Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • High up in California Sierra Nevada Mountains near snowpack-filled lakes, there lives one

    カリフォルニア州のシエラネバダ山脈の高地にある、雪が積もった湖の近くに、1つの生活をしています。

  • of the greatest threats to biodiversity in human history.

    人類史上、生物多様性に対する最大の脅威の一つである。

  • That threat is a recently discovered

    その脅威は、最近発見された

  • fungus and its victims are these guys. Yes frogs. In this case, the extremely rare yellow

    菌類とその被害者はこいつらです。そう、カエルです。この場合、非常に珍しい黄色の

  • legged frog. These elusive amphibians have lost over 80% of their population, due to

    足のあるカエル。これらのつかみどころのない両生類は、以下の原因で人口の80%以上を失っています。

  • an extremely deadly fungal infection. And they aren't the only species at risk, the frogs

    致命的な真菌感染症です危険なのはカエルだけではありません

  • are part of a larger global amphibian crisis that is brought 32% of all the known species

    は、すべての既知の種の32%をもたらしているより大きな世界的な両生類の危機の一部です。

  • of frogs, salamanders and caecilians to the brink of extinction in no small part due to

    カエル、サンショウウオ、カイアシ類が絶滅の危機に瀕しているのは、その原因の一部ではありません。

  • this fungus.

    この菌類。

  • This loss of biodiversity threatens to have a wide ranging impact from disrupting habitats,

    このような生物多様性の喪失は、生息地の破壊から幅広い影響をもたらす恐れがあります。

  • to preventing the advancement of medical research.

    医学研究の進展を防ぐために

  • Now, scientists are heading out to the mountains, in an effort to save

    今、科学者たちは山に向かっています。

  • this important species before it's too late.

    手遅れになる前にこの重要な種を

  • When we talk about that mountain yellow legged frogs were really talking about two

    私たちがその山の話をするとき、黄色の足のカエルは本当に2つの話をしていた。

  • species, Rana muscosa which is the southern species and Rana sierrae,

    種、南方種のRana muscosaとRana sierrae。

  • which is the northern species that occurs north of Mather Pass.

    はメイザー峠の北側に生息する北方種です。

  • Both species are very closely related, and they both live

    どちらの種も非常に近縁で、どちらも生きています。

  • in very high alpine lakes, usually above 8,000 feet.

    通常は8,000フィート以上の非常に高い高山の湖にある。

  • These unique frogs weren't always rare. In fact, their numbers were abundant before

    これらのユニークなカエルは必ずしも珍しいものではありませんでした。実際、以前は数が豊富でした。

  • more people began to settle around the Sierra Nevada Mountains in the late 1800s.

    1800年代後半には、シエラネバダ山脈周辺に多くの人々が定住するようになりました。

  • There are reports of people in the early 1920s, you know, not being able to walk through a

    1920年代初頭には、人が通れなくなったという報告があります。

  • meadow without stepping on a frog.

    カエルを踏まない草原

  • Those same settlers led to the initial decline of the frog population.

    これらの同じ入植者が、カエルの個体数の最初の減少をもたらしました。

  • In order to attract tourists and fishermen, they brought non native fish species to the

    観光客や漁師を誘致するために、非在来種の魚を持ち込んで

  • Sierra, specifically trout. Trout happened to feed on tadpoles and young frogs.

    シエラ、特にトラウト。トラウトはたまたまオタマジャクシや若いカエルを食べていました。

  • So, unsurprisingly, the amount of frogs in the Sierra quickly plummeted when they arrived,

    そのため、当然のことながら、シエラのカエルが到着すると、その量は急速に激減した。

  • The fish started being removed in the 1990s, and that did lead to a rebound,

    1990年代に魚が撤去され始め、それが反発につながった。

  • but a far greater threat was on the horizon.

    しかし、はるかに大きな脅威が地平線上にありました。

  • Unfortunately, not very long after that is when the fungal disease chytridiomycosis

    残念なことに、それは非常に長い後ではないときに真菌症シトリジウム真菌症です。

  • comes into the Sierra Nevadas.

    シエラネバダに入ってくる。

  • Chytridiomycosis is caused by the fungus batrachochytrium dendrobatidis.

    キトリ真菌症は、バトラキチトリウム・デンドロバティディスという真菌が原因で起こります。

  • We sometimes just call it BD for short,

    略してBDと呼ぶこともあります。

  • sometimes we just call it chytrid. It was only first written about in 1998. So, there's

    シトリッドと呼ぶこともあります。それが初めて書かれたのは 1998年のことですということで、そこには

  • still a lot we don't know about this disease, but its discovery has been a huge breakthrough

    この病気についてはまだ多くのことがわかっていないが、その発見は大きなブレークスルーとなっている

  • and understanding why amphibian populations have been declining so rapidly.

    また、両生類の個体数が急速に減少している理由を理解しています。

  • And, unfortunately, it also has

    また、残念ながら、それはまた

  • somehow spread. Literally throughout the world.

    いつの間にか広がっていました。文字通り世界中に

  • So on every continent where frogs exist, chytridiomycosis also exists.

    つまり、カエルが存在するすべての大陸には、キトリ菌症も存在しているのです。

  • It's responsible for a third of the world's amphibians becoming threatened.

    世界の両生類の3分の1が絶滅の危機にさらされています。

  • We already believe that about 100 species have gone extinct because of chytridiomycosis.

    すでに約100種がキトリ菌症のために絶滅したと考えられています。

  • Of course there are other factors that are affecting amphibian populations like

    もちろん、以下のような両生類の個体数に影響を与える要因は他にもあります。

  • habitat loss, invasive species and climate change, but chytrid is recognized as a major

    生息地の損失、侵入種、気候変動などの問題がありますが、シトリッドは主なものとして認識されています。

  • factor, and its lethal effects can be attributed to the unique way that a frog can breathe.

    その致死的な効果は、カエルが呼吸する独特の方法に起因していると考えられています。

  • The frogs osmoregulate through their skin which just means that their skin is permeable

    カエルは皮膚が透過性であることを意味する皮膚を介して浸透調節する

  • and water and gases can really kind of pass through the skin. Frogs can stay underwater

    水やガスは皮膚を通過しますカエルは水中にいることができます

  • for a very long period of time because they can absorb oxygen, through their skin that

    彼らは酸素を吸収することができますので、非常に長い時間のために、その皮膚を介して

  • way. Unfortunately, it also means they can absorb fungal spores, and those fungal spores

    のように。残念ながら、それはまた、彼らが真菌の胞子を吸収することができることを意味し、それらの真菌の胞子は

  • that they're when their body reacts to it. What it does is it tries to slough off that

    体がそれに反応した時ですそれが何をするかというと、それは、それを剥ぎ取ろうとします

  • infected skin, and it's impossible for them to slough off enough to get rid of

    感染した皮膚には、それを取り除くのに十分な量のスルスルができません。

  • it, and eventually what happens is they die of heart failure.

    そして最終的に何が起こるかというと、彼らは心不全で死ぬのです。

  • So once the fungus is present in the water. There's really no way for the frogs to get

    菌が水中に存在してしまえばカエルにはどうしようもなく

  • around it.

    その周りに

  • I think what makes it so difficult is that it's so ubiquitous just in the water supply.

    難しいのは、水道だけでユビキタスになっていることだと思います。

  • You know how do you treat the entire range of the Sierra Nevada Mountains?

    シエラネバダ山脈の全範囲をどう扱うか知ってるか?

  • Since treating native habitat is out. That means the frogs must be inoculated back at

    在来の生息地を処理することはできません。カエルにも接種しなければならない。

  • the lab at the Oakland Zoo. Fortunately, the researchers here have a plan to treat and

    オークランド動物園の研究室です幸いなことに ここの研究者達には 治療法と

  • release their yellow legged patients back into the wild. And the solution starts by

    黄色い足の患者を野生に戻します解決策は次のようにして始まります

  • getting to the frogs early before they're technically frogs at all

    かえるのはやがえる

  • Chytridiomycosis is really just affects the keratin on the frog. Keratin is, you know,

    カエルのケラチンに影響を与えているだけです。ケラチンはね

  • a human it's like your fingernails or your hair that kind of thing but on frogs their

    人間で言えば爪や髪の毛のようなものだが カエルで言えば

  • their keratin their keratinized skin is really in that webbing between their toes and on

    角質化した皮膚は足の指と足の指の間にある ウェービングの中にあります

  • the inside of their thighs. It's where the skin is more permeable. As tadpoles, the only

    太ももの内側。そこは皮膚がより浸透しているところです。オタマジャクシとしては

  • keratinized part of the body is the mouthparts.

    角質化している部分は口元です。

  • And so it doesn't seem to have a major effect on tadpoles.

    なので、オタマジャクシには大きな影響はないようです。

  • But just getting a hold of some tadpoles is an ordeal, because of the frogs' remote

    しかし、ちょうどいくつかのオタマジャクシのホールドを取得するため、カエルのリモートの試練である

  • habitat, a helicopter trip courtesy of a partnership with the California Department of

    カリフォルニア州政府との提携によるヘリコプターでの旅行では、生息地を訪れた際には、その生息地に生息している生物を観察することができます。

  • Fish & Wildlife is needed to retrieve the healthy tadpoles from their mountainous

    フィッシュ&ワイルドライフは、山の中から健康なオタマジャクシを回収するために必要とされています。

  • dwelling.

    住居。

  • Once in the lab, Rousser's team will raise the frogs under optimal conditions,

    研究室に入ると、ルーサーのチームは最適な条件でカエルを飼育します。

  • until they're ready for a high tech upgrade.

    ハイテクアップグレードの準備が整うまでは

  • Our goal is to bring them up to a size of 40 millimeters measured from their tip of

    私たちの目標は、彼らの先端から測定された40ミリメートルのサイズにそれらを持って来ることです。

  • their snout to the tip of their back end, it's called the snout vent length. And the

    鼻先から後端の先端までの長さを 鼻口の長さといいますそして、その長さは

  • reason for that is because then we can implant them with a microchip. So basically,

    その理由は、マイクロチップを埋め込むことができるからですだから基本的には

  • frog cyborgs, it's just

    カエルのサイボーグ、それはただの

  • like the microchip that you would use for your dog or cat, that allows us then to track

    あなたの犬や猫に使用するマイクロチップのように、私たちはそれから追跡することができます。

  • those frogs over the long term after they've been released. Okay, maybe not

    解放された後の長期的なカエルたちですそうかもしれませんが

  • full on cyborgs, but the implanted microchip does allow the California Department of Fish

    完全なサイボーグですが 移植されたマイクロチップは カリフォルニア州魚類局を許可しています

  • and Wildlife to scan the frogs and track them for several years after being released into

    に放流されてから数年後には、カエルをスキャンして追跡しています。

  • the wild. Once they're fully formed and ready, the frogs are intentionally exposed to the

    野生の完全に形成されて準備ができたら、カエルは意図的に

  • fungus, which is done under close supervision of course.

    菌類はもちろんのこと、綿密な監視の下で行われています。

  • We actually test them every single week we treat them at about three weeks, or when they

    私たちは実際に毎週テストをしています......私たちは約3週間でそれらを治療するか、または彼らが

  • reach 600,000 copies of the critical infection intensity. So ideally we want them

    臨界感染強度の60万コピーに到達しますだから理想的には

  • to develop a moderate level of infection, allow their immune systems to kick in and

    中等度の感染症を発症し、免疫システムが作動するようにして

  • then we treat them. And then that way when they go back to the wild and they're released.

    私たちは彼らを治療しますそうすれば、野生に戻った時に、解放されます。

  • They may get a moderate level of the infection, but they're never going to get so

    中程度の感染症にはなるかもしれませんが、そこまでの感染症にはならないでしょう。

  • sick that it's going to kill them

    殺処分されそうで気持ち悪い

  • After the frogs have been microchipped, treated, observed and have built up an

    カエルにマイクロチップを付け、治療を行い、観察して、カエルに

  • immunity to chytrid, it's back to the helicopter for return to their home in the mountains.

    キトリドに免疫があるので、山の中の家に戻るためにヘリコプターに戻ってきました。

  • It may seem like a lot of work for a small group of rare frogs.

    珍しいカエルの少人数で大変そうに見えるかもしれません。

  • But amphibians are much more important to people than may be readily apparent.

    しかし、両生類は人間にとっては意外と重要な存在なのです。

  • Not everybody notices their inherent beauty and worth what I usually say to people is

    誰もが自分の本質的な美しさや価値に気づくわけではなく、私が普段から人に言っていることは

  • well. How do you feel about mosquito-borne illnesses? There are a lot of problems that

    をよく考えてみてください。蚊が媒介する病気についてどう感じていますか?多くの問題がありますが

  • can be caused by mosquitoes and frogs eat mosquitoes.

    は蚊が原因の場合もありますし、カエルが蚊を食べる場合もあります。

  • The other thing is that tomorrow's medicines may come from frogs.

    もう一つは、明日の薬はカエルから来るかもしれないということです。

  • In addition to being vital to medical research and saving us from mosquito-borne illnesses,

    医学研究に欠かせないだけでなく、蚊が媒介する病気から私たちを救ってくれます。

  • which honestly already seems like enough.

    正直なところ、もう十分だと思います。

  • Frogs can also tell us about how healthy our ecosystem is and what

    カエルはまた、私たちの生態系がどれだけ健全であるかを教えてくれたり

  • dangers might be right around the corner.

    危険はすぐそこにあるかもしれません。

  • Frogs are considered an indicator species, which means that because they are very

    カエルは指標種とされていますが、その理由は、カエルは非常に

  • sensitive and absorb through their skin, they're going to be the first thing to react to

    敏感に反応して肌を通して吸収してしまうと

  • some sort of pollutants or chemical in your system, and because they're amphibians,

    汚染物質や化学物質が体内に入っていて 両生類だからです

  • they can alert you to problems on water and on land.

    水上や陸上での問題を警告することができます。

High up in California Sierra Nevada Mountains near snowpack-filled lakes, there lives one

カリフォルニア州のシエラネバダ山脈の高地にある、雪が積もった湖の近くに、1つの生活をしています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 カエル 生息 皮膚 感染 山脈 マイクロ

このカエルを殺す真菌は、全体の種を一掃する可能性があります。 (This Frog-Killing Fungus Could Wipe Out Entire Species)

  • 0 1
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 17 日
動画の中の単語