Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • way go to a meeting with our colleagues, and we see that half the people around the table are distracted by their devices and are not really fully present with us.

    私たちの同僚との会議に行く方法と私たちは、テーブルの周りの半分の人々は彼らのデバイスに気を取られているし、本当に完全に私たちと一緒に存在していないことを参照してください。

  • We sit down on our desks, toe work on a big project and yet find ourselves checking email or scrolling a slack channel or doing something else rather than the thing we planned to do with our time.

    私たちは机の上に座り、大きなプロジェクトのつま先作業をしているにもかかわらず、メールをチェックしたり、だらだらとしたチャンネルをスクロールしたり、自分の時間を使って何かをするのではなく、他のことをしていることに気づくのです。

  • What is going on here?

    ここで何が起こっているのか?

  • And is it really technology that is to blame, or is there something deeper going on?

    そして、それは本当に技術のせいなのか、それとももっと深いところで何かが起こっているのか?

  • Companies like Kohut get kids hooked.

    Kohutのような企業は子供を夢中にさせます。

  • Thio, in classroom learning fit bod gets people hooked to exercising in the gym.

    ティオ、教室でフィットボディを学ぶことで、人々はジムでの運動に夢中になります。

  • Bite foods gets people hooked to healthier food options.

    一口サイズの食品は、人々をより健康的な食品の選択肢に夢中にさせます。

  • But of course, there's also a flip side that when we design products to be engaging, sometimes some products with some people are overused and we can become distracting.

    しかし、もちろん、エンゲージメントを重視して製品をデザインしていると、一部の人たちとの製品が過剰に使われてしまい、気が散ってしまうこともあるという裏返しもあります。

  • And what I learned is that distraction, it turns out, is not a new problem that, in fact, Plato talked about the problem of distraction 2500 years ago.

    そして、私が学んだことは、気晴らしは、それが判明したことは、2500年前にプラトンが気晴らしの問題について話していたことは、新しい問題ではないということです。

  • He called it a crazy this tendency that we all have to do things against our better interest, and it's a fascinating question, I think.

    彼はそれを狂ったようなこの傾向と呼んでいました 私たちは皆、自分たちの利益に反することをしなければならない、それは魅力的な質問だと思います。

  • Why is it that despite knowing what to Dio, we don't do the things we know we should.

    ディオに何をすべきかわかっているにもかかわらず、やるべきだとわかっていることをやらないのはなぜだろうか。

  • We know we should exercise.

    運動した方がいいのはわかっています。

  • We don't we know we should eat better.

    もっと美味しく食べるべきだとは思っていません。

  • We don't We know we should work on that big project and we procrastinate.

    大きなプロジェクトに取り組むべきだとわかっていても、先延ばしにしてしまう。

  • Why don't we do the things we know we should?

    やるべきだとわかっていることをなぜやらないのか?

  • And so, in order to understand this fundamental question, I think we have to start by understanding What do we mean when we use this term distraction?

    この根本的な疑問を理解するためには、まず、この「気晴らし」という言葉を使うときに何を意味するのかを理解することから始めなければならないと思います。

  • The best way to understand what distraction is is to understand what distraction is not.

    気晴らしとは何かを理解するには、気晴らしとは何かを理解するのが一番です。

  • The opposite of distraction is not focus.

    気晴らしの反対はピントが合わないことです。

  • The opposite of distraction turns out to be traction.

    気晴らしの反対はトラクションであることがわかります。

  • If you look at the Entomology of the word, traction and distraction, both come from the same Latin root trickery, which means to pull and you both.

    単語の昆虫学を見てみると、牽引と気晴らし、どちらも同じラテン語の根っこのtrickeryから来ていて、引っ張ることを意味していて、あなたとあなたの両方を意味しています。

  • You'll notice that both words end in the same six letters.

    両方の単語が同じ6文字で終わることに気づくでしょう。

  • They both end in a c t i o N action.

    どちらもc t i o Nアクションで終わります。

  • So traction is any action that pulls us towards what we want to do.

    つまり、トラクションとは、自分のやりたいことに向かって引っ張っていく行動なのです。

  • Things that we do with intent.

    意図してやっていること。

  • Now the opposite of traction is distraction.

    今、牽引の反対は気晴らしです。

  • Anything we do that pulls us away from what we plan to do.

    計画したことから引き離されるようなことは何でもする。

  • Things that we do without intent.

    意図せずにやってしまうこと。

  • Now this is important for a few reasons.

    さて、これはいくつかの理由から重要です。

  • One, I think it frees us from this ridiculous moral hierarchy that what I do with my time is fine.

    一つは、自分の時間を使って何をするかは問題ないという、この馬鹿げた道徳的なヒエラルキーから私たちを解放してくれると思います。

  • But with what you do with your time, that's frivolous.

    しかし、自分の時間を使って何をするかというと、それは軽薄なことだ。

  • So you spending time on Facebook or Candy Crush?

    FacebookやCandy Crushに時間を費やしているのか?

  • No, that's a waste of time.

    いや、それはもったいない。

  • But me watching football for three hours.

    しかし、私は3時間サッカーを見ていた。

  • That's okay.

    いいんだよ

  • Why, If they're done with intent, If these are things that are consistent with your values that you plan to do with your time, they're both perfectly fine pastimes.

    なぜ、それらが意図して行われている場合は、これらがあなたの時間で行う予定のあなたの価値観と一致しているものである場合、それらは両方とも完全に立派な娯楽です。

  • The other thing that's important about this dichotomy is that we can realize that anything can become a distraction.

    この二項対立でもう一つ大切なのは、何でもかんでも気が散ってしまうことに気づくことができるということです。

  • For example, in my case, I would sit down on my desk and I would promise myself that now I'm going to get to work.

    例えば、私の場合は、机の上に座って「今から仕事に行くぞ」と自分に約束します。

  • Now I'm going to do that thing that I procrastinating on.

    今、私は先延ばしにしていたことをやるつもりです。

  • I'm going to finally do what it is.

    最終的には何をするかというと

  • I said.

    と言ったんです。

  • I'm going to dio right after I check email right after I scroll that slack channel and something that felt work E.

    私はそのたるんだチャンネルと仕事Eを感じた何かをスクロールした後、私は右のメールをチェックした後にDIOに行くつもりです。

  • It felt like something I needed to do anyway for my my work right.

    自分の仕事の権利のために、とにかくやらなければならないことのような気がしていました。

  • We all have to check email.

    みんなでメールチェックをしています。

  • That's just part of our jobs.

    それも仕事のうちだ

  • However, if it's not what you plan to do with your time, if it's something that you are not doing with intent, it is just as much of a distraction.

    しかし、自分の時間を使って何かをするつもりでやっているのではなく、意図してやっていないことであれば、それはそれで気が散ってしまうのと同じです。

  • So the next question is, why are we prompted Thio either do actions that take us towards traction or distraction?

    だから次の質問は、なぜ私たちはティオのどちらかがトラクションや気晴らしに向かって私たちを取るアクションを実行するように促されているのですか?

  • Well, there are two things that prompt us to take these actions the first or what we call the external triggers.

    さて、これらの行動をとるように促すものは2つあります。第一に、私たちは外部トリガーと呼んでいます。

  • External triggers are things in our environment that prompt us to either traction or distraction.

    外部トリガーとは、私たちの環境の中にあるもので、私たちに牽引や気晴らしを促すものです。

  • So if an external trigger like a paying a ding, a ring, a notification, even a colleague prompts you to do something you plan to do with your time, it's leading you towards traction.

    だから、支払いの電話、呼び出し音、通知、同僚でさえも、自分の時間を使って何かをするように促すような外部トリガーがあれば、それはあなたを牽引する方向へと導いているのです。

  • However, if one of these notifications, uh, takes you off track, prompt you to do something you didn't plan to dio, as it was the case when I was with my daughter, when my phone buzzed and I was on my device as opposed to being present with her, it led me towards distraction.

    しかし、これらの通知の1つが、ええと、あなたを軌道から外し、計画していなかったことをするように促します。娘と一緒にいた時にそうだったように、私の携帯電話が鳴った時、私は彼女と一緒にいるのとは対照的に、私のデバイスを使用していました。

  • However, as much as we blame these external triggers, it turns out the most common source of distraction are not the things outside of us, but rather the fact that distraction tends to start from within us these air.

    しかし、我々 はこれらの外部トリガーのせいにすると同じくらい、それは気晴らしの最も一般的なソースは私たちの外のものではなく、むしろ気晴らしが私たちの中からこれらの空気を開始する傾向があるという事実が判明します。

  • What we call the internal triggers internal triggers are these uncomfortable emotional states that we seek to escape from.

    私たちが内部トリガーと呼んでいるものは、内部トリガーは、私たちがから脱出しようとするこれらの不快な感情状態です。

  • And so if we're going to answer Plato's question of why do we do things against our better interests?

    プラトンの質問に答えようとするならなぜ人は自分たちの利益に反することをするのか?

  • We have to start a layer deeper.

    もっと深い層から始めないと

  • We have to start with the question of why do we do anything and everything?

    私たちは、なぜ私たちは何でもかんでもするのかという疑問から始めなければなりません。

  • Most people, if you ask them, why do people do what they do?

    大抵の人は、聞いてみれば、なぜ人は自分のすることをするのか?

  • What's the fundamental nature of human motivation?

    人間のモチベーションの根本的な性質は?

  • They'll give you some version of carrots and sticks.

    ニンジンとスティックのバージョンをくれます。

  • This is called Freud's pleasure principle that everything we do is about the pursuit of pleasure and the avoidance of pain.

    これは、私たちの行動はすべて快楽の追求と苦痛の回避に関するものであるというフロイトの快楽原理と呼ばれています。

  • But neurologically speaking, that is not true.

    しかし、神経学的にはそうではありません。

  • That, in fact, what we now know is that everything that we do, we do for one reason, and that is to escape from discomfort.

    それは、実は、今、私たちが知っていることは、ある理由で、私たちがすることはすべて、不快感から逃れるためにすることです。

  • We know this to be true physiologically if you think about it, if you go outside and it's cold, you put on a coat, and if it's hot once you walk back inside you take it off.

    考えてみれば、外に出て寒ければコートを着て、中に入って暑ければ脱ぐ、というのが生理的には正しいことがわかります。

  • If you're hungry, you feel hunger pangs.

    お腹が空いていると空腹感を感じます。

  • You eat and when you're stuffed you've eaten too much.

    食べて、詰まると食べ過ぎてしまう。

  • That doesn't feel good.

    それは気分が悪いですね。

  • You stop eating.

    食べるのをやめて

  • So these air physiological sensations that prompt us towards action The same rule applies to psychological discomfort.

    だからアクションに向かって私たちを促すこれらの空気の生理的感覚 同じルールは、心理的な不快感に適用されます。

  • So let me ask you, what website or app do people check when they're feeling lonely?

    そこでお聞きしたいのですが、人は寂しい時にどんなサイトやアプリをチェックしているのでしょうか?

  • Where do we go?

    どこに行くの?

  • Facebook?

    フェイスブック?

  • Let me said tinder also true, Different kind of loneliness, but also And what about when we're feeling bored?

    私はティンダーも本当だと言ってみましょう、孤独の異なる種類のだけでなく、また、我々は退屈を感じているときはどうでしょうか?

  • Where do we go when we're feeling bored?

    飽きたと思ったらどこに行くの?

  • We check YouTube, we look at red and we look at stock prices, sports scores, Pinterest.

    YouTubeをチェックしたり、赤を見たり、株価やスポーツのスコア、Pinterestを見たりしています。

  • All of these products and services cater to this uncomfortable emotional itch, this feeling that we don't want to experience.

    これらの製品やサービスはすべて、この不快な感情的なかゆみ、私たちが経験したくないこの感覚に対応しています。

  • Therefore, if we conclude that all behavior is prompted by a desire to escape discomfort, that means that time management is pain management, that the latest life hacks and gurus techniques don't work unless we fundamentally understand this fact that time management is pain management.

    したがって、すべての行動は不快感から逃れたいという欲求によって促されていると結論づけるならば、時間管理は痛みの管理であるというこの事実を根本的に理解しない限り、最新のライフハックや達人のテクニックは通用しないということになります。

  • If we do not deal with the reason why we are looking for escape, why we are getting distract in the first place?

    逃げ場を求めている理由に対処しないと、そもそもなぜ気が散ってしまうのか?

  • Why we want to take our mind off of this emotional discomfort.

    この感情的な不快感から心を離したくなる理由

way go to a meeting with our colleagues, and we see that half the people around the table are distracted by their devices and are not really fully present with us.

私たちの同僚との会議に行く方法と私たちは、テーブルの周りの半分の人々は彼らのデバイスに気を取られているし、本当に完全に私たちと一緒に存在していないことを参照してください。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 気晴らし トリガー 外部 意図 時間 プラトン

ニール・エヤルで不定愁訴人になる方法 (How to Become Indistractable with Nir Eyal)

  • 31 2
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 30 日
動画の中の単語