Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Transcriber: Leslie Gauthier Reviewer: Krystian Aparta

    書き手: Leslie Gauthierレスリー・ゴーティエ レビュアークリスティアン・アパルタ

  • What can we learn from children about being better humans?

    より良い人間になるために、私たちは子どもたちから何を学ぶことができるのでしょうか?

  • They're fiercely loyal to their friends,

    彼らは仲間に猛烈に忠誠心を持っています。

  • fast to defend, quick to apologize

    擁護も謝罪も早い

  • and swift to forgive.

    許すのが早い

  • But as a past kindergarten teacher --

    でも、元幼稚園の先生としては...

  • always a kindergarten teacher at heart --

    幼稚園の先生はいつも心の中で

  • I want to share with you

    あなたと共有したい

  • a surprising lesson I learned from them about being asked for help.

    助けを求められることについて、彼らから学んだ意外な教訓。

  • I love human behaviors --

    人間の行動が好きなんだ

  • how we act differently in different situations and environments --

    私たちがどのように異なる状況や環境で異なる行動を取るか -- 。

  • and these cute five-year-olds with their adorable cheeks

    とほっぺが可愛い5歳児たち。

  • and the perfect height to give warm, morning hugs to

    暖かく朝のハグをするのに最適な高さです。

  • and almost a competitive love for high fives,

    と、ほぼハイタッチに負けず劣らずの愛情を持っています。

  • were so interesting.

    はとても面白かったです。

  • My first class was called a Mars class.

    私の最初のクラスは火星クラスと呼ばれていました。

  • I had 10 students,

    10人の生徒がいました。

  • and each were so full of character.

    と、それぞれに個性が溢れていました。

  • But there was this one kid I'll never forget.

    でも、忘れられない子供がいた。

  • Let's call him Sam.

    サムと呼ぼう

  • Sam behaved like he forgot he was only five.

    サムは自分が5歳であることを忘れたように振る舞っていた。

  • He was so independent.

    彼はとても自立していました。

  • Not only did he know how to tie his own shoelaces,

    彼は自分の靴紐の結び方を知っていただけではない。

  • but he knew how to tie other kids' shoelaces too.

    しかし、彼は他の子供の靴紐の結び方も知っていました。

  • He also never took home a dirty thermos,

    汚れた魔法瓶を持ち帰ることもなかった。

  • because he would clean it after his lunch.

    彼は昼食後に掃除をするからです。

  • And if something happened and he needed a change of clothes,

    何かあって着替えが必要になったら

  • he would do so very quietly and discreetly by himself.

    彼は非常に静かに、自分で慎重にそうするだろう。

  • He didn't ask for help much himself,

    彼自身はあまり助けを求めていませんでした。

  • but he was the one that his classmates went to for help --

    でも彼はクラスメイトが助けを求めていた人だったのよ

  • help on things like,

    のようなことで助けを求めています。

  • can he help them finish their kimchi? Because it's too spicy.

    彼はキムチを食べ終わるのを 手伝ってくれるかな?辛すぎるから

  • He didn't like showing any type of affection to teachers

    彼は先生に愛情を示すのが好きではありませんでした

  • and came across as "the cool kid."

    "カッコいい子 "と思われてしまいました

  • If you gave him a good-morning hug,

    お早うございますとハグしてあげれば

  • he would roll his eyes

    目を丸くする

  • and make a funny face as to show discontent,

    と不満そうな顔をする。

  • but also stand there and wait if he didn't get his morning hug.

    とはいえ、朝の抱擁を受けていなければ、そこに立って待っていたことになる。

  • He was so smart and reliable

    とても賢くて頼りになる方でした。

  • that even I would forget that he was only five.

    私でさえ彼がまだ5歳だったことを忘れてしまうほどです。

  • As a novice teacher,

    初心者の先生としては

  • I spent a lot of time observing

    を観察して過ごしました。

  • how more experienced teachers interacted with their students.

    経験豊富な先生方がどのように生徒と接していたのか。

  • And I noticed something very peculiar.

    そして、私は非常に奇妙なことに気がつきました。

  • Oftentimes when kids fall,

    子供が転んだ時によくあります。

  • they don't start crying immediately.

    すぐに泣き出したりはしません。

  • They would stand up, puzzled,

    彼らは困惑しながら立ち上がるだろう。

  • as if trying to make up their mind --

    決めようとしているように...

  • you know, "What just happened?"

    "何があったんだ?"

  • "Is this a big enough deal for me to cry?

    "泣くほどの大事件なのか?

  • Does this hurt? What's going on?"

    痛むのか?どうしたの?"

  • Usually kids will be OK until they lock eyes with an adult:

    普通の子供は大人と目を合わせるまでは大丈夫です。

  • one that they trust and know can do something for them.

    彼らが信頼し、彼らのために何かをしてくれることを知っている人。

  • Eyes lock, and then, they burst out in tears.

    目をつぶって、そして涙を流す。

  • When I noticed this, I so wanted it to happen to me,

    これに気付いた時には、自分の身にも起こって欲しくてたまらなくなりました。

  • because to me, that meant that you had earned a kid's trust

    私にとっては子供の信頼を得たという意味で

  • and had proven that you're capable to help them with anything.

    と、あなたが何でも彼らを助けることができることを証明していました。

  • You were a hero to them.

    あなたは彼らにとってヒーローだった

  • Weeks went by of me just watching other teachers

    他の先生を見ているだけの日々が 何週間も続きました

  • have kids run to them in tears,

    子供たちに泣きながら駆け寄らせる

  • and I'd watch in jealousy.

    と嫉妬しながら見ていました。

  • Oh, was I jealous.

    ああ、羨ましかった。

  • I mean, of course I didn't want the kids to fall,

    もちろん子供には落ちて欲しくなかったけどね。

  • but I really wanted that moment of validation

    でも、私は本当にその確認の瞬間が欲しかった

  • that yes, I had earned a kid's trust enough to be the one to help them.

    そう、私は子供の信頼を得ていたのだから、子供を助けるための一人になれると。

  • Then, it finally happened.

    そして、ついにそれが起きました。

  • It was a beautiful day.

    今日はいい天気でした。

  • It was during recess at the indoor playground.

    室内運動場の休み時間でした。

  • The kids were playing

    子供たちが遊んでいた

  • and I was getting some things laminated --

    ラミネートされたものがあって...

  • because teachers are forever laminating stuff --

    教師は永遠に何かをラミネートしているからだ

  • in the teacher's room next door.

    隣の先生の部屋で

  • Then I heard a kid yell, "Teacher, teacher, Sam fell down."

    それから子供の叫び声が聞こえた "先生、先生、サムが倒れた"

  • So I went out to peak,

    ということで、ピークに出かけました。

  • looked around for Sam,

    サムを探し回った。

  • and there he was, looking very puzzled,

    と、彼はそこにいて、非常に困惑した様子であった。

  • as if he was trying to add double digits.

    まるで二桁を足そうとしているかのように

  • Then he looked at me,

    そして、彼は私を見た。

  • our eyes locked,

    目が合った

  • and then it happened.

    そして、それが起こったのです。

  • His lower lip started to tremble

    下唇が震え始めた

  • and his tiny eyes started to fill with tears.

    と彼の小さな目が涙でいっぱいになりました。

  • Then he burst out in tears running towards me,

    そして、彼は涙を流しながら私に向かって走ってきた。

  • and it was glorious.

    そして、それは輝かしいものでした。

  • I'll never forget that moment.

    あの時のことは絶対に忘れない。

  • He let me give him a big hug to help him calm down,

    彼が落ち着いてくれるように、私に抱きしめさせてくれました。

  • and it turns out that yes, he did trip over his own two feet

    そして彼は自分の足でつまずいたことが判明した

  • so there was no one other than the floor to reprimand.

    叱責するのはフロア以外には誰もいなかったので

  • We checked to make sure that he wasn't hurt

    怪我をしていないか確認しました

  • and he overcame that with not even a bruise.

    そして、彼はそれを克服して、アザすらない状態で克服した。

  • It was in that moment, oddly --

    その瞬間、奇妙なことに...

  • it didn't feel like I was there to help Sam,

    サムを助けるためにいるような気がしなかった。

  • but rather he was giving me this gift,

    というよりも、彼は私にこの贈り物をしてくれていました。

  • this opportunity to help him.

    この機会に彼を助けてあげてください。

  • And it's something very weird that I struggle putting down in words.

    そして、言葉にするのに苦労しているのは、何かとても奇妙なことです。

  • With his vulnerability

    彼の弱さと

  • in coming to me for help as if I could do something about it,

    何かできることがあるかのように、私のところに助けを求めに来てくれました。

  • you would think that gives me the power,

    それが私に力を与えていると思うだろう

  • but in that moment,

    しかし、その瞬間に

  • no, it was quite the opposite,

    いや、それは全く逆だった。

  • and the power shifted even more so to him.

    と、さらに力が彼に移っていった。

  • Being asked for help is a privilege:

    助けを求められることは特権です。

  • a gift for you to do something for someone,

    誰かのために何かをしてあげるための贈り物

  • especially when it's coming from their place of vulnerability.

    特にそれが彼らの脆弱な場所から来ているとき。

  • With everything I learned from kindergarten,

    幼稚園で習ったことを全部持って

  • or in "teaching" kindergarten,

    または「幼稚園を教える」ことに

  • I went to conquer other things in life.

    人生で他のことを制覇しに行きました。

  • Fast-forward nine years,

    9年前に早送りして

  • and I landed in an association for project management professionals

    とあるプロジェクトマネジメントの専門家の会に着地しました。

  • in a role that works extensively with volunteers.

    ボランティアと幅広く連携する役割を担っています。

  • Working with volunteers is a wonderful experience,

    ボランティアと一緒に働くことは素晴らしい経験です。

  • but there are some things I wish had a been warned about,

    でも、注意されていればよかったと思うこともあります。

  • like how to set boundaries.

    境界線の設定方法のように

  • It's very easy to fall into the rabbit hole

    うさぎの穴にはまりやすい

  • of "because they're volunteers."

    "ボランティアだから "の

  • Late night calls?

    深夜の電話?

  • Yes, because they're volunteers and have day jobs.

    そう、ボランティアで日雇いの仕事をしているからだ。

  • Business trips that are almost exclusively only on weekends?

    ほぼ土日のみの出張?

  • Yes, because they're volunteers and have day jobs.

    そう、ボランティアで日雇いの仕事をしているからだ。

  • Not to pat myself on the back,

    自分で自分の背中を叩くのではなく

  • but I got quite good at my job.

    しかし、私はかなり仕事ができるようになりました。

  • I was thriving off of the relationships I was building.

    私は自分が築いてきた人間関係で成功していた。

  • And the best way I knew how to judge whether I had earned someone's trust

    そして、自分が誰かの信頼を得ているかどうかを判断する最良の方法を知っていました。

  • was if they would come and ask me for help.

    は、もし彼らが私に助けを求めに来てくれるならば、と考えていました。

  • I loved it.

    気に入っていました。

  • Every time we did year-end retreats

    年末のリトリートのたびに

  • and we talked about what we wanted to be in the next year,

    と、次の年になりたいことを話していました。

  • my keywords were always "help" or "helpful."

    私のキーワードはいつも "助け "か "助け "だった

  • The problem was that I wasn't being just helpful.

    問題は、私がただ親切にしていなかったことです。

  • Over time, I put more and more pressure on myself

    時間が経つにつれて、私はますます自分にプレッシャーをかけてしまいました。

  • to always be busy

    忙しくしている

  • and to always do a good job.

    と、常に良い仕事をするために

  • Soon my self-worth became associated with my performance at work,

    やがて私の自己価値は、仕事でのパフォーマンスと結びつくようになりました。

  • which is basically a recipe for disaster.

    それは基本的に災害のレシピです。

  • But don't worry, because I had the best coping mechanism,

    でも心配しないで、私は最高の対処法を持っていたから。

  • which was denial,

    と否定されていました。

  • distraction with even more work

    煩わしさが増した

  • and drinking --

    と酒を飲みながら

  • and lots of it.

    と、たくさん書いてあります。

  • I was so busy being helpful and independent

    お世話になったり、自立したりで忙しかったのですが

  • and being a great Sam

    そして、偉大なサムであること

  • that I forgot how to ask for help when I needed it.

    必要な時に助けを求める方法を忘れていたこと。

  • All I had to do was ask,

    聞くだけでよかった。

  • and if I truly believed that asking for help was a gift,

    助けを求めることが贈り物だと本気で信じていたら

  • then I should have been doing it more, right?

    だったらもっとやってればよかったですよね?

  • Well, we don't always practice what we preach,

    私たちはいつも説いたことを実践しているわけではありません。

  • but about two years ago,

    と言っても、2年ほど前の話ですが。

  • I was slapped with a big, fat reminder.

    猛省してビンタされました。

  • To say that I was burned-out at the time was an understatement,

    当時は燃え尽きていたと言っても過言ではありません。

  • but thanks to my coping mechanism, drinking,

    でも、私の対処法のおかげで、お酒を飲むことができました。

  • it looked like I was just having a great time.

    楽しんでいるようにしか見えませんでした。

  • But one day,

    しかし、ある日

  • just like Sam in the playground,

    遊び場のサムのように

  • I tripped over my own two feet.

    自分の二本足でつまずいてしまった。

  • I blacked out

    ブラックアウトした

  • and woke up with a big cut on my foot from broken pieces of glass,

    と、割れたガラスの破片から足に大きな切り傷を負って目が覚めました。

  • eyes swollen from crying

    泣き腫れ目

  • and a voice so hoarse that I'd most likely been wailing.

    と声が嗄れていたので、ほとんど泣いていたと思います。

  • I don't have much recollection of what actually happened,

    実際に何があったのか、あまり記憶がない。

  • but I remember feeling frustrated, sad and afraid.

    でも、悔しくて、悲しくて、怖かったのを覚えています。

  • Now you've known me for only about 10 minutes,

    今では10分くらいしか知り合いがいない。

  • but you can probably tell that this was really not like me,

    でも、これが本当に私らしくないことがわかると思います。

  • so when I came to my senses about what had happened,

    何が起こったのか気がついた時には

  • I was in shock.

    ショックを受けました。

  • There was no other way of saying it other than that I needed help,

    助けが必要だということ以外に言いようがなかった。

  • both in the sense of I needed some type of therapy help,

    両方とも、ある種のセラピーの助けが必要だった。

  • but also help in getting out of that situation.

    しかし、その状況から抜け出すのにも役立ちます。

  • It was one of the lowest moments of my life,

    人生で最も低い瞬間の一つでした。

  • and even in that moment,

    と、その瞬間にも

  • my mind was running at hyperspeed into problem-solving mode.

    私の頭の中は問題解決モードにハイパースピードで走っていました。

  • What do I do with this?

    これはどうすればいいの?

  • If I don't fix this, then I'm even more of a disappointment.

    これを直さないと、さらに残念なことになってしまいます。

  • If I don't resolve this, then I'm even more of a failure.

    これを解決しないと、さらに失敗作になってしまいます。

  • Those are things that were running through my mind,

    それは私の心の中を駆け巡っていたものです。

  • and it didn't even occur to me that I could ask for help.

    と、助けを求めることすら思いつかなかった。

  • I was surrounded by so many people who cared for me and wanted to help,

    私の周りには、私のことを気にかけてくれる人、助けてあげたいと思ってくれる人がたくさんいました。

  • but I just couldn't see them.

    でも、私には見えなかったんです。

  • Until finally, my good friend had to literally hold me by my shoulders

    最後には親友が文字通り 私の肩を抱いてくれた

  • and force me to ask for help.

    と強引に頼み込んできます。

  • "Can you do this?"

    "できるか?"

  • "No."

    "いいえ"

  • "Do you need help?"

    "助けが必要ですか?"

  • "Yes."

    "はい"

  • "Can I help you?"

    "何かご用ですか?"

  • "Yes."

    "はい"

  • "Can I get others that love and care for you to help you too?"

    "あなたを愛し、気遣う他の人にも、あなたを助けてもらえますか?"

  • "Yes."

    "はい"

  • That was my grown-up version of locking eyes with my teacher.

    先生と目を合わせたのは、私の大人バージョンでした。

  • And just like that,

    そんな感じで。

  • as soon as I said, "Yes, you may help me,"

    "はい、手伝ってください "と言った途端に

  • I felt a tingling of hope

    希望がうずきました

  • and some sort of control coming back.

    そして、ある種のコントロールが戻ってくる。

  • And if you think about it,

    それを考えれば

  • isn't it so weird we spend all of childhood

    童心に返っても不思議ではない

  • being so good at asking for help

    おねだり上手

  • and are expected to grow up to be these self-reliant human beings

    ひとりよがりの人間に育つことを期待されています。

  • and we get so good at it

    旨くなってきた

  • that we have to be reminded that it's OK to ask for help?

    助けを求めてもいいんだということを思い知らされなければならないのかな?

  • Later, that moment helped me realize so many things.

    後になって、その瞬間にいろいろなことに気づくことができました。

  • I'm always so happy to help others and I love it.

    いつも人の役に立てることが嬉しくて大好きです。

  • Why wouldn't others be willing to help me?

    なぜ他の人は私を助けようとしないのでしょうか?

  • And more importantly,

    さらに重要なのは

  • why wouldn't I want others to feel the happiness and joy

    喜んで欲しくてしょうがない

  • that comes from helping the Sams of the world?

    世界のサムズを助けることから来るものなのか?

  • We all want to be the best Sams in life:

    みんな人生最高のサムズになりたいと思っています。

  • to be strong, independent and self-reliant,

    強く、自立していること。

  • but we don't always have to be.

    でも、いつもそうである必要はありません。

  • So let's start asking for help more often,

    だから、もっと頻繁に助けを求めるようにしましょう。

  • because helping Sams is a privilege and a gift.

    サムズを助けることは特権であり、贈り物だからです。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

Transcriber: Leslie Gauthier Reviewer: Krystian Aparta

書き手: Leslie Gauthierレスリー・ゴーティエ レビュアークリスティアン・アパルタ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 助け 先生 サム 子供 ボランティア 贈り物

助けを求めることについて、子供たちが大人に教えられること|キム・イェユン (What kids can teach adults about asking for help | YeYoon Kim)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 30 日
動画の中の単語