Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • the idea of the whole child pays respect to the fact that there are many aspects of human potential that grades can't measure.

    子供全体の考えは、学年では測れない人間の可能性の多くの側面があるという事実に敬意を表しています。

  • Besides curiosity and intelligence, Children may want to develop creativity, passion, resilience, intuition, confidence, generosity, mindfulness humor and many, many other important traits.

    好奇心と知性に加えて、子供たちは、創造性、情熱、回復力、直感、自信、寛大さ、マインドフルネスのユーモアと多くの、他の多くの重要な特性を開発したいと思うかもしれません。

  • Edith Ackerman's theory of the Whole Child development identifies four natural urges that drive our growth throughout childhood into adult life.

    全体の子供の開発のEdith Ackermanの理論は大人の生活に幼年期を通して私達の成長を運転する4つの自然な衝動を識別する。

  • Being me, us, the world and human creations.

    私であること、私たちであること、世界であること、そして人間の創造物であること。

  • Each of these four urges can be divided into two sub categories.

    これらの4つの衝動のそれぞれは、2つのサブカテゴリに分けることができます。

  • Toe.

    つま先

  • Understand them better.

    彼らをよりよく理解する。

  • Let's look at the theory from the perspective of a young girl.

    若い女の子の目線で理論を見てみましょう。

  • Being me is about learning to use my body and exploring my mind.

    私であることは、自分の体を使い、自分の心を探求することを学ぶことです。

  • Tha bility to control my body allows me to discover the world, and as a result, I could get to know where I'm at and who I am.

    自分の体をコントロールすることで、世界を発見することができ、その結果、自分がどこにいるのか、自分が誰なのかを知ることができるようになりました。

  • By using my body, I put my five senses toe work.

    自分の体を使うことで、五感を使ってつま先立ちをしています。

  • This is how I learned to walk, speak, listen and develop healthy habits.

    こうして、歩き方、話し方、聞き方、健康的な習慣を身につけることができました。

  • Soon I might impress older folks with my clear speech, good posture and other physical capabilities.

    もうすぐ、私は年配の方に、はっきりとした話し方、姿勢の良さ、その他の身体能力を印象づけるかもしれません。

  • Knowing myself helps me to develop a voice in my home and find my place in this world.

    自分を知ることで、家の中での声を育て、この世界での自分の居場所を見つけることができます。

  • It allows me to learn what I like, what I don't like and what potential is still inside of me.

    自分の好きなこと、嫌いなこと、可能性が自分の中に残っていることを知ることができます。

  • By knowing who I am, I can understand my own subjectivity and form an identity.

    自分が誰であるかを知ることで、自分の主観を理解し、アイデンティティを形成することができます。

  • I am proud off us is about how I relate to friends, family and strangers and my understanding of their thoughts, feelings and behaviors.

    私が誇りに思っているのは、友人や家族、見知らぬ人との関わり方や、彼らの思考や感情、行動の理解についてです。

  • Let me begin with relating to others.

    まずは人と関わることから始めようと思います。

  • As a child, I seek the love, attention and respect from my parents.

    子供の頃は、親に愛情や注意、尊敬を求めていました。

  • But I also have a fundamental natural urge to have social interactions with others.

    でも、人との交流を持ちたいという根源的な自然な衝動もあります。

  • That means I need to learn to share and care so I could belong one day.

    それは、いつか自分のものになるように、共有とケアを学ぶ必要があるということです。

  • I want to become a respected member of a group while keeping my own identity.

    自分らしさを保ちつつ、尊敬されるグループの一員になりたい。

  • Understanding others is another thing.

    他人を理解することとは別物です。

  • I want to learn about my friends and their emotions.

    友達の感情を知りたい。

  • Intentions, Ways of thinking and behaviors interest me.

    意図、考え方、行動に興味があります。

  • I want to learn to move away from my own limited point of view and integrate other people's perspective to develop more complex understanding of morality and social problems.

    自分の限られた視点から離れ、他人の視点を統合して、道徳や社会問題への複雑な理解を深めていくことを学びたいと思います。

  • Yeah, making sense of the world means figuring out how things work.

    そう、世界を理解するということは、物事の仕組みを理解するということだ。

  • That's why we play through exploration.

    だからこそ、探り探りで遊ぶのです。

  • I quench my thirst for seeking logic and discover this universe.

    私は論理を求め、この宇宙を発見したいという渇きを癒す。

  • Adults call it exploring and investigating.

    大人はそれを「探究」「調査」と呼んでいます。

  • We call it play.

    私たちはそれを遊びと呼んでいます。

  • That's how we learn.

    そうやって学んでいくのです。

  • Sometimes it gets messy, but by playing I realize that some things change while others don't.

    時には面倒なこともありますが、プレイすることで、変化することもあれば、変化しないこともあることを実感しています。

  • In other words, I learn how things work.

    つまり、物事の仕組みを学ぶのです。

  • Later, I could become a real scientist who plays with big ideas and theories and explains the workings of this world to you.

    後に、大きな考えや理論で遊んで、この世界の仕組みを説明してくれる本物の科学者になれるかもしれません。

  • I am seeking logic all the time, as Children don't just want to discover how things work.

    子どもたちは、物事の仕組みを発見したいだけではないので、私は常に論理を求めています。

  • We also look for consistency where there is little to make sense of this world.

    また、この世界の意味がほとんどないところにも一貫性を求めています。

  • We filter, interpret and reconstruct what we experience into mental models.

    私たちは、経験したことをフィルタリングし、解釈し、メンタルモデルに再構築します。

  • I think adults call them schema.

    大人はスキーマと呼んでいるのではないでしょうか。

  • This urge for order helps me to reorganize.

    この秩序への衝動が、私の整理整頓を助けてくれています。

  • What I learn in for rules and apply fundamental laws in real life human creations is about me being able to imagine alternatives in my head.

    現実の人間の創造物にルールや基本法則を適用するために学んだことは、自分の頭の中で代替案を想像できるようになることです。

  • If I can image something new, I am able to go and actually created.

    新しいものをイメージすることができれば、実際に行って作ることができます。

  • Imagine ating is one of humans.

    イマジンアティングは人間の一人です。

  • Greatest achievements without imagination.

    想像力のない偉大な業績。

  • All innovation would happen by chance.

    すべてのイノベーションは偶然に起こるだろう。

  • That's why I need fantasy in a lot of free time to play.

    だからこそ、暇な時間に遊ぶにはファンタジーが必要なんだよ。

  • Pretend this way I will learn to think out of the box through creations.

    このようにふりをして、私は創造を通して、箱の外の思考を学ぶことになります。

  • I can express my thoughts and bring my imagination toe life.

    自分の考えを表現して、想像力を爪先に持ってくることができます。

  • And there are hundreds of ways to do so.

    そして、その方法は何百通りもあります。

  • I can create atmosphere with my voice ideas with my head and pictures that I paint with my hand.

    頭で考えた声のアイデアと、手で描く絵で雰囲気を出すことができます。

  • If I am given the space, I can create cozy rooms beneath the kitchen table or one day when I'm older.

    スペースを与えられれば、キッチンテーブルの下に居心地の良い部屋を作ったり、年を取ったある日には、キッチンテーブルの下に居心地の良い部屋を作ったり。

  • Design an entire house.

    家全体をデザインする。

  • Edith Ackerman was born in Switzerland in 1946.

    エディス・アッカーマンは1946年スイス生まれ。

  • After graduating, she became a protege of Jean Pierre Jai at M.

    卒業後、Mでジャン・ピエール・ジャイの弟子となる。

  • I T.

    I T.

  • Media Lab, where she spent most of her career.

    キャリアの大半を過ごしたメディアラボ。

  • She was exploring the interactions between play learning and design.

    遊びの学習とデザインの相互作用を探っていた。

  • Whole Child Development, also known as holistic education, seeks to engage Children in the whole of there.

    全児童発達は、また、全人的な教育として知られている、そこの全体で子供たちを従事させようとしています。

  • Being and potential.

    存在と可能性。

  • It assumes that each child arrives at this world with their own set of talents and interests that are, to some degree completely independent from the child's upbringing.

    それは、それぞれの子供が、子供の教育からある程度完全に独立した独自の才能と興味のセットで、この世界に到着することを前提としています。

  • Some refer to this whole as the mind, body and soul.

    この全体を心、体、魂と呼ぶ人もいます。

  • The Swiss educator Pest Alozie referred to it as the hand, the heart and the head, and further, still many others try to sum up a child in 48 skills, social, emotional and so forth.

    スイスの教育者ペストアロジーは、手、心、頭と呼ばれ、さらに、まだ多くの他の人が48のスキル、社会的、感情的ななどで子供をまとめようとします。

  • But does any such division actually pay respect to the whole?

    しかし、そのような分割は、実際には全体に敬意を払っているのでしょうか?

  • Does it capture a sense of humor and appreciation of the arts or the ability to be mindful?

    ユーモアや芸術鑑賞のセンスを捉えているのか、それともマインドフルネスの能力を捉えているのか。

  • For this reason, the work of Ackerman offers a more wholesome perspective.

    そのため、アッカーマンの作品は、より健全な視点を提供しています。

  • What are your thoughts?

    あなたの考えはどうですか?

  • Please share them in the comments below Sprouts videos are published under the Creative Commons license.

    以下のコメントでそれらを共有してください スプラウトの動画は、クリエイティブ・コモンズライセンスの下で公開されています。

  • That means our videos are free and anyone can download, edit and play them for personal use and public schools, governments and nonprofit organizations can also use them for training online courses or designing new curriculums.

    つまり、私たちのビデオは無料で、誰でもダウンロード、編集、再生して個人的に使用することができ、公立学校、政府、非営利団体は、オンラインコースのトレーニングや新しいカリキュラムの設計にも使用することができます。

  • Toe Help us stay independent and support our work.

    つま先 独立して仕事をサポートしてくれます。

  • You can join our patrons and contribute.

    パトロンの皆様に参加していただき、貢献していただくことができます。

  • Just visit patryan dot com slash sprouts.

    patryanドットコムのスラッシュスプラウトをご覧ください。

  • Even $1 can make a difference.

    1ドルでも違いが出てきます。

the idea of the whole child pays respect to the fact that there are many aspects of human potential that grades can't measure.

子供全体の考えは、学年では測れない人間の可能性の多くの側面があるという事実に敬意を表しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 子供 仕組み 理解 創造 全体 マインドフルネス

子どもの全体の発達:生活のために重要な8つのこと (Whole Child Development: 8 Things That Matter for Life)

  • 5 1
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 30 日
動画の中の単語