by this quote:

    後悔のない人生にするよう努めることである、と。

  • "Things without all remedy

    この考え方は、このセリフによく言い表されています

  • should be without regard;

    「取り返しのつかぬことなど

  • what's done is done."

    考えてみたってしかたがない

  • And it seems like kind of an admirable philosophy at first --

    終わったことは終わったこと。」

  • something we might all agree to sign onto ...

    一見、素晴らしい考え方に思えますよね --

  • until I tell you who said it.

    誰もが同意書にでもサインしてしまうような…

  • Right, so this is Lady MacBeth

    これが誰のセリフなのかを知るまでは。

  • basically telling her husband to stop being such a wuss

    そう、これはマクベス夫人が

  • for feeling bad about murdering people.

    そんなに意気地のないことでどうするの、と

  • And as it happens, Shakespeare was onto something here,

    人を殺して落ち込む夫に言ったセリフです。

  • as he generally was.

    ここにはシェイクスピアのなんらかの意図があります

  • Because the inability to experience regret

    シェイクスピアがいつもそうするように。

  • is actually one of the diagnostic characteristics

    なぜなら後悔を感じないことは

  • of sociopaths.

    実際には精神病と診断される

  • It's also, by the way, a characteristic of certain kinds of brain damage.

    特徴だからです。

  • So people who have damage

    それから、ある種の脳の損傷の特徴だそうです。

  • to their orbital frontal cortex

    脳の眼窩前頭皮質に

  • seem to be unable to feel regret

    損傷のある人は

  • in the face of even obviously very poor decisions.

    後悔を感じることができないそうです

  • So if, in fact, you want to live a life free of regret,

    たとえ、明らかにまずい決断を目の前にしても。

  • there is an option open to you.

    だからもし、本当に後悔の無い人生を送りたいのなら、

  • It's called a lobotomy.

    そのような選択肢もあります。

  • But if you want to be fully functional

    ロボトミーと言うんですけど。

  • and fully human

    ただ、もしも十分に脳が機能する状態で

  • and fully humane,

    十分に人間らしく

  • I think you need to learn to live, not without regret, but with it.

    人道的でありたいなら、

  • So let's start off by defining some terms.

    後悔しないのではなく、後悔とともに生きることを学ぶ必要があります。

  • What is regret?

    言葉を定義するところから始めましょうか。

  • Regret is the emotion we experience

    後悔とは何でしょう?

  • when we think that our present situation

    後悔とは、過去に何か違うことをしていれば

  • could be better or happier

    現在の状況がもっと

  • if we had done something different in the past.

    満足のいくものであったのではないかと

  • So in other words, regret requires two things.

    思考をめぐらすときに伴う感情です。

  • It requires, first of all, agency -- we had to make a decision in the first place.

    別の言い方をすれば、後悔には2つのことが必要です。

  • And second of all, it requires imagination.

    まず第一に、対象が必要です -- なんらかの決断をしていること。

  • We need to be able to imagine going back and making a different choice,

    そして第二に、想像力が必要です。

  • and then we need to be able to kind of spool this imaginary record forward

    過去に戻って違う選択をするところを想像できること、

  • and imagine how things would be playing out in our present.

    そして、頭の中でその選択をスプール再生して、

  • And in fact, the more we have of either of these things --

    違う選択をしていたら今頃どうなっていたか想像するのです。

  • the more agency and the more imagination

    事実、そのようなことを積み重ね --

  • with respect to a given regret,

    多くの決断をすればするほど、

  • the more acute that regret will be.

    そして違う過去を想像をすればするほど、

  • So let's say for instance

    その後悔はどんどん研ぎすまされていきます。

  • that you're on your way to your best friend's wedding

    例えばの話をしましょう

  • and you're trying to get to the airport and you're stuck in terrible traffic,

    あなたは親友の結婚式に参列するために

  • and you finally arrive at your gate

    空港に向かう途中、ひどい渋滞にはまってしまいました。

  • and you've missed your flight.

    そしてようやくゲートにたどり着いたら

  • You're going to experience more regret in that situation

    もう飛行機は飛び立った後でした。

  • if you missed your flight by three minutes

    あなたがもっと後悔するのは

  • than if you missed it by 20.

    フライトに20分遅れたときよりも

  • Why?

    3分遅れたときです。

  • Well because, if you miss your flight by three minutes,

    なぜでしょう?

  • it is painfully easy to imagine

    それは、3分遅れたときのほうが

  • that you could have made different decisions

    悲しいかな、想像しやすいのです

  • that would have led to a better outcome.

    もっと良い結果につながる

  • "I should have taken the bridge and not the tunnel.

    違う決断をすることもできたと。

  • I should have gone through that yellow light."

    「トンネルではなく橋を渡るべきだった。

  • These are the classic conditions that create regret.

    黄信号で止まらなければ良かった。」

  • We feel regret when we think we are responsible

    これは典型的な後悔の条件です。

  • for a decision that came out badly,

    決断が悪い結果に終わったのは自分の責任だ、

  • but almost came out well.

    もう少しでうまくいったのに、と思うとき

  • Now within that framework,

    私たちは後悔します。

  • we can obviously experience regret about a lot of different things.

    このフレームワークで、

  • This session today is about behavioral economics.

    当然私たちはさまざまなことに後悔の念を抱きます。

  • And most of what we know about regret

    今日の講演は行動経済学についてです。

  • comes to us out of that domain.

    後悔について知られていることのほとんどは

  • We have a vast body of literature

    行動経済学に基づいています。

  • on consumer and financial decisions

    膨大な文献があります。それは

  • and the regrets associated with them --

    消費者と金銭的な決断

  • buyer's remorse, basically.

    そしてそれにまつわる後悔 --

  • But then finally, it occurred to some researchers to step back

    基本的には購入者の悔恨についてです。

  • and say, well okay, but overall,

    ところで、もっと大枠で捉えた場合、

  • what do we regret most in life?

    人生で一番後悔することは何なのかという

  • Here's what the answers turn out to look like.

    疑問を持った研究者たちがいました。

  • So top six regrets --

    ここにあるのが、その答えです。

  • the things we regret most in life:

    上位6つの後悔 --

  • Number one by far, education.

    私たちが人生で最も後悔することの

  • 33 percent of all of our regrets

    断トツの一位は、教育。

  • pertain to decisions we made about education.

    後悔していること全体のうち33%が

  • We wish we'd gotten more of it.

    教育に対して下した決断に関連しています。

  • We wish we'd taken better advantage of the education that we did have.

    もっと勉強すれば良かったと思っています。

  • We wish we'd chosen to study a different topic.

    受けた教育をもっと活かせば良かったと思っています。

  • Others very high on our list of regrets

    もっと違ったテーマを勉強すれば良かったと思っています。

  • include career, romance, parenting,

    これ以外に後悔のリストで上位なのは

  • various decisions and choices about our sense of self

    キャリアや恋愛、子育て、

  • and how we spend our leisure time --

    自分自身に関するさまざまな決断と選択

  • or actually more specifically,

    余暇をどう過ごすか --

  • how we fail to spend our leisure time.

    というよりも、より具体的には

  • The remaining regrets

    どうすれば余暇を無駄にせずに済むか。

  • pertain to these things:

    残りの後悔は

  • finance, family issues unrelated to romance or parenting,

    次のようなことに関係しています

  • health, friends,

    金銭、恋愛と子育て以外の家族問題、

  • spirituality and community.

    健康、友人関係、

  • So in other words, we know most of what we know about regret

    精神面のことや、地域社会。

  • by the study of finance.

    金融関係の調査だけを見ていると、後悔するのは

  • But it turns out, when you look overall at what people regret in life,

    金銭面に関わることばかりのように思われがちです。

  • you know what, our financial decisions don't even rank.

    人生で後悔することの全体像を見てみると、

  • They account for less than three percent of our total regrets.

    いいですか、金銭的な決断などランク外なのです。

  • So if you're sitting there stressing

    全体の後悔の3%にも満たないのです。

  • about large cap versus small cap,

    だから今あなたがストレスに感じている

  • or company A versus company B,

    大型株か小型株か、

  • or should you buy the Subaru or the Prius,

    会社Aか会社Bか、

  • you know what, let it go.

    スバルを買うかプリウスを買うか、

  • Odds are, you're not going to care in five years.

    そんなことは気にしなくていいです。

  • But for these things that we actually do really care about

    5年後にはどうでも良くなっています。

  • and do experience profound regret around,

    しかし、私たちが本当に気にかけている事柄を

  • what does that experience feel like?

    心の底から後悔するとき

  • We all know the short answer.

    それはどんな気分でしょう?

  • It feels terrible. Regret feels awful.

    誰もがその答えを知っています。

  • But it turns out that regret feels awful

    悲惨です。後悔は最悪の気分です。

  • in four very specific and consistent ways.

    後悔が最悪の気分になるのには

  • So the first consistent component of regret

    普遍的な4つの要素があります。

  • is basically denial.

    さて、後悔を構成する1つめの要素は

  • When I went home that night after getting my tattoo,

    基本的に、否定です。

  • I basically stayed up all night.

    私がタトゥーを入れて家に帰った夜、

  • And for the first several hours,

    ほぼ一睡もできませんでした。

  • there was exactly one thought in my head.

    そして始めの数時間、

  • And the thought was,

    私の頭の中にはひとつのことしかありませんでした。

  • "Make it go away!"

    それは、

  • This is an unbelievably primitive emotional response.

    「消えて無くなれ!」

  • I mean, it's right up there with, "I want my mommy!"

    これは信じられないほど原始的な情動反応です。

  • We're not trying to solve the problem.

    「うえーん!ママー!」と同じですよね。

  • We're not trying to understand how the problem came about.

    問題を解決しようとしていません。

  • We just want it to vanish.

    なぜその問題が起こったのか考えようとしていません。

  • The second characteristic component of regret

    ただひたすら消えて欲しいのです。

  • is a sense of bewilderment.

    後悔の2つめの特徴的な要素は

  • So the other thing I thought about there in my bedroom that night

    困惑です。

  • was, "How could I have done that?

    私がその夜に寝室で考えていた、もうひとつのことは、

  • What was I thinking?"

    「どうしてこんなことをしたんだろう?

  • This real sense of alienation

    一体私は何を考えていたの?」 です。

  • from the part of us that made a decision we regret.

    後悔するような決断をした

  • We can't identify with that part.

    自分の中の何者かを、切り離すような感覚です。

  • We don't understand that part.

    それが何者なのか分かりません。

  • And we certainly don't have any empathy for that part --

    それを理解することもできません。

  • which explains the third consistent component of regret,

    決して共感できるところなどなく --

  • which is an intense desire to punish ourselves.

    そしてこれが後悔の3つめの要素ですが、

  • That's why, in the face of our regret,

    自分を罰したいという強い願望になります。

  • the thing we consistently say is, "I could have kicked myself."

    だから後悔している人はいつも

  • The fourth component here

    「自分自身を蹴飛ばしてやりたい」と言います。

  • is that regret is what psychologists call perseverative.

    4つめの要素は

  • To perseverate means to focus obsessively and repeatedly

    心理学者が保続と呼ぶ後悔です。

  • on the exact same thing.

    「保続する」 とは、全く同じことを

  • Now the effect of perseveration

    何度も繰り返すという意味です。

  • is to basically take these first three components of regret

    ここでの保続の働きは

  • and put them on an infinite loop.

    後悔のはじめの3つの要素を取り出して

  • So it's not that I sat there in my bedroom that night,

    無限に繰り返すループを作ることです。

  • thinking, "Make it go away."

    ですから、あの夜私が寝室で考えていたことは

  • It's that I sat there and I thought,

    「消えて無くなれ」 ではなく、

  • "Make it go away. Make it go away.

    こう考えていたのです

  • Make it go away. Make it go away."

    「消えて無くなれ、消えて無くなれ、

  • So if you look at the psychological literature,

    消えて無くなれ、消えて無くなれ」

  • these are the four consistent defining components of regret.

    心理学の文献を読むと、

  • But I want to suggest that there's also a fifth one.

    以上が後悔の4つの特徴的な要素だそうです。

  • And I think of this

    でも私はここに5つめを提案したいと思います。

  • as a kind of existential wake-up call.

    後悔を経験することで

  • That night in my apartment,

    ある種の「気づき」に到達するのです。

  • after I got done kicking myself and so forth,

    あの夜アパートの部屋で、

  • I lay in bed for a long time,

    自分を蹴飛ばし終わってから、

  • and I thought about skin grafts.

    ベッドに横たわって長い時間、

  • And then I thought about how,

    皮膚の移植について考えていました。

  • much as travel insurance doesn't cover acts of God,

    それから考えたのは

  • probably my health insurance did not cover acts of idiocy.

    旅行保険が天災など神の領域には適応されないのなら、

  • In point of fact, no insurance covers acts of idiocy.

    私の健康保険も愚かさの領域には効かないのでは?

  • The whole point of acts of idiocy

    事実、愚かさをカバーしてくれる保険などありません。

  • is that they leave you totally uninsured;

    愚かな行動に出ることは、本質上、

  • they leave you exposed to the world

    無保険のままでいるのと同じです。

  • and exposed to your own vulnerability and fallibility

    無防備なまま世界に身をさらし

  • in face of, frankly, a fairly indifferent universe.

    正面から真っすぐに、公正で公平な世界に

  • This is obviously an incredibly painful experience.

    自分の弱さや過ちを見せつけます。

  • And I think it's particularly painful for us now in the West

    これは言うまでもなく、非常に辛いことです。

  • in the grips of what I sometimes think of

    そして、特に私たちのように

  • as a Control-Z culture --

    「Ctrl+Z」に慣れてしまった

  • Control-Z like the computer command,

    現代社会の人間には --

  • undo.

    コンピューターの取り消しコマンドの

  • We're incredibly used to not having to face

    「Ctrl+Z」のことです。

  • life's hard realities, in a certain sense.

    私たちはある意味で、信じられないほど不慣れです

  • We think we can throw money at the problem

    人生の厳しい現実に向き合うことに。

  • or throw technology at the problem --

    問題が起こったら資金を投入するか

  • we can undo and unfriend

    テクノロジーを駆使すれば --

  • and unfollow.

    「取り消し」 や 「友達から外す」

  • And the problem is